人気ブログランキング |
タグ:輪郭 ( 727 ) タグの人気記事
エラ削り
本日ご紹介の患者さんはエラ削りをお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後2ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
エラ削り_d0092965_050146.jpg

手術が必要ないと思われるお綺麗な方でしたがエラの部分が昔からコンプレックスでどうしても細くしたいと手術のご依頼がありご依頼をお受けすることとなりました。 右のほうがやや張っていたため同部位の削りの量を左に比べやや大目にし右側のみバッカルファット切除の処理を行っています。
もうすでに細くなりはじめている実感をお感じとのことですが術後半年がほんとうの仕上がりなのでもうしばらくお待ち下さい。

お心遣いをいただきました。
エラ削り_d0092965_0543992.jpg

深謝いたします。 どうかお気を遣わないで下さい。
タグ:
by shirayuribeauty | 2007-07-05 00:48 | 美容外科
頬骨削り(口内法)
今日は大東亜戦争開戦前の1941年に対ソ戦準備・フランス領インドシナ進駐を御前会議で決定した日になります。
この南部仏印進駐が日本の予想以上に米国を刺激し大東亜戦争を不可避にしてしまったものと考えられます。
よってその後の日本の運命を決める大決定をした日といえます。

今回ご紹介の患者さんは頬骨前面を中心とした張りだしを減じることを御希望されたため口内法にて頬骨削りを行いました。

上段:術前です
下段:術後約3ヶ月です (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
頬骨削り(口内法)_d0092965_0251223.jpg


写真ではわかりにくいかもしれませんがゴツゴツした感じがなくなりすっきりしました。 まだ3ヶ月月後なので多少の腫れがあります。 あと数ヶ月するとよりしまってより綺麗になると思います。

本日お心遣いをいただきました。
素敵なお花をクリニックの記念日ということでいただきました。
頬骨削り(口内法)_d0092965_0262649.jpg

とても大きくて美しいしらゆりです。

たくさんの「俺は、君のためにこそ死ににいく」のパンフレットをいただきました。
頬骨削り(口内法)_d0092965_0264391.jpg

マスコミ、関係者向けの1stプレス、2ndプレス、本プレス、海外向けプレス、一般向けパンフレット、チラシ3種になります。

もう今日は皆様のお心遣いに胸がいっぱいで筆舌に尽くせません。

ありがとうございます
タグ:
by shirayuribeauty | 2007-07-02 00:26 | 美容外科
顔面脂肪吸引、バッカルファット摘出術
今日は顔面(含首周り)脂肪吸引およびバッカルファット摘出術をお受けになられた患者様のご紹介です。

今まで複数の他院にて計4回の顔面脂肪吸引をお受けになられたが効果がなく、色々と他院で相談しても「もう4回も吸引したのだから無理でしょう」とのことでした。診察の結果、確かに数回の吸引のせいか肉質が硬かったのですが私にはまだ吸引可能と思われたので手術のご依頼をお受けすることとしました。

上段:術前です。
下段:術後1.5ヶ月目再診時です。(写真は患者さんの御希望にて供覧しています)
顔面脂肪吸引、バッカルファット摘出術_d0092965_015393.jpg

術後右頬の腫れをご心配されていましたが序々に治まりつつあります。もっとよくなるでしょう。

実はこの患者さんの吸引手術の前に今まで他院にて3回顔面の脂肪吸引をされた方の脂肪吸引を行い、思ったよりも繊維成分が多く自分が予想するほど脂肪が吸引できなかったという事がありました。 よって、この患者さんに対して「5回目の脂肪吸引になるし・・やっぱり脂肪は引けないかも・・・自分の見立てが甘かった・・・」 と考え「(前述の体験をお話し)申し訳ありません。やっぱり自信がありません。」とお断りしましたが「頬がコケてもいいからできる限りやってください。」とご依頼してくださったのでお引き受けすることとしました。

手術中所見としてはバッカルは普通サイズであり、顔面も「いままでの4回の脂肪吸引とはどこをどれだけ吸引していたのだろう??」と不思議に思うぐらい脂肪が引けました。 

お顔がほっそりして大変満足されているとのことですがもっと細くなります。
術後半年が楽しみです。
by shirayuribeauty | 2007-06-29 00:34 | 美容外科
頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)および顎骨切り術
今日は午前中は東京の病院で形成外科の手術、午後は神奈川の病院で口腔外科の手術、夜は東京のクリニックで美容外科の手術と盛りだくさんの手術に関わった日でした。 充実した一日に感謝!

