タグ:日本・小話 ( 73 ) タグの人気記事
右目たれ目形成術  : ドネルケバブ屋さん
本日ご紹介の患者さんは 右目が吊り上っているのが気になるとのことでまずは右目だけたれ目形成術をおうけになられたいとのご希望にて右目たれ目形成術をお受けになられた患者さんです。

カウンセリングの結果たれ目は内側法をご希望とのことでした。

上段:術前です
下段:術後約1週間再診時です
d0092965_21163599.jpg

ご感想は「やって本当に良かったです!」とのことで順調な経過です。

こんど左側をということでしたのでまたのご来院をお待ちしております。




当院の1階で休日の前夜に開業するドネルケバブ屋さんです。 私がケバブ好きなのを知ってここにいらしたのか単なる偶然の出会いなのかわかりませんが昨年新宿2丁目に移転してきてから当院の目の前で週末営業しているERDENさんというケバブ屋さんと仲良くなりました。

先日 新宿での路上営業を警察にとがめられたと困っていらっしゃったので ケバブをおごってもらってその味の良さを知っている私としては当院の敷地でケバブ屋さんをやったらどうか? と提案してさしあげました。
彼は大喜びで 土地の使用料を払わせてくれとの申し出してきましたが イラン・イラク戦争中の1985年3月19日テヘランから日本人200人以上を救い出してくださったトルコのお国の方ですし、私の好きなケバブ屋さんですし 「お金はいらないからおいしいケバブを皆に提供すること、町の治安・衛生の向上に努めることを約束に週末等の営業をどうぞ」とお話ししたところ大喜びしてくださいました。
ケバブ屋のERDEN(エルデン)さん   日本語堪能です。
d0092965_23234197.jpg

エルデンさんのケバブもおいしいのですが、私も昔からこんなケバブがあったらいいなと思い描くケバブがあり オリーブオイルとチキンとキャベツでヘルシーケバブを作ってメニューにしてほしいとお願いしておきました。 
大繁盛のようで忙しくてまだ新メニューは準備できていないようですが皆さんは是非「チキンとオリーブオイルのドクターケバブちょーだい!」と頼んでみてください。 

彼がメニュー化してくれるのを楽しみにしています。 
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-05-02 21:14 | 美容外科
しらゆりビューティークリニックのある東京都新宿区新宿二丁目11-14 の歴史
今日は1945年に戦艦大和が天一号作戦(菊水作戦)により山口県徳山湾沖から沖縄へ向けて出撃した日になります。



先日 クリニックの隣の床屋さんにいってみました。

実は約1か月前にいったことがあるのですが一見こわもてのお年を召された理髪師の方であり、むこうも無言で淡々とお仕事をなさっているので話しかけるのがためらわれてしましました。


先日は勇気をだして話しかけてみました。


すると

おどろくことに その床屋さんは戦前からそこで営業なさっており約80年の歴史がある床屋さんでした。
ご主人さんは先代から2代目とのことでした。

私は当院のある東京都新宿区新宿二丁目11-14 が戦前はどんな建物が建っていたのか興味があったので尋ねたところ 床屋さんは 一枚の写真をみせてくださいました。


d0092965_00760.png


なんと戦前から当地は病院で、以前あった病院は「新宿病院」という病院でその床屋さんはそこで生まれたとのことでした。 写真をみると新宿病院の前に軍人さん達が写っています。
新宿病院の院長先生は尊敬できる立派な先生でいらっしゃったとのことでした。

代々より大きな病院となって巣立っていく場所のようで当院が移転するまえに入居していたクリニックさんは都内でも有名な病院さんの系列のクリニックで手狭になってより大きな病院となって巣立たれたとのことでした。

歴史的に医療の地としてご縁がある地ということで感慨深かったです。

約80年後の現在です。


 皆様のお役に立てる美容医療の金字塔となるような病院となるべく頑張っていきます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-04-06 23:56 | 美容外科
右目たれ目形成(内側法)  :  村松 英俊  先生の紹介
本日ご紹介の患者さんは他院にて右目のたれ目形成術をお受けになられるもまったく効果がなかったとのことで 右目たれ目形成術をご希望された患者さんです。

