人気ブログランキング |
タグ:輪郭 ( 691 ) タグの人気記事
中顔面短縮術(上顎LeFortⅠ型骨切術+下顎矢状分割術)+ 顎先骨切前方移動術
今日は1968年 に 大東亜戦争後よりアメリカの統治下にあった小笠原諸島が日本に返還された日になります。




本日ご紹介の患者さんは「他院にて人中短縮術をうけたところ口が閉じられなくなり常にはが見えるようになってしまったので上顎を短くしたい、 他院にてあご削りをしたが下唇が閉じれなくなりさらにきれいになりたいのであごを短くしつつ口が閉じれるようになりたい、 横顔がコンプレックスのためEラインに近づくよう整えてほしい、口元を後ろに下げたい きゅっとしたあごで小顔になりたい、とにかく口を閉じれるようになりたい!」 とのご希望でカウンセリングの結果、中顔面短縮術(上顎LeFort1型骨切術+下顎矢状分割術),あご先骨切前方移動術をお受けになられました。


上段:術前です
下段:中顔面短縮術(上顎LeFort1型骨切術+下顎矢状分割術),あご先骨切前方移動術 術後約10か月再診時です
d0092965_03581497.jpg
上顎は約7mm短縮し、後方に3mmセットバックしています
ご感想は「LeFort骨切には満足していますが、たるみが気になります」とのことで「まあ満足(4/6)」とのことでした。

今後はたるみ改善の治療をしてきましょう。


またのご来院をお待ちしております。


中顔面短縮術のリスク: 下記リスクを予防するため各施設で最善の努力をしているはずですがそれでもゼロにはできない故 熟慮が必要です。


1.全身麻酔の事故のリスク (約7万件の全身麻酔に1件の麻酔死亡事故確率の統計調査報告等あります)
2.術後の腫れによる気道閉塞 → 気管切開等必要になる可能性
3. 感染が生じる可能性
4.感染や血流不良による歯肉や歯槽骨の壊死、欠損が生じる可能性
5.プレートやネジがゆるんだりして再手術になる可能性  
6.咬合の安定化まで時間を要する。場合によっては術後矯正が必要になる可能性。
7.眼窩下神経麻痺や下歯槽神経麻痺の可能性
8.出血が多く他家輸血(日赤からの輸血取り寄せ)を必要とする可能性
9.鼻中隔湾曲が生じる可能性
10.口蓋瘻が生じる可能性
11.鼻の形態が変わる可能性(5mm以上中顔面を短縮すると顔面の軟部組織が上下に押しつぶされて横に逃げるため、小鼻の広がり防止のためにをAlar base cinch suture をしても小鼻が広がる確率は高くなります。また顔面が小さくなることにより相対的に目や鼻が大きく見えるようになります。)
12.歯の違和感がしばらく残存する可能性
13.蝶口蓋動脈や大口蓋動脈に動脈瘤が生じ術後しばらくして突然止血困難な鼻血出血が生じる可能性
14. 術後耳管機能障害を発症する可能性(通常は数日から数週で改善します)
1 5. 上顎骨馬蹄形骨切術を併用した場合、口蓋の天井が低くなることにより構音上発音しずらくなる音が生じる可能性
16.上顎洞炎を発症する可能性
17.上顎骨に馬蹄形骨切をした際に上顎口腔の天蓋領域に凸隆起を舌で感じる可能性
18. 上顎や下顎を後方に下げたり、後方回転の度合いが強いと将来的に睡眠時無呼吸症候群(OSAS)を発症する可能性
19.外国の報告において発生率は稀と思われますが「失明」の報告があります。(一応この合併症を避けえる術法はありとされており私もその術法にのっとって手術をおこないますが絶対おこらない保証はありません。) 日本国内のケースでは見聞したことはありません
20.口周りに術中操作のため擦過傷等生じる可能性があります。
21.術後顎間固定のために口腔内にネジやワイヤー、インプラントを留置します。 それらが口唇にあたり口内炎を生じる可能性があります。
22.上顎の正中が御自信の希望の正中と一致しない可能性があります。
23. 下顎角部の左右差が気になる可能性があります。
24.気道管理のためノドにキズが生じる可能性


