人気ブログランキング |
ベイザー二の腕脂肪吸引 術後約7か月
今日は1941年に大艦巨砲主義の象徴とされる戦艦大和が就役した日になります。


Today is the day that the battleship Yamato which is considered to be a symbol of the principle of great warship slugger went into comission in 1941.



本日ご紹介の患者さんはベイザーによる二の腕脂肪吸引術をお受けになられた患者さんです。


左:術前です               右:術後約7か月再診時です
d0092965_01442345.jpg

ご感想は「満足(4/5)」と順調な経過です。
またの御来院をお待ちしております。


脂肪吸引のリスク
・凹凸
・色素沈着 等が生じる可能性があり得ます。



先日お心遣いを戴きました。
d0092965_04311481.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。



# by shirayuribeauty | 2018-12-16 23:43 | 美容外科
前医 鼻中隔延長術 術後修正術
本日ご紹介の患者さんは前担当医に鼻中隔延長術をお受けになられその後軟骨が浮き出てきたとのことで同医師に修正術をお受けになられるもやはり軟骨がうきでてきたとのことで私の元にご相談にこられた患者さんです。

診察をしてみると鼻先に軟骨の突出が認められました。
d0092965_00401339.jpg

これを改善すべく 鼻中隔延長術術後修正術を婦人科軟部組織を用いて行うこととしました。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_00411644.jpg

ご感想は「大満足」と順調な経過です。
d0092965_00442066.jpg
ご満足いただけて幸甚の至りです。
これからも一層 職員一同皆様のお役に立てるように尽力していきますのでよろしくお願い申し上げます。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_00503584.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
またの御来院をお待ちしております。


# by shirayuribeauty | 2018-12-15 23:26 | 美容外科
陰核包皮縮小形成術、陰核包皮癒着剥離術、肛門美的形成術 術後約半年
本日ご紹介の患者さんは陰核包皮縮小形成術、陰核包皮癒着剥離術、肛門美的形成術 をお受けになられて術後約半年になる患者さんです。
婦人科形成術はエキサイトの規約上、症例写真は掲載していません。感想文のみの掲載です。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です(症例写真は肛門美的形成術の写真のみとしています)
d0092965_03282418.jpg

ご感想は「満足(6/6)」と順調な経過です。
d0092965_03521905.jpg
ありがとうございます。
どうかお気を遣わないでください。

肛門美的形成術のリスク
・再発
・しばらくの間排便時痛が生じる可能性

# by shirayuribeauty | 2018-12-14 00:26 | 美容外科
軟骨操作のみによる斜鼻修正術、鼻尖縮小オープン法、鼻中隔延長術
本日ご紹介の患者さんは あまり変わりすぎないように上品な鼻の形にしてほしいとのことで 控えめに 斜鼻修正術、鼻尖縮小オープン法、鼻中隔延長術をお受けになられた患者さんです。

本来斜鼻修正術は鼻骨の骨切も併用しますが患者さんの希望により軟骨操作のみで斜鼻修正術を行っています。


上段:術前です
下段:術後約2年半再診時です
d0092965_02483302.jpg
オープン法のキズも肉眼ではわからないほどきれいに治り順調な経過です。
鼻骨を骨切し斜鼻修正をさせていただけたらよりパーフェクトな結果をご提供できたと思います。
術後1か月後検診後経過良好でしたので、 術後半年後検診を指示させていただいておりましたが、ずっといらしておらず心配しておりました。
ご感想は「術後の変形がなく良かったです。 来院がとても遅くなり申し訳ありませんでした。(満足4/5)」」とのことでした。

定期的な検診は重要です。 きちんと指示通りに再診に今後はいらしていただければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。


鼻手術のリスク
・変形
・感染 等



# by shirayuribeauty | 2018-12-13 23:40 | 美容外科
頭蓋形態修正術 : 頭蓋レジン
今日は1956年 に日本の国連加盟が安保理の全会一致で決定された日になります。

62years ago, on December 12th 1956, Japan was approved as the member of the United Nations by a unanimous agreement of the General Assembly.


本日ご紹介の患者さんは後頭部にボリュームが欲しいとのご希望にて 頭蓋レジンを用いた 頭蓋形態修正術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約2か月再診時です
d0092965_05043955.jpg
ご感想は「満足(5/6)」と順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。



先日お心遣いを戴きました。
d0092965_06393665.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。

# by shirayuribeauty | 2018-12-12 23:01 | 美容外科
肛門美的形成術  術後5年
本日ご紹介の患者さんは肛門美的形成術をお受けになられて術後5年になる患者さんです。


症状としては20歳の時に大きく腫れて痛かったとのことでした。 肛門科を受診し手術を勧められたが怖くて他院にいき薬で対処されてきました。 お困りの点は「排便の度に外にでてしまう。 何も出ていないときもスキンタグが気になる。」とのことでした。 肛門科で本年7月に相談した際には内痔核が4つあり入院手術といわれ、10日仕事やすまなければならないといわれたとのことで当院にご相談に来られました。



