タグ:歯・ガミー・口唇・口角 ( 178 ) タグの人気記事
口角挙上(口角つりあげ)術
本日ご紹介の患者さんは口角挙上(口角つりあげ)術(口外法)をお受けになれた患者さんです。

口角つりあげ手術はライフクリニックの勝間田院長先生が十仁美容外科の勤務時代に研究、開発され昭和57年にノルウェーのオスロで開催された国際美容外科学会で発表されてから世の中に知られるようになった手術です。

口内法と口外法があり原法は口内法になります。 口角の上げ幅を大きくしたい方は口外法を用います。口外法の欠点としては白い線となって目立たなくなるとはいえキズが残るという点です。


今回ご紹介の患者様はしっかりひきあげたいとの御希望が強く口外法の手術をお受けになられました。

上段:術前です。
下段:術後約4ヶ月目再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_1185059.jpg


ご遠方のためなかなか再診にこられなかったのですが術後から色々とお悩みが多く「お友達に変といわれた。」「ほうれい線が気になるようになった。」等メール相談を受けました。この手術は腫れのため一時的に口元がお猿さんやワンちゃんの口元のようにみえる時期があるのですがそのダウンタイムがかなり精神的にお辛かったようです。今回4ヶ月ぶりに再診にこられた時は清々しい笑顔だったのでやや安心しました。

先日差し入れをいただきました。
d0092965_1193180.jpg

ワンちゃん達と・・・・まだ開封してなかったのでこのブログを書きつつ開封してみると・・・真心詰め合わせギフトでした。
d0092965_1194317.jpg


ありがとうございます。 深謝いたします。
どうか気を遣わないでください。 恐縮です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-05-10 01:19 | 美容外科
口角つりあげ術
今日は1946年 に極東国際軍事裁判(東京裁判)が開廷された日になります。 

本日ご紹介の患者さんは口角つりあげ術をお受けになられた患者さんです。

口角つりあげ手術はライフクリニックの勝間田院長先生が十仁美容外科の勤務時代に研究、開発され昭和57年にノルウェーのオスロで開催された国際美容外科学会で発表されてから世の中に知られるようになった手術です。

口内法と口外法があり原法は口内法になります。 口角の上げ幅を大きくしたい方は口外法を用います。口外法の欠点としては白い線となって目立たなくなるとはいえキズが残るという点です。


今回ご紹介の患者様はしっかりひきあげたいとの御希望が強く口外法の手術をお受けになられました。

上段:術前です。
下段:術後約3週間です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_2233160.jpg


順調な経過です。

メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
47.社会生活で恩恵を受けているすべての人、特に医師は社会に対してなんらかの義務を負っています。
William・J・Mayo
47.外科医は往々にして頑固な人が多いですが一方内科医は自信過剰な人が多いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-05-03 19:44 | 美容外科
ガミースマイル
ガミースマイルとは笑ったときに上唇が上がり歯肉がみえてしまう状態を言います。
原因として解剖的に上顎骨が長い、または挙筋の強い作用かその複合要因が考えられます。
この状態を改善するのに以下の方法が考えられます。

1. ボツリヌストキシン注射
   ボトックスに代表されるようなボツリヌストキシン製剤を上口唇挙筋群に注射してその筋肉の働きを抑える事によってガミースマイルの状態を改善する方法です。効果は約6ヶ月程度です。

2. Litton and Fournier法(リットン アンド フォルニエル法)
   多くの美容外科で行われている方法です。 方法としては歯の生えている上縁約4mm上で切開し上唇溝間の粘膜を切除縫合する方法です。

3. Ellenbogen法(エレンボゲン法)
   鼻と唇の間にインプラントをいれて唇が上がるのをブロックする方法です。

4. Miskinyar法(ミスキンヤー法)
   口の中を切開し上口唇挙筋群を切除して唇を上げられなくする方法です。

5. Le FortⅠ型骨切り法
   上顎骨を短縮する方法です。




追記:2010年3月31日 患者様のご希望にて記事・写真を削除しました。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-02-25 03:05 | 美容外科
唇縮小
今日は今から遡る事74年前の1933年、国際連盟総会で日本軍の満洲撤退勧告案が採択され日本全権大使・松岡洋右が連盟脱退を宣言し退場 した日です。
後日帰国した松岡は「言うべきことを言ってのけた」「国民の溜飲を下げさせた」初めての外交官として、国民には凱旋将軍のように大歓迎されました。

1919年2月13日国際連盟規約委員会にて当時常任理事国であった日本が提案した
人種あるいは国籍如何(いかん)により法律上あるいは事実上何ら差別を設けざることを約す と言う条項、いわゆる「人種差別撤廃条項」を廃案した国連に当時の日本人は欧米の抑圧と国連の胡散臭さを感じていたのかもしれません。

また1942年2月24日には、日本海軍の伊17乙型大型潜水艦によるアメリカ本土のカリフォルニア州サンタバーバラのエルウッド石油製油所へ砲撃が行われた日にもなります。米国が他国の軍隊によって本土が襲われた史上初の日になります。

さて今日は上唇縮小術をお受けになられた患者さんの紹介です。
上段:術前です。
中断:切除した上口唇です。
下段:術後三週間目再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_2231230.jpg


