人気ブログランキング |
タグ:四肢・尻・脇 ( 138 ) タグの人気記事
左下腿プリサイス:precice 脚延長 術後6か月
2月10日・・・今日は2001年(平成13年)2月10日8時45分(日本時間)、アメリカハワイ州のオアフ島沖で、愛媛県立宇和島水産高等学校の練習船「えひめ丸」が浮上してきたアメリカ海軍の原子力潜水艦「グリーンビル」に衝突され沈没した事件がおきた日です。
On February 10th 2001, at AM 8:45 Japan Standard Time the Ehime Maru, a training ship of Uwajima Fisheries High School from Japan was hit and sunk by U.S. nuclear submarine U.S.S. Greeneville off the coast of O‘ahu Island, Hawaii.

乗務員の35人のうち、えひめ丸に取り残された教員5 人、生徒4人が死亡して、救出されたうち9人がPTSDと診断されたとされています。

5 teachers and 4 students out of the 35 crew members were the fatal victims of this accident.
The 9 people who were rescued from were diagnosed with PTSD.
They still suffer from the experience or memories of this traumatic event.

英語圏のマスコミ報道ではえひめ丸について「漁船」と紹介され、高校生が乗っていた実習船であることを報道した記事は少なかったと言われています。

It is said that most of the foreign media, especially in the English-speaking world introduced the Ehime Maru as a fishing vessal, not as a training ship for students.


グリーンビルの元艦長スコット・ワドル(当時中佐)は事件の責任について軍法会議で審議されることはなく、司令官決裁による減棒処分を受けただけで、後に軍を名誉除隊しました。

The collision accident was not dealt by US Navy Court of Inquiry (the court martial of US Navy).
The captain of Greenwille at that time, Scott Waddle was not tried and only suffered a pay-cut.
He was discharged honorably at a later date.

2002年12月には愛媛県宇和島市を訪れ、同市内にあるえひめ丸慰霊碑に献花しました。しかし、2006年にワドルはこれまで遺族の意向などで参加できなかったハワイでの追悼行事については「来年の七回忌にぜひ参加させていただきたい」と述べましたが彼は七回忌には参加しませんでした。
Almost 2 years after the accident, in December 2002, Waddle visited the Uwajima Fisheries High School in Ehime Prefecture Japan, and placed flowers at the memorial for the victims.

Prior to 2006, Waddle's attendance at the annual memorial event in Hawaii was not accepted by the victims' families. In 2006, he mentioned that he wished to attend the 7th annual memorial events held in Hawaii the following year, however in reality he did not show up.

ジョージ・ウォーカー・ブッシュ米大統領は電話で森首相に謝罪し米国の責任を全面的に認めたと言われておりジラード事件の頃よりはまだ上等な扱いを受けたかもしれませんが現場で積極的な救命活動を行わなかったワドル氏の責は重いと思います。

It was said that former President G.W.Bush of the U.S. admitted the U.S. Navy was at fault for the collision and expressed his apologies to Japan during a tele-conference with former Prime Minister Mori of Japan.
The attitude of U.S. toward Japan in this case was much better than that of the Girard incident in 1957.

Regardless, Waddle and crew neglected to actively rescue those who were aboard the sinking Ehime Maru, and should be shunned for their lack of humanity.

本日ご紹介の患者さんはプリサイス:preciceによる脚延長術をお受けになられている患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約6か月再診時です
d0092965_02522853.jpg
ゆっくり確実に とのご希望にて 現在40mm延長量で骨化も順調です。
ご感想は「満足(5/6)」と順調な経過です。

「preciceをお受けになられる方々の希望の星に延長量8cmを目指してください」 と応援していますが「リスクが怖いので4.5~5cmぐらいです自分はいいかなと思ってます」とのことでした。

毎日のストレッチを頑張りぜひ目標値までの身長延長を達成していただきたく思います。

またの御来院をお待ちしております。

by shirayuribeauty | 2019-02-10 23:51 | 整形外科
左下腿precice 脚延長 術後4か月
本日ご紹介の患者さんはpreciceによる脚延長術をお受けになられている患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約4か月再診時です
d0092965_05273035.jpg
ゆっくり確実に とのご希望にて 現在33mm延長量で骨化も順調です。
ご感想は「満足(5/6)」と順調な経過です。

「preciceをお受けになられる方々の希望の星に延長量8cmを目指してください」 と応援していますが「リスクが怖いので6cmぐらい自分はいいかなと思ってます」とのことでした。

毎日のストレッチを頑張りぜひ目標値までの身長延長を達成していただきたく思います。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いを戴きました。
d0092965_06383417.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。

by shirayuribeauty | 2018-12-09 23:25 | 美容外科
左下腿 脚延長  precice(プリサイス)  術後約11か月  下腿6cm延長達成 骨化良好
 今日は敗戦直後、中国東北部(旧満州)に入植していた開拓団の仲間を守るため、旧ソ連兵を「性接待」し、現地で亡くなった女性たちを悼む岐阜県白川町の「乙女の碑」に、当時の経緯を説明する碑文が加えられ除幕された日(2018年11月18日)になります。