当院の肛門美的形成術はウルトロイドとレーザーを併用し日帰り手術でより優れた臨床成績をだすべく努力をしています。






More
# by shirayuribeauty | 2018-12-11 06:45 | 美容外科
他院鼻尖縮小後、鼻プロテーゼ術後 術後修正術(鼻中隔延長術、鼻孔縁延長、婦人科軟部組織鼻先移植術等) 術後約17か月、他院術後キズ痕修正(Aセル:細胞外マトリックス)術後約16か月年再診時
今日は1941年 にマレー沖海戦で日本海軍の攻撃機隊がイギリスの戦艦プリンス・オブ・ウェールズを撃沈した日になります。

December 10th 1941, 77 years ago today, the Japanese Imperial navy fleet sunk the British battleship HMS Prince of Wales, and battlecruiser HMS Repulse in a naval engagement on the eastern coasts of Malaya. This historic event is known as "the sinking of Prince Wales and Repulse".


ちなみにHMSとは、大英帝国海軍艦艇の名前につけられるもので、女王陛下の船(Her Majesty's Ship)の略です。



本日御来院の患者さんは 先日判決のあったB医師との裁判において 私が 患者さんの匿名性を守るためにB医師にも裁判所にも患者さん氏名を黙秘し続けた患者さんです。 先日受け取った判決文では11頁に以下のように書かれていました。

(4)そして、被告らは、本件記事1と患者■との関連性につき不知としており、事実摘示①および②並びに本件論評に関し、当該事実又は本件論評の前提となる事実につき、 何ら真実性又は真実相当性に関する主張をしていないから、前期(1)エで述べた不法行為につき、違法性阻却事由があるとはいえない。

私と患者さんとのやりとりは真実でありましたが、患者さんのプライバシーを守るために真実相当性を主張しなかった故に違法性が阻却されないとは・・・と忸怩たる思いをしていたところ(そもそも私としては同ページに並列して色々記載したのみで本来はB医師を特定する目的で記載していないのにそのような読み方をされたのは心外でしたが)、 当該患者さんが真実性を証明するために12月10日本日わざわざご来院してくださいました。


上段:術前です
下段:他院鼻尖縮小後、鼻プロテーゼ術後 術後修正術(鼻中隔延長術、鼻孔縁延長、婦人科軟部組織鼻先移植術等) 術後約17か月、他院術後キズ痕修正(Aセル:細胞外マトリックス)術後約16か月年再診時
d0092965_01141077.jpeg
B医師との裁判の事は 数か月前にご本人宛にB医師から直接 問合せの電話やいろいろと長いメールが来て知っていたとのことでした。

本日ご来院いただいた証拠に新聞と一緒に写真を撮りました。
d0092965_01143622.jpeg

患者さんに ご本人のプライバシーを守るために B医師の患者氏名照会には一切 応じず、 判決では真実相当性を主張していないと指摘された旨をご説明したところ「裁判で自分の名前をだしてくださっていいですよ。」 と快諾してくださり、また私の書いた以前のブログ記事に関して真実性を証明するためにブログ記事を印刷したものに「事実に相違ありません。」と一筆 署名してくださいました。 また当ブログでの公開も快諾してくださいました。

d0092965_03190577.jpg
ご本人のご協力のみならず本件には大変多くの患者さんから励ましのお言葉やメールをいただいております。まだ皆様にはご返信できておらず大変申し訳ありません。
皆様のお心遣いに深謝します。

地裁裁判では 原告には私の求める救釈明にはきちんと回答していただけず、また期日の最終日は被告の当方が書面を出して終了の予定が原告から大量の書面を出された関係もあり、高裁の判断を仰ぎたい気持ちもありますが、正直 無駄な時間とエネルギーの浪費とも感じる面もあります。
より有意義なことに時間を使うべきか熟慮したいと思います。












# by shirayuribeauty | 2018-12-10 00:18 | 美容外科
左下腿precice 脚延長 術後4か月
本日ご紹介の患者さんはpreciceによる脚延長術をお受けになられている患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約4か月再診時です
d0092965_05273035.jpg
ゆっくり確実に とのご希望にて 現在33mm延長量で骨化も順調です。
ご感想は「満足(5/6)」と順調な経過です。

「preciceをお受けになられる方々の希望の星に延長量8cmを目指してください」 と応援していますが「リスクが怖いので6cmぐらい自分はいいかなと思ってます」とのことでした。

毎日のストレッチを頑張りぜひ目標値までの身長延長を達成していただきたく思います。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いを戴きました。
d0092965_06383417.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。

# by shirayuribeauty | 2018-12-09 23:25 | 美容外科
後頭部頭蓋アパタイト形成術  術後約半年
今日はいわずもがな 1941年12月8日 大東亜戦争(だいとうあせんそう)開戦記念日です。
Needless to say, today is the commemorative day for the outbreak of theGreater East Asia War.

大東亜戦争 すなわちアメリカのいうところの太平洋戦争、イギリスのいうところの極東戦争は今から70年前日本がマレー半島コタバル上陸、真珠湾攻撃を行い始まりました。
The Greater East Asia War is otherwise known as The Pacific War in the USA,or The Far East War in the UK.This broke out for both the bombing Pearl Harbor and the attack on KotaBaru in the northern coast of Malay.

