人気ブログランキング |
<   2008年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
そばかす:雀卵斑 (Ephelides じゃくらんはん) に対する光治療
今日は1943年に大東亜戦争にて明治神宮外苑競技場にて出陣学徒壮行会が日になります。


本日ご紹介の患者さんはそばかす:雀卵斑 (Ephelides じゃくらんはん)に対して光治療をお受けになられた患者さんです。 

上段:術前です。
下段:1回照射後1か月後再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
そばかす:雀卵斑 (Ephelides じゃくらんはん) に対する光治療_d0092965_23215814.jpg

再診時の写真はフラッシュの反射が施術前の写真と比較し強くでてしまっているので正確な比較はできませんが実際肉眼でみても明らかに改善しています。
1回の照射では完全な効果は得られませんが(1回の照射で効果を得ようと光強度を強くすると火傷のおそれがあるため)肌質をみつつ序々に適切な強度まで照射光を調節行っていけば5~6回でほぼそばかす:雀卵斑 (Ephelides じゃくらんはん)はほぼ消失し美肌になられるでしょう。

先日お心遣いをいただきました。
そばかす:雀卵斑 (Ephelides じゃくらんはん) に対する光治療_d0092965_23334586.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。


メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
95.健康は、一般的にも経済の原理と同様にみなされるようになりました。
William・J・Mayo
95.この国では、教育によって安全な民主主義の理想が正しく形成されてきました。
by shirayuribeauty | 2008-10-21 23:21 | 美容外科
顎形成(ヒアルロン酸)
今日は大東亜戦争終戦4年後の1949年 に日本戦歿学生手記編集委員会が戦没学生の手記を集めた「きけわだつみのこえ」を刊行した日になります。


本日ご紹介の患者さんは顎形成(ヒアルロン酸)をお受けになられた患者さんです。

左:術前です。         右:術後です。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
顎形成(ヒアルロン酸)_d0092965_22564679.jpg

よりお美しくなられました。 

先日お心遣いをいただきました。
顎形成(ヒアルロン酸)_d0092965_2330522.jpg

ご出身地である香港の銘菓とのことで戴きました。
おいしかったです。 ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。


最近「すごくお忙しそうですね。 お体にお気を付けください」と気を遣ってくださる方々が多く恐縮です。


こころよく
我にはたらく仕事あれ
それを仕遂げて死なむと思ふ   (石川啄木)

  
幸せなことです。 深謝します。
by shirayuribeauty | 2008-10-20 23:28 | 美容外科
頬骨再構築法、ロアーリフト、頬、顎脂肪吸引
本日ご紹介の患者さんは既往として2年前に他院にて頬骨、顎骨の骨削りをされたことがある方です。
今回は顔を小さくしたいとのご希望にて頬骨再構築法、ロアーリフト、頬、顎脂肪吸引術をお受けになられました。

上段:術前です。
下段:術後三カ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
頬骨再構築法、ロアーリフト、頬、顎脂肪吸引_d0092965_23161295.jpg

まだ口がやや開けにくいとのことです。 どんどん開口訓練をしていきましょう。
先日お勧めした開口訓練器(2100円)は廉価ながら効果抜群なのでぜひ使ってください。

完成まで骨系、リフト系、脂肪吸引系は術後半年はかかります。
もっと小顔になるのでじっくり待ちましょう。

先日お心遣いをいただきました。
頬骨再構築法、ロアーリフト、頬、顎脂肪吸引_d0092965_23265036.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
by shirayuribeauty | 2008-10-19 23:16 | 美容外科
顎骨骨切り術
今日は1944年のレイテ沖海戦にて捷一号(しょういちごう)作戦が発動された日になります。

日本海軍はこの海戦を最後に、組織的抵抗能力をほぼ失いました。 また、この海戦で神風特別攻撃隊が公的に初めて出撃したとされています。

顎骨骨切り術
本日ご紹介の患者さんは顎骨骨切り術をお受けになられた患者さんです。

今日は顎先を小顔化する顎先短縮手術についてです

顎先を短縮する方法としては
1.顎先きり落としまたは削り法
2.顎先中抜き法
があります。

きちんとした処理を行えば1でも2でも結果は変わりません。

1の長所は切除ラインが神経より2の方法と比較してより遠位になり安全な点およびオトガイ舌筋およびオトガイ舌骨筋の起始部を2の方法と比較して破壊する危険性が少ないため術後の舌根沈下のリスクが低くなる点です。
短所はただ切り落としだけを行うと顎先が広くなり顎先の細さが失われてしまう点です。よって側方の処理が重要になります。

2の長所は顎先の細さが保たれる点です。
短所は中抜きをした後の段差の処理が必要な点および骨切ラインが神経に近づくため1の方法に比べて危険な点、およびオトガイ舌筋およびオトガイ舌骨筋の起始部を破壊する可能性があり術後舌根沈下の危険性がある点です。 また顎先の骨の固定のためプレート等が必要となります。


今回ご紹介の患者さんは1の方法で顎先短縮を御希望されました。


上段:術前です。
下段:術後6ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
顎骨骨切り術  _d0092965_23503582.jpg

