人気ブログランキング | 話題のタグを見る
太もものヤケド後の色素沈着に対するレーザー治療
今日は1894年に朝鮮半島の豊島沖で日本軍と清軍による海戦(豊島沖海戦)が行われ実質的な日清戦争の始まった日になります。 この戦線布告前の開戦の経緯においては豊島沖で日本海軍第1遊撃隊「吉野」「浪速」「秋津洲」が清国軍艦「済遠」「広乙」と遭遇するも開戦前であったため、国際法に則って日本側が礼砲を撃とうとしたが、清国軍艦から砲撃を受け、戦闘が始まったとされています。
なお、日本政府はこの開戦前から開戦に備えてさまざまな開戦工作をしており、この強引な開戦工作に対して、明治天皇は「これは朕の戦争に非ず。大臣の戦争なり」との怒りを発していたと言われています。


本日ご紹介の患者さんは 太ももに熱傷を生じて その後色素沈着になってしまったものを治療できないかとご相談された患者さんです。

QスイッチYAGレーザーと炭酸ガスレーザーによる治療を行いました。


上段:治療前です
下段:治療開始後約半年後再診時です
太もものヤケド後の色素沈着に対するレーザー治療_d0092965_19243030.jpg
ずいぶん目立たなくなりました。
ご感想は「普通(3/5)」とのことでした。

またの御来院をお待ちしております。




# by shirayuribeauty | 2021-07-25 19:20 | 美容外科
乳輪脱色治療 治療開始約半年後再診時

今日は東条内閣がマリアナ沖海戦と、それに伴うサイパンの陥落の敗北の責任を取る形で1944年に総辞職した日になります。



本日ご紹介の患者さんは乳輪脱色治療を御希望され、治療開始後約半年再診時になる患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
乳輪脱色治療 治療開始約半年後再診時_d0092965_18582867.jpg
ご感想は「思ったより色が薄くなるのに通院回数が必要だったこと」とのことで「普通(3/5)」とのことでした。

またの御来院をお待ちしております。


乳輪脱色治療のメリット
・乳輪の色が薄くなることが期待できます

乳輪脱色治療のデメリット
・クリーム法を選択された場合、 一日3回の塗布を3か月継続する必要があります。
・クリーム法は妊娠の予定のある方、妊娠中の方は適用できません。

・レーザー法を選択された場合、部位により反応度合いが異なることがあり色むらが生じるリスクがあります。


先日お心遣いを戴きました。

乳輪脱色治療 治療開始約半年後再診時_d0092965_19180094.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。

# by shirayuribeauty | 2021-07-18 18:56 | 美容外科
左頬骨前方部アパタイト留置
本日は沼津大空襲の日になります。 1945年に米軍B29の130機の編隊が海軍工廠や多くの中小軍事工場のある沼津市街上空に侵入し9077発、1039トンの焼夷弾を投下し沼津市の90%が破壊されました。


本日ご紹介の患者さんは他院にて左頬骨骨削りを受けたところ、左頬骨前方の凹みが気になるとのことで 左頬骨前方にアパタイト留置術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
左頬骨前方部アパタイト留置_d0092965_17414573.jpg
赤線丸で囲まれた部分は前方にでて順調な経過ですと言いたいところですが 術後の内出血によるヘモグロビンがヘモジデリンとして沈着してしまったのか
左眼の下にクマ様所見として術後半年の時点で残ってしまっています。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
左頬骨前方部アパタイト留置_d0092965_17542514.jpg
ご感想は「色素沈着が治まらない」とのことで「不満(1/5)」とのことでした。

皮下の鉄成分はいずれ吸収すると思われますががご不安なことと思います。

アフターケアさせていただければ幸いです。


目の下、頬領域の手術のリスク
・内出血→ 赤血球中のヘモグロビンがデオキシヘモグロビン→ヘモジデリン と変化し目の下の皮下に色素沈着を長期間残す可能性

# by shirayuribeauty | 2021-07-17 23:41 | 美容外科
膝上 脂肪 に対する BNLS Neo(脂肪溶解注射) 注射 約5か月再診時
今日は1945年に北海道空襲が7月14日15日と行われた日になります。
米軍は13隻の航空母艦からのべ3,000機以上もの艦載機を発進させ、留萌市以南の北海道主要都市に無差別爆撃及び機銃掃射を行い一般市民を中心に2000人以上の日本人の人命が失われました。




本日ご紹介の患者さんは膝上の脂肪が気になるとのことで膝上の脂肪に対する BNLS Neo(脂肪溶解注射) 注射をお受けになられて約5か月になる患者さんです。

方法としては脂肪溶解注射(効果個人差あり)か、アキュスカルプレーザー+脂肪吸引の方法(約2週間の内出血のダウンタイムあり、また約2か月圧迫必要)をご提示させていただきましたが、注射による治療方法をご希望されたため BNLS Neo(脂肪溶解注射) 注射治療を行うこととなりました。

上段:術前です
下段:術後約5か月再診時です
膝上 脂肪 に対する BNLS Neo(脂肪溶解注射) 注射 約5か月再診時_d0092965_18365097.jpg
ご感想は「1回ではあまり効果がわからないかと思っていましたが実際 効果が感じられなかったため」とのことで「やや不満(2/5)」とのことでした。

BNLS注射は正直 1回で満足のいく結果になられる方は少ないです。 複数回お受けになられるか、確実な効果をお求めになられる場合はアキュスカルプレーザー(またはベイザー超音波照射)+脂肪吸引をご選択していただければ幸いです。