当時、非欧米の国々は日本、タイ、チベット、エチオピアを除いてはみな列強の植民地、準植民地、あるいは属領であり、日清、日露戦争と超大国相手に自国の独立を賭して生き抜いてきた日本が米国という超大国に禁輸処置をされた挙句の自存自衛のための三度目の大博打(だいばくち)戦争でした。
At the time, the non-western nations of Asia and Africa, with the exceptionof Japan, Thailand, Tibet and Ethiopia, were all either colonies, dependent territories or belonged to western nations. In addition to these global circumstances, the United States of America imposed strict trade embargoes on Japan. To maintain itself, its government and its people, Japan faced an inevitable conflict of interests with the western world. Japan was forced into taking their third long shot at war against America, the first being Qing Dynasty China and the second against theUSSR.

日清日露以降の日本の外交努力をすべて否定するハルノートを突きつけられやむなく自存自衛のために開戦にいたったものであり米国の植民地化、属領化を目指して行なった戦争ではありません。

永野修身(ながのおさみ)軍令部総長の開戦前の言葉
「米国の主張に屈すれば亡国は必至とのことだが、戦うもまた亡国であるかも知れぬ。だが、戦わずしての亡国は魂を喪失する民族永遠の亡国であり、最後の一兵まで戦うことよってのみ死中に活を見出し得るであろう。戦ってよしんば勝たずとも、護国に徹した日本精神さえ残ればわれらの子孫は再起、三起するであろう。」

  戦う前から計算上は勝算がほとんどなく昭和天皇の意向の親英米路線に沿うべく必死に努力した外交努力も万策尽きて戦わざるをえなかった当時の指導者達が苦渋(くじゅう)の決断をしたことは想像に難くありません。 あの戦争を避けるには満鉄(まんてつ:満州鉄道)共同経営としてアメリカの鉄道王ハリマンを迎え入れればよかっただの南印進駐をするべきではなかっただの日独伊三国同盟をするべきでなかっただの議論しだせばきりがありませんが日本側の問題点としてはつまるところ石油を米国に握られているのに対米戦略的に錯誤を重ねそれを正せる意思決定システムが明治憲法上なかったという点であると思います。いずれにしろ通学バスが黒人、白人が一緒になるまで1960年代になるまで待たなければならなかったあの人種差別大国であった米国に戦いを挑んだ当時の日本に敬意を表します。個人的なロマンとしては1881年に当時独立国であったハワイのカラカウア王が日本へ訪れたときいずれ米国の属国になってしまうことを恐れた王が(その予見は残念ながら当たってしまうのですが)日本の天皇家の山階宮定麿王と、王の姪で王位継承者のカイウラニ姫を結婚させて日本ハワイ同盟を作ろうと明治天皇にもちかけたとき、もし明治天皇がお断りせずお受けしていたら世界史は変わっていて満州国は理想郷として栄え大東亜戦争もなかったかもしれないという空想が楽しいです。 以前に真珠湾のアリゾナ記念館に行きました。アリゾナ記念館は戦艦アリゾナが沈んだ海上の上に立っている白い建物です。その近くの陸地に資料館がありました。資料館では当時の写真が展示されていましたがある写真の前で私は立ち止まりました。 その写真は米軍に撃墜(げきつい)されたと思われる日本兵の遺体が海上に浮いているものでした。 日本国内の資料館で米兵の遺体をさらしている写真などみたことがなかった私にとっていくら旧敵国人だったからといって今でもこうやって晒(さら)すのかと怒りに震えました。 当時の真珠湾攻撃はかなり正確に軍事施設のみを狙って攻撃をしていました。 しかし米国は焼夷弾(しょういだん)等を用い日本の民間人の大量虐殺(ぎゃくさつ)および原爆を用いて無辜(むこ)の人々の大量虐殺を行い日本を屈服させました。 そのような非道の限りをつくした米国が戦後極東(きょくとう)軍事裁判で事後法でA級戦犯なるものを捏造するのは茶番劇であり日本人として受け入れることのできないものですがいまだそれが政治の世界では問題になるという現実を鑑(かんが)みれば日本人の中に根深く蔓延(まんえん)してしまった病理の深さは相当なものだと思います。  かつての日清戦争ではロシア、フランス、ドイツの三国干渉にて遼東半島(りょうとうはんとう)を清国に返還させられ、その屈辱は当時の福沢諭吉に「ならぬ堪忍するが堪忍」と言わしめ 三宅雪嶺は「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」と唱え、日本人はじっと耐え日露戦争を勝利と導きました。  敗戦国日本の空は横田空域なる広大な空域が米軍の管理下に置かれ日本各地にも米軍基地があります。 60年以上も他国の軍隊が駐留しているのも異常な状態です。「ならぬ堪忍するが堪忍」「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」の気持ちでいつか日本が本当の独立国になることを願っています。 1941年12月8日、欧米列強によるアジア植民地支配の歴史を覆す新たな歴史の一ページを開いた真珠湾攻撃に命をうけ日本の自存自衛のために命を賭して戦ってくれた方々に感謝します。



