人気ブログランキング |
タグ:額・頭蓋 ( 139 ) タグの人気記事
他院額アパタイト形成術 術後凹凸 修正術 術後約3年経て 額アパタイト追加形成術
本日ご紹介の患者さんは約7年前当院にて額アパタイト形成術をお受けになられた既往のある患者さん(2013.0829記事) です。

約4年前に 形成外科専門医を喧伝している他院医師にて額のヘリを数か所小切開による額アパタイト注入術を受け、 凹凸ができてしまいその修正を執刀医に相談するも「最少切開法では治せない。 やり直すなら額のヘリを全部切るといわれた。」と言われ 当院にご相談に来られました。
また新たにできたキズがかなり目立ってお困りでいらっしゃるとのことでした。

7年前 私が施術した際は 「満足(5/5)」とのご感想だったのにも関わらず なぜ 3年後に他院医師で額アパタイト形成術を昨年受けたのか聞いてみたところ「もっと額を丸くしたくなって。 他の先生の方が予約が取りやすかったから」 とのことでした。
思わず「3年目の浮気」のメロディーが脳内に流れましたが それはさておき まずは執刀医の先生にご相談するべき旨をお伝え御検討していただくこととしました。
その後 検討期間をおいてやはり当院にて修正手術を依頼したいとの強いご希望にて修正手術の御依頼を受諾することとしました。
手術は額の中央から一か所 最少切開法(数mm程度の切開)のみで治療する方針としました。
凹凸は最小切開法で完治しご感想は「満足(5/5)」と順調な経過で3年前は治療を終了としました。



今回 額の中央部分をより丸くしたいtのご希望にて最小切開法でアパタイト追加手術をお受けになられました。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
 他院額アパタイト形成術 術後凹凸 修正術 術後約3年経て 額アパタイト追加形成術_d0092965_03052929.jpg
ご感想は「当院の光の下や写真だとよくわからないが勤務先のお店のライトの下だと凹凸がわかって気になる」とのことで「不満(1/5)」とのことでした。

ご希望のレベルまでツルっとした額を形成して差し上げられず申し訳ありません。

結果に完璧さをお求めの場合は冠状切開によるアパタイト形成術をお勧めして差し上げればよかったかもしれません。

またの御来院をお待ちしております。


額アパタイト形成術(最小切開法)のメリット
・数㎜のキズでアパタイトにより額が丸く形成されます

額アパタイト形成術(最小切開法)のデメリット・リスク
・感染の可能性
・凹凸が気になる可能性
・眼窩上神経、滑車上神経麻痺のリスクがあり、しばらく額の感覚鈍麻や痺れが生じる可能性があります。




先日お心遣いを戴きました
 他院額アパタイト形成術 術後凹凸 修正術 術後約3年経て 額アパタイト追加形成術_d0092965_03261039.jpg


























ありがとうございます。どうかお気を遣わないでください。

タグ:
by shirayuribeauty | 2020-12-18 02:52 | 美容外科
頭蓋削り+後頭部アパタイト  術後約半年再診時
本日ご紹介の患者さんは頭の形を整えたいとのご希望にて頭蓋削り+アパタイト形成術をお受けになられた患者さんです

患者さんにとっての左後頭部と右頭頂部を削り、右後頭部と左頭頂部にアパタイトを留置しています。


左:術前です          右:術後約半年再診時です
頭蓋削り+後頭部アパタイト  術後約半年再診時_d0092965_00025123.jpg

手術は冠状切開をして頭蓋骨を露出し、凸部分は削り、凹部分にはアパタイトを盛り足し 客観的には左右均等の頭蓋になるように施術をしましたが、患者さんの御意見としては「左後頭部はもっと削りたかった。右はアパタイトが多く入りすぎている気がする。」とのことでした。

削る量、アパタイトを足す量は 個々人によってご希望が異なるため、ご要望をなるべく正確に把握するために術前に立体模型の作成を強く推奨させていただいていますが、本ケースは立体模型の作成をご希望されなかったケースであり、立体頭蓋模型を目の前にして詳細な打ち合わせができなかった点が患者さんの細かいご要望に応えきれなかった一因ではないかと考えています。