右目の真ん中を下げてほしいとのことで「三白眼になるのでやらなくてよいでしょう」とアドバイスさせていただきましたが強いご希望もありご依頼を受諾しました。

上段:術前です
下段:右目たれ目形成(内側法) 術後約3週間再診時です
d0092965_032879.jpg

「右目下瞼をもっと下げたい」とのことでご感想は「やや不満(2/5)」とのことでした。


個人的には左右不均等になると思われるのでお勧めできませんが「どうしても!」と強いご希望があるのでしたら再手術を考慮します。
 
またのご再診をお待ちしております。





当院に 村松 英俊  先生が就任します。
d0092965_0234662.jpg

前任の美容外科クリニックではグループ内の技術指導医、学術責任者をされていた先生です。

以前は仙台の方にいらっしゃいましたがさっそくわざわざ前職場の患者さんが村松先生の手術を仙台から東京の当院にまでうけに来られびっくりしました。

インターネット上の先生の症例写真をみたところかなりの腕前の先生であることがわかります。
特に目に関しては日本の美容外科臨床のトップレベルの一員といって過言でないと思います。

そんな先生が無名・無権威の一美容外科医の私と一緒にやりたいと申し出てくださったことは当初は大変びっくりしましたが美容外科に対する熱い志をお互いに共有し、今や一緒に日本の美容外科の金字塔となるようなクリニック作りに邁進したいと思いますので皆様よろしくお願いします。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-03-30 00:00 | 美容外科
性転換手術:  PAIクリニック  および  コーディネーター 中村 さんのご紹介
先日 約1週間 タイに性転換手術の勉強にうかがわさせていただきました。

その際 PAIクリニックのプリーチャ先生をはじめとしてブリン先生やスティン先生等にも性転換以外にもさまざまな手術を見学・勉強させていただきました。

PAIクリニックの性転換手術の技術は素晴らしく性同一性障害に悩まれる患者さんはタイのPAIクリニックはダントツにおすすめできるクリニックです。

またPAIクリニックにはFTMとしてご自身もPAIクリニックで手術をお受けになられた中村真浪 ナカムラ マナミさんという方がいらっしゃりタイ語が堪能で日本語でサポートしてくださりタイ滞在中 大変お世話になりました。

外国のクリニックですとなかなかご不安だと思いますが中村さんがいるので言葉の点で安心してかかれると思います。 中村さんはとても細かい気配りをしてくださる方なので万全の心強いサポートがうけられると思います。

Preecha(プリーチャ)先生はタイの性転換手術の元祖となるような先生でタイの性転換の名医のほとんどがPreecha先生の弟子といわれています。


そのPreecha先生がいろいろご指導してくださり 、自分としてもお世話になったPreecha先生や中村さんに恩返しをさせていただきたく PAIクリニックで手術をうけて日本に帰国後いろいろご不安な患者さんがいたらご相談していただけばと思います。

日本で手術を受けたいとのご希望の性同一性障害の方がいらっしゃいましたらPreecha先生の執刀グループが日本に来てくだいますし、 また3月末より当院にて診療を開始するDr.XもPreecha先生のもとで勉強し、現在日本でも性転換手術を行っており当院移籍後は入院適応手術も含めて我々一丸となってチームとして診療にあたっていく予定なのでご相談していただけば幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-01-20 00:06 | 美容外科
重要なお知らせ
9月より当院は東京都千代田区麹町の現在地から東京都新宿区新宿二丁目11-14 に
移転します。 

しらゆりビューティークリニックと麹町メディカルクリニックは統合され「しらゆりビューティークリニック」に統一される予定です。


 street view はこのような情景です。
目印として 目の前がネットルームになります。

地図や周囲の情景はリンク先をご参考にください。



目印として近くに新宿二郵便局があります。隣のビルがカーサヴェルテ doop tokyo というレストラン 、 目の前の店がマンボーネットルーム新宿2丁目店 になります。

9月より移転先にて皆様の御来院をお待ちしております。

都営新宿線 新宿三丁目駅 C5出口 またはC8出口 徒歩3分になります。
C5出口をでた場合は新宿柳通りを横断する必要があります。

わかりやすい行き方としては 世界堂ビルの方角に新宿柳通りを進み、新宿2丁目の交差点を左に曲がり新宿通りの左側を進行すると左手にカスタリア新宿というマンション(1階はLIVE MAXという不動産屋さん)がみえてくるのでその角を左にまがります。 その後、進行方向の左手にカーサヴェリテのビル、右手にマンボーネットルーム新宿2丁目店がみえます。 ネットルームの対面のビルが当院が所在するビルになります。

