タグ:日本・小話 ( 69 ) タグの人気記事
乳頭縮小術(乳管温存法):2年を振り返って
このブログを書き始めて2年が経ちました。皆様のご協力を得て2年続けることができました。


思えば2年前に地方の病院での当直中にふと思い立って書き始めたのが始まりでした。
救急当直は医師たるものの責務だと思い積極的に行っておりましたがその後大阪高等裁判所第5民事部の下した判決を知り、救急当直は控えるようになり当直といえば麻酔科当直となり救急車が到着するまでのあのアドレナリンが全身を駆け巡る感覚が遠ざかって久しくなりました。 2年前のあの頃を懐かしく感じます。 あの判決を知って救急当直を止めた同僚医師を何人も知っていますが救急医療を救急専門医のみに担わせるのは現状では無理だと思います。
完全無欠の能力を有した救急医のみ救急の現場で医療行為をおこなうべきという論は理想論でしょう。  

現状では残念ですが医学的に正しい医療を行っても治療結果がよくなければ判決はもとよりのこと示談や和解でもその点を責められます。それは医療行為を結果論に基づいて判断されるからです。 医療は不確実な事象であり、ときに予期せぬ経過や結果をきたすことは衆知の事実ですが、治療結果が良くなければ結果論のみが大きく浮かび上がり、不良結果回避、説明義務、危険予見などの義務違反があたかも治療開始時からわかりきっていたように論じられます。
臨床現場においてどの医師も叡智を絞って診断しその治療方針を貫き実行していると信じます。その時点で医学的に正しい選択をしたのなら堂々と主張すべきだと考えます。
言葉や中傷に医療が負けてはいけないと思います。 その点では大野事件においては加藤医師は頑張られたと思います。 

大野事件でも問題になりましたが大学の教員はえてして権威主義であり問題となってる分野の臨床の知識も経験もないのにあるフリをしてわけのわからない意見書を書いたりする場合があります。 意見書を書く資格があるのは肩書きではなく日々その分野の臨床に携わっている医師であるべきです。 

医療は公的なものであり、日本にとってよりよい医療環境を形成するためにも医療の現場におけるさまざまなトラブルを解決する場として、対立の場である裁判ではなく互いに問題点を理解し解決しあうADR制度がより認知され充実されることを願います。

閑話休題


昔、自分の周りの多くの女性が竹島問題も北方領土問題も大東亜戦争でいったいどんな戦いがあったことかも知らないことにもどかしさを感じていましたが日本の今の学校教育が政治的側面の問題もあり近代史をあまり教えないところに遠因があると思います。

もどかしさを感じているぐらいなら自分がそれらの認知の広まりにすこしでも貢献できればと色々ブログに記載させていただきました。

各国民が世界平和を希求しお互いにお互いを尊重しあえる人間になるためにはそれぞれの国の現在に至るまでの国際社会における歴史の認知が必要だと思います。 歴史というものは切り口によりさまざまな見方があり私の紹介する歴史の切り口にも批判があってしかるべきだと思います。

しかし 私のような切り口での歴史の見方もあるしそのように見る者もいるということをこのブログをきっかけとして知ってくれればそれだけでも存在意義があったかな と思います。 

近代史だけだと女性には素通りされてしまうかもしれませんので多くの女性が読んでくださることを願って美容医療に関しても紹介させていただきました。病気の人を癒す技術ではなく健康な人にメスを入れる美容外科的処置は日本では長く蔑まれてきた印象があります。実際、日本には古来より「身体髪膚(しんたいはっぷ)これを父母に受く、敢えて毀傷(きしょう)せざるは孝の始めなり」と言われてきたこともあるように日本人には体にメスをいれるということが非常な抵抗感があったことと思います。しかし医学が発展し社会のさまざまな情勢が変わった現在、私は美容外科的処置でより自信と喜びに満ちた人生を歩むことは人生における一つの選択肢であると考えますしそれを通して一人でも多くの人の一助となれれば幸甚の至りと思います。 

マレーの虎とも言われた山下 奉文(やました ともゆき)大将(戦後マニラにて連合国により処刑)の遺言
「-人間の性根は学校に通う前に、わが家の母の教育で作られる。  自分の遺言は、婦人の教養を高めて、よい母を作ること!  これを祖国に望むだけだと伝えてくれ」

僭越なのは百も承知ですがこのブログを通して皆様に色々なことをお伝えできることを願っています。


本日ご紹介の患者さんは乳頭縮小の御希望にて乳頭縮小術(乳管温存法)をおうけになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後1ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_0113888.jpg

順調な経過です。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_142214.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-09-10 00:11 | 美容外科
美容外科手術を受ける前にちょっと
今日は1853年にマシュー・ペリー米東インド艦隊指令長官が、米国大統領の親書を携え軍艦4隻で浦賀に来航した日になります。 この黒船来航にて日本の太平洋における新たな歴史が始まることとなりました。