本日ご紹介の患者さんは 後頭部の絶壁が気になる とのことで カウンセリングの結果 後頭部頭蓋アパタイト形成術 をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_04463204.jpg
ご感想は「今まで通りの生活が送れています。 髪型のアレンジの幅が広がりとても満足しています!」 とのことで順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。



後頭部アパタイト形成術のリスク
・感染
・凹凸 等

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_05041162.jpg
ありがとうございます。 
どうかお気を遣わないでください。



# by shirayuribeauty | 2018-12-08 23:50 | 美容外科
頬骨再構築法 術後約1年 、 あご下アキュリフト+脂肪吸引 、あご下ミントリフト 術後約半年再診時
本日は1941年にロビンソン家が私的に所有しているニイハウ島に日本海軍空母「飛龍」に所属する西開地 重徳(にしかいち しげのり)一飛曹が真珠湾攻撃の第二波攻撃に参加した際に零戦に銃撃を受けニイハウ島の野原に不時着した日になります。

その際に日系アメリカ人二世だった原田義雄氏とその妻梅乃(ウメノ・アイリーン)が彼の面倒を見ましたが、書類および拳銃を島民に盗まれた西開地氏は身を寄せていた原田氏宅で島民を襲い原田氏と梅乃氏は西開地の手助けをしました。
しかし西開地は最終的には12月13日に島民に襲われ殺され、それを絶望した原田氏も散弾銃で自殺したと言われています。

残された原田氏の妻 である梅乃氏は、「国家反逆罪」の汚名を背負い犯罪者として2年9か月の収容所生活を経て女手一つで3人の子供を育て上げました。

梅乃氏は、愛媛県今治市に住む西開地一飛曹の遺族に恨み言を並べることはなかったそうです。

西開地一飛曹の弟、良忠さんは1968年、カウアイ島に移っていた梅乃さんを訪ねた時のことの記憶として 梅乃さんのいとこが、「梅乃はひどく苦労した」と良忠さんを非難すると、梅乃さんはすぐに、「そんなことを言ってはいけない」といさめたと述べています。


Palmer大学を卒業しハワイ州のchiropractic開業免許試験を受けに行った際にカウアイ島のPalmer大学卒業の先輩のクリニックを訪れました。 カウアイ島はジュラシックパークの撮影場ともなったといわれる神秘的な島でしたがその島から見えたのがニイハウ島で「ロビンソン家が所有していて一般人は立ち入りできない。ハワイの現地人が住んでいる」と現地のガイドの話を聞いてびっくりしました。 一瞬 自分の英語のヒアリング力がおかしいのか!?と思ったぐらいでした。 白人が島全体を所有し、そこに人種が異なり外の世界の接触を絶っている現地人が住んでいるという事実に非常に違和感を感じつつ島をしばらくずっと眺めていました。

先輩は神秘的で幻想的な山々に囲まれプール付の邸宅に住んでいらっしゃいましたが その時自分が生涯をかけて尽くしたいのは米国の人々ではなく日本の人々であるとはっきり自覚し日本に帰国しました。

西開地 重徳氏、原田義雄氏 原田梅乃氏 に黙祷を捧げます。


本日ご紹介の患者さんは 頬骨再構築法を約一年前にお受けになられ 、その約半年後にあご下アキュリフト+脂肪吸引、あご下ミントリフトをお受けになられ その術後約半年再診になる患者さんです。


上段:術前です
下段:頬骨再構築法 術後約1年 、 あご下アキュリフト+脂肪吸引、あご下ミントリフト 術後約半年再診時です。
d0092965_06390899.jpg
頬骨の張りはなくなりすっきりされました。

横顔です
上段:術前です
下段:頬骨再構築法 術後約1年 、 あご下アキュリフト+脂肪吸引、あご下ミントリフト 術後約半年再診時です。
d0092965_06433244.jpg
あご下のたるみは改善しキュッとしまったあご下になっています。

ご感想は「不安になったりもしましたが、結果的にスッキリしてよかった。」とのことで「満足(4/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いを戴きました。
d0092965_06460156.jpg
ありがとうございます。 
どうかお気を遣わないでください。

# by shirayuribeauty | 2018-12-07 05:15 | 美容外科
B医師裁判  東京地裁判決
先日B医師の訴えによる名誉棄損裁判の判決があり結果が郵送されてきました。

判決として数万円ずつおよび訴訟費用の2/116の原告および原告法人への支払いを命じられました。

本判決文11ページ(4)で 私が当該記事の患者さんに関して、なんら真実性又は真実相当性に関する主張をしていないから、違法性阻却事由があるとは言えないという意味の記載がなされておりました。

記事中の患者さん名についてB医師から患者さん氏名「○○ ○○」氏に関する記事であると指摘されましたが、患者さんのプライバシーを守るため、そもそも当ブログ記事が名誉棄損の構成要件を満たさないと考えていたのもあり、患者さんの個人同定に関する情報に関する人物特定の認否は必要ないと判断したので認否を保留させていただいたところ、 それが 真実性または真実相当性に関する主張をしていないから違法性阻却事由があるとは言えないと判断され、訴訟費用で表すところの(2/116=1/58)は有責と判断されたことは残念でした。


