タグ:目 ( 506 ) タグの人気記事
三白眼修正術 術後8年, 上眼瞼たるみ取り術後約1年再診時
本日ご紹介の患者さんは三白眼修正術 術後8年, 上眼瞼たるみ取り術後約1年再診時になる患者さんです。


上段:術前です
下段:三白眼修正術 術後8年, 上眼瞼たるみ取り術後約1年再診時です
d0092965_23341078.jpg
合併症なく順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_03584663.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。

4月より勝間田先生が当院名誉院長としてご就任されました。 勝間田先生のいままでの御症例の御紹介となります。
ご相談ご希望のかたは当院までご連絡いただければ幸いです。
名誉院長  Dr勝間田のブログ



[PR]
by shirayuribeauty | 2018-04-08 23:35 | 美容外科 | Comments(0)
他院涙袋プロテーゼ抜去後 当院涙袋プロテーゼ留置術 術後約3年半
本日ご紹介の患者さんは他院にて涙袋プロテーゼ留置術をお受けにななられた既往がある患者さんです。

プロテーゼの端が浮き出て違和感があるとのことで入れ替え術をご希望されました。

前医にての修正術を強くお勧めしましたが当院での入れ替えをご希望されたため御依頼をお引き受けしました。

上段:術前です
中段:術後約1週間再診時です
下段:術後約3年半再診時です
d0092965_03322535.jpg
御感想は トラブルなく順調とのことで順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いを戴きました。
d0092965_04142819.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。


[PR]
by shirayuribeauty | 2018-03-08 23:29 | 美容外科 | Comments(0)
蒙古ヒダ形成術 術後1か月
今日は1972年 に1月24日にジャングルで発見された横井庄一氏が日本へ帰国した日です。

46years ago from today, on February 2nd 1972, Shoichi Yokoi returned to his home country, Japan.
He was found on January 24th in the jungle of Guam.



本日ご紹介の患者さんは 「蒙古ヒダを形成したい」 とのご希望にて蒙古ヒダ形成術をお受けになられて術後1か月になる患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約1か月再診時です
d0092965_03433315.jpg

御感想は「満足(6/6)」で順調な経過です。
自分の経過をみたいので是非ブログに載せてください! とのことで掲載させていただきました。
掲載が遅くなり申し訳ありません。

またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_03450525.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。




[PR]
by shirayuribeauty | 2018-02-02 00:41 | 美容外科 | Comments(0)
他院目の下脂肪除去後に対する 脂肪移植 術後約8か月
今日は紀元前49年ガイウス・ユリウス・カエサルが有名な言葉「賽(さい)は投げられた」と共にルビコン川を渡った日として有名な日です。

January 10th 49 BC is widely known as the day that Gaius Julius Caesar, on crossing the Rubicon river with only one legion to trigger a civil war, said the historically famous phrase "the dice is thrown" or "The die is cast" ("Alea iacta est" in Latin).

It was said that Caesar quoted the phrase from Menander ( comic dramatist of ancient Greece (342-292 BC) ) in Greek.。

Today, the phrase is often used when one confronts a decisive and/or inevitable
event, crossing the point of no return.

人生には渡った以上突き進まねばならない「ルビコン川」が幾度かあります

We sometimes come across a "Rubicon River" situation in our lives, where we must simply move on.


本日ご紹介の患者さんは他院にて下眼窩脂肪除去手術をお受けになられた結果、くぼみが気になるようになりその部位への脂肪移植術をご希望された患者さんです。

上段:術前です
下段:下眼瞼脂肪移植術 術後約8か月再診時です
d0092965_00302022.jpg
しこり等合併症なく 御感想は「満足(4/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いを戴きました。
d0092965_00360566.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。




[PR]
by shirayuribeauty | 2018-01-10 00:28 | 美容外科 | Comments(0)
目尻靭帯移動術 (垂れた目尻をあげる:釣り目形成)
本日ご紹介の患者さんはたれ目に見える目尻をあげたいとのことで目尻靭帯移動術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です


d0092965_03501742.jpg
垂れた目尻は水平位近くまで上がり、御感想は「満足(4/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_03581794.jpg
ありがとうございます。どうか御気を遣わないでください。




[PR]
by shirayuribeauty | 2017-12-02 23:48 | 美容外科
蒙古ひだ形成術、 目の下のたるみ取り、 眼窩脂肪移動術術後約1年半