当院近くのホテルとして
シティーホテルロンスター(最寄りホテル)
ホテルパークイン新宿
アパホテル新宿御苑前(2014年7月16日(水)オープンしたばかり)
等があります。

電話番号は変わりますが旧番号にかけてくださってもそのまま転送される予定です。


新電話番号(9月1日より有効)
しらゆりビューティークリニック 予約専用ダイヤル
03-5361-6855

クリニック直通ダイヤル 03-5361-6851
(旧麹町メディカルクリニックの患者様はこちらへ 03-5361-6171)

FAX 受付 03-3354-6051
[PR]
by shirayuribeauty | 2014-08-31 06:35 | 美容外科
右胸脂肪移植豊胸 術後1か月
本日ご紹介の患者さんは右胸が左胸と比較し小さいのが気になるとのことで右胸脂肪移植豊胸術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約1か月再診時です。
d0092965_159011.jpg

御感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。

追記記事:20150129

脂肪移植豊胸の完成は約半年かかります。

サイズが定常状態になることを祈りますがもしサイズの減少により再度脂肪移植をご希望される場合はご遠慮なさらず御連絡くだされば幸いです。


またの御再診をお待ちしております。



先日約7年ぶりの患者さんが私のカウンセリングにいらっしゃいました。
「(先生は)ずいぶん優しくなった。 前は威圧感があって怖かった。」と言われて昔怖い思いをさせていたのかと大変恐縮するとともに昔から特に変わっていないと思っている自分としては意外でしたが 当時少女であった患者さんが大人になられて余裕がでられたのであろうからそのようにお感じになるのであろうと自分を納得させることにしました。

そんな彼女の口から聞いた言葉は衝撃的でした。


「あるクリニックでエラ~顎にかけて削ったが 削り足りなくて再手術を依頼してもっと削った。 その間に脂肪吸引もやったせいで頬がすっきりしたのだがそのクリニックの症例としては術後1か月の症例として写真として載っている。
正確には二回目の再手術の術後1か月時点の写真だしそもそも頬がすっきりした原因となる頬の脂肪吸引のことは書いていない・・・。  また記事には「神経の感覚も回復してきており・・」と書いてあるけど回復どころか今でも全く顎のあたりの感覚はない・・・。 いかにも一か月後にはきれいなV字カットになったように記事に書いているので○○先生らしいな・・」と


その医師からすると患者さんが最終的な結果がよかった症例であり多少強引に経過を創作してでもうまくまとめて症例写真としたかったのかもしれません。 しかしこのようなことがまかり通っていると美容外科医に対する患者さんの信頼は失われていくと思います。

私には事実かどうかわかりませんが聞いて臨床経過のある意味詐称的公示は残念だなと思いました。

ただこの患者さんは結果としては担当医師には非常に感謝しており何の気なしにお話してくれたであろう言葉の数々で、容姿への異常な囚われから抜け出せ始めた事実があるとのことで「感謝の想いが消える事は一生ありません。」とのことでした。


患者さんの悩みを解決してさしあげた事実に対して敬意を表します。 これは偽らざる気持ちです。

しかし臨床経過または結果のある意味詐称的公示はそれがもし事実なら非常に残念であり悲しいことです。
患者さんの悩みを解決して差し上げることのできる力量のある先生なのですから変な小細工はする必要はないはずです。 先達たる医師として尊敬できる背中を見せてほしいと思います。
何かの誤謬であってほしいと願います。



今年は暑い夏です。



すべてが猛暑の陽炎がつくりだした虚構の夢姿であってほしいと願うばかりです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-08-19 23:57 | 美容外科
性同一性障害の患者さん  他院睾丸インプラント留置修正術
今日は東条内閣がマリアナ沖海戦と、それに伴うサイパンの陥落の敗北の責任を取る形で1944年に総辞職した日になります。