韓信の股くぐりの故事のように、このような事項には目をつぶるか、それとも患者さんの同意を経て氏名まで原告や裁判所に公開しやはり真実であったことを証明して高裁に控訴して争うべきまでのことなのか熟慮したいと思います。 

私としては患者さんも当院に再診に継続してきてくださっている事実より 私の記事が真実性がない事由ではないことを皆様にご理解いただければ幸いです。

d0092965_01272612.jpg



d0092965_01293403.jpg
d0092965_01295028.jpg


d0092965_01300002.jpg
d0092965_01304299.jpg
d0092965_01311610.jpg


d0092965_01312951.jpg
d0092965_01314357.jpg

d0092965_01321169.jpg
d0092965_01322467.jpg
d0092965_01332127.jpg
d0092965_01333304.jpg
d0092965_01355976.jpg
d0092965_01361025.jpg
d0092965_02463890.jpg


# by shirayuribeauty | 2018-12-06 23:18 | 美容外科
法令線プロテーゼ +法令線部G-Mesh糸埋入 +ミントリフトミニ4本  術後約半年
今日は1904年 に日露戦争の旅順攻囲戦で日本軍が203高地を占領した日になります。
112years ago from today, on December 5th 1904, Japanese troops fought aheroic battle taking over 203 Meter Hill during the "Seige of Port Arthur"(August 1st 1904 to January 2nd 1905), a chapter in the Russo-Japanese War.

これによって203高地からの砲撃で旅順港停泊中のロシア東洋艦隊を壊滅させることができました。
As a result of this battle, Japanese troops were able to wipe out theRussian fleet which had been anchoring in Port Arthur harbor, by bombarding them from atop the 203 Meter Hill.

1980年に東映系で公開された「二百三高地」(にひゃくさんこうち)は名画だと思います。観た事のない方は是非一度はごらんになられることをお勧めします。
I personally think the movie "The Battle of Port Arthur" (1980) is a masterpiece, and would highly recommend watching it for those who haven't seen it yet.


本日ご紹介の患者さんは鼻翼基部の凹み改善および若返り目的にミントミニリフトminiリフト術
をお受けになられた患者さんです。


左:術前です             右:術後約半年再診時です
d0092965_03252848.jpg
ご感想は「「当初よりかなり法令線が薄くなり満足です」とのことで「満足(4/5)」とのことでした。

またの御来院をお待ちしております。



ほうれい線プロテーゼのリスク
・感染
・左右差 等

ほうれい線部G-mesh のリスク
・感染

ミントリフトミニのリスク
・感染


先日お心遣いを戴きました。
d0092965_05250821.jpg
深謝します。 どうか御気を遣わないでください。


# by shirayuribeauty | 2018-12-05 23:25 | 美容外科
外国における膣注入物(フィラー)による合併症のレポート
本日ご紹介の患者さんは韓国で膣にコラーゲンを注射して 重篤な感染症になられた患者さんです。

患者さんの許諾を得てメールを紹介させていただきます。  

先日以下のメールをいただきました。



「先日韓国に行きまして、膣にフィラーを入れたのですが、激痛で歩くのも寝るのも座るのも痛い状況で😢

診て欲しいんですけど…😢近々」


患者さんが施術した韓国の先生に連絡したところ「抗生物質を」 ということだったとのことでしたので総合病院での治療をお勧めしましたが、他部位を当院で施術をお受けになられたご既往があり、当院での治療を強くご希望してくださいました。  しかし症状が強いためとにかく総合病院を受診してほしいとのことでごご納得され総合病院をご受診されました。
その結果 CT上骨盤内膿瘍の状態となっているとのことで緊急入院を担当医に指示されましたが、韓国の美容外科での手術と告げたせいか担当医が非常に冷淡だったのとご家庭の事情でどうしても入院はできず、入院はしたくないとお話ししたところ「入院しなければ治療はしない」と言われたとのことで当院を受診されました。

当院での診察上 膣と肛門の間に膿瘍の存在を疑い 一刻も早く設備の整った総合病院に入院し排膿処置、抗生物質の投与治療の必要性を強くご説得させていただきましたが、とにかく入院はできないとのことで当院で抗生剤の点滴治療をお受けになられご帰宅さました。


翌日以下のご連絡をくださいました。

「こんばんは

痛み止めが切れると痛過ぎるのでやっぱり入院しようかと思います😭
子供が3人もいますので迷って振り回してしまってごめんなさい。

心身共に疲れと痛みで通い点滴心折れてしまいました。明日にでも紹介状貰えませんでしょうか…😖


すぐに通えなくなり振り回す形になり申し訳なかったです😖
大学病院には今日も含め3回通っています。造影ct、MRI、血液検査、尿検査をして、行くたびに注射で腫れてる部分に直接刺し、抜きました。
1回目12cc、2回目も12ccと、膿のような?血液のような、コラーゲンのようなものが抜けました。
注射で抜いたのと抗生物質(フラジール、アモキシシリン)を飲んで、効果出たのか、ほぼ、痛くなくなりました。
それまではロキソニンもまったく効かなくなり、ボルタレン座薬するほどの激痛だったんですが。
今日3回目診察で、まだ少し痛い部分に膣内部から注射を刺しましたが、何も抜けなかったそうです。
昨日、病院からの連絡では入院の準備できて欲しいと言われましたが、今日の血液検査の結果、炎症数値が物凄く下がっているので、経過観察になりました。
この炎症の原因の菌が分かったのですが、プレボテラという、口内の菌らしいです。産婦人科では見ない菌だという事でかなり気持ち悪いです…。
韓国の院内は綺麗でしたが、眠る前に先生はマスクしていなかったのを思い出しました。
一応報告しておきますね。