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_04240341.jpg
豚まんとシュウマイでした。
ありがとうございます。 
どうかお気を遣わないでください。

by shirayuribeauty | 2019-06-26 23:55 | 美容外科
頬骨V時骨切術、 上下歯槽骨骨切後方移動術(セットバック) 術後約半年
本日ご紹介の患者さんは頬骨の張りを抑えたいとのご希望にて頬骨V字骨切術を、口元をひっこめたいとのご希望にて上下歯槽骨骨切後方移動術(セットバック)をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です。
d0092965_02372749.jpg

ご感想はセットバックに関しては「満足(4/5)」,頬骨V字骨切術に関しては「大満足(5/5)」と順調な経過です。

頬骨に関しては「頬骨がなうなり、ななめから見た顔がなめらかになりうれしいです」 とのことでした。

当院の頬骨V字骨切術の特徴は耳前の頬骨基部を削りたいとの特別なご希望がなければ(希望時はオプションで可能です)、口腔内から全て手術を行っているので体表に一切キズはできません。
また溶ける素材で固定しますのでレントゲンには異物が写りません。





上下セットバックのリスク

・希望より口元が下がりすぎた風貌が術後気になる可能性。
・通常第一小臼歯を抜歯して後方に下げますが術後犬歯と第二小臼歯間に多少隙間が生じる可能性。
 その隙間が気になる場合は術後矯正もしくは補綴を要する。
・咬合が不良になる可能性(その場合術後矯正や補綴により改善)
・隣接歯の歯根露出、歯槽骨喪失が生じる可能性 (その場合歯周科的治療を要する可能性)
・咬合が変わるため歯根破折が生じる可能性 (状態によっては抜歯しインプラントまたはブリッジの補綴を要する可能性)
・歯肉壊死 歯肉退縮が生じる可能性 (状態によっては歯肉移植等を要する可能性)
・歯槽骨壊死が生じる可能性 (治癒まで約6か月様子をみて場合によっては再建術を要する可能性)
・口蓋瘻を生じる可能性 (生じた場合は通常数か月で閉じますが半年経て閉じない場合は外科的治療を要します)
・感染
・全身麻酔のリスク




頬はV字骨切術

リスク: 
・たるみ
・頬にしびれが生じる可能性


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_03183850.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。



先日神奈川クリニックの創始者の山子大助医師が鬼籍に入られとの連絡を受けました。
美容外科医療にいろいろな点でご影響を与えられた方だと思います。
ご冥福をお祈り申し上げます。

by shirayuribeauty | 2019-06-15 23:45 | 美容外科
下顎骨外板外し、 エラ骨骨切術 術後半年再診時
本日ご紹介の患者さんは 下顎骨外板外し、 エラ骨骨切術 術後半年再診時 になる患者さんです。

上段:術前です
下段: 下顎骨外板外し、 エラ骨骨切術 術後半年再診時です
d0092965_05081148.jpg
顎は全体的にスッキリされました。
ご感想は「普通(3/5)」とのことでした。

またの御来院をお待ちしております。

下顎骨外板外し、 エラ骨骨切術のリスク
・下歯槽神経麻痺の可能性
・左右差 (もともとある左右差を治すには軟部組織の施術が必要な場合があります)が気になる可能性
・全身麻酔のリスク 等





by shirayuribeauty | 2019-05-19 23:06 | 美容外科
中顔面短縮術(上顎ルフォー(LeFort)Ⅰ型骨切術+下顎矢状分割術)術後約3か月
本日ご紹介の患者さんは他院にて頬骨骨切術ならびにあご先骨切術をお受けになられた既往のある患者さんです。