さて、本日は頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)および顎骨切り術をお受けになられた患者さんの症例紹介です。

頬骨アーチリダクション、頬骨弓リダクションは無理に日本語に訳すと頬骨弓減幅術または頬骨弓減高術とでもいいましょうか。
内容は頬骨(きょうこつ)の張りを減少させる手術となります。

この頬骨の張りを減少させる方法として大きくわけて3種類あります。

1.頬骨を削る方法・・・・・ まさに頬骨削りの文字通りの方法です。 特殊な電動機械を用いて頬骨を削りますが削り幅はあまりたいしたことはなく頬骨のでっぱりが強めの人には適しません。 もちろん時間をかけて削れば削り幅を増やすことは不可能ではないですがモーターが焼け付く可能性があるため削り幅に限度があります。

2.頬骨弓を切り落とす方法・・・・ 多くの形成外科医が行う頬骨弓に対する術式です。口腔内と耳前部よりアプローチし頬骨弓を切り落とす方法です。 

3.頬骨弓の形態そのものを再構築する方法・・・・ ライフクリニックの勝間田先生が昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて研究開発された手術法で頬骨を細分化して再配列、再構築する方法です。 
この方法の第一人者である先生は大きな合併症なく安全にこの手術を行っているので勝間田先生を推薦します。

上段:術前です。
中段:術後4ヶ月目再診時です。
下段:術後5ヶ月目再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)および顎骨切り術_d0092965_317414.jpg

一回りお顔が小さくなり相対的に目が大変大きくみえるようになりました。腫れも段々と落ち着いています。 順調な経過です。
とてもかわいらしくなり御希望のお仕事だと色々周りの目が大変だとは思いますが似合っていらっしゃるので是非頑張ってください!
タグ:
by shirayuribeauty | 2007-06-25 03:18 | 美容外科
額プロテーゼ
今日は1942年 に日本海軍が米豪間の連絡遮断を目的としてイギリスの保護領であったガダルカナル島に上陸した日になります。 後日、2万名もの日本兵の命を奪うほどの大激戦地になるとは予想だにされていませんでした。

このガダルカナルにおける連合国軍との戦闘はミッドウェー海戦とともに、太平洋戦争における攻守の転換点となった戦闘とされていますが、継戦能力の喪失という意味ではミッドウェーより遙かに重大な敗北ともいわれています。

本日ご紹介の患者さんは額プロテーゼ術をお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後1年再診時です。
額プロテーゼ_d0092965_1904611.jpg

額も希望どうり丸くなり一ヶ月後検診もニコニコ顔で一年ぶりの姿も順調です。

といいたいところですが
by shirayuribeauty | 2007-06-16 19:01 | 美容外科
頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)
今日は1944年に あの日本人にとって悔しき アメリカ海軍の戦艦ミズーリが就役した日になります。

本日は頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)の患者さんの症例紹介です。

頬骨アーチリダクション、頬骨弓リダクションは無理に日本語に訳すと頬骨弓減幅術または頬骨弓減高術とでもいいましょうか。
内容は頬骨(きょうこつ)の張りを減少させる手術となります。

この頬骨の張りを減少させる方法として大きくわけて3種類あります。

1.頬骨を削る方法・・・・・ まさに頬骨削りの文字通りの方法です。 特殊な電動機械を用いて頬骨を削りますが削り幅はあまりたいしたことはなく頬骨のでっぱりが強めの人には適しません。 もちろん時間をかけて削れば削り幅を増やすことは不可能ではないですがモーターが焼け付く可能性があるため削り幅に限度があります。

2.頬骨弓を切り落とす方法・・・・ 多くの形成外科医が行う頬骨弓に対する術式です。口腔内と耳前部よりアプローチし頬骨弓を切り落とす方法です。 

3.頬骨弓の形態そのものを再構築する方法・・・・ ライフクリニックの勝間田先生が昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて研究開発された手術法で頬骨を細分化して再配列、再構築する方法です。 
この方法の第一人者である先生は大きな合併症なく安全にこの手術を行っているので勝間田先生を推薦します。

今回ご紹介の患者さんは頬骨弓の形態そのものを再構築する方法にて手術を行っております。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)

左:術前です。               右:術後約11ヵ月後再診時です。
頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)_d0092965_23272110.jpg