本日ご紹介の患者さんは 他院睾丸インプラント留置修正術をお受けになられた患者さんです。


肉体は女性であるが脳(心)は男性の性同一性障害があり私の執刀による性転換手術をご希望されました。
専門家による手術を強くお勧めしましたが私の執刀を強くご希望されたため性転換手術を行っている施設に勉強しにいきましたがやはり専門家による手術をお受けになるべきと判断し御説得させていただいたところ亡国にて手術をお受けになられてきました。


しかし大陰唇から作成した陰嚢が硬縮しまっている、睾丸インプラントの位置が不適切ということで私の執刀による修正手術をご希望されました。
執刀医による修正手術を強くお勧めしましたが国外で通院が困難ということもあり私による執刀を強くご希望されたため修正手術をお引き受けすることとしました。


上段:他院にてインプラント留置術をお受けになられて右の睾丸があがりすぎてしまっている状態です。
下段:最終修正術後4か月再診時です。
d0092965_2244247.jpg


何度かの手術を要しました。
d0092965_23123798.jpg

ご感想は満足と順調な経過です。


上段:当初患者さんが当院に約7年前にお越しになられたときは外性器は女性でした。(陰核は男性ホルモンの使用にて肥大しています)
下段:現在です。 インプラントによる睾丸もきれいにおさまり外性器は男性器そのものとなりました。
d0092965_2320182.jpg


性同一性障害の方々の悩みが外科的に解決されるようになってまだ月日は浅いですが医学の進歩はかならずや多くの方々の悩みを解決していくと思います。 自身のその一助になれれば幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-07-18 21:55 | 美容外科
深謝します
1月および2月は連日終業が午前様になり心身共に疲弊を認めざる得ない状況でメール返信やブログ記載が最近できておりませんでした。

深くお詫び申し上げます。

メールをいただきました。


ご相談・お問い合わせ (inquiry) : 先日は鼻孔縁延長の手術でお世話になりました。 ブログを拝読したところ、オーバーワークにより心身共にかなり疲弊されている様子がうかがえ、私も多少無理を聞いて頂いた立場で大変心苦しく思っております。本日要件があり電話したのですが、その際大変親切丁寧な対応をして頂きました。手術時も、待合での対応も本当に良くして頂きました。心より感謝申し上げます。クレームにより心を痛めておられるようですが、私のように感謝の気持ちでいっぱいの患者さんも多いと思います。今現在でも頑張りすぎてる皆様にこんなことを言うのはおかしいのですが、クレーム等にめげずに頑張って下さい。私は患者の立場として、不安や苦しみを抱え一刻も早くそれらから解き放たれたいという焦燥感などから、苛々したり感情が爆発したりという気持ちも分からなくはないので、ブログに書かれていたクレームに対してはそのような心情を酌んで頂けたらと思います。どちらも必死なんですよね。私は長年の苦悩から先生に救って頂きました。美容外科手術は何度受けても恐怖と不安から解き放たれることはありません。今回の手術もそうでした。ですが、看護師の皆さんが緊張を解す為に優しい言葉を掛けて下さったり、こちらの要望もきちんと耳を傾けて下さり、今まで受診したどのクリニックよりも安心出来ました。伊藤先生も、他の名医と呼ばれる医師達が不可能と言った難しい手術を引き受けて下さり、出掛ける際にマスクを外せなかった私に希望を与えて下さいました。しらゆりビューティークリニックの皆様には、これからも私のように苦しんでいる患者さんを一人でも多く救って頂きたい。ただ、現在のようなオーバーワークではいつか誰かが倒れたり、あるいは医療ミスにも繋がりかねない状態です。どうかお身体を大事になさって下さい。患者側も苦しい中ではありますが、美容外科手術を決めたのは自分であること、耐える・辛抱する強い心を持たなければ、手術によって起こりうるトラブルにも対処出来ません。美容外科手術はクリニックと患者がお互いに気持ちを一つにしなければ良い結果は生まれないと思います。クリニックに苦情を入れられた患者さんにも是非理解して頂きたいです。伊藤先生をはじめクリニックの皆様にはお身体に十分留意され、美容形成の発展に御尽力頂きたいです。 乱文失礼致しました。




