人気ブログランキング |
<   2012年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧
乳頭縮小術 (ITO法)
本日ご紹介の患者さんは「乳頭の形を整えたい。 全体がカリフラワーみたいにボツボツしているのが気になる。 」

by shirayuribeauty | 2012-03-13 23:10 | 美容外科
上口唇縮小 : 博士先生
今日は1974年 に小野田寛郎(おのだ ひろお)氏がフィリピン・ルバング島から30年ぶりに日本に帰還した日になります。

大東亜戦争終戦の1945年8月を過ぎても任務解除の命令が届かなかった為、部下(赤津一等兵:1949年投降、島田庄一伍長:1954年5月7日戦死、小塚金七上等兵:1972年10月19日戦死)と共に戦闘を継続しました。最後の2年間は一人で戦っていました。
小野田氏は持久戦法をたてて米軍に挑み、島内にあったアメリカ軍レーダー基地への襲撃や狙撃、撹乱攻撃を繰り返し、友軍来援に備えて合計百数十回もの戦闘を展開しました。
1974年に一連の捜索活動の結果発見され、3月9日にかつての上司である谷口義美元少佐から任務解除命令が下り、小野田氏にとっての戦争は終わりました。翌3月10日にかけ、小野田氏は谷口元少佐にフィリピンの最新レーダー基地等の報告を行っています。小野田氏はフィリピン軍基地に着くとフィリピン軍司令官に軍刀を渡し、降伏意思を示しました。この時、小野田氏は処刑される覚悟だったと言われています。

小野田氏は日本に帰国後は大きく変わった日本社会に馴染めず、帰国の半年後に次兄の居るブラジルに移住して小野田牧場を経営を開始しました。帰国後結婚した妻の町枝氏と共に移住し、10年を経て牧場経営を成功させました。その後、凶悪な少年犯罪が多発する現代日本社会に心を痛めたとして『祖国のため健全な日本人を育成したい』と、サバイバル塾小野田自然塾を主宰されています。自らの密林での経験を元に逞しい日本人を育成するとして、講演会や野営等を行い、高齢ながらも日本とブラジルを往復し続けています。


本日ご紹介の患者さんは上口唇の短縮をご希望され上口唇の縮小を博士先生の執刀にてお受けになられた患者さんです。

ご希望としてはキューピッドボウ(上口唇の真ん中部分の膨らみ)はそのままで上口唇を薄くしたいとのことでした。

上段:術前です。
下段:術後約5か月後再診時です。
d0092965_0594272.jpg

順調な経過です。

またの再診をお待ちしております。
by shirayuribeauty | 2012-03-12 00:54 | 美容外科
鼻根縮小術、鼻尖縮小術、わし鼻修正術
今日は1942年にフィリピンのコレヒドールに司令部を置いていたダグラス・マッカーサー将軍が日本軍の攻撃に耐え切れずオーストラリアへと逃れた日となります。
1945年 にはフランス領インドシナがフランスから独立しベトナム帝国を成立させた日になります。


また2011年には日本の三陸沖を震源地として、国内観測史上最大となるマグニチュード (Mw)9.0を記録する東北地方太平洋沖地震が発生し東日本大震災として死者15,854人行方不明者3,155人の被害が生じました。
災害の被害にあわれた方々へ心から哀悼の意を表します

東日本大震災のあの日 当日はたまたま某大学病院の診療室におり、某大学病院内も大混乱に陥り当日は外来は閉鎖、予定手術は中止となりました。クリニックに電話をしても通じないないため徒歩でクリニックに向かったところ東京都内中が大混乱に陥っていました。
交通機関は麻痺しクリニック内は物品が散乱し 診療どころではないし実際患者さんも新たにはいらっしゃらないだろうと思っていたら地方の方がカウンセリング前に東銀座で買い物をしていたから歩いてきたという方とか、カウンセリングをうけるためにバイクでやってきましたとかいう方がいらして度胆をぬかれました。

私も予備自衛官としての呼び出しに備えていましたが東日本の予備自衛官はこのような状態下の日本に某国が攻めてきたときの最後の砦の要員の一員として温存され災害地への救援部隊としての出動命令がでなかったのは無念でした。


本日ご紹介の患者さんは鼻根縮小術、鼻尖縮小術、わし鼻修正術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約9か月再診時です。
d0092965_128134.jpg

順調な経過です。 またの再診をお待ちしております。
by shirayuribeauty | 2012-03-11 00:40 | 美容外科
他院 陥没乳頭、乳頭縮小術 術後 修正
今日は1905年に日露戦争の奉天会戦で日本軍が勝利した日です。それを記念して陸軍記念日が制定されました。 