アパタイトを入れる部位や削る場所について細かいご依頼希望がある場合においては立体CT画像より立体模型を作成し術者と入念な打ち合わせをされることを強く推奨します。


頭蓋削りのメリット
・頭蓋骨の凸部分を削り減らすことができます
頭蓋削りのデメリット
・範囲によっては冠状切開が必要になりキズが大きくなります
・削れる量は頭蓋骨の厚さにより個人差があります

頭蓋アパタイト形成術のメリット
・頭蓋骨の凸の足りない部分を補うことが可能です。
頭蓋アパタイト形成術のデメリット
・感染の可能性
・冠状切開で行う場合はキズが長くなります
・小切開で行う場合は凹凸が生じそれが気になる可能性があります
・寝た際にアパタイトで凸になった部分が固い床にあたると痛みを感じる可能性があります



先日お心遣いを戴きました
頭蓋削り+後頭部アパタイト  術後約半年再診時_d0092965_01045319.jpg
ありがとうございます。どうかお気を遣わないでください。

タグ:
by shirayuribeauty | 2020-12-01 00:00 | 美容外科
絶壁修正術  :  頭蓋アパタイト形成 術後約半年再診時
本日ご紹介の患者さんは「頭の形がいびつな事が長年のコンプレックスです。 右側のふくらみが足らず絶壁に近い感じです。」とのことで頭の形を修正したいとのご相談に御来院された方です。


カウンセリングの結果、絶壁修正術  :  頭蓋アパタイト形成をお受けになられることとなりました。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
絶壁修正術  :  頭蓋アパタイト形成 術後約半年再診時_d0092965_01411636.jpg
ご感想は「満足(5/6)」と順調な経過です。
当院を知人にお勧めしたいか否かには10点満点中10点満点をつけてくださいました。
深謝します。

これからも皆様のお役に立てるように精進していきます。


頭蓋アパタイト形成術のメリット
・頭の形を整えることができます

頭蓋アパタイト形成術のデメリット
・凹凸が気になる可能性
・感染が生じる可能性 等



先日お心遣いを戴きました。
絶壁修正術  :  頭蓋アパタイト形成 術後約半年再診時_d0092965_01481409.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。



タグ:
by shirayuribeauty | 2020-11-21 01:43 | 美容外科
最小切開法 額および眉間アパタイト 術後約半年
本日ご紹介の患者さんは額を丸くしかつ眉間部分も形成したいとのご希望にて額およ眉間アパタイト形成術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
最小切開法 額および眉間アパタイト 術後約半年_d0092965_05575600.jpg
ご感想は「のっぺり感が解消されました」とのことで「大満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。


最小切開法 額アパタイト形成術のメリット
・キズが数mmで額を丸くすることができます。

最小切開法 額アパタイト形成術のデメリット
・凹凸が生じる可能性があります。
・術後しばらく額~前頭部にかけて痺れが生じる可能性があります。
・感染が生じる可能性があります。


先日お心遣いをいただきました。
最小切開法 額および眉間アパタイト 術後約半年_d0092965_06030840.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。



by shirayuribeauty | 2020-11-03 05:55 | 美容外科
エランセM 眉部分 注入 術後約半年再診時
本日ご紹介の患者さんは 眉毛部分に立体感を出したいとのご希望にてカウンセリングの結果、眉部分にエランセM(PCL(ポリカプロラクトン)を主成分とする注入材)の注入術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です
下段:眉部分 エランセM 注入術 術後約半年再診時です
エランセM 眉部分 注入 術後約半年再診時_d0092965_01060789.jpg
ご感想は「大満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。



エランセのメリット

エランセはPCL(ポリカプロラクトン)を主成分とする注入材です。
最終的にはすべて吸収されるため、体に異物が残ることはありません。
また、注入した部位のコラーゲン形成を助ける素材で、注入部位のハリや弾力アップにが期待できます。
エランセは、欧州CEマークと米国FDAを取得しています。


エランセのデメリット

ヒアルロン酸のように分解酵素を注射することによりすぐ元に戻すことができるわけではないのが欠点です。


持続効果については S<M<L<E の順で長持ちし エランセEは約4年持つとされています。


by shirayuribeauty | 2020-05-11 23:04 | 美容外科
額アパタイト形成術 術後約9か月再診時
4月19日 今日は1910年 -にパウル・エールリヒと秦佐八郎が梅毒の治療薬サルバルサン(606号)を発見した日になります。