心温まるメールありがとうございます。 深謝します。
一期一会で出会った患者さんたちに全力を尽くせるよう今後とも尽力していきますのでよろしくお願いします。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_32872.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-02-09 12:41 | 美容外科
KMC麹町メディカルクリニックのお知らせ
今日は1970年(昭和45年)11月25日、三島由紀夫が陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地にて自衛隊の決起・クーデターを促す演説をした後割腹自殺した日になります。



KMC麹町メディカルクリニックのお知らせ


開院以来多くの患者さんにお越しいただき現場で患者さんに対するニーズにこたえるべく医療機器等を増設してきましたが手狭になり本院所在ビル3階に本年初めよりクリニックを開設しフロアを拡張し診療に臨まさせていただいておりました。  またクリニック運営を盤石とし確固として皆様に貢献できるように医療法人化し皆様を真に健康的に美しくする一助となれることを願って医療法人名を「健真美(けんしんび)」とさせていただきました。


さて 最近患者さんから「メニューの中に他院で保険がきく診療メニューがあるのですがしらゆりさんでは保険がきかないのですか?」と聞かれることが多くなりました。

調べてみると立ち耳修正等保険診療で行っている医療機関が存在するようでした。

皆の拠出金で賄われている健康保険をいわゆる疾病とは言いがたい外見上の問題に対し保険を適応して診療にあたるのは保険財政の危機がうたわれている昨今において不適な診療行為だと個人的には思いますが保険のシステムルール上 他院で保険適応が認められている疾患に対し医師個人の考えを押し通し自由診療で行うのは患者さんの負担軽減という視点からみればそれはそれで問題があると判断し3階のクリニックでは保険診療を導入することとしました。

「他院で保険適応なのに保険適応してくれないのはぼったくりなのではないのですか?」と聞かれることもありますが眼瞼下垂手術にしろ立ち耳修正にしろそれに該当する保険点数程度の金額しかしらゆりビューティークリニックは最初から戴いてきておりませんので保険導入の有無と医療機関の得る利益の問題とは当法人においては全くの別問題です。

3階のKMC麹町メディカルクリニックでは保険診療を導入していますがただしその病態が保険適応か否かは医師の診断が必要になりますので必ず保険適応となるわけではない旨を御理解ください。

しらゆりビューティークリニックは設立当初の「健康的に美しく」をモットーに女性の健康と美を追求していく総合美容クリニックとしてのより発展を、そして KMC麹町メディカルクリニックは老若男女の健康と美に社会保障の側面からも貢献していくクリニックとして各々の役割を社会で担っていきたいと思います。 

これからも医師およびスタッフ一同皆様のお役に立てるよう鋭意努力していきますのでよろしくお願い申し上げます。


麹町メディカルクリニック (平日10時~18時開院) (一部保険診療取扱)  
http://kmc-hp.com/indexお問い合わせメールアドレス  kojimachimedicalclinic@hotmail.co.jp

しらゆりビューティークリニック (自由診療のみ)
http://mm.visia.jp/shirayuri/index.php
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-11-25 00:00 | その他
口唇脱色治療  :     お問い合わせメールに対する返信
本日は遡る事17年前の1993年当時の河野官房長官がいわゆる河野談話を発表した日になります。 日本政府の調査では日本軍が慰安婦の強制連行を主体的に行なっていたとする証拠は発見されなかったにも関わらず河野談話では従軍慰安婦の募集には「官憲等が直接これに加担したこともあった」と述べ(証拠に基づかない狭義の強制性の肯定)、以後この発言は政治的に対日外交カードの一つとなってしまった観があります。
2年前の米国下院本会議における第2次大戦中の従軍慰安婦問題をめぐり日本政府に公式謝罪を求める決議案の可決もこの河野談話に基づいて米国のホンダ議員がこの決議案の提出をしたことに端を発しています。

様々な事情から慰安業に従事する女性がいるとは思います。当時の社会情勢の中で生きるためにそうせざるおえなかった、もしくはブローカーにだまされてそのような境地に陥った女性達には同情を禁じえません。

しかし、いわゆるそのような広義の強制性による慰安婦の存在を人権問題とみなすのなら日本占領後に行った米軍による特殊慰安施設協会 (RAA: Recreation and Amusement Association:米軍兵士相手の日本人慰安婦施設) 設置に関する非難決議も道徳的側面からするべきだと我々も米国に詰寄れます。 しかし米国下院の非難決議は河野談話に基づいて存在したとされる狭義の強制性を問題の主軸として行われています。 この狭義の強制性を日本政府が今さら否定しても大衆にはその真意が伝わらずただ単に日本政府が慰安婦問題の存在自体を否定しているように映ってしまうという政治的に非常に難しい事態になってしまっているのが現状です。

