タグ:婦人科・肛門 ( 190 ) タグの人気記事
陰核包皮縮小形成術、陰核包皮癒着剥離術、肛門美的形成術 術後約半年
本日ご紹介の患者さんは陰核包皮縮小形成術、陰核包皮癒着剥離術、肛門美的形成術 をお受けになられて術後約半年になる患者さんです。
婦人科形成術はエキサイトの規約上、症例写真は掲載していません。感想文のみの掲載です。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です(症例写真は肛門美的形成術の写真のみとしています)
d0092965_03282418.jpg

ご感想は「満足(6/6)」と順調な経過です。
d0092965_03521905.jpg
ありがとうございます。
どうかお気を遣わないでください。

肛門美的形成術のリスク
・再発
・しばらくの間排便時痛が生じる可能性

by shirayuribeauty | 2018-12-14 00:26 | 美容外科
肛門美的形成術  術後5年
本日ご紹介の患者さんは肛門美的形成術をお受けになられて術後5年になる患者さんです。


症状としては20歳の時に大きく腫れて痛かったとのことでした。 肛門科を受診し手術を勧められたが怖くて他院にいき薬で対処されてきました。 お困りの点は「排便の度に外にでてしまう。 何も出ていないときもスキンタグが気になる。」とのことでした。 肛門科で本年7月に相談した際には内痔核が4つあり入院手術といわれ、10日仕事やすまなければならないといわれたとのことで当院にご相談に来られました。



当院の肛門美的形成術はウルトロイドとレーザーを併用し日帰り手術でより優れた臨床成績をだすべく努力をしています。






More
by shirayuribeauty | 2018-12-11 06:45 | 美容外科
外国における膣注入物(フィラー)による合併症のレポート
本日ご紹介の患者さんは韓国で膣にコラーゲンを注射して 重篤な感染症になられた患者さんです。

患者さんの許諾を得てメールを紹介させていただきます。  

先日以下のメールをいただきました。



「先日韓国に行きまして、膣にフィラーを入れたのですが、激痛で歩くのも寝るのも座るのも痛い状況で😢

診て欲しいんですけど…😢近々」


患者さんが施術した韓国の先生に連絡したところ「抗生物質を」 ということだったとのことでしたので総合病院での治療をお勧めしましたが、他部位を当院で施術をお受けになられたご既往があり、当院での治療を強くご希望してくださいました。  しかし症状が強いためとにかく総合病院を受診してほしいとのことでごご納得され総合病院をご受診されました。
その結果 CT上骨盤内膿瘍の状態となっているとのことで緊急入院を担当医に指示されましたが、韓国の美容外科での手術と告げたせいか担当医が非常に冷淡だったのとご家庭の事情でどうしても入院はできず、入院はしたくないとお話ししたところ「入院しなければ治療はしない」と言われたとのことで当院を受診されました。

当院での診察上 膣と肛門の間に膿瘍の存在を疑い 一刻も早く設備の整った総合病院に入院し排膿処置、抗生物質の投与治療の必要性を強くご説得させていただきましたが、とにかく入院はできないとのことで当院で抗生剤の点滴治療をお受けになられご帰宅さました。


翌日以下のご連絡をくださいました。

「こんばんは

痛み止めが切れると痛過ぎるのでやっぱり入院しようかと思います😭
子供が3人もいますので迷って振り回してしまってごめんなさい。

心身共に疲れと痛みで通い点滴心折れてしまいました。明日にでも紹介状貰えませんでしょうか…😖


すぐに通えなくなり振り回す形になり申し訳なかったです😖
大学病院には今日も含め3回通っています。造影ct、MRI、血液検査、尿検査をして、行くたびに注射で腫れてる部分に直接刺し、抜きました。
1回目12cc、2回目も12ccと、膿のような?血液のような、コラーゲンのようなものが抜けました。
注射で抜いたのと抗生物質(フラジール、アモキシシリン)を飲んで、効果出たのか、ほぼ、痛くなくなりました。
それまではロキソニンもまったく効かなくなり、ボルタレン座薬するほどの激痛だったんですが。
今日3回目診察で、まだ少し痛い部分に膣内部から注射を刺しましたが、何も抜けなかったそうです。
昨日、病院からの連絡では入院の準備できて欲しいと言われましたが、今日の血液検査の結果、炎症数値が物凄く下がっているので、経過観察になりました。
この炎症の原因の菌が分かったのですが、プレボテラという、口内の菌らしいです。産婦人科では見ない菌だという事でかなり気持ち悪いです…。
韓国の院内は綺麗でしたが、眠る前に先生はマスクしていなかったのを思い出しました。
一応報告しておきますね。