頬骨の張りもなくなり子顔になっています。

よく患者さんから「体表の傷はどんな感じになるのですか?」とご質問を受けます。
今回クローズアップで傷の写真を撮らさせていただきました。
頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)_d0092965_23273987.jpg

傷は通常3ヶ月目ぐらいまでは赤く目立ち、その後段々と白くなっていきます。
術後1年ぐらい経ってくるとかなり目立たなくなってきますが今回ご紹介のケースは手術した私にもどこを以前切ったのかわからないぐらいきれいに治っていました。

傷の治り具合には個人差がありますのであくまでも参考程度にしてください。

順調な経過です。

お心遣いをいただきました。
頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)_d0092965_23381321.jpg

恐縮です。 どうかお気を遣わないでください。
タグ:
by shirayuribeauty | 2007-06-11 23:22 | 美容外科
額形成(アパタイト)
今日は米国が制定したいわゆる排日移民法に抗議して5月26日のブログでご紹介した無名烈士がアメリカ大使館の横の空き地にて抗議の割腹自殺をした日になります。

無名烈士の遺書

最モ能ク日本ヲ了解セラレテ深ク厚ク日本ニ同情ヲ寄セラレタル米国大使サイラス・イ・ウッヅ閣下ノ帰国ニ托シテ全米国ノ反省ヲ望ムタメ死ヲ以テ切願ス大使閣下諒セラレン事ヲ祈ル
米国民ノ反省ヲ望ム要件左ニ
一 新移民法カラ排日条項ヲ削除スル法案ヲ決議セラレン事ヲ
理由
予ガ死ヲ以テ排日条項ノ削除ヲ求ムルモノハ貴国ガ常ニ人道上ノ立場ヨリ平和ヲ愛好唱導セラレ平和ノ指導者トシテ世界ニ重キヲ思ハシメツツアル貴国ガ率先シテ排日法案ノ如キ人道ヲ無視シタ決議ヲ両院通過シテ法律トナルガ如キハ実ニ以外ノ感ニ耐ヘザルナリ
人類生存上憤怒スル場合種々アルモ耻辱ヲ与ヘラレタル憤怒ハ耐ヘ難キモノナリ耻シメラレルベキ事情アリテ耻シメラル大ヒニ悔ヒ忍バザルベカラズ故ヘナクシテ耻シメラル憤怒セザラント慾スルモ耐ヘ難キナリ
予ハ日本人ナリ今マ将ニ列国環視ノ前ニ於テ貴国ノ為メニ耻シメラル故ヘナクシテ耻シメラル(故ヘナリト言ハバ故ヘハ貴国ノ故ヘナリ)生キテ永ク貴国人ニ怨ヲ含ムヨリ死シテ貴国ヨリ伝ヘラレタル博愛ノ教義ヲ研究シ聖基督ノ批判ヲ仰ギ併セテ聖基督ニヨリ貴国人民ノ反省ヲ求メ尚ホ一層幸福増進ヲ祈ルト共ニ我日本人ノ耻シメラレタル新移民法ヨリ排日条項ノ削除セラレン事ヲ祈ラントスルニアリ
大日本帝国
無名ノ一民
サイランス・イ・ウッヅ閣下ヲ通ジテ
亜米利加合衆国国民諸君


「生命も要らず名も要らず官位も金も望まず」ただひたすらに日本の為に抗議の割腹自殺をした無名烈士のご冥福をお祈り申し上げます。


本日ご紹介の患者さんはアパタイトを使用した額形成術をお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後2週間再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
額形成(アパタイト)_d0092965_3253458.jpg


術後経過は順調です。 
by shirayuribeauty | 2007-05-31 02:11 | 美容外科
頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)
今日は1943年アッツ島で日本軍守備隊が玉砕した日になります。
この玉砕は日本軍玉砕の公認第一号となりました。


本日は頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)の患者さんの症例紹介です。

頬骨アーチリダクション、頬骨弓リダクションは無理に日本語に訳すと頬骨弓減幅術または頬骨弓減高術とでもいいましょうか。
内容は頬骨(きょうこつ)の張りを減少させる手術となります。

この頬骨の張りを減少させる方法として大きくわけて3種類あります。

1.頬骨を削る方法・・・・・ まさに頬骨削りの文字通りの方法です。 特殊な電動機械を用いて頬骨を削りますが削り幅はあまりたいしたことはなく頬骨のでっぱりが強めの人には適しません。 もちろん時間をかけて削れば削り幅を増やすことは不可能ではないですがモーターが焼け付く可能性があるため削り幅に限度があります。