本日ご紹介の患者さんは既往として他院にて二重切開と目がしら切開術をお受けになられたことがあり、今回「目頭切開のやりすぎた感があって元に戻したい。自然にしたい。」とのご相談でした。

 
カウンセリング時の私の説明としては「 方法は大きくわけて3つほどあり希望の形態が人によって違うためできれば希望の形態の写真を持参してください。」とご説明したところ、手術当日は希望の形態のお写真を持参してくださいました。

また目の下の若返りをご希望され 目の下のたるみ取りおよび眼窩脂肪移動術をお受けになられました。


上段:術前です
下段:術後約1年半 再診時です。

d0092965_03492977.jpg
御感想は蒙古ヒダ形成術に関しては「大満足(5/5)」 , 目の下のたるみ取り、眼窩脂肪移動術に関しては「満足(4/5)」 と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_04022838.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。



[PR]
by shirayuribeauty | 2017-11-28 23:43 | 美容外科
二重部分切開 術後約半年再診時

今日は11月4日ですが明日11月5日は
1952年に広島に訪れたラダ・ビノート・パール博士(極東国際軍事裁判において判事を務め、同裁判の11人の判事の中で唯一、被告人全員の無罪を主張した「意見書」(通称「パール判決書」)の作成者)が原爆慰霊碑の「安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから」という碑文に憤慨し(原爆投下という過ちを犯したのは米国であるのに日本人が日本人に向かい「過ちを繰り返しませぬ」と謝っているため)、広島県本照寺に建立された「大亜細亜悲願之碑」に碑文を書かれ署名した日になります。

激動し 変転する歴史の流れの中に
道一筋につらなる幾多の人達が
万斛(ばんこく)の想いを抱いて死んでいった
しかし
大地に深く打ちこまれた
悲願は消えない


抑圧されたアジアの解放のため
その厳粛なる誓いにいのち捧げた魂の上に幸あれ

ああ真理よ
あなたはわが心の中にある
その啓示に従ってわれは進む


前半 筧住職  後半青文字 パール博士 碑文作成



本日ご紹介の患者さんは二重部分切開術後約半年再診時になる患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_03211324.jpg
御感想は「ふつう(3/5)」と順調な経過です。

術後6か月閉眼時です。
d0092965_03252645.jpg

部分切開のキズも全然わからなくなりました。


またの御来院をお待ちしております。




[PR]
by shirayuribeauty | 2017-11-04 23:18 | 美容外科
右蒙古ヒダ形成術 術後約半年、 左蒙古ヒダ形成術 術後約2か月

本日ご紹介の患者さんは目がしらをもう少し蒙古ヒダで被せたい とのご希望にて蒙古ヒダ形成術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:右目蒙古ヒダ形成術 術後約半年、左目蒙古ヒダ形成術 術後約2か月再診時です
d0092965_04264956.jpg
御感想は「あと1mmぐらい欲しかったのもありますが先生のバランスを見た判断だと思いますので満足しています」とのご感想で「満足(4/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。



[PR]
by shirayuribeauty | 2017-11-01 00:23 | 美容外科
左上瞼たるみ取り

今日は1905年 にポーツマス条約が締結され日露戦争の終戦日になります。日清戦争と比較にならないほど多くの犠牲者や膨大な戦費を支出したにも関わらず、直接的な賠償金が得られなかったため、世論の非難が高まり、暴徒と化した民衆によって内務大臣官邸、御用新聞と目されていた国民新聞社、交番などが焼き討ちされる事件・いわゆる日比谷焼打事件がおこりました。


本日ご紹介の患者さんは左目のたるみをとって二重幅を右目に合わせたいとのことで左上瞼たるみ取り手術をおうけになられて術後約半年になる患者さんです。
上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_03031829.jpg
閉眼時もキズはほとんどわからずご感想も「満足(6/6)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_03582401.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。




[PR]
by shirayuribeauty | 2017-09-05 03:03 | 美容外科
涙袋プロテーゼ留置術、ROOF切除術 術後 約半年 ; 聖路加国際病院 日野原重明先生を偲ぶ
今日は東条内閣がマリアナ沖海戦と、それに伴うサイパンの陥落の敗北の責任を取る形で1944年に総辞職した日になります。