限界までお顔を上下に短縮したい、 下顎を後方回転したいとのご希望にてご相談にこられました。

上顎を短縮し下顎を後方回転するとあご下がたるみ、また睡眠時無呼吸症候群になる可能性があり得るリスクをご説明させていただきましたがそれでも手術を受けたいとご希望にていずれせめてあご先だけ前に出す手術をうけるというお約束のもと(あご先前方移動術により多少オトガイ舌骨筋が前方にひっぱられることによりたるみ改善や気道の開大が見込まれます)中顔面短縮術(上顎ルフォー(LeFort)Ⅰ型骨切術+下顎矢状分割術)のご依頼を受諾しました。

上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_05285959.jpg

15mm上顎を短縮しています。
ご感想は「大満足(6/6)」と順調な経過です。
またの再診をお待ちしております。



中顔面短縮術のリスク: 下記リスクを予防するため各施設で最善の努力をしているはずですがそれでもゼロにはできない故 熟慮が必要です。


1.全身麻酔の事故のリスク (約7万件の全身麻酔に1件の麻酔死亡事故確率の統計調査報告等あります)
2.術後の腫れによる気道閉塞 → 気管切開等必要になる可能性
3. 感染が生じる可能性
4.感染や血流不良による歯肉や歯槽骨の壊死、欠損が生じる可能性
5.プレートやネジがゆるんだりして再手術になる可能性  
6.咬合の安定化まで時間を要する。場合によっては術後矯正が必要になる可能性。
7.眼窩下神経麻痺や下歯槽神経麻痺の可能性
8.出血が多く他家輸血(日赤からの輸血取り寄せ)を必要とする可能性
9.鼻中隔湾曲が生じる可能性
10.口蓋瘻が生じる可能性
11.鼻の形態が変わる可能性(5mm以上中顔面を短縮すると顔面の軟部組織が上下に押しつぶされて横に逃げるため、小鼻の広がり防止のためにをAlar base cinch suture をしても小鼻が広がる確率は高くなります。また顔面が小さくなることにより相対的に目や鼻が大きく見えるようになります。)
12.歯の違和感がしばらく残存する可能性
13.蝶口蓋動脈や大口蓋動脈に動脈瘤が生じ術後しばらくして突然止血困難な鼻血出血が生じる可能性
14. 術後耳管機能障害を発症する可能性(通常は数日から数週で改善します)
1 5. 上顎骨馬蹄形骨切術を併用した場合、口蓋の天井が低くなることにより構音上発音しずらくなる音が生じる可能性
16.上顎洞炎を発症する可能性
17.上顎骨に馬蹄形骨切をした際に上顎口腔の天蓋領域に凸隆起を舌で感じる可能性
18. 上顎や下顎を後方に下げたり、後方回転の度合いが強いと将来的に睡眠時無呼吸症候群(OSAS)を発症する可能性
19.外国の報告において発生率は稀と思われますが「失明」の報告があります。(一応この合併症を避けえる術法はありとされており私もその術法にのっとって手術をおこないますが絶対おこらない保証はありません。) 日本国内のケースでは見聞したことはありません
20.口周りに術中操作のため擦過傷等生じる可能性があります。
21.術後顎間固定のために口腔内にネジやワイヤー、インプラントを留置します。 それらが口唇にあたり口内炎を生じる可能性があります。
22.上顎の正中が御自信の希望の正中と一致しない可能性があります。
23. 下顎角部の左右差が気になる可能性があります。
24.気道管理のためノドにキズが生じる可能性



先日お心遣いを戴きました。
d0092965_05500726.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。


by shirayuribeauty | 2019-04-21 05:26 | 美容外科
下顎骨下縁スティック状骨切術  術後半年再診
今日は1945年に硫黄島の玉砕が大本営発表された日になります。
「17日夜半ヲ期シ最高指導官ヲ陣頭ニ皇国ノ必勝ト安泰トヲ祈念シツツ全員壮烈ナル総攻撃ヲ敢行ストノ打電アリ。通爾後通信絶ユ。コノ硫黄島守備隊ノ玉砕ヲ、一億国民ハ模範トスヘシ。」