ひとまずは良くなられたとのことで安心しました。」
最近日本国内でも高額な費用で一度に何十ccも膣にヒアルロン酸をいれて何件も壊死を生じさせている医師の話題を学会で耳にしました。
また私の患者さんでも他院で何十万ものヒアルロン酸注入を勧められた方がおり 注意喚起が必要だと考え患者さんにご承諾いただき今回のメールを紹介させていただきました。

膣へのフィラーは以下の点で要注意です。

1.本記事で紹介した患者さんがお受けになられたコラーゲンは 問題が起きた時に分解酵素で分解できないので要注意です。
  肛門に近い膣に大量にいれるべきではありません。 最悪の場合 肛門膣瘻が形成されてしまい、それを治癒させるのに一時的に人工肛門が必要になる場合があります。
2.外国での治療はどんな物質をどれだけ注入したのかも不明であり かつ問題が生じたときに担当医にコンタクトがとりづらく、日本の医師も責任問題もからむからか外国での治療の合併症治療をいやがる場合が多い。
3.ヒアルロン酸でも一度に大量の注入は壊死の合併症を起こす危険性があり、 また 膣壁は静脈叢が豊富であるため静脈内に迷入したヒアルロン酸が肺まで飛び肺塞栓症を生じさせる可能性がある。


合併症を可能な限り減らすためにも 1回のヒアルロン酸は10cc程度までに止め、膣縮小のレーザーとの併用がよいと考えます。
当院ではこの方法で多くの方々が満足のいく結果を得られています。




# by shirayuribeauty | 2018-12-04 23:31 | 美容外科
肛門美的形成術 術後約半年 再診時
今日は1805年に 華岡青洲が日本初の麻酔を使った手術に成功した日になります。

また40年前の1967年 に世界初の心臓移植が南アフリカで行われました。






肛門の症例写真になりますので閲覧希望の方々のみクリック願います。
# by shirayuribeauty | 2018-12-03 23:22 | 美容外科
他医師鼻中隔延長後術後変形に対する修正術,鼻尖縮小術,鼻根縮小術,鼻孔縁挙上術,婦人科軟部組織移植術 術後3か月
本日ご紹介の患者さんは 約3年前に美容外科手術の術者として有名な形成外科専門医にて鼻中隔延長術をお受けになられるも術後早期に鼻先が落ち込み変形してしまったとのことで 数か月後に再度同医師にて鼻中隔延長術をうけるも壊死変形してしまった患者さんです。

落ち込んでしまった鼻先や変形した鼻柱や鼻孔の再建術を受けたいとのご相談でしたが、鼻の再手術は壊死のリスクが高くなるためどこをどのように処理したかわかっている前担当医の先生に執刀してもらうよう再三説得させていただきましたが、私の執刀でのご希望が強く 壊死やへこみ等のリスクも十分承知の上で手術を依頼したいとのことでご依頼を受諾しました。

ご希望の形態になるには他医師鼻中隔延長後術後変形に対する修正術,鼻尖縮小術,鼻根縮小術,鼻孔縁挙上術,婦人科軟部組織移植術が必要と判断し これらの手術を施術しました。


左:術前です      右:術後約3か月再診時です
d0092965_04024523.jpg
鼻がきれいになったことで「美人」と言われることが多くなったとのことで「満足(6/6)」と順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。

d0092965_04062863.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。



# by shirayuribeauty | 2018-12-02 00:01 | 美容外科 | Comments(0)
5人の医師に手術を断られた他院術後変形鼻修正術 : 婦人科軟部組織,肋軟骨を用いて修正, 鼻背皮切り術,鼻中隔延長術

本日ご紹介の患者さんは約10年前当院カウンセリングにこられるも当院の予約が非常に混んでいて当院で予約がとれなかったとのことで他院で鼻手術をお受けになられた患者さんです。

他院術後鼻が感染し、排膿した左鼻根部に凹んで治らないキズができ、またこの10年間でプロテーゼが徐々にうごいてきて鼻先がつぶれて上に向いてきたとのことでした。

ご希望内容としては鼻の形態修正、ならびに左鼻根部にできた排膿後の陥没キズ修正、曲がった鼻の修正でした。

いままで5人のドクターに修正手術を断られてきたとのことでした。

カウンセリングの結果、婦人科組織ならびに肋軟骨を用いて修正術を行うこととし、鼻尖縮小術(オープン法)・鼻尖部軟部組織移植(婦人科軟部組織)・他医術後鼻中隔延長術・鼻プロテーゼ入れ替え・他院術後排膿後鼻根陥没創修正,鼻背皮切り術 をお受けになられました。