またの御来院をお待ちしております。

BNLS注射のメリット
・ほぼダウンタイムがありません
BNLS注射のデメリット・リスク
・内出血が生じる可能性
・効果が物足りず不満足に感じる可能性 等




先日お心遣いを戴きました。
膝上 脂肪 に対する BNLS Neo(脂肪溶解注射) 注射 約5か月再診時_d0092965_19130543.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。





# by shirayuribeauty | 2021-07-14 18:37 | 美容外科
ルフォー(LeFort)一型骨切術+SSRO+顎先骨切移動術 術後約半年再診時
今日は1893年に日本が世界に誇る真珠王:御木本幸吉氏が初めて真珠の養殖に成功した日になります。

本日ご紹介の患者さんは約10年前に他院下顎縁スティック骨切り術後の既往にて当院にてご相談に来られた患者さんです。 

当院にてミッドフェイスリフト、鼻翼基部プロテーゼ、 FAMI法脂肪移植等 、 ミラクルリフト、ネックリフト、エンドタインネックリフト 、人中短縮術 をお受けになられました。

約5年前に側貌における審美的改善目的にて上顎骨造形術をお受けになられました。

上段:10年前当院初診時です。
下段:ミッドフェイスリフト、鼻翼基部プロテーゼ、FAMI法脂肪移植、ミラクルリフト、ネックリフト、エンドタインネックリフト、人中短縮術術後約10年
   上顎骨造形術 術後5年再診時です。
ルフォー(LeFort)一型骨切術+SSRO+顎先骨切移動術 術後約半年再診時_d0092965_00173546.jpg
今回 上顎骨を前に出しつつ顎先を後方に入れたい とのご相談があり、カウンセリングの結果 ルフォー(LeFort)一型骨切術+SSRO+顎先骨切移動術をお受けになられることとなりました。


上段:今回術前です
下段:ルフォー(LeFort)一型骨切術+SSRO+顎先骨切移動術 術後約半年再診時です
ルフォー(LeFort)一型骨切術+SSRO+顎先骨切移動術 術後約半年再診時_d0092965_00210484.jpg
ご感想は「上顎はもう少し前に出て上唇は横から見てほぼ垂直、下顎は横からみて上唇より奥に下がるEラインが理想でした。」とのことで「満足(4/5)」と順調な経過です。

10年前の初診時との比較です。

上段:約10年前当院初診時です
下段:ルフォー(LeFort)一型骨切術+SSRO+顎先骨切移動術 術後約半年再診時です
ルフォー(LeFort)一型骨切術+SSRO+顎先骨切移動術 術後約半年再診時_d0092965_00253739.jpg
この10年前より若々しく見えます。20歳ぐらい若返られた印象です。
これから素敵な人生をお送りいただければと思います。

またの御来院をお待ちしております。

LeFort一型骨切術+SSROまたはIVROのリスク
下記リスクを予防するため各施設で最善の努力をしているはずですがそれでもゼロにはできない故 熟慮が必要です。

1.全身麻酔の事故のリスク (約7万件の全身麻酔に1件の麻酔死亡事故確率の統計調査報告等あります)
2.術後の腫れによる気道閉塞 → 気管切開等必要になる可能性
3. 感染が生じる可能性
4.感染や血流不良による歯肉や歯槽骨の壊死、欠損が生じる可能性
5.プレートやネジがゆるんだりして再手術になる可能性  
6.咬合の安定化まで時間を要する。場合によっては術後矯正が必要になる可能性。
7.眼窩下神経麻痺や下歯槽神経麻痺の可能性
8.出血が多く他家輸血(日赤からの輸血取り寄せ)を必要とする可能性
9.鼻中隔湾曲が生じる可能性
10.口蓋瘻が生じる可能性
11.鼻の形態が変わる可能性(5mm以上中顔面を短縮すると顔面の軟部組織が上下に押しつぶされて横に逃げるため、小鼻の広がり防止のためにAlar base cinch suture をしても小鼻が広がる確率は高くなります。また顔面が小さくなることにより相対的に目や鼻が大きく見えるようになります。)
12.歯の違和感がしばらく残存する可能性
13.蝶口蓋動脈や大口蓋動脈に動脈瘤が生じ術後しばらくして突然止血困難な鼻血出血が生じる可能性
14. 術後耳管機能障害を発症する可能性(通常は数日から数週で改善します)
1 5. 上顎骨馬蹄形骨切術を併用した場合、口蓋の天井が低くなることにより凸隆起を舌で感じたり、構音上発音しずらくなる音が生じる可能性
16.上顎洞炎を発症する可能性
17. 上顎や下顎を後方に下げたり、後方回転の度合いが強いと将来的に睡眠時無呼吸症候群(OSAS)を発症する可能性
18.外国の報告において発生率は稀と思われますが「失明」の報告があります。(一応この合併症を避けえる術法はありとされており私もその術法にのっとって手術をおこないますが絶対おこらない保証はありません。) 日本国内のケースでは見聞したことはありません   
19.口周りに術中操作のため擦過傷等生じる可能性があります。
20.術後顎間固定のために口腔内にネジやワイヤー、インプラントを留置します。 それらが口唇にあたり口内炎を生じる可能性があります。
21.上顎の正中が御自身の希望の正中と一致しない可能性があります。
22. 下顎角部の左右差が気になる可能性があります。
23.気道管理のためノドにキズが生じる可能性
24.骨が小さくなった分たるみが気になる可能性
25. 歯髄内出血、歯髄の変色、歯髄壊死 等
26. 親知らずは原則 術前半年前に要抜去。 当日同時抜去も可能ですが感染や骨折のリスクが増す可能性があります。



先日お心遣いを戴きました。
ルフォー(LeFort)一型骨切術+SSRO+顎先骨切移動術 術後約半年再診時_d0092965_00335630.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。


# by shirayuribeauty | 2021-07-11 00:16 | 美容外科