通信機能の途絶えた日本軍の実際の最期の総攻撃として3月26日に栗林大将、市丸少将以下、数百名の残存部隊がアメリカ軍陣地へ玉砕攻撃を行いました。




本日ご紹介の患者さんは下顎骨を全体的に小さくしたいとのご希望にて下顎骨下縁スティック状骨切術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_04120922.jpg
ご感想は「見た目は顎もエラも術前より小さくなった実感があります。」とのことで「満足(4/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。






下顎骨下縁スティック状骨切術のリスク
・全身麻酔のリスク
・オトガイ神経麻痺のリスク 等


先日お心遣いを戴きました。
d0092965_04155238.jpg
ありがとうございます。どうか御気を遣わないでください。

by shirayuribeauty | 2019-03-21 23:09 | 美容外科
頬骨V字骨切術、鼻尖縮小、鼻中隔延長術、鼻口唇角形成術、鼻プロテーゼ留置術、鼻尖部婦人科軟部組織移植術、顎および頬ベイザー脂肪吸引
今日は1932年 に満州国の建国が宣言され、その10年後の 1942年 にバタビア沖海戦で、日本海軍が連合軍艦隊に勝利し、インドネシア方面の連合軍艦隊が壊滅した日となります。

そのバタビア沖海戦の12年後の1954年3月1日に第五福竜丸が米国のビキニ環礁の水爆実験によって発生した多量の放射性降下物を浴び無線長久保山愛吉氏がこの半年後の9月23日に急性放射能症で死亡しました。現在は第五福竜丸は東京夢の島の第五福竜丸展示館に展示されていま



本日ご紹介の患者さんは頬骨V字骨切術、鼻尖縮小、鼻中隔延長術、鼻口唇角形成術、鼻プロテーゼ留置術、鼻尖部婦人科軟部組織移植術、顎および頬ベイザー脂肪吸引をお受けになられた患者さんです。 たるんだら後日フェイスリフトをする覚悟なのでガッツリしてほしいとのご希望にでした。

上段:術前です。
下段:頬骨V字骨切術、鼻尖縮小、鼻中隔延長術、鼻口唇角形成術、鼻プロテーゼ留置術、鼻尖部婦人科軟部組織移植術、顎および頬ベイザー脂肪吸引 術後約半年再診時です
d0092965_04493197.jpg
ご感想は鼻に関して「普通(3/5)」,頬骨骨切と顎および頬ベイザー脂肪吸引に関して「満足(4/5)」とのことで総評は「丁寧にご対応いただきありがとうございました。」とのことでした。

とてもすっきりされ上品でお美しい感じになられたと思います。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いを戴きました。
d0092965_05025719.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。

by shirayuribeauty | 2019-03-01 00:49 | 美容外科
他院複数回(5回)鼻手術術後修正(当院で6回目) : 他院鼻中隔延長術後 変形 修正術 +(小鼻縮小、鼻孔縁延長、鼻プロテーゼ入れ替え、婦人科軟部組織移植)
本日 2月1日は1944年にマーシャル諸島クエゼリン環礁守備隊(ルオット島)が玉砕した日になります。

On February 1 ,1944 , the all members of Marshall Islands Kwajalein Atoll garrison (Luotto island) died an honorable death.

また今日は大東亜戦争終戦後3年目である1948年 に三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の孫娘である 沢田美喜が大磯に混血児救済施設「エリザベス・サンダースホーム」を開設した日です。

70 years ago from today, on February 1st, Miki Sawada, the grand-daughter of the Mitsubishi zaibatsu founder Yataro Iwasaki, established the "Elisabeth Sunders Home" in Oiso Japan, a faculty to aid the children with "mixed blood".
It was 3 years after the end of The World War II.