入植先の吉林省陶頼昭で日本敗戦後の1945年9~11月に現地住民による略奪暴行から保護してもらう代わりに、17~21歳の未婚女性15人前後が団幹部の指示でソ連軍に差し出され、うち4人は性病や発疹チフスなどで現地で死亡されました。経緯は戦後ずっと伏せられ、生き残った女性の要請で82年、「黒川分村遺族会」が石像を建立しましたが碑文はなく、台座に「乙女の碑」とあるだけだけでした。

また 本日は1951年 に参議院が対日講和条約・日米安保条約を承認した日になります。




本日ご紹介の患者さんは日本国内で始めてpreciceという脚延長の機械で手術をお受けになられた患者さんです。

プリサイス:preciceの長所は髄内釘であり創外固定器と異なり延長器具が体内に内蔵されるため外からはわからない、感染のリスクが低いこと そしてなによりも骨の出来が悪い時にいったん縮めることができることです。
短所は費用が非常に高額なことです。


左:術前です               右:術後約11か月再診時です

d0092965_03240534.jpg

目標の6cmの延長を達成しました。  前後方向からみてO脚も改善しています。

骨の出来具合はレントゲン上 バッチリできています。
d0092965_03245094.jpg
目標の6cmの延長も遂行し 骨もバッチリできて
ご感想は「ふつう(3/5)」と順調な経過です。


といいたいところですが一つ問題が生じました。
d0092965_03261888.jpg
上記写真は側面像で左ひざ関節を伸ばし切った状態です。 延長していない右ひざ関節と比較すると5度程度伸展しきっていない状態がわかります。
微細な角度とはいえ完全に膝関節を伸展しきれない状態が気になられるとのことで修正手術をご希望とのことでした。

今後はblocking screw等も使用し数度の角度の曲がりも生じないように、より精度の高い手術を行っていくように戒めていきます。

またの再診をお待ちしております。


脚延長手術のリスク
・感染 (慢性骨髄炎になる可能性もあり)
・変形治癒
・機械の不具合が生じる可能性
・キズが気になる可能性 
・骨髄をreaming することにより脂肪塞栓症候群を生じる可能性     等




先日お心遣いを戴きました。
d0092965_03545245.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。

またの御来院をお待ちしております。


by shirayuribeauty | 2018-11-18 23:21 | 美容外科
他院ヒッププロテーゼ入れ替え術術後6年、臀部脂肪移植最終施術より術後約半年再診時
今日は1944年 に米軍が沖縄初空襲を行い那覇市の9割が焼かれ548人が亡くなられた日になります。


本日ご紹介の患者さんは他院にて約175ccのヒップシリコンプロテーゼ留置術をお受けになられた既往があり、当院で6年前に300ccのサイズに入れ替えた既往のある患者さんです。

その後臀部増大脂肪移植術を2クール当院でお受けになられました。


上段:術前です
下段:他院ヒッププロテーゼ入れ替え術術後6年、臀部脂肪移植最終施術より術後約半年再診時
ご感想は「満足(4/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。


ヒッププロテーゼのリスク
・感染
・被膜拘縮
・漿液腫
・座骨神経麻痺 等


臀部脂肪移植のリスク
・感染
・脂肪塞栓
・定着不良の可能性 等
  


先日お心遣いを戴きました。
d0092965_02330521.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。

by shirayuribeauty | 2018-10-10 22:46 | 美容外科
NICR: 非切開式ふくらはぎ萎縮術   術後半年
本日ご紹介の患者さんはふくらはぎを細くしたいとのご希望にてNICR(非切開式ふくらはぎ萎縮術)をお受けになられて術後約半年になる患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です。
d0092965_01104822.jpg
ご感想は「普通(3/5)」とのことでした。
合併症等なく順調な経過です。


またの御来院をお待ちしております。


NICRのリスク
・キズ痕(針穴程度)が気になる可能性
・しびれが生じる可能性(通常は生じても数か月で治癒)


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_01390271.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。


by shirayuribeauty | 2018-07-25 23:11 | 美容外科
ふくらはぎスリム形成術 : 他院腓腹神経切断後  再手術  ( 他院術後OICR)
今日は東条内閣がマリアナ沖海戦と、それに伴うサイパンの陥落の敗北の責任を取る形で1944年に総辞職した日になります。


本日ご紹介の患者さんは他院にてオープン法の神経切断によるふくらはぎ切断術をお受けになられるも効果がなかったとのことで当院での再手術をご希望された患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です。
d0092965_03424620.jpg
ふくらはぎはしっかり細くなり「大満足(6/6)」と順調な経過です。

またのご来院をお待ちしております。


ふくらはぎOICR(open incisional calf reduction) のリスク
・膝裏にキズが生じます
・しびれが数か月生じる可能性があります。 通常ほとんどすべてのケースで治癒しますが完全治癒の保証はできません。