1945年 のこの陸軍記念日に 東京大空襲 が米国によりなされました。8万人以上(10万人ともいわれる)が犠牲になり、焼失家屋は約27万8千戸に及び、東京の3分の1以上の面積(40平方キロメートル)が焼失しました。
爆撃の方法も日本家屋を焼き国土を焦土とするため焼夷弾(しょういだん)を用い左右を先に爆撃して炎の壁をつくり、その間に避難して炎に挟まれた群集を、後続の爆撃機でその炎の壁の間を爆撃して焼き殺すという戦法が採用されました。この東京大空襲で余った焼夷弾を落としていった空襲が平空襲(たいらくうしゅう)(福島県いわき市平)となります。 この平空襲では材木町、鍛治町、研町、紺屋町、梅本一帯が焼かれ死者12名、家屋500戸以上が炎上という被害がでました。

この一連の民間人無差別大量虐殺の立案、指揮をしたのが第21爆撃集団司令官カーチス・エマーソン・ルメイいわゆる鬼畜ルメイとなります。
大東亜戦争終戦後ルメイは戦略爆撃に精通し、また日本の防空体制の弱点(夜間防衛)を把握していたため日本の航空自衛隊創設に関与。1964年その功績により、日本政府より1964年勲一等旭日大綬章を授与されています。

第21爆撃集団司令官の前任者ヘイウッド・ハンセルが軍事施設にポイントをなるべく絞って精密爆撃を行っていたのに対し後任のルメイは無差別大量虐殺日本焦土作戦を行ったのにもかかわらずルメイに対し勲一等旭日大綬章を授与した当時の日本政府の判断に首を傾げざるをおえません。
国辱的行為だと思います。


また今日は1959年3月10日にチベット民族蜂起の日になります。 






本日ご紹介の患者さんは他院にて乳房専門をうたい文句にしているというクリニックにて陥没乳頭修正術をお受けになられるも陥没乳頭が半年以内に再発してしまったということでした。 その後大きさが気になるので他院でLewis法による縮小手術をうけた結果、高さはないが形がいびつなのが気になるとのことでした。

今回修正目的にご相談にこられ陥没乳頭修正術、乳頭形成術を行うこととしました。


上段:術前です。
下段:術後4か月再診時です。
d0092965_1515968.jpg

形も整い陥没乳頭も治癒し順調な経過です。

本日その後の再診日でしたが御来院されませんでした。 
便りがないのはよい便りと信じたいですが定期的な健診は重要です。
またの御再診をお待ちしております。
by shirayuribeauty | 2012-03-10 23:43 | 美容外科
目の下の弛みとり (眼窩下脂肪移動術)
本日ご紹介の患者さんは目の下のたるみが気になるとのことでご相談にこられました。

診察の結果眼窩下脂肪がややでていましたので眼窩下脂肪移動術(別名 裏ハムラ術)を行いました。


上段:術前です。
下段:術後約3年再診時です。
d0092965_2333364.jpg

術後約3年ぶりの再診でしたが弛みの再発もなく順調な経過です。


またの御来院をお待ちしております。
by shirayuribeauty | 2012-03-08 23:31 | 美容外科
ロアーリフト 、 ミラクルリフト
本日ご紹介の患者さんは既往として他院にてエラ削り、当院にて頬骨再構築法をお受けになられた既往があります。

今回 エラ周りの弛みが気になるとのことでロアーリフト、ミッドフェイス部分の引き上げ目的にミラクルリフトの手術をお受けになられました。

上段:術前です。
下段:術後3週間再診時です。
d0092965_2027897.jpg

写真でははっきりしませんが左目の下の膨らみが気になるとのことです。
腫れによるものと考えられるので経時的に改善していくと思います。
またの再診をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_20302435.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
by shirayuribeauty | 2012-03-07 20:23 | 美容外科
わし鼻修正術、鼻根縮小術、ほくろ除去
本日ご紹介の患者さんは既往として鼻を3回他院で手術されています。


鷲鼻で相談にいったら1件目のクリニックではノーズアップ手術を勧められ手術をうけたとのことでした。
2件目のクリニックでは2回 ただ削っただけとのことでした。 そのクリニックの1回目の手術で変化がなかったのでもう一度 やってもらう予定ででしたが当日急に違う先生にやってもらったとのことでした。

それでも変化がなかったので再手術を願うと「もう鼻はやらないほうがよい」 といわれたとのことでした。

当院での初診時の所見としては鼻骨および鼻背の隆起を認めました。

改善方法としてこの患者さんの鷲鼻具合だと鷲鼻修正術のみだと鼻根の鼻背部分が台形になり美的によくないため鷲鼻修正術 +鼻根縮小を提案しました。
同時に左鼻横のホクロ取りをご希望されたため炭酸ガスレーザーで除去しました。