2.頬骨弓を切り落とす方法・・・・ 多くの形成外科医が行う頬骨弓に対する術式です。口腔内と耳前部よりアプローチし頬骨弓を切り落とす方法です。 

3.頬骨弓の形態そのものを再構築する方法・・・・ ライフクリニックの勝間田先生が昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて研究開発された手術法で頬骨を細分化して再配列、再構築する方法です。 
この方法の第一人者である先生は大きな合併症なく安全にこの手術を行っているので勝間田先生を推薦します。

今回ご紹介の患者さんは頬骨弓の形態そのものを再構築する方法にて手術を行っております。

左端:術前です。
真中:術後約1ヶ月後再診時です。
右端:術後約2ヵ月後再審時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)_d0092965_39644.jpg


順調な経過です。 腫れも落ち着きだんだんとお顔がしまってきました。
タグ:
by shirayuribeauty | 2007-05-29 01:07 | 美容外科
頬骨、顎骨切り(輪郭形成)
本日は頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)および顎骨切り術をお受けになられた患者さんの症例紹介です。

頬骨アーチリダクション、頬骨弓リダクションは無理に日本語に訳すと頬骨弓減幅術または頬骨弓減高術とでもいいましょうか。
内容は頬骨(きょうこつ)の張りを減少させる手術となります。

この頬骨の張りを減少させる方法として大きくわけて3種類あります。

1.頬骨を削る方法・・・・・ まさに頬骨削りの文字通りの方法です。 特殊な電動機械を用いて頬骨を削りますが削り幅はあまりたいしたことはなく頬骨のでっぱりが強めの人には適しません。 もちろん時間をかけて削れば削り幅を増やすことは不可能ではないですがモーターが焼け付く可能性があるため削り幅に限度があります。

2.頬骨弓を切り落とす方法・・・・ 多くの形成外科医が行う頬骨弓に対する術式です。口腔内と耳前部よりアプローチし頬骨弓を切り落とす方法です。 

3.頬骨弓の形態そのものを再構築する方法・・・・ ライフクリニックの勝間田先生が昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて研究開発された手術法で頬骨を細分化して再配列、再構築する方法です。 
この方法の第一人者である先生は大きな合併症なく安全にこの手術を行っているので勝間田先生を推薦します。

上段:術前です。
下段:術後4ヶ月目再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
頬骨、顎骨切り(輪郭形成)_d0092965_10083.jpg

一回りお顔が小さくなり相対的に目が大変大きくみえるようになりました。腫れも段々と落ち着いていきあと2ヶ月ほどで完成になっていきます。
顎骨は写真のように先端とサイドを切り落として顎先の形を保ちつつ顎先を小さくしています。
頬骨、顎骨切り(輪郭形成)_d0092965_101599.jpg


大変ご満足いただけて幸いです。

本日術前に差し入れをいただきました。
頬骨、顎骨切り(輪郭形成)_d0092965_103433.jpg

ハンカチとのことでした。  

どうか気を遣わないでください。 そして・・術前の差し入れは特にご容赦してください・・ 手術のご依頼をお受けした以上は全ての患者さんに対して自分の能力の最善を尽くして手術を行っています。 最善より頑張ろうとしてももう頑張れません。 
手術というものは不思議なもので、ある意味「適当」(いいかげんにという意味ではなく適切なほどほどさという意味)さが必要です。
「この人は特別に・・」なんて思いを込めて一生懸命やっても過ぎたるは及ばざるがごとしのごとく予期しなかった合併症が生じたりしてかえってご迷惑をかけてしまうことをしばしば経験してきました。
お気持ちは大変うれしいのですが手術を自然体で行うためにもどうか術前の差し入れは堪忍してください。 絶対に手抜きはしませんから・・
わがままいってすいません・・。
タグ:
by shirayuribeauty | 2007-05-21 00:58 | 美容外科
エラ削り
本日ご紹介の患者さんはエラ削りをお受けになられた患者さんのご紹介です。

上段:術前です。
下段:術後9ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
エラ削り_d0092965_192761.jpg

側面からみてのエラのハリが気になるとの事でエラ削りを御希望され外側法でエラ削りをお受けになられました。 

順調な経過です。
タグ:
by shirayuribeauty | 2007-05-18 01:06 | 美容外科