The children with "mixed blood" children were exposed to discrimination at that time.

ホームは、戦後日本占領のためにやってきたアメリカ軍兵士を中心とした連合軍兵士と日本人女性の間に強姦や自由恋愛の結果生まれたものの、両親はおろか周囲からも見捨てられた混血孤児たちのための施設でした。

The children in the faculty were born to Japanese mothers. Their fathers were soldiers of The Allied Forces that occupied Japan.
Unfortunately, they were abandoned by not only society, but also their parents.

このエリザベス・サンダースホームからは2000人近くの混血孤児が育ちました。沢田美喜氏はホームの孤児達の教育のために1953年には学校法人聖ステパノ学園を創立し1962年にはブラジルのアマゾン川流域の開拓を始め、聖ステパノ農場を設立し孤児院の卒園生が数多く移住しました。

An estimated 2000 children grew up in this faculty.

Additionally, Miki Sawada established a educational corporation, "The St. Stepanos Academy" in 1953 and started pioneering Amazon river basin in Brazil.
Many children who grew up in the Elisabeth Sunders Home migrated to St. Stepanos Farm which she found and run in Brazil.

敗戦国における占領軍によるしわ寄せはどこの国でも占領兵士の子を妊娠した女性たちにのしかかってきます。悲惨な敗戦国の陰の部分を博愛精神によって支えた沢田美喜氏に敬意を表します。

In a defeated nation, women sometimes conceive children of soldiers from the occupating forces even though they do not intended pregnancy.
Women were often the prey in times of post-war chaos. I pay my respects to Miki Sawada for her benevolent effort.



本日ご紹介の患者さん既往として
一番最初はA美容外科で鼻手術をうけるもおもったほど変化がなく(1回目の手術)同院で一度修正するも(2回目の手術)それでもやはり延長した高さが物足りなくて鼻中隔延長術で有名なB院に行き肋軟骨で高くした。(3回目の手術)その次にプロテーゼの高さを変えようという話になりその時に眉間とプロテーゼの入れ替えとおでこを手術したが感染症になった。(4回目の手術)  希望した形にならずもともとわし鼻ぽい形でそのまま高くなってしまった。
希望の形にならなかったので 落ち着いてからもう一回やりましょうとなり、「耳の軟骨でやりましょう」という話だったが「耳の軟骨で足りないから肋軟骨を使用しましょう」となり肋軟骨を使用した。この時に鼻が曲がってしまった。(5回目の手術)  現在慢性的に肋軟骨採取部分が痛い。

とのことでした。

A院 B院共に学会において鼻の手術でも著名な先生方による手術であり、 前医による修正術をお勧めしましたが、当院で頬骨骨切術および鼻翼基部アパタイト留置術の手術をお受けになられ、その際鼻翼の広がりを外側から切らずに口腔側から改善させていただき その結果もふまえ 当院での施術をご希望されたためご依頼を受諾しました。

治したい箇所 と その対応施術は以下のようになりました。
小鼻を小さくしたい → 小鼻縮小
正面から鼻の穴を見えにくくしたい→ 鼻孔縁延長
他院でオーダーメイドで作成したプロテーゼは曲がっているので直したい→ プロテーゼ入れ替え
鼻先の曲がりや凹みを直したい→他院鼻中隔延長術術後修正
軟骨が浮き出た状態を改善したい→ 婦人科軟部組織移植術

