タグ:鼻 ( 820 ) タグの人気記事
鼻尖縮小、オープン法の傷
今日は鼻尖縮小術のオープン法の傷についてです

鼻尖縮小術にはオープン法とクローズ法があります。 それらの長所短所をあげると

オープン法
長所:視野が良好なので確実な手術ができる。 手術時間がクローズ法と比較し短時間で終わる。
短所:鼻柱を切るため同部位に傷がつく。

クローズ法
長所:鼻柱を切らないため表に見える傷がない。
短所:鼻翼軟骨を片方の鼻孔から引き出して操作するため視野がやや不良であり、奥の方まで軟骨を処理する場合にオープン法と比較して操作しにくい。 手術時間がオープン法と比較して長くかかる。

というところでしょうか。

オープン法の選択を考慮されている患者さんが必ずご質問なさらるのは「オープン法の傷はどのくらい目立つのですか?」 というものです。

今回昨日御来院された患者さんのご協力の下にオープン法の傷の経過をご紹介します。

一列目:術前です
二列目:術後一週間抜糸時です
三列目:術後三週目検診時です
四列目:術後七ヶ月目検診時です (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_1161027.jpg


二列目の術後一週間抜糸時の写真では血のり等がついていてどこが傷だかよくわからないと思います。
三列目の下からみた鼻孔の写真で両鼻孔の間の鼻柱に赤い線が横切っているのわかると思います。 これがオープン法の傷になります。
四列目の写真になると近くでよく観察しないかぎりわからないぐらいに傷は周囲になじみます。

よってオープンで手術されても(体質にもよっては痕が目立つ可能性も否定はできませんが)ほとんどの場合、ご紹介した写真のように傷は目立ちません。

しかし傷はないにこしたことはありませんからクローズ法をご選択されるのも一つの方法です。
私の場合はかなり肉質が硬そうでしっかり確実に細くして差し上げたい鼻の場合はオープン法をお勧めする場合もありますが基本的にはすべてクローズ法を第一選択としています。ですから初回手術の場合は患者さんからオープン法で御依頼を受けてもクローズ法で仕上げてしまう場合も多いです。 しかし一度鼻の手術を受けていらっしゃる場合は癒着等の関係上オープン法でないと難しい場合が多いです。


今日は天皇誕生日です。
思えばわざと連合軍が現天皇(当時の皇太子明仁)の誕生日に処刑執行日を合わせて1948年に 極東国際軍事裁判で死刑判決を受けたA級戦犯7名が絞首刑執行された日です。

国内的には敗戦の責を問われるのはいたしかたがないかもしれませんが当時の国際情勢を鑑みても連合国側から事後法にて裁かれ死刑に処された方々は無念極まるものがあると思います。 連合国側からのいわば憂さ晴らしの私刑によって処された方々のご冥福をお祈りします。
これからも極東国際軍事裁判のような茶番劇が国際社会でおこらないように切に願います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-12-23 21:30 | 美容外科
鼻尖縮小術
今日は鼻尖術後一週間後抜糸時診察の患者さんがいらしたのでご紹介します

上段:術前です
下段:術後抜糸時です(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_23572893.jpg

抜糸までの間お疲れ様でした。 順調です。


本日クッキーを四枚差し入れに頂きました。
d0092965_23574468.jpg


ありがとうございました。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-12-22 23:59 | 美容外科
鼻プロテーゼ, ハイブリッドプロテーゼ, 鼻尖縮小手術
今回は鼻プロテーゼ、ハイブリッドプロテーゼ、鼻尖縮小手術の患者さんのご紹介です。

ご遠方からの御来院で鼻先を全体的に高くし下向きにむけたいとのご相談でした。


鼻を高くする方法としては ヒアルロン酸、自家組織移植、プロテーゼ(L型、I型)
鼻先を下向きにする方法としては 鼻中隔延長術、軟骨移植、L型プロテーゼに自家軟骨を合体させたhybrid prosthesis(ハイブリッド プロテーゼ)留置術 などがあります。

カウンセリングの結果患者さんが選ばれた今回の手術方法は 鼻尖縮小手術とハイブリッドプロテーゼによる鼻先下降でした。

ご遠方からの来院なので感染等のトラブルが万が一生じた場合通院に困りますのでお近くの医院での加療をお勧めしましたが地元で適切なところがわからないとのことで、なおかつリスクをご理解の上で手術の御依頼をされましたので施術いたしました。

上段:術前です
下段:術後1週間抜糸時です (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_2295677.jpg

現時点では良好ですがとにかく心配なのがL型プロテーゼに生じやすい合併症です。
合併症として
1.感染(これはプロテーゼ全般にいえるリスクです)
2.L型プロテーゼの上方移動(鼻先が上向きに移動してくる可能性があります)
3.鼻尖部皮膚のの菲薄化(ひはくか:薄くなる事)
等のリスクがありこれらが心配です。
しかもこれらの合併症のやっかいなところは数年経て生じる可能性も充分あることです。
これらの合併症が生じた場合はいったんプロテーゼを抜去せざるを得ません。