政府の要職の方々には自身の発言が国家百年の大計に影響を及ぼしうることを肝に銘じていただきたく思います。


本日ご紹介の患者さんは口唇脱色治療をお受けになられた患者さんです。

上段:施術前です。
下段:脱色治療1クール施術後です。
d0092965_2594828.jpg

御満足(5/5)と順調な経過です。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_323581.jpg

ありがとうございます。どうか御気を遣わないでください。




先日あるメールのお問い合わせに対して当院からお返事をさせていただきました。

●●●●様

お問い合わせにお返事させていただきます


□ ご相談・お問い合わせ
目と鼻についてご相談です。
目は元々二重なのですがラインがあいまいで毎日違う箇所にラインができてしまいます。
他院で部分切開をしたのですがラインは同じ状況です全切開法でラインを固定させたいのですがかなり腫れるのでしょうか?
部分切開をした時の腫れは落ち着くまで2ヶ月かかりました。
鼻ですが完全に豚鼻です。鼻の穴が丸見えで横に広がって鼻がかなり目立ち悩んでいます。
特に写真撮影や笑った時に鼻が横に広がり目立ちます穴が上向きになっているためゴミやホコリがはいりアレルギーになってしまいました。
どのような手術が最適なのでしょうか?
できればプロテーゼはいれたくありません。
以上です。
お返事お待ちしています。

実際に診察を行わないとわかりませんので一度カウンセリングにいらしていただければ幸いです。

しらゆりビューティークリニック




上記御返信をさせていただきましたところその方から同日に三通お返事がきました。


1.
お返事ありがとうございます。一度カウンセリングを受けたいと思います。ですがもう少し詳細を〓で教えていただきたかったです。一度カウンセリングへお越しくださいとだけ言われ何のための〓お問い合わせか分からなくなりました。大変お忙しいのは分かりますが美容整形外科でも医師や看護師なのですからもう少し問い合わせをしている人の気持ちを考えてはいかがですか?こんな返答しかできないのなら初めからHPに〓でのお問い合わせなんていらないのではないですか? 大変不愉快でしたのでこういった文章になりました。

2.
先程のお返事の件からもうカウンセリングを受けるのは辞めます。もう二度と連絡する事もないでしょう。HPも何度か拝見しましたがカウンセリング料がかかるのは分かりますがなぜ時間が限られているのかが理解できません。やはりお金の事しか頭にないのが見受けられます。カウンセリングというのは患者が執刀医に唯一コミュニケーションがとれる大事な時間です。執刀医と手術に対してのメリットとデメリットなど納得できるまで話す事で手術が本当に必要なのか判断がしやすくなったり安心して手術が受けられるんです。そんな大事なカウンセリングの時間を時間制にしてしまえばありのまま話す事ができなくなり不安・恐怖・不信感が募ります。それに噂に聞いたのですがカウンセリング時にストップウォッチで計っているらしいですね!利益の事しか頭にない執刀医になんて顔や体に触ってほしくないです。おまけにHPの医師の名前は偽名なのはなぜなのですか? 経歴も詳しく載せてませんし。患者はお金にしか見えてないのでしょうね。こんな最低な美容整形外科は初めてです。もう一件カウンセリングを受けようと思っていた大阪で素晴らしい執刀医がいる美容整形外科がありますのでそちらでカウンセリングを受けます。お世話になりました。

3.
お返事なんて結構です。都合の悪い〓には返事なんてしないでしょうし。 先程の〓の大阪の美容整形外科にも目と鼻の問い合わせ内容を送っていました。適当な返答をしたそちらとは違ってきめ細かい内容が返ってきましたよ。この違いから私が感じたのはそちらの美容整形外科は一切信用できない、ここでの手術は大変危険という事です。友人もそちらでのカウンセリング、手術を考えていたのですが絶対にやめた方がいいとしっかり釘をさしておきました。もっと人の気持ちを考えるという事ができていればよかったのですが大変残念です。