上段:術前です
下段:術後約1か月再診時です

d0092965_03155593.jpg
d0092965_03221546.jpg
陥没していた鼻先は無事再建でき、鼻の傾きも直すことができました。 また左鼻根部の排膿後に陥没したキズも無事治すことができました。
まだ腫れている時期ですが今後どんどん良くなっていくことでしょう。

ご感想は「今まで5人の医師に修正手術を断られてきたけどここ(しらゆりビューティークリニック)に来てよかったです。」と言ってくださり「大満足(6/6)」と順調な経過です。


10年前にせっかくカウンセリングをうけていただいていたのにお役に立てず申し訳ありませんでした。
10年を経て再度お会いでき、今回はお役にたてたことに感無量の思いです。

またの御来院をお待ちしております。


肋軟骨を用いた鼻中隔延長術のリスク
1.皮膚トラブル (特に 鼻先や鼻柱の部分) ,壊死の可能性
2.全身麻酔に関するトラブル (気道トラブル や 肺塞栓症)
3.気胸  等




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_03253299.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。



# by shirayuribeauty | 2018-12-01 00:04 | 美容外科
両側小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術
本日ご紹介の患者さんは 婦人科部分の形態を整えたいとのご希望にて両側小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術をお受けになられて患者さんです。





ご感想は「不快感がなくなり大変良かったです。」とのことで「大満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。



# by shirayuribeauty | 2018-11-30 23:27 | 美容外科
婦人科脱色治療施術開始後三か月
本日ご紹介の患者さんは婦人科脱色治療をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:施術開始後三か月再診時です
d0092965_05063921.jpg

ご感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。
またの御来院をお待ちしております。

当院の脱色治療はクリーム療法やレーザーを併用した3か月間の集中治療法をとっています。

脱色治療のリスク)
・クリーム治療法は皮むけや赤みが生じる場合があります。
・レーザー脱色は色むらが生じたり白斑が生じたりする可能性があります。




# by shirayuribeauty | 2018-11-29 23:03 | 美容外科
原告B医師 第7準備書面、第8準備書面、第9準備書面 上申書、閲覧制限の申し立て
以前のB医師裁判の公判日の際に裁判官から以下の条件で和解を勧められました。

和解案
「原告(B医師)は自身のブログ記事に関していままで互いに誤解を招く原因となった(私との別人の)伊藤姓に関する記事を消し今後は被告に関連することは掲載しない。被告(当方)は原告との紛争に関する記事を消し 今後も掲載しない。」

「上記和解案はいかがですか?」と裁判官がB医師に提案したところB医師は「それは飲めません。 今はインターネットやSNS等であっという間に情報は広がりいままでの私に関する情報もどこかのだれかがコピーし保存しているでしょうから被告のブログからそれが消されてもインターネット空間上から一切を消し去ることは無理なので私が反論できる余地は確保しておきたいです。」という内容をおっしゃっていました。

私もB医師の案に賛成です。 私自身も事実無根の誹謗中傷を多数さも事実かのように匿名掲示板に書かれておりましたが「有名税みたいなもの」だからと考え気にせず業務に邁進しておりました。しかしB医師のように匿名掲示板に書かれていることを裁判上の証拠として提出してくる方がでてきた以上、やはり事実関係をはっきりさせておかないと匿名掲示板に書かれていることをB医師のように信じてしまう方が以降も出現してきてしまう可能性があるため今回の裁判の公的記録を証拠としてきちんと開示し皆様に誤解がないようにしたいと思います。


お互いの言い分を公開するのが公平だと考えるため今回は期日最終日の開廷時刻までに提出された原告B医師 第7準備書面、第8準備書面、第9準備書面を供覧します。最終日当日開始時刻数時間前にFAXで送られてきた第9準備書面に対しては短時間で簡単にまとめた反論文を当日の裁判所に持参しましたが、第7、第8準備書面に対しての反論の必要性の有無が不明でした。 これ以上当方は反論する必要がないとの説明を裁判官からうけ詳細な反論は記載していません。 

また、争点となっている当ブログ記事にでてくる患者さん氏名に関しては、患者さんの個人情報の秘匿のため当方は一貫して本裁判にて明かしていませんが、B医師が主張し裁判書類にB医師が書いてきた患者さん氏名は今回B医師が閲覧制限の申し立てをしてくださったのでB医師クリニックの患者氏名も無事部外にでる可能性はなくなりました。

最終日には 当方がB医師に求釈明で求めたことに対する対応としてか、 事件番号はあかせず、中身の閲覧はさせれないという各所を覆い隠した付箋だらけの
某伊藤氏を被告とした判決文と称する冊子と 外国でご取得されたという学位記をご持参くださいましたが 残念ながらどちらも当方にはみせてくださらず、裁判官にのみ提示なさろうとなさっていましたが、裁判官は「見る必要ありません。」と手に取られることもなく裁判は終結となりました。