いつもL型プロテーゼを入れる場合はこれらの合併症がおこりませんように! と祈りながら手術を行っています。

今回もどうか合併症がおこりませんように!
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-12-21 23:09 | 美容外科
鼻尖縮小(びせんしゅくしょう)、小鼻縮小(こばなしゅくしょう)
今回は鼻尖縮小術および小鼻縮小術をお受けになられた方のご紹介です。

術後どのような経過を追って鼻が変化していくのかご質問を受けますのでご参考にしてください。

1列目・・術前です
2列目・・抜糸時です
3列目・・抜糸後2週間検診時です
4列目・・約2ヵ月後検診時です
5列目・・約3ヶ月後検診時です  (写真は患者様の快諾を得て供覧しています)
d0092965_2203938.jpg


ギプスを指示通りきちんと装着していただければ抜糸後2週間の時点での形態がそのまま保持されていくのがおわかり頂けると思います。 経過も順調です。 
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-12-18 23:56 | 美容外科
鼻尖縮小、バッカルファット、脂肪吸引
今日は鼻尖縮小術の術後一週間目の患者さんのご紹介です。

鼻尖部両側のふくらみを改善したいとのことで鼻尖手術(クローズ法)を御希望されました。
上段:術前です
下段:術後一週間抜糸再診時です(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_23182784.jpg

ギプスを外した直後なので下からみるとやや不自然な印象がありますが徐々に自然な感じになっていきます。


・バッカルファット
バッカルファットってどんな脂肪なのですか? とよくご質問を受けるのでつい先日バッカルファットをとった患者の快諾を得て供覧します。
d0092965_23294325.jpg

卵の黄身サイズの脂肪塊で皮下組織の脂肪とは肉眼的に異なる脂肪の塊です。
たった卵の黄身サイズですが術後数ヶ月経つとかなり顔がしまった感じになります。


・二の腕脂肪吸引
本日二の腕と腕の付け根を吸引された患者さんの脂肪UP御希望があったのでUPします。
d0092965_23191816.jpg

麻酔液も含めてtotal約2700mlです。 
きれいに細くなりますように!
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-12-17 23:31 | 美容外科
鼻尖縮小術
今日は鼻尖縮小術術後の経過の患者さんの紹介です。

鼻尖縮小術は昭和50年代末まで美容外科において一般的な手術ではありませんでした。
一般的な美容外科のメニューしたのは当時十仁美容外科にて新しい美容外科手術の研究開発に携わっていた現ライフクリニック院長の勝間田先生になります。
勝間田先生は口角つりあげ術、バッカルファット摘出術、鼻尖縮小手術、輪郭形成術を美容外科の一般的な手術にした日本の美容外科手術の発展における最も貢献した先生の一人になると思います。


今回ご紹介の患者さんは1.5ヶ月前に手術をお受けになられました。

上段:術前です
中断:術後2週間目再診時です
下段:術後1.5ヶ月再診時です (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_2182176.jpg


しっかりギプスを頑張ってつけていらっしゃったおかげで戻りは現在のところありません。
順調です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-12-16 22:48 | 美容外科
鼻中隔延長、鼻尖縮小、小鼻縮小
今日は先日ご紹介した鼻中隔延長、鼻尖縮小、小鼻縮小をお受けになられた患者さんの術後三週間後検診時の経過のご紹介です。

上段:術前です
中断:術後1週間再診時です
下段:術後約3週間後再診時です
d0092965_1574957.jpg

周りのお友達にはカミングアウトされて手術をお受けになられたとのことですがそれでも周りのお友達が変わりぶりにびっくりされているそうです。
喜んでいただけて幸甚の至りです。
順調な経過です。 
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-11-30 23:59 | 美容外科
鼻尖縮小手術、I型鼻プロテーゼ、鼻尖部軟骨移植
今日ご紹介の患者さんは鼻尖り縮小手術(クローズ法)、I型プロテーゼ、鼻尖部軟骨移植を行った患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約2週間後再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。
d0092965_1544774.jpg


御希望は鼻筋を全体的にスッと通して鼻先を細くして微妙に鼻先を下げたいとのことでしたのでプランとしては薄めのI型プロテーゼおよび鼻尖縮小、および鼻尖縮小の際に鼻翼軟骨から採取した軟骨を鼻先に移植するというものにしました。 

移植軟骨です
d0092965_23143290.jpg


すっきりした感じになりました。 元々モデルをされていてお美しい方でしたがよりお美しくなられたと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-11-28 23:19 | 美容外科
鼻中隔延長術、鼻尖縮小術
今回は鼻中隔延長術、鼻尖縮小術の患者さんの症例の紹介です。

最近よく受ける質問に「鼻中隔延長術と鼻尖部軟骨移植術と鼻柱下降術 はどう違うんですか?」というものがあります。

非常に多い質問なのでここで説明させていただきます。

1.鼻中隔延長術・・・・・鼻の真ん中には鼻中隔軟骨という軟骨があります。 これに軟骨を継ぎ足し鼻先を伸ばす手術になります。 適応は後述する鼻尖部軟骨移植術では充分な鼻先の延長が期待できない場合になります。