ひとまずは良くなられたとのことで安心しました。」
最近日本国内でも高額な費用で一度に何十ccも膣にヒアルロン酸をいれて何件も壊死を生じさせている医師の話題を学会で耳にしました。
また私の患者さんでも他院で何十万ものヒアルロン酸注入を勧められた方がおり 注意喚起が必要だと考え患者さんにご承諾いただき今回のメールを紹介させていただきました。

膣へのフィラーは以下の点で要注意です。

1.本記事で紹介した患者さんがお受けになられたコラーゲンは 問題が起きた時に分解酵素で分解できないので要注意です。
  肛門に近い膣に大量にいれるべきではありません。 最悪の場合 肛門膣瘻が形成されてしまい、それを治癒させるのに一時的に人工肛門が必要になる場合があります。
2.外国での治療はどんな物質をどれだけ注入したのかも不明であり かつ問題が生じたときに担当医にコンタクトがとりづらく、日本の医師も責任問題もからむからか外国での治療の合併症治療をいやがる場合が多い。
3.ヒアルロン酸でも一度に大量の注入は壊死の合併症を起こす危険性があり、 また 膣壁は静脈叢が豊富であるため静脈内に迷入したヒアルロン酸が肺まで飛び肺塞栓症を生じさせる可能性がある。


合併症を可能な限り減らすためにも 1回のヒアルロン酸は10cc程度までに止め、膣縮小のレーザーとの併用がよいと考えます。
当院ではこの方法で多くの方々が満足のいく結果を得られています。




by shirayuribeauty | 2018-12-04 23:31 | 美容外科
肛門美的形成術 術後約半年 再診時
今日は1805年に 華岡青洲が日本初の麻酔を使った手術に成功した日になります。

また40年前の1967年 に世界初の心臓移植が南アフリカで行われました。






肛門の症例写真になりますので閲覧希望の方々のみクリック願います。
by shirayuribeauty | 2018-12-03 23:22 | 美容外科
両側小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術
本日ご紹介の患者さんは 婦人科部分の形態を整えたいとのご希望にて両側小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術をお受けになられて患者さんです。





ご感想は「不快感がなくなり大変良かったです。」とのことで「大満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。



by shirayuribeauty | 2018-11-30 23:27 | 美容外科
婦人科脱色治療施術開始後三か月
本日ご紹介の患者さんは婦人科脱色治療をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:施術開始後三か月再診時です
d0092965_05063921.jpg

ご感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。
またの御来院をお待ちしております。

当院の脱色治療はクリーム療法やレーザーを併用した3か月間の集中治療法をとっています。

脱色治療のリスク)
・クリーム治療法は皮むけや赤みが生じる場合があります。
・レーザー脱色は色むらが生じたり白斑が生じたりする可能性があります。




by shirayuribeauty | 2018-11-29 23:03 | 美容外科
Gスポット増強術 術後半年再診時
本日ご紹介の患者さんは Gスポット増強術 をお受けになられて 術後半年再診時になる患者さんです。

患者さんの生のお声のご感想表です
d0092965_07145357.jpg
ご感想は「感度はあまり変わらなかったが、膣が狭くなったので良かったです。」ということで「満足(4/5)」とのことでした。
またの御来院をお待ちしております。