婦人科の形態を整えたい。大きいので全体的にこの機会に小さくしたい。黒ずんでいる部分を切り取りたい→ 婦人科形成術

これら上記の手術をお受けになられることとなりました。

上段:術前です
下段:他院鼻翼基部プロテーゼ抜去術、頬骨骨切術、鼻翼基部アパタイト留置術術後 後10か月、
  他院鼻術後修正術(鼻中隔延長修正、鼻孔縁延長、小鼻縮小、婦人科軟部組織移植術)術後約2か月再診時です
d0092965_04213520.jpg
鼻を拡大してわかりやすく見てみます。
上段:術前です
下段:他院術後変形 修正術後2か月再診時です。

d0092965_04553224.jpg
曲がりは修正され、鼻の孔も見えにくくなりました。
ご感想は「ふつう(3/6)」とのことでした。
鼻背がやや腫れているため先日穿刺し約1ml程度の濁りのない透明な液を引きました。所見から感染ではなく手術侵襲による漿液貯留でしょう。
念のため培養検査提出しています。

またの再診を待ちしております。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_05081003.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。

by shirayuribeauty | 2019-02-01 00:13 | 美容外科
鼻翼基部プロテーゼ, こめかみプロテーゼ   術後3か月
今日は1936年 にロンドン海軍軍縮会議から日本が脱退した日です。
On January 15th 1936, Japan withdrew from the Second London Naval Disarmament Conference. Consequently, they did not sign the Second London Naval Treaty.


思えば大東亜戦争開始ずっと以前より日本は政治的に軍事力の保有比率を英米以下になるように抑えつけられていました。ペリーの開国以来不平等条約を押し付けられてきた日本の苦しみがうかがい知れます。

Japan had been historically placed in an unduly low position in global politics thus far.
Long before the Greater East Asia War, Japan had been restricted to keep armed forces less (or weaker) than the U.K. and the U.S.A. by western alliances.

Furthermore, ever since Matthew Perry had compelled Japan to open its doors to the West, Japan had been pressured to conclude several unequal treaties like the Convention of Kanagawa (on March 31st 1854, or The Treaty of Amity and Commerce (on July 29th 1858).




本日ご紹介の患者さんは 鼻翼基部のへこみの改善に鼻翼基部プロテーゼを、 こめかみをふっくらさせる目的にてこめかみプロテーゼ 留置術を
お受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_03244269.jpg
ご感想は「2か月前よりより自然になり、こめかみののふくらみや鼻翼の広がり(腫れ)も自然になりとても満足しています。 ほうれい線も確実に薄くなり、輪郭も奇麗になりうれしいです!」 とのことで「大満足(6/6)」と順調な経過です。


またの御来院をお待ちしております。



プロテーゼ留置術のリスク
・左右差
・感染
・異物感を感じる可能性 等


先日お心遣いを戴きました。
d0092965_03545124.jpg
ありがとうございます。
どうかお気を遣わないでください。



by shirayuribeauty | 2019-01-15 01:21 | 美容外科
あご先骨切術、鼻尖縮小術、鼻中隔延長術、鼻尖部軟骨移植術、鼻背部皮切り術、人中短縮術 術後約3か月
本日ご紹介の患者さんは あご先骨切術、鼻尖縮小術、鼻中隔延長術、鼻尖部軟骨移植術、鼻背部皮切り術、人中短縮術 をお受けになられて術後約3か月になる患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_01291057.jpg
ご感想は「鼻は変わりなし、顎も変化あまり感じられず何cm削ったのか、もう神経ギリギリまで限界だったか伺いたい」とのことで「不満(1/5)」とのことでした。

輪郭の手術の完成は術後約半年後になります。骨は神経を温存できるレベルでかつ、かつ顔が四角くならないようにしっかりと切除していますのでもう3か月ほど経過観察していただければ幸いです。 半年経ても変化を感じなければあご先の軟部組織を減量する処置を考えましょう。
またの御再診をお待ちしております。



by shirayuribeauty | 2019-01-08 00:25 | 美容外科
中顔面短縮術(上顎ルフォー(LeFort)Ⅰ型骨切術+下顎矢状分割術)術後2週間
あけましておめでとうございます   今年もよろしくお願い申し上げます。