今日は美容外科手術を受ける前にちょっと考えていただきたい という内容の小話です。

連日多くの方がカウンセリングにいらして連日のように手術をお受けになられています。

そんな日々の中でも常に「美容外科手術は本来は不要な医療でありうけないにこしたことはない」という考えは変わっていません。 「どうしても!」という強い希望の元に手術のご依頼を請け負う性質のものであり安易に成功例だけを喧伝して人々の欲望を刺激するべきものではないものだと思います。 なぜなら医療行為は100%の結果を保証できるものではなく様々な合併症を生じえる危険性が潜んでいるものであるからです。

では美容外科手術をうけないで希望の容貌を手にするにはどうしたらいいでしょうか?
以前このブログで自分の意識を変えるのが一番安上がりというお話を書きました。

でも やっぱり外見を変えたい・・・との希望がどうしてもある場合・・・が今回のお話です。

皆さんには以下のお二人のお顔をよく見ていただきたいと思います。
d0092965_0303297.jpg

どこかでみたことがあるようなお顔ですね。

有名な女優さんに似ているお顔です。  別人のように見えます。


もう一回 じっと 見比べてください。


やっぱり別人です。 少なくとも私にはそう見えます。





でもこの二人の元のお顔はある人形をお化粧して作られたお顔です。


あるお顔とは・・・・ このメイクアップドールになります。
d0092965_0424445.jpg

(出展: 大顔展 図録 より抜粋)


同じ材料からお化粧だけでここまで人のお顔の印象は変わります。

美容外科手術を受けようとする前にメイクアップの訓練をするのも一つの良案かもしれません。
お顔にメスをいれないにこしたことはないのです。

メスをいれる決意をされたなら・・・私もその想いが叶うよう全知全能を傾注します。

でもやっぱり手術はうけないにこしたことはない。 矛盾しているようですがそれが魔法使いのようなメスさばきでありたいと願いつつ単なる一美容外科医である医者の思いです。

 

メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
90.医学の進歩についていえば、内科的治療の方法や手術によって患者を救う手だての方が、病気の原因を明らかにする知識よりはるかに進んでいます。
William・J・Mayo
90.書物は決して裏切ることのない友達としての役を果たします。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-07-08 00:29 | 美容外科
鎮魂
4月11日の今日は1942年にフィリピンのコレヒドールに司令部を置いていたダグラス・マッカーサー将軍が日本軍の攻撃に耐え切れずオーストラリアへと逃れた日となります。

また、大東亜戦争末期の昭和20年(1945年)4月11日午後2時43分、鹿児島県薩南諸島喜界島沖で、一機の零式戦闘機が米国戦艦「ミズーリ」の右舷艦尾に体当たりした日でもあります。無念ながら爆弾は炸裂せず機体のみが激突後砕け散りミズーリにかすかなへこみを残しました。

この特攻機は鹿児島県の鹿屋(大隅半島)を飛び立った「第五建武隊」(計十六機)のうちの一機、石野節雄・二等飛行兵曹(当時十九歳・岡山県出身)が操るゼロ戦でした。 

<特攻機がミズーリに体当たりする直前>
d0092965_21425564.jpg


戦艦ミズーリは昭和20年(1945年)9月2日、 重光葵(しげみつ まもる)外相以下9名の日本代表団が東京湾上で降伏文書に調印した船として有名です。その降伏式中ミズーリの甲板は二枚の星条旗で飾られていました。一枚は真珠湾攻撃時にホワイトハウスに飾られていた物、もう一枚は1853年の黒船来航時にマシュー・ペリーの艦隊が掲げていた物であり、約90年越しの勝利として日本に二度目の屈辱を与えました。


私は以前にハワイのパールハーバーでこの船に訪れた時に右舷艦尾のかすかなへこみが上述の日本の特攻機によるものだと知り衝撃を受けました。

19歳という若さで護国のために特攻した石野節雄二等飛行兵曹を深く尊敬しかつ感謝するとともにこの世の地獄と化していた沖縄を死守するために特攻で命を散らした方々へ鎮魂をお祈り申し上げます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-04-11 23:03 | その他
美容外科について
先日 ある勉強会で「美容外科について」を諸先生方へプレゼンテーションをさせていただきました。
その資料を一般の皆様方も閲覧できるようにここにUPします。

d0092965_159469.jpg

d0092965_1283569.jpg

d0092965_222871.jpg

d0092965_24884.jpg

d0092965_244119.jpg

d0092965_261789.jpg
d0092965_271780.jpg

d0092965_282375.jpg
d0092965_28419.jpg
d0092965_28547.jpg

d0092965_29115.jpg
d0092965_292893.jpg
d0092965_29546.jpg

d0092965_2192249.jpg
d0092965_2141032.jpg
d0092965_2142124.jpg


以下症例写真の供覧が続きますので省きます。 

日本における美容外科の歴史は一開業美容外科医より始まり今年で約70年になります。  十仁病院の先達の医師達より勝間田先生を経て私にまで継承されたこの医術をこのように日本国民に一般供覧できるようにしてくださった境遇に深謝します。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-04-02 23:27 | 美容外科
謹賀新年
あけましておめでとうございます   今年もよろしくお願い申し上げます。