 判決は12月になります。


いままでの書面を読み返すと原告、被告ともに膨大な書面を作成しています。 これらの労力を医学の研究や研鑽に使えていたら・・・ と忸怩たるものがあります。
医学論文は世界に普遍性をもって科学や医学の進歩に寄与し得る可能性がありますが、多くのケースにおいて裁判書面は当事者間と裁判官のみで共有され消耗され、仮に社会に公開されてもdomesticな情報・・・という思いがあります。 

今回 この紛争を通して自分の体験したことが社会の進歩にすこしでも役立つことがあればこの膨大な書面を公開した意義があったと思います。



以下 原告B医師 第7準備書面、第8準備書面、上申書、閲覧制限の申し立て、第9準備書面、 第9準備書面に対する当方の準備書面 になります。


d0092965_04165196.jpg

d0092965_04170517.jpg
d0092965_04171379.jpg
d0092965_04172239.jpg
d0092965_04173145.jpg
d0092965_04174248.jpg
d0092965_04175406.jpg
d0092965_04180513.jpg
d0092965_04182738.jpg

d0092965_04184150.jpg
d0092965_04190648.jpg
d0092965_04192458.jpg
d0092965_04193591.jpg
d0092965_04195509.jpg
d0092965_04200826.jpg
d0092965_04203815.jpg
d0092965_03562587.jpg
d0092965_03564360.jpg

d0092965_03570302.jpg
d0092965_03573480.jpg
d0092965_03582411.jpg
d0092965_03584662.jpg
d0092965_03590013.jpg
d0092965_03592415.jpg
d0092965_04044387.jpg
d0092965_04051313.jpg



d0092965_04072844.jpg



追記:
まあ よくここまで争点と関係ない物事を一方的な思い込みで悪意をもった判断で断定的に書けるなぁ と絶句してしまいそうになります。
いろんなことを勝手にここまで思い込みなされている方がいる以上、誤解を解くべくきちんと各々丁寧に反論文を書いて差し上げたかったですが本裁判においてはFAX受信が法廷出頭時刻の数時間前ということで時間切れで簡潔に以下の反論文のみしか記載できませんでした。 裁判結果がでた結果、 116分の2の訴訟費用負担の判断が示されました。 こちらに反論や証拠検証する時間的余裕を与えず、原告の主張しっぱなし態度や求釈明にきちんと正面から回答していただけていない等 納得いかない点が多々ありますのです高裁に持越しになりそうです。

d0092965_04215945.jpg
d0092965_04225593.jpg


# by shirayuribeauty | 2018-11-27 00:15 | 美容外科
原告 B医師 第6準備書面に対する 当方の 準備書面
今日は1941年にアメリカのハル国務長官が日露戦争以降に東ア ジアで築かれた日本の権益と領土、軍事同盟の全てを直ちに放棄することを求めるハル・ノートを提示した日になります。


77years ago from today, November 26th 1941, The Secretary of State at the time, Cordell Hull, laid out The Outline of proposed Basis for Agreement Between The United States and Japan, or so called "Hull note" against Japan. This outline
requested Japan to abandon all of their territorial possession and interests in East Asia which they had obtained since The Russo-Japanese War and renounce all military alliance immediately. The Prime Minister of Japan Hideki Tojo recognized it and said to his cabinet that it was the ultimatum from U.S.




以前のB医師裁判の公判日の際に裁判官から以下の条件で和解を勧められました。

和解案
「原告(B医師)は自身のブログ記事に関していままで互いに誤解を招く原因となった(私との別人の)伊藤姓に関する記事を消し今後は被告に関連することは掲載しない。被告(当方)は原告との紛争に関する記事を消し 今後も掲載しない。」

「上記和解案はいかがですか?」と裁判官がB医師に提案したところB医師は「それは飲めません。 今はインターネットやSNS等であっという間に情報は広がりいままでの私に関する情報もどこかのだれかがコピーし保存しているでしょうから被告のブログからそれが消されてもインターネット空間上から一切を消し去ることは無理なので私が反論できる余地は確保しておきたいです。」という内容をおっしゃっていました。

私もB医師の案に賛成です。 私自身も事実無根の誹謗中傷を多数さも事実かのように匿名掲示板に書かれておりましたが「有名税みたいなもの」だからと考え気にせず業務に邁進しておりました。しかしB医師のように匿名掲示板に書かれていることを裁判上の証拠として提出してくる方がでてきた以上、やはり事実関係をはっきりさせておかないと匿名掲示板に書かれていることをB医師のように信じてしまう方が以降も出現してきてしまう可能性があるため今回の裁判の公的記録を証拠としてきちんと開示し皆様に誤解がないようにしたいと思います。


お互いの言い分を公開するのが公平だと考えるため今回は原告B医師の 第6準備書面 に対する 当方の反論となる準備書面を供覧します。
d0092965_04030331.jpg
d0092965_04031632.jpg
d0092965_04033961.jpg
d0092965_04035622.jpg
d0092965_04040683.jpg
d0092965_04041681.jpg
d0092965_04042885.jpg
d0092965_04043955.jpg
d0092965_04044789.jpg
d0092965_04045848.jpg
d0092965_04050862.jpg





# by shirayuribeauty | 2018-11-26 00:00 | 美容外科