本日ご紹介の患者さんは額の中央部分がへこんでいるのを改善したいとのご希望にて額アパタイト形成術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です
下段:額アパタイト形成術 術後約9か月再診時です
額アパタイト形成術 術後約9か月再診時_d0092965_07203748.jpg
額のへこみも改善され順調な経過です。

ご感想は「普通(3/5)」とのことでした。

またの御来院をお待ちしております。


額アパタイト形成術のメリット
・額の凹みを改善したり、額を丸くすることができます。
・形態は長期的に維持されます。
・最小切開法の場合、キズは数mm程度です。

額アパタイト形成術のデメリット
・感染の可能性
・凹凸が生じる可能性



先日お心遣いを戴きました。
額アパタイト形成術 術後約9か月再診時_d0092965_07235048.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。




タグ:
by shirayuribeauty | 2020-04-19 07:18 | 美容外科 | Comments(0)
中顔面短縮術(LeFortⅠ 型骨切術+SSRO)、下顎骨スティック骨切術、頬骨V字骨切術+頬骨基部削り、額アパタイト形成術 術後約半年再診時
本日ご紹介の患者さんは「顔が大きい」と悩み何年間も引きこもり生活をされていたという患者さんです。 多大なるリスクを承知の上でもどうしても中顔面短縮手術を受けたいとのご希望にて中顔面短縮術(LeFortⅠ 型骨切術+SSRO)、下顎骨スティック骨切術、頬骨V字骨切術+頬骨基部削り、額アパタイト形成術 をお受けになられました。

上段:術前です
下段:中顔面短縮術(LeFortⅠ 型骨切術+SSRO)、下顎骨スティック骨切術、頬骨V字骨切術+頬骨基部削り、額アパタイト形成術 術後約半年再診時 です
中顔面短縮術(LeFortⅠ 型骨切術+SSRO)、下顎骨スティック骨切術、頬骨V字骨切術+頬骨基部削り、額アパタイト形成術 術後約半年再診時_d0092965_03045126.jpg

ご感想は「手術前の写真と見比べるとかなり印象が変わってうれしいですが、やっぱり顔の大きさが他人に比べ大きい事が気になってしまいます。
手術自体は本当にしてよかったと思います。 今はたるみと目の整形を考えています。」とのことで「大満足 (5.5)/6 」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。

中顔面短縮術のリスク: 下記リスクを予防するため各施設で最善の努力をしているはずですがそれでもゼロにはできない故 熟慮が必要です。


1.全身麻酔の事故のリスク (約7万件の全身麻酔に1件の麻酔死亡事故確率の統計調査報告等あります)
2.術後の腫れによる気道閉塞 → 気管切開等必要になる可能性
3. 感染が生じる可能性
4.感染や血流不良による歯肉や歯槽骨の壊死、欠損が生じる可能性
5.プレートやネジがゆるんだりして再手術になる可能性  
6.咬合の安定化まで時間を要する。場合によっては術後矯正が必要になる可能性。
7.眼窩下神経麻痺や下歯槽神経麻痺の可能性
8.出血が多く他家輸血(日赤からの輸血取り寄せ)を必要とする可能性
9.鼻中隔湾曲が生じる可能性
10.口蓋瘻が生じる可能性
11.鼻の形態が変わる可能性(5mm以上中顔面を短縮すると顔面の軟部組織が上下に押しつぶされて横に逃げるため、小鼻の広がり防止のためにをAlar base cinch suture をしても小鼻が広がる確率は高くなります。また顔面が小さくなることにより相対的に目や鼻が大きく見えるようになります。)
12.歯の違和感がしばらく残存する可能性
13.蝶口蓋動脈や大口蓋動脈に動脈瘤が生じ術後しばらくして突然止血困難な鼻血出血が生じる可能性
14. 術後耳管機能障害を発症する可能性(通常は数日から数週で改善します)
1 5. 上顎骨馬蹄形骨切術を併用した場合、口蓋の天井が低くなることにより構音上発音しずらくなる音が生じる可能性
16.上顎洞炎を発症する可能性
17.上顎骨に馬蹄形骨切をした際に上顎口腔の天蓋領域に凸隆起を舌で感じる可能性
18. 上顎や下顎を後方に下げたり、後方回転の度合いが強いと将来的に睡眠時無呼吸症候群(OSAS)を発症する可能性
19.外国の報告において発生率は稀と思われますが「失明」の報告があります。(一応この合併症を避けえる術法はありとされており私もその術法にのっとって手術をおこないますが絶対おこらない保証はありません。) 日本国内のケースでは見聞したことはありません
20.口周りに術中操作のため擦過傷等生じる可能性があります。
21.術後顎間固定のために口腔内にネジやワイヤー、インプラントを留置します。 それらが口唇にあたり口内炎を生じる可能性があります。
22.上顎の正中が御自身の希望の正中と一致しない可能性があります。
23. 下顎角部の左右差が気になる可能性があります。
24.気道管理のためノドにキズが生じる可能性