本日 聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生がお亡くなりになられました。

医学生時代にウィリアムオスラー博士の書かれた「平静の心」を読んだ際に それを翻訳された先生の一人として知ったのが日野原先生を知った始まりです。

医学生時代からchiropractic に興味を持ち chiropractic発祥の地である米国Palmer大学への留学の準備をし卒業して数か月の大学病院での臨床研修後Palmer大学に入学した私は米国で時間を過ごすにつれchiropracticも好きだけれども医学も日本も好きでいずれは帰国して今まで自分が学んできたことを還元するべく日本社会のために働きたいとの気持ちが日増しに強くなっていきました。

一刻も早く日本に帰国してさらなる研修で研鑽を深めたい一心で必死に勉強し、アメリカ人のクラスメイトには「お前は図書館に住んでいるのか?」と揶揄されながらも約4年のカリキュラムを飛び級で約2年4か月で終了しその間にNational Board (国家試験)1~4までも合格し、次なる研鑽の場として日本での医師としての研修先を探し求めていました。

 そんな時に医学生時代に読んだ「平静の心」を思い出し、日野原先生で有名なそして医師としての初期研修で有名な聖路加国際病院で研修したいと思い聖路加国際病院の外科系レジデント採用試験を受験しました。 合格させていただいた時はうれしかったです。

約20年前になりますが当時の日野原先生は80歳代半ばにも関わらず内科の病棟回診を行い色々と教えてくださいました。

初めて直接お会いしたのが病院のエレベータの中で偶然乗り合わせ 最初は失礼ながらもよだれを垂らしながら立っているご老人が日野原先生だと全く気づきませんでした。  そんな日野原先生が病棟に到着するや否や 背筋をシャンと伸ばしキリッっと理性的な表情になられて御回診され、また内科カンファレンスでも難解な討議についていかれる姿に驚嘆していました。

聖路加国際病院の恩師の計らいで虎の門病院を次なる研修の場として紹介いただきレジデント研修後は聖路加を離れましたが 当時のハードな研修が今の自分の礎となっていると思い感謝しています。

レジデントにとっては不夜城のような聖路加国際病院でしたが厚生労働省主導の臨床研修制度の導入や労働基準局の指導がはいり聖路加も近年はずいぶん様変わりしたと聞いています。

厳しい自己研鑽を求める者達にとって労働基準法は逆に迷惑であったりするものなのですが今のご時世ではいたしかたないのかもしれません。 

小学校6年生の国語の教科書に載っている95歳の時の日野原重明先生が書かれた以下の「君たちに伝えたいこと」は私の好きな文章です。 



『  君が今、12歳あたりだとすれば、95歳を過ぎたわたしの年齢は、君のおよそ8倍です。
時間の長さについてだけいえば、 君が今日まで生きた年月を、 わたしはもうすでに8回もくり返してきたことになります。 さて、君のおよそ8倍長く生きているわたしから、君に「寿命」の話をすることにしましょう。

「寿命」とは何かな。

「寿命」とは、生きている人のいのちの長さのことなんです。 つまり、その人にあたえられた、 生きることに費やすことのできる「時間」です。 それは、生まれたときに、 「はい、君は日本人ですね。では、今のところ、日本人の平均寿命は何歳ですから、 何年分の時間をさしあげましょう。」 と、平均寿命に見合った時間を、ぽんと手渡されるようなものではありません。

それではまるで、生まれた瞬間から寿命という持ち時間を、どんどん削っていくようで、なんだか生きていくのがさみしい感じがしてきます。 わたしがイメージする寿命とは、手持ちの時間を削っていくというのとはまるで反対に、寿命という大きな器の中に、精一杯生きた一瞬一瞬をつめこんでいくイメージです。

ぼんやり時間を過ごそうが、何かに没頭して過ごそうが、時間をどう使うかは、ひとりひとりの自由に委ねられています。 もちろん、今の君の1日は、学校の授業や塾やおけいこごとでぎっしりスケジュールが組まれているかもしれません。 それでも、その決められた時間を集中して過ごすか、居眠りしながら過ごすかは、君しだいです。 その時間の質、つまり、時間の中身を最終的に決めているのは、君自身だということです。