性のお悩みの御相談を多々お受けしますが 現状として感度に関しては外科的処置にての改善はなかなか難しいのが現状です。

脳の問題やパートナーとの関係等複雑な要因が絡みます。

外科的処置以外でも助力になれるように最善を尽くしますのでまたお悩みがございましたらご遠慮なさらずご相談いただければ幸いです。




先日お心遣いをいただきました。

d0092965_07270262.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。

by shirayuribeauty | 2018-08-31 23:13 | 美容外科
肛門美的形成術 術後3か月
今日は1898年 にハワイがアメリカ合衆国に併合された日になります。
そして1944年 大東亜戦争においてサイパン島の日本軍守備隊が玉砕した日になります。




本日ご紹介の患者さんは肛門のskin tagが気になるとのことで肛門美的形成術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です


肛門症例画像になりますのでご不快に感じる方はクリックをしないでください
by shirayuribeauty | 2018-07-07 00:44 | 美容外科
他院小陰唇縮小形成術後 修正術  切られすぎた小陰唇の再形成
今日は「ラバウル海軍航空隊」という軍歌で有名なあのラバウル(現:パプアニューギニア領)にて1942年オーストラリア軍を駆逐した日です。
Some may know Rabaul from a Japanese martial tune "Rabaul Air ASW Squadron".
On January 23rd 1942, Japan eliminated Australian forces and took over Rabaul (current Papua New Guinea territory)
ラバウル航空隊は大戦初期には連合軍との空戦において損害率15対1という圧倒的 な強さを誇ってました。しかし、ソロモン海でのガダルカナル島をめぐる戦いで 、連日往復2000キロもの長距離飛行を強いられ、その激しい疲労で貴重な熟練搭 乗員と機体のほとんどを失い、連合軍に敗北し「ラバウル海軍航空隊」の楽譜とレコードがラバウルに届いたのは航空隊撤退後となった悲しい最強航空隊です。
The Japanese Air ASW Squadron of Rabaul was known for the high ratio of damage to the allied nations in air combat tactics during the early months of the Pacific War (The ratio was said to be 15 to 1). But the Air ASW Squadron gradually suffered from fatigue during the battles over the Guadalcanal of Solomon Islands. Lots of highly skilled pilots and fighter planes made flights of 2000km repeatedly. As the result, they grew extremely tired and payed the ultimate price. Although the Air ASW Squadron of Rabaul had overwhelming potential, they were defeated in such a stark status.

To cheer on the fleet, a martial song "Rabaul Air ASW Squadron" was created.
But, the squad never received records or music of it before retreating from Raubal.



本日ご紹介の患者さんは他院にて小陰唇形成術をお受けになられるも「小陰唇がなくなりすぎて変になってしまったのでなおしてほしい。 全体的にぐちゃぐちゃな印象になってしまってのできれいにしたい。」 とのご希望にてご相談に来られた患者さんです。

カウンセリングの結果他院修正 婦人科形成術をお受けになられることとなりました。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です。
(症例写真は外性器を含むため 写真はエキサイトブログの規約に抵触するので当院HP上で手術を考えていらっしゃる女性のみに公開しています。 手術をご検討されていてID・PASSをご希望の女性はクリニックに直接お電話をくだされば幸いです)


御感想は「一番心配だった小陰唇の修正がきれいにつくってもらってうれしいです。 なくなた部分もあったし半分あきらめていたので本当によかったです。
より良くなりたい気持ちがでてきてこまかい事も言ったりしたけど微調整してくれたり、話も聞いてくれてありがたかったです。」と 「大満足(5/5)」と順調な経過です。
d0092965_02411033.jpg
喜んでいただけ幸甚の至りです。


またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。

d0092965_02513386.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。




by shirayuribeauty | 2018-01-23 23:30 | 美容外科 | Comments(0)
他院肛門美的形成術 術後 修正術
本日ご紹介の患者さんは 某美容外科にて肛門の皮垂部の切除する手術をお受けになられるも 余計ボコボコとした糸痕が目立つようになったとのことで当院にご相談にいらっしゃった患者さんです。

前医での修正をお勧めするも当院での治療を強くご希望されたため御依頼を受諾することとしました。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_02153108.jpg

皮垂はなくなり、御感想も「満足(4/5)」順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_02300686.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。




by shirayuribeauty | 2018-01-08 23:09 | 美容外科