上唇はcupid bowという中心部がちょっと膨らんだ形態が良いと一般的にされています。
そのような形態になるようデザインして切除しています。
患者さんも満足のいく形!とのことでした。
まだ三週なのでまだやや軽度腫れが残存しています。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-02-24 02:26 | 美容外科
口唇縮小
予備自衛官の資料請求をして一週間以上過ぎましたがまだ資料が届きません。
同じ日に申し込んだ本は3日後には届いたのですが・・・

自衛隊に民間並みの迅速なサービスを期待するのが間違っているかもしれませんが緊急時に即出動できるフットワークの軽さが自衛隊の大切な点であるのですからこのような雑務にもフットワークのよさをみせて欲しいです。

資料請求時に同時に質問事項として記入した「予備自衛官になると今後一生涯 文民扱いにならず内閣総理大臣には将来なれなくなるのでしょうか?」という質問の回答に時間がかかっているのかもしれません。 もうしばらく待ちます。

さて今日は口唇縮小の患者さんのご紹介です。
上段:術前です。
下段:術後一ヶ月再診時です。(写真は患者さんの御同意を得て供覧しています)
d0092965_23636100.jpg

患者さんは以前他院にて口唇縮小術をお受けになられているのですがもっと口唇を薄くしたい、可能な限り薄くしたいとのことで手術の御依頼をされました。
特に手術が必要である形態であるとは思われなかったので手術が不要である旨を強くアドバイスさせていただきましたが手術の御希望が強く同意書に「医師としてはお勧めしません!」という一筆をいれてまでの異例の手術となりました。自分が納得できないで手をつける手術ほど結果が心配なものはありません。
結果としてこの薄さにご満足されているとのことでした。お役に立てれて良かったです。
やや口唇がまだ硬い感じがするとのことですがこれは約半年かけて除々に自然が感じになっていきます。

今日は差し入れを頂きました。
d0092965_237296.jpg

ありがとうございました。深謝いたします。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-02-19 22:40 | 美容外科
下唇縮小、唇脱色
今日は下唇縮小、唇脱色をお受けになられた患者さんのご紹介です。

上段:術前です。
下段:術後半年再診時です。
d0092965_2324227.jpg

最初、下唇が大きいのが気になるとのことで唇縮小術をお受けになられました。
その後、唇がやや黒味がかっているのが気になるとのことでご相談を受けたのでクリームによる脱色治療を2ヶ月前より開始しました。処置前より黒味が落ち着き健康的な唇の色になりつつあります。
脱色治療は1クール3ヶ月で行います。個人差はありますが通常1クールでほとんどの方が満足のいく脱色結果を得られているようです。

太もも全周および臀部の脂肪吸引をされた患者さんに御依頼された脂肪吸引の結果のUPです。
d0092965_233371.jpg

全部で麻酔液混みで3700ccの吸引でした。 お疲れ様でした!
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-02-17 23:01 | 美容外科
口角つりあげⅡ
口角つりあげ手術はライフクリニックの勝間田院長先生が十仁美容外科の勤務時代に研究、開発され昭和57年にノルウェーのオスロで開催された国際美容外科学会で発表されてから世の中に知られるようになった手術です。

口内法と口外法があり原法は口内法になります。 ただ口角の上げ幅を大きくしたい方は口外法を用います。


今回ご紹介の患者様は口内法の結果では上げ幅がご満足いかないとのことでしたので口外法まで行った方です。

上段 :術前:特に口角が下がってるわけではありませんが口角挙上にてにっこりした感じをだしたいとのことでした。
中段:口内法術後:微笑しているような口元になります。 この手術を研究、開発された勝間田先生は口内法によるこの微笑の状態を「モナリザの微笑み」と呼んでいらっしゃいます。マイルドな微笑形態を作る口内法の結果を表す「なるほど」と思わせる適切な表現です。
下段:口外法追加術後:口外法ははっきりと口角が上がります。しかし欠点は約半年は創が口角部分に生じてしまう事です。
d0092965_0544810.jpg

とってもチャーミングな口元になられました。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-20 22:23 | 美容外科
口角つりあげ
今日は口角つりあげの手術について記載したいと思います。

口角つりあげ手術はライフクリニックの勝間田先生が十仁美容外科に勤務時代の昭和57年にノルウェーのオスロで開催された国際美容外科学会で発表されて世の中に知られるようになった手術です。

口内法と口外法があり原法は口内法になります。 ただ口角の上げ幅を大きくしたい方は口外法を用います。

今日は完全燃焼したので明日また続きを書きます。


本日も差し入れをいただきました。
d0092965_22541164.jpg


QUATREという東京の目黒区の柿の木坂のお店のようです。
d0092965_2254188.jpg


スタッフ全員で食べきれない量でびっくりです。
d0092965_22542631.jpg


とってもおいしかったです。 ありがとうございました。
関西からいらしたのに柿の木坂のお店のお土産とは??
と思いましたが関西に出店しているのかそれともハイセンスな方でいらしたのでわざわざお気に入りのお店のケーキをお土産にしてくださったのかも知れません。

気をつかっていただいて本当に恐縮です。 どうぞお気をつかわないで下さい。 
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-19 22:57 | 美容外科