上段:術前です。
下段:術後約3か月再診時です。
d0092965_1481731.jpg

(写真はクリニックすると拡大します)

リスクとしては鼻血がでることおよび オープン法で行うため鼻柱にキズができます。
上段:術前です。
下段:術後約3か月再診時です。
d0092965_1493620.jpg


ほくろもなくなり鼻柱の傷も目立たずわし鼻も解消し順調な経過ですといいたいところですが患者さんのご感想としては「不満(1/5)」ということでした。

「自分が想像していたよりかなり(鼻根が)細くなり鼻先の上から鼻先がぼてっとして見えて不自然に見えます。横や斜めから見るとそこが丸くて嫌です。」 とのことでした。


まだ見慣れないのもあると思います。 術後半年は様子を見ましょう。
また今後どうしても鼻先が気になり鼻尖縮小等の手術をお受けになられるにしても5回目の手術になり鼻先の皮膚の壊死のリスク等高くなると予想されますので熟慮願います。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_1592099.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
by shirayuribeauty | 2012-03-06 23:31 | 美容外科
目頭切開修正術:ミニZ形成  (脇山先生)
本日ご紹介の患者さんは目頭切開修正術(ミニZ形成) を脇山先生執刀にてお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約7か月再診時です。
d0092965_2372645.jpg

ご感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。


先日脇山先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_2393860.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
by shirayuribeauty | 2012-03-05 23:00 | 美容外科
鼻孔縁延長術 (鼻孔縁下降術) 、鼻尖部軟骨移植術  ( 下がりすぎとのクレームに対しての修正)
本日ご紹介の患者さんは既往として他院にてL型プロテーゼをいれたり鼻尖縮小をお受けになられ鼻がゆがんで鼻の穴が丸見えになってしまったとのことで、某院にて修正手術を2回うけたが全然よくならなかったとのことでした。

今回「今までの手術のせいで鼻の穴の形が左右非対称、正面から丸見えなのを改善したいです。 2011年1月28日のブログの方のように下げてほしい。」とのご相談にてカウンセリングをお受けになられました。

診察上、総計5回の鼻手術のせいか皮膚は皮下組織と完全に癒着しており可動性はほぼゼロ、ガチガチの状態でした。 鼻先がさがったところを指で押してシュミレーションしようにも全く動かない状態でした。


このような状態で手術を行うと皮膚が伸びず手術の効果がだせない可能性があるばかりか皮膚壊死等のリスクが高い旨をお話しし万が一の場合のことを考え通院が容易な地元のクリニックでの施術を強くお勧めしましたが、当院で手術をお受けになることを非常に強くご希望されたため施術のご依頼をお引き受けすることとしました。


カウンセリングの結果改善方法として 鼻中隔延長術、鼻孔縁延長術か 鼻孔縁延長術、鼻尖軟骨移植術のどちらかがよいでしょうとの旨をお話させていただいたところリスク等総合的にご判断され鼻孔縁延長術、鼻尖軟骨移植術をお受けになられました。

上段:術前です。
下段:術後約1週間再診時です。
d0092965_236344.jpg
かなり困難と予想された鼻先や鼻孔縁の下降も無事達成されており順調な経過です。 と思いましたがその次の再診の時に「先生、下がりすぎで悩んで悩んで人前に出られません」と言われてしまいました。

よってキズが落ち着くまで半年間待っていただき修正手術(下がりすぎの改善手術)を行いました。

上段:初回術前です。
下段:初回術後より約9か月後、修正手術約1か月後です。
d0092965_0595592.jpg

ご感想は「まあ満足(4/5)」と順調な経過です。


鼻先を下げる、鼻孔を隠す ご依頼は多いですが 当院での手術の結果「下がりすぎです。」 「鼻の穴を隠し過ぎです。」という術後のお悩みが生じてしまう患者さんが一定数いらっしゃるのも事実です。

適度の下げ具合、隠し具合というのは個々人の希望によって異なりますのでなるべく意向に沿うように努力いたしますが 術後にご不満がある場合はご遠慮なさらずご相談くだされば幸いです。
by shirayuribeauty | 2012-03-04 00:37 | 美容外科
上下口唇縮小術  : 脇山先生
今日は日本耳鼻咽喉科学会が1956年に制定した「耳の日」の日です。1948年に松江聾学校長だった今西孝雄先生が最初に発案したといわれています。

今日は電話機を発明したアレクサンダー・グラハム・ベルの誕生日でもありまさに「耳」の日と言えるかもしれません



本日ご紹介の患者さんは上下口唇縮小術を脇山先生の執刀にてお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約2か月再診時です。
d0092965_140011.jpg

「希望通りの手術、結果が得られて満足しています。」とのご感想で「満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。



先日脇山先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_143255.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
by shirayuribeauty | 2012-03-03 23:37 | 美容外科