昭和12年(1937年)のシナ事変から昭和20年(1945年)までの大東亜戦争までの日本人戦没者は310万人にも達しています。
戦闘に携わった否に関わらず、皆、国や国民のことを思い、力を尽くして戦い、あるいは働き、あるいは米国の一般市民無差別大量虐殺故に亡くなった人々であり、今日の日本がその人々の犠牲の上に築かれていることを決して忘れてはならないと思います。
戦没者のご冥福をお祈りすると共にこれからよりよい日本の建設に向け新たな一年を頑張っていきたいと思います。

お正月の靖国神社です
d0092965_1944924.jpg

英霊に感謝の意を捧げると同時に現世に生を受けている私がこれからの日本の繁栄の一助となるべく粉骨砕身することができ皆様のお役に立てるようお祈りしました。 


靖国神社名物「大村益次郎」の像です。 明治初頭に活躍した陸軍指導者として有名であり「その才知、鬼の如し」と評された大村益次郎ですが実は彼は医学を修めた医者でした。
d0092965_1945246.jpg



お正月の靖国神社にくると必ずドネルサンドに立ち寄ります。
d0092965_19471790.jpg

今日はドネルサンド3つにきりたんぽ二つ(くるみ味噌味とゆず味噌味)を食べて満悦です。
平和と日本の繁栄に深謝します。

おみくじを引きました。 
御教 (みおしへ)を戴きました。

「今日用いるところの材木は、すなはち前人の植うるところ、然らば、なんぞ後人のためにこれを植ゑざるをえん」 二ノ宮尊徳

意:いまわれわれが使っている材木は、われわれ自身が植えたものではない。また、われわれの植える木は必ずしもわれわれ自身が使うものではない。それが、歴史と倫理との中で生きている人間というものの姿なのだ。
われわれは、この数十年のいのちを、直接には言葉をかわしたことのない祖先たちの恩恵の中で生きる。そのことを自覚し、感謝するならば、われわれもまた、直接相会うこのとのない子孫たちのために、懸命に、しなければならぬことをしておかねがならぬ。

深く銘記させていただきます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-01-01 19:40 | その他
大晦日
今日は大晦日です。 

本日お心遣いをいただきました。
d0092965_234758.jpg
わんちゃん達へお友達にということでうさちゃんをくださいました。


d0092965_2343414.jpg
地元の名産ということでいただきました。
d0092965_2352038.jpg

フランシスコザビエルにちなんだ南蛮菓子「ざびえる」でした。

ご遠方からはるばるいらして大手術を受け一人で都心で抜糸までの間孤独に耐えていたにも関わらずこのようなプレゼントをくださるとは・・涙がちょちょぎれました。
必ず幸せになれますように!


d0092965_2354870.jpg
お友達も増えクリニックもにぎやかになりました。
今年一年もありがとうございました。 皆様に深謝いたします。 

来年も皆様のお役に立てれれば幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-12-31 21:54 | その他
Mail返信
今日は朝一番で患者さんをみてギリギリ飛行機に間に合い米国のカリフォルニア州に到着しました。Cedars-Sinai Medical Centerにて明日、明後日と行われるAdvances in facial plastic and reconstructive surgeryのコースに参加する予定です。


先日の福田首相の自衛隊観閲式での発言が気になりました。
「国の防衛は国民の信頼なくしてはなし得ません。特に幹部諸官はこのことを強く自覚し、厳正な規律を保持する必要があります。その上で幹部はもとよりすべての隊員の一人ひとりが能力を高め、誇りをもって職務に精励し、国民の期待に真に応えていくことを切望します。」

誇りをもって国のために戦った兵士を奉った靖国神社に参拝しないと明言している福田首相にこのような訓示をいただいても白々しく感じるのは私だけでしょうか?

一国の首相がかつて誇りをもって職務に精励し、国民の期待に真に応えるべく戦場で命を落とした者たちへ敬意をもった対応をせずにその責務を負う者たちに首相自身の希望を「切望します。」と述べられてもそれはただの「願望の押し付け」に見えてやるせない気持ちなります。

日本人の多くはお盆に代表されるように古来から死者の御霊を弔う風習があったと思います。
現在憲法で政教分離が定められているからといって当時の方々は死後は靖国に奉られると信じ職務に殉じたのですから首相の立場にある者は230万余柱の方々の意を汲み取って御霊を弔う対応をするべきだと思います。


メール返信を行って数通返信不能なメールがありましたのでここでご返信させていただきます。

Mail 1

> ○○クリニックでプロテーゼをいれたのですが、貴院で、鼻を下向きにする手術を行うにはプロテーゼを一度除去するのですか?