御不快な思いをおかけして誠に申し訳ありません。
お問い合わせのホームページにも記載のとおり施術内容の具体的な個別事案に関しましては実際医師が診察を行わないとわからないことがほとんどであるためせっかくご質問いただいても「カウンセリングにいらしてください」としかお返事できない場合が多々あります。
施術内容や適応の可否についてはカウンセリング時に医師に直接お尋ねくださるようお願い申し上げます。
ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

多忙を言い訳にするなと怒られそうですが現在当院スタッフ一同限界ギリギリでやっていると思います。
連日深夜に及ぶ手術の日々に疲弊困憊してスタッフの退職が相次ぎクリニックの存続すら危うくなりました。

今の私にできることはよりよい医療を社会に提供するためにもスタッフの協力が不可欠のためまずスタッフの精神と健康を守ることです。

「美容外科にくる看護婦は一般病院の激しい勤務に疲れきって転職する看護婦がほとんどだと思います。こんな野戦病院みたいに忙しい美容外科にはもう体がもたないのでこれ以上いれません」と涙目で訴え退職していった看護婦さんもいました。

メール返信もマンパワーに限界がある以上おびただしい量のメールをある程度は機械的に返信せざるおえません。
メールの問い合わせ機能があるのは主に聾唖の方々や海外の方々や施術内容により恥ずかしくて直接電話で聞きづらい方々等のためであり、現在のところ体力的限界がある以上残念ながら無料お悩み相談所としては機能させることはできません。

カウンセリング時間を計測するのはいままでの経験上ほとんどの方が約20分で相談内容が終わりまたカウンセリング時間がある程度予測つかないとクリニックの混雑状況が悪化しスタッフが苦情をうけるためです。

クリニックの医師は偽名ではなく博士先生、若先生、名古見先生はニックネームです。
博士先生若先生の本名及び経歴はホームページに載っています。
名古見先生は他院で勤務されている関係上(当院の施術料金設定がご勤務されている他院より安いためその事実が周知となると他院の患者さんを奪うような形になり好ましくないため。当院の値段設定の理念に関してはホームページに記載済み です) 、本人の希望もありニックネームで御勤務いただいています。

利益のことしか頭にないとのご指摘ですが 施術料金やカウンセリング料金に関してはクリニックの賃貸料やスタッフの給与、適切な医療器材の購入維持のためにはそれなりに経費はかかりますのでそれらを勘案して施術料金を設定しています。

当院としては手術をお受けになられる方は身体的、経済的、社会的、精神的に一時的にですら不安定な状態におかれるため患者さんの負担を少しでも少なくすることを鑑み可能な限り施術料金を抑え、施設のマンパワーをある程度占有することになるカウンセリング受診者の方々にはそれなりに御負担をお願いしています。


患者さんにとって不要なカウンセリングをうけるリスクを可能な限り減らすためインターネット上で当院の症例写真が閲覧できるようにこのブログで日々の臨床をご紹介しています。
警視庁には婦人科症例は載せずにクリニックに来院した人だけに見せるいわれましたが多くの方々が御遠方から御来院される現実を考えるとやはり患者さんの無駄足を可能な限り少なくするためにも自宅で症例写真や施術に伴うリスクの事前学習ができるほうた患者さんのためになると考え海外サーバーに移してでも取り下げはするつもりはない旨を伝えました。もちろん警視庁の言い分もわかりますので今後は手術を検討されている女性のみにID/パスワードを発行します。


当院で手術をお受けになられた皆様のためのクリニックとして生じた余剰金は美容外科手術をお受けになられる方々共通の悩みを解決する医療機器としてフラクショナルレーザーとMIPLの購入に充てさせていただきました。
その結果 半年以内の再診では無料のレーザー治療、光治療、 術後半年以降では再診料のみでそれらの機器を用いたアフターケアを行うことができるようになりました。

それぞれの医療機関には理念があります。 当院は当院の理念に従い業務を行っていきます。
日本中にたくさんの美容外科があると思いますので当院の理念にあわないとお考えなる方は他院をご検討いただけたら幸いと思います。 

それがお互いの幸せだと思います。
 
以上  よろしくご理解お願い申し上げます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-08-04 00:56 | 美容外科