昭和12年(1937年)のシナ事変から昭和20年(1945年)までの大東亜戦争までの日本人戦没者は約310万人にも達しています。
戦闘に携わった否に関わらず、皆、国や国民のことを思い、力を尽くして戦い、あるいは働き、あるいは米国の一般市民無差別大量虐殺故に亡くなった人々であり、今日の日本がその人々の犠牲の上に築かれていることを決して忘れてはならないと思います。
戦没者のご冥福をお祈りすると共にこれからよりよい日本の建設に向け新たな一年を頑張っていきたいと思います


本日ご紹介の患者さんは他院にて頬骨骨切術ならびにあご先骨切術をお受けになられた既往のある患者さんです。

限界までお顔を上下に短縮したい、 下顎を後方回転したいとのご希望にてご相談にこられました。

上顎を短縮し下顎を後方回転するとあご下がたるみ、また睡眠時無呼吸症候群になる可能性があり得るリスクをご説明させていただきましたがそれでも手術を受けたいとご希望にていずれせめてあご先だけ前に出す手術をうけるというお約束のもと(あご先前方移動術により多少オトガイ舌骨筋が前方にひっぱられることによりたるみ改善や気道の開大が見込まれます)中顔面短縮術(上顎ルフォー(LeFort)Ⅰ型骨切術+下顎矢状分割術)のご依頼を受諾しました。

上段:術前です
下段:術後約2週間再診時です
d0092965_07285052.jpg
15mm上顎を短縮しています。
ご感想は「大満足(6/6)」と順調な経過です。
またの再診をお待ちしております。

追記記事:2019.04.21

中顔面短縮術のリスク: 下記リスクを予防するため各施設で最善の努力をしているはずですがそれでもゼロにはできない故 熟慮が必要です。

1.全身麻酔の事故のリスク (約7万件の全身麻酔に1件の麻酔死亡事故確率の統計調査報告等あります)
2.術後の腫れによる気道閉塞 → 気管切開等必要になる可能性
3.感染
4.感染や血流不良による歯肉や歯槽骨の壊死、欠損
5.プレートやネジがゆるんだりして再手術になる可能性  
6.咬合の安定化まで時間を要する。場合によっては術後矯正が必要になる可能性。
7.眼窩下神経麻痺や下歯槽神経麻痺の可能性
8.出血
9.鼻中隔湾曲が生じる可能性
10.口蓋瘻が生じる可能性
11.鼻の形態が変わる可能性(5mm以上中顔面を短縮すると顔面の軟部組織が上下に押しつぶされて横に逃げるため、小鼻の広がり防止のためにAlar base cinch suture をしても小鼻が広がる確率は高くなります。また顔面が小さくなることにより相対的に目や鼻が大きく見えるようになります。)
12.歯の違和感がしばらく残存する可能性
13.蝶口蓋動脈や大口蓋動脈に動脈瘤が生じ術後しばらくして突然止血困難な鼻血出血が生じる可能性
14. 術後耳管機能障害を発症する可能性(通常は数日から数週で改善します)
15. 上顎骨馬蹄形骨切術を併用した場合、口蓋の天井が低くなることにより構音上発音しずらくなる音が生じる可能性
16.上顎洞炎を発症する可能性
17.上顎骨に馬蹄形骨切をした際に上顎口腔の天蓋領域に凸隆起を舌で感じる可能性
18. 上顎や下顎を後方に下げたり、後方回転の度合いが強いと将来的に睡眠時無呼吸症候群(OSAS)を発症する可能性
19.外国の報告においては発生率は稀と思われますが「失明」の報告があります。(一応この合併症を避けえる術法はありとされており私もその術法にのっとって手術をおこないますが絶対おこらない保証はありません。) 日本国内のケースでは私が浅学なのか見聞したことはありません






今年も全力で頑張っていきたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。

by shirayuribeauty | 2019-01-01 07:27 | 美容外科