場合によりますので診察が必要となります。

Mail 2

>電話で聞いたSBM価格についての説明がモバイルサイトに見当たらないのですが
パソコンからでないと閲覧できないのでしょうか?

はい。
ご不便おかけしまして申し訳ございませんが「SBM価格について」はPC版にのみ掲載されております。PCにてご一読のほどよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-11-02 01:51 | 美容外科
stanford university
今日でstanford university(スタンフォード大学)のstanford facial plastic surgery courseが終わりました。

cadaver(御遺体)を使ってのsurgery trainingでしたが米国の医師たちの勉強できる境遇は正直いってうらやましいです。 日本ではなかなか困難です。 



この数日間、色々メールでご意見ご指摘くださった方々ありがとうございました。

HPの2667は間違いではなくて皇紀です。
ブログのMALEはMAILの間違いです。  ごめんなさい。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-10-27 09:30 | その他
9月2日
今日は1945年 に重光葵(しげみつ まもる)外相以下9名の日本代表団が東京湾に浮かぶ連合国軍戦艦ミズーリ号艦上で降伏文書に調印し、連合国軍に公式に降伏した日なります。

降伏式中ミズーリの甲板は二枚の星条旗で飾られていました。一枚は真珠湾攻撃時にホワイトハウスに飾られていた物、もう一枚は1853年の黒船来航時にマシュー・ペリーの艦隊が掲げていた物であり、約90年越しの勝利として日本に二度目の屈辱を与えました。

このミズーリは大東亜戦争末期の昭和20年(1945年)4月11日午後2時43分、鹿児島県薩南諸島喜界島沖で、一機の零式戦闘機によって右舷艦尾に特攻されています。無念ながら爆弾は炸裂せず機体のみが激突後砕け散りミズーリにかすかなへこみのみを残しました。

この特攻機は鹿児島県の鹿屋(大隅半島)を飛び立った「第五建武隊」(計十六機)のうちの一機、石野節雄・二等飛行兵曹(当時十九歳・岡山県出身)が操るゼロ戦でした。 

<特攻機がミズーリに体当たりする直前>
d0092965_22273238.jpg


無念ながら日本は敗戦しましたが我国の現在の繁栄は日本の自主独立と東亜の安定のために命を捧げて戦ってくださった方々および連合国軍の非人道的な虐殺行為で亡くなった多くの方々の犠牲の上に成り立っています。 

深く深く深謝するとともに追悼の意を表します。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-09-02 22:28 | その他
占守島(しゅむしゅとう)の戦い
1945年の8月18日未明、占守島(しゅむしゅとう)〔千島列島の北東端を占める島・千島列島唯一のソ連軍との激戦地〕にソ連軍が侵攻し日本軍と戦闘になりました。

8月15日の玉音放送後、日本軍は武装解除を行い本土に帰る準備を進めてていましたが18日の国籍不明軍によるこの攻撃により防衛配置につき国防のため、そして島に残る婦女子のために日本軍として最後の組織的戦闘を行いました。
 
当時占守島には缶詰工場で働く約400人の若い女子工員がいました。ソ連軍による婦女子の陵辱を恐れた占守島司令部隊は、一斉の高射砲攻撃の中、島にあった独航船20数隻に女性を乗せ無事に北海道に脱出させることに成功しました。

占守島の兵士はノモンハン事件やガダルカナル島の生き残りが多く実戦経験があり、士気も高く、ソ連軍の一日で占守島を占領し北海道まで侵略する作戦を押しとどめるどころかあとわずかの攻撃で日本軍がソ連軍を殲滅という体勢にまでなりました。しかしそのとき、札幌の方面軍司令部から「戦闘を停止し、自衛戦闘に移行」との軍命令が届き、停戦交渉を開始せざるを得なくなりました。

占守島における日本軍の最終的な武装解除がなされたのは8月24日になります。日本では、8月15日を終戦の日として扱っていますが、その後も祖国を守る戦いは占守島では続いていました。


島を死守し、婦女子を保護し、祖国を守るべく戦い抜いた日本兵士達は、戦闘終了後帰国できるはずがソ連に極寒のシベリアに強制連行され奴隷労働に従事させられ多くが命を落としました。

故郷に帰り、家族に会えるという望みをがあったにもかかわらず終戦後も命をかけて守るべきものを守る為に戦い、かろうじて生き残った者も不法なシベリア抑留までされて散っていった彼らを日本人は決して忘れてはならないと思います。

d0092965_0484748.jpg

遊就館内パンフレットより
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-08-18 00:14 | その他