時間いうものは、止まることなく常に流れています。


けれども時間というものは、ただの入れ物にすぎません。

そこに君が何をつめこむかで、時間の中身、つまり時間の質が決まります。


君が君らしく、生き生きと過ごせば、その時間はまるで君にいのちをふきこまれたように生きてくるのです。
わたしがこれから先、生きていられる残り時間は、君に比べるとずっと短いでしょう。 けれども、それだけにいっそう、一瞬一瞬の時間をもっと意識して、もっと大事にして、精一杯生きたいと思っています。
そして、できることなら、寿命というわたしにあたえられた時間を、自分のためだけに使うのではなく、少しでも他の人のために使う人間になれるようにと、わたしは努力しています。

なぜなら、ほかのひとのために時間を使えたとき、時間はいちばん生きてくるからです。

君が生まれたときに、君の周りにいた人たちがどんなに幸せに包まれたかを、君は想像したことがありますか。 小さな君が笑うたびに、きっと君のそばにいただれもが、思わずにっこりと微笑み返したことでしょう。
君が体いっぱいで泣いていれば、そばにいた人たちは、どんな用事で忙しくとも、その手を止めて、君のもとにかけ寄ったことでしょう。 そうやって君のお世話をすることが、そばにいた人たちには時々とても疲れてしまうことがあっても、そうすることはそばにいた人たちにとって、ほかの何ものでも味わうことのできない喜びでもあったのだと思いますよ。 だからどんなに忙しくても、疲れていても、小さな君のためなら、そばにいた人たちは精一杯尽くしてくれたのです。 なぜ、そうやって君を世話することで喜びが湧いてくるのか。そしてどんな喜びだったのか分かりますか。 それは、自分の時間を純粋に君のために使っていたからこそ、湧いてくる喜びだったのです。 ほかの人のために時間を使うということは、自分の時間が奪われて、損することではないのです。 それどころか、ほかのことでは味わえない特別な喜びで心がいっぱいに満たされるのです。
こんなに大きなお返しをもらえることなんて、めったにありません。

私が自分の時間をほかの人のために使うことに努力している理由が、これで君にも分かったでしょう。

だから、わたしは君にも、 ぜひそうしてみることをおすすめします。

さて、ここまで私は、寿命という時間の使い方についてお話ししてきました。
時間というものはただの入れ物にすぎないのであって、そこに君がいのちを注いで時間を生かすことが大事だという話をしましたね。 そして、自分のためだけでなく、ほかの人のために時間を使えるようであって欲しいとお話ししました。

でも長い人生においては 自分の思うとおりにはいかないこともたくさん出てきます。

君が自分で選びとったわけでもないのに、つらくて悲しいことにも出会わなければならない日が、この先にはあるかもしれません。 そんなときには、いつものきみのように、前向きにものごとを考えたり、かっこよく過ごしたりなんて、 とてもできなくなりますね。 悲しいときの自分なんて消してしまいたいと思うことさえあるかもしれません。 でもそんなときにも、忘れないでいて欲しいことがあります。 嬉しいときだけが、「君」ではありませんよ。 笑っているときの君だけが、「君」では、ありませんね。 悲しいときの君も、はずかしくて消えてなくなりたいと思うときの君も、「君」なのです。 だから、つらいときや悲しいときの自分も大切にしなければなりません。
成功して喜びでいっぱいになっているときの君も、失敗してなみだを流す君も「君」です。

どんなときの自分も大事にすること。 自分のことをいつも大好きだと思っていること、これはとても大切なことです。

だから決して忘れないで下さい。君が生まれてきて、今ここに、こうして同じときを生きていけるということは、とても嬉しいことであり、一つの奇跡のように素晴らしいことなのです。
今、私が君にこうして語りかけることができるのも、 君がそこにいて、私が、ここにいるからでしょう。 それは本当に素敵なことなのです。  』

聖路加という有機体を率いられ、そして素敵な言葉を私達に残していってくださった日野原先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



本日ご紹介の患者さんは涙袋を作成したい、上瞼のぷっくり感を改善を改善したいとのことで涙袋プロテーゼ留置術、ROOF切除術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約半年再診時です。
d0092965_052143.jpg

御感想は「涙袋は今の倍ぐらいふくらみがあるといいなと思いました。 上瞼はもう少しプックリした感じをなくしたかったです。」とのことで「ふつう(3/3)」とのことでした。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_0593127.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-07-18 23:50 | 美容外科