2.鼻尖部軟骨移植術・・・・ 鼻尖部に段重ねにした軟骨を移植する方法です。 長所は簡便な術式ですが欠点は鼻翼軟骨の上に移植された軟骨は鼻翼軟骨がたわむことによるクッション作用により微量しか延長できない点です。 鼻翼軟骨の硬さ、皮膚の硬さ、移植軟骨の厚さの複合係数により延長量が決まりますが1~2mm程度なのが通常です。

3.鼻柱下降術・・・・ 鼻の穴と穴の間の鼻柱と呼ばれる部分を下に下げる方法です。 軟骨やインプラントを用います。 鼻先を下げたり延長する術式ではありません。


よくご相談をうける内容として「鼻先を下げられるか?」というものがありますが診察の結果、手術可能であれば術式として上述の1.か2.を選択します。

今回ご紹介の患者さんはかなりのアップノーズに加えて2.の術式では移植軟骨の支持基盤となる鼻翼軟骨がかなり柔らかく鼻尖部軟骨移植では充分な鼻先の下げ幅が得られないと考えられたため1.の術式:鼻中隔延長術を選択しました。また鼻先を細くしたいとのご要望があったため鼻尖部縮小術も併用しています。 御希望によりインプラントは一切使用しませんでした。

上段:術前です
下段:術後 一週間の再診時です
d0092965_1523130.jpg


鼻先が高くなりかつ下がって喜んでいただけて幸いでした。

今日はとらやの差し入れをいただきました。
d0092965_2144016.jpg

ありがとうございます。御厚情を深謝します。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-11-27 23:41 | 美容外科
肛門美容外科&鼻プロテーゼ抜去
まず今日は11月15日に記載したブログ分についてです。

今日の患者さんで肛門美容外科手術の術前、術後の写真ブログ掲載を快諾してくださった患者さんがいらっしゃいましたのでどのように載るかを診察後カウンセリング室でお見せしようとしたところ「??? あれ? ない?」となりエキサイトに削除されたことが判明しました。

どうやら術前術後の写真がエキサイトのなんらかの規約に抵触するようなので再度写真抜きで文章のみで載せます。

以下11月15日記載分です。

「肛門領域の病気といえば痔が有名ですが痔といっても)痔核、2)裂肛、3)痔瘻の三大疾患がありそれら3つの治療で肛門科の患者さんの多くが占められています。
他にも脱肛、肛門皮垂(skin tag)などの疾患がありますがskin tagに関しては見た目は悪くても内外痔核が奥にない場合は「病気でないからそのままで大丈夫」と肛門科医に突き放されてしまう患者さんがしばしばいるようです。

婦人科手術の御依頼の際に相談が多いのがこのskin tagに関してです。

今回ご紹介の患者さんは肛門部の隆起を彼氏に指摘され肛門科にいくも様子見でいいでしょうといわれて困っていたとのことでした。 本人は疼痛や出血等の自覚症状はなく彼氏が気持ち悪がるのがいやだとのことでした。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)

1.術前です          2.術直後です          3.術後2ヶ月です
エキサイトの規約に写真が適さないようなので載せません

skin tagは消失し綺麗になられてよろこんでいらっしゃいました。 生物はsymmetry(対称)な形態を美しいと感じる習性がありますから(例えば雄クジャクのあの美しい羽もメスは色彩よりもsymmetry(対称性)に惹かれるようです)、skin tag等の存在によって対称性が損なわれるとマイナス点として脳にインプットされるデメリットが存在するため、無症状といえども美のために切除、形成するという考えは先進的でこそあれ恥ずかしがる必要はないと思います。

口腔から肛門までの領域は人体の栄養の摂取、排泄をつかさどる非常に重要な経路ですが痔を始めとする肛門領域の治療に真面目に取り組む医者は他の領域の医師達から蔑視される傾向が歴史的にありました。イギリスでは肛門科医を pile doctor という蔑称で呼ぶ医師たちがいました。  美容外科領域でも非常にマイナーで全く評価されない分野になりますが職業に貴賎なしならぬ臓器に貴賎なしの考えからいけば同部位の形態を整えて差し上げるのも美容外科医術の貢献できる箇所だと思います」


以上 11月15日記載分です。

今日の紹介症例は鼻プロテーゼ抜去です。

鼻プロテーゼを抜去にご相談にこられる方みな術後の鼻の変形等をきにされますが通常まずそのようなことはおこりません。 プロテーゼが入っていたまわりにカプセルが形成されますのでその分多少鼻背のボリュームがアップするので術前よりは微妙に鼻が高くなるケースが多いようです。

上段:術前(他院にてプロテーゼ留置術を受けています)
下段:プロテーゼ抜去後術後約半年です
d0092965_142759.jpg


術後経過良好とのことでした。 
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-11-19 22:33 | 美容外科