先日お心遣いを戴きました。
d0092965_05124612.jpg
ありがとうございます。どうかお気を遣わないでください。



by shirayuribeauty | 2018-07-18 00:40 | 美容外科
NICR (非切開式ふくらはぎ萎縮術) 術後約半年再診
本日ご紹介の患者さんはふくらはぎを細くしたいとの御希望にてNICR (non incisional calf reducion: 非切開式ふくらはぎ萎縮術)をお受けになられ 術後約半年再診になる患者さんです。  もともと十分細いふくらはぎでいらっしゃるので施術は不要である旨をご説明させていただきましたが強いご希望があり施術のご依頼を受諾しました。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_04255825.jpg

もともと細く美しいふくらはぎでしたがより細くなられ ご感想は「大満足(5/5)」と順調な経過です。
d0092965_04340642.jpg

 またの御来院を心よりお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_04290075.jpg
ありがとうございます。 
どうか御気を遣わないでください。



by shirayuribeauty | 2018-04-20 23:23 | 美容外科
左下腿 脚延長  precice(プリサイス)  術後約3カ月  
今日は1945年大東亜戦争で戦艦大和が沖縄への特攻作戦の途上、撃沈された日です。

戦略的には無駄死にはほぼ明らかでしたが一億総特攻のさきがけとして出陣した大和の命日になります。



本日ご紹介の患者さんは日本国内で始めてpreciceという脚延長の機械で手術をお受けになられた患者さんです。

プリサイス:preciceの長所は髄内釘であり創外固定器と異なり延長器具が体内に内蔵されるため外からはわからない、感染のリスクが低いこと そしてなによりも骨の出来が悪い時にいったん縮めることができることです
短所は費用が非常に高額なことです(両脚で1000万円を超えます)

同じ髄内釘による骨延長器具としてISKDがありますがISKDにはない「骨の出来具合が悪い場合に途中で短縮もできる(短縮すると骨ができやすくなる)」というメリットに非常に魅かれた勉強熱心な患者さんのたっての希望とちょうど本年米国に研修に行った際に業者さんとよく話し合うことができましたので米国より輸入して施術を行いました。


左:術前です   中:術後約7週再診時です    右:術後約3カ月再診時です
d0092965_03462983.jpg

左脚は52mm(5.2cm)まで延長しました。 現在6cmに向け延長中です。
感染や器械のトラブルなく骨化も順調な経過です。

preiciceという機械への印象は非常に良いです。 この器械なら8cmまでトラブルなく骨が延長できる印象です。

このままがんばってご希望の6cmまで伸ばしていきましょう!

またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_04002929.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。



4月より勝間田先生が当院名誉院長としてご就任されました。 勝間田先生のいままでの御症例の御紹介となります。
ご相談ご希望のかたは当院までご連絡いただければ幸いです。
名誉院長  Dr勝間田のブログ

by shirayuribeauty | 2018-04-07 23:54 | 整形外科
左下腿 ISKD 術後約2か月 
今日は1945年に戦艦大和が天一号作戦(菊水作戦)により山口県徳山湾沖から沖縄へ向けて出撃した日になります。


本日ご紹介の患者さんは 下腿の延長をご希望され 術後2か月再診時です。

左:術前です
右:術後約2か月再診時です

d0092965_03002719.jpg
現在 左下腿は約34mm延長しています
感染や器具の破損なく順調な経過です。
5cm延長を目指してがんばっていきましょう!
またの御来院をお待ちしております


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_04064175.jpg
ありがとうございます。
どうか御気を遣わないでください。



4月より勝間田先生が当院名誉院長としてご就任されました。 勝間田先生のいままでの御症例の御紹介となります。
ご相談ご希望のかたは当院までご連絡いただければ幸いです。
名誉院長  Dr勝間田のブログ

by shirayuribeauty | 2018-04-06 23:57 | 美容外科
脚延長術 (ディバスティアーニ変法) 初回手術から約2年後
1942年の今日から4月9日まで戦われたセイロン沖海戦で、日本海軍が英国東洋艦隊に完勝した記念すべき日です。

しかしこの海戦で南雲機動部隊の空母赤城が攻撃換装中にイギリス空軍機の接近に気づかず、空襲されたという事件がありました。幸運にも命中はせず事なきを得ましたが、これらの教訓を生かせず、後にミッドウェー海戦で大敗北を喫する事になったのがかえすがえすも残念でなりません。 



本日ご紹介の患者さんは脚延長術 (ディバスティアーニ変法)をお受けになられて初回手術から約2年後になる患者さんです


左:術前です      右:創外固定器除去後1年4か月再診時です
d0092965_04281844.jpg

身長は5cm伸びて御感想も「大満足(5/5)」と順調な経過です。


走ったり歩いたりしている状態です。 問題ありません。
https://youtu.be/laP5lXXR-4Y


4月より勝間田先生が当院名誉院長としてご就任されました。 勝間田先生のいままでの御症例の御紹介となります。
ご相談ご希望のかたは当院までご連絡いただければ幸いです。
名誉院長  Dr勝間田のブログ


by shirayuribeauty | 2018-04-05 23:54 | 整形外科