先日お心遣いを戴きました。
中顔面短縮術(LeFortⅠ 型骨切術+SSRO)、下顎骨スティック骨切術、頬骨V字骨切術+頬骨基部削り、額アパタイト形成術 術後約半年再診時_d0092965_04163881.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。






by shirayuribeauty | 2019-10-17 23:04 | 美容外科
頭蓋アパタイト形成術(後頭部絶壁修正術)  術後約半年再診時
本日ご紹介の患者さんは 後頭部に丸みを持たせたい とのご希望にて 頭蓋アパタイト形成術  をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
頭蓋アパタイト形成術(後頭部絶壁修正術)  術後約半年再診時_d0092965_04140483.jpg

ご感想は「大満足(6/6)」と順調な経過です。
ご満足してくださり深謝します。
またの御来院をお待ちしております。


頭蓋アパタイト形成術の メリット
・ 骨と一体化するアパタイトによって小さな傷から自然に後頭部を形成することが可能です。
頭蓋アパタイト形成術のデメリット
・感染の可能性
・凹凸が生じる可能性 


先日お心遣いをいただきました。
頭蓋アパタイト形成術(後頭部絶壁修正術)  術後約半年再診時_d0092965_04205819.jpg
ありがとうございます。どうかお気を遣わないでください。




タグ:
by shirayuribeauty | 2019-10-08 23:14 | 美容外科
前頭洞セットバック, 眉骨削り 術後約半年
 本日ご紹介の患者さんは前頭洞セットバック, 眉骨削り をお受けになられて 術後約半年になる患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です             
前頭洞セットバック, 眉骨削り 術後約半年_d0092965_01213368.jpg
ご感想は「満足です」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。


前頭洞セットバック, 眉骨削りのリスク
・額部分、前頭部分の感覚の麻痺や異常が生じる可能性(通常は時間とともに改善します)
・冠状切開のキズ痕が気になる可能性


by shirayuribeauty | 2019-06-28 01:12 | 美容外科
眉骨削り,前頭洞セットバック,額アパタイト形成術(控え目)
本日ご紹介の患者さんは男性的な眉骨と額を改善したいとのご希望にて冠状切開による 眉骨削り,前頭洞セットバック,額アパタイト形成術(控え目)をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
眉骨削り,前頭洞セットバック,額アパタイト形成術(控え目)_d0092965_05143797.jpg
ご感想は「今まで出っぱっていた眉骨が完全に引っ込んで本当に感謝しています。 額はやはりもう少しボリュームが欲しいです。」
とのことで額アパタイト形成術(控え目)に関しては「満足(4/5)」,前頭洞セットバック及び眉骨削りに関しては「大満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。

冠状切開 前頭洞セットバックのリスク
・冠状切開のキズが気になる可能性があります。
・前額部、前頭部の感覚がしばらく麻痺したり感覚以上を生じる可能性があります。(通常は治癒しますが完全完治の保証はできません。)
・全身麻酔のリスク(薬に対するアレルギー反応,気管支痙攣,肺塞栓症や気道トラブル等)



by shirayuribeauty | 2018-12-21 23:13 | 美容外科