顎が小さくなったのは最高!とのことですが左の顎のラインをよりスムーズにしたい、まだ口の中の切ったところに違和感を感じたり、顎にわずかな痺れがおありとのことです。
違和感やしびれはまだ改善していくと思われます。
by shirayuribeauty | 2008-10-18 21:23 | 美容外科
頬骨再構築法
本日ご紹介の患者さんは頬骨再構築法をお受けになられた患者さんです。

頬骨の張りを減少させる方法として大きくわけて3種類あります。

1.頬骨を削る方法・・・・・ まさに頬骨削りの文字通りの方法です。 特殊な電動機械を用いて頬骨を削りますが削り幅はあまりたいしたことはなく頬骨のでっぱりが強めの人には適しません。 もちろん時間をかけて削れば削り幅を増やすことは不可能ではないですがモーターが焼け付く可能性があるため削り幅に限度があります。

2.頬骨弓を切り落とす方法・・・・ 多くの形成外科医が行う頬骨弓に対する術式です。口腔内と耳前部よりアプローチし頬骨弓を切り落とす方法です。 リスクとしては他院でこの術式でされて顎関節が破壊され開口障害が生じて困っている方や段差でお悩みの方、変化が感じられない方等のご相談をうけたことがあります。

3.頬骨弓の形態そのものを再構築する方法・・・・ ライフクリニックの勝間田先生が昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて研究開発された手術法で頬骨を細分化して再配列、再構築する方法です。 
他の方法で効果がなかった多くの患者さんがこの方法を求めて勝間田先生のところへいらっしゃっています。

上段:術前です。
下段:術後3ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
頬骨再構築法  _d0092965_23452964.jpg

順調な経過です。 輪郭手術の完成は約半年後になります。


私の行う頬骨再構築法のデメリット
1.効果がありすぎて希望よりも凹んだ状態に感じる場合がまれにあります。 その際は脂肪移植等のメンテナンスが必要になります。
2. 顔面神経側頭枝麻痺(おでこに皺を作ることができなくなる)の可能性があります。
  現在半永久的に麻痺が残った方はいませんが改善まで最長8ヶ月を要した方がいらっしゃいます。
by shirayuribeauty | 2008-10-17 23:40 | 美容外科
鼻孔縁下降(延長)術、
今日は1998年 に埼玉医科大学が性同一性障害の方に対する性別適合手術(女性から男性へ:FTM)を大学病院にて日本で初めて実施した日になります。

本日ご紹介の患者さんは鼻孔縁下降(延長)術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約2週間再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
鼻孔縁下降(延長)術、_d0092965_144021.jpg

左右差がよりなくなり満足です。とのことで順調な経過です。
by shirayuribeauty | 2008-10-16 01:45 | 美容外科
他院鼻プロテーゼ入替術
先日海上自衛隊で格闘訓練中の男性が死亡したとのニュースを耳にしました。

ある女性医師のコメンテーターが「急性硬膜下血腫になるには相当な衝撃が必要です。なぜそんなひどい衝撃が加わるほどの力で殴ったのでしょうか?」とコメントしていましたがパンチがあたって後頭部を打って急性硬膜下血腫になったとの情報からは一概に強い力でなぐったとは言えないと思います。

軽く顎先を引っかけるだけのパンチでも頚椎を軸に顎先からのモーメント作用で脳震盪を起こします。 頬骨やエラに打ち込まれるパンチはそれなりに重くても耐えることができでも顎先をひっかけるような軽いパンチにいとも簡単にやられてしまうことは格技をやっている者なら体感事項です。脳震盪を起こして立位を保てなくなり転倒して頭部を床にしたたかに打ちつければ急性硬膜下血腫を引き起こすでしょう。

本当にシゴキでやったのか偶発的な事故なのか第三者の私にはわかりませんがその医師がもっともらしくいかにも海上自衛隊のシゴキのごとくコメントしているのが不快でした。

詳細の事情がわからないことにはコメントしようがない。 これが事実だと思います。
特に自身の専門領域に関してはマスコミにおけるその発言は社会的責任を負いますので深慮を経た発言をしなければならないと思います。

最近とみに他院の手術結果についてメール等でご相談をうけますが「コメントがしようがない」の現実です。

結果論だけで判断することはしてはいけないと思います。 それぞれの医師、患者さんの間でのやりとりがありそれに対しメールで結果だけを見聞きしそれに対して安易に容喙(ようかい)することは職責上できません。 ご理解ください。


本日ご紹介の患者さんは他院にて留置した鼻プロテーゼが右に変位しているのでそれを直してより太く高くしたいとのご希望にて入替術をお受けになられた患者さんです。

写真:術前です。 (写真は患者さんのSBM承諾を得て供覧してます)
他院鼻プロテーゼ入替術_d0092965_232073.jpg

プロテーゼの変位を防止するために中心位に固定糸を留置して術後約5日程度で抜糸予定でしたが術後2週間以上も経ているのに再診にいらしておりません。
電話連絡もつかず事故にあわれたのか他院で抜糸されたのか否かも定かでありません。
どうかご無事でいらっしゃいますように。 再診お待ちしております。
by shirayuribeauty | 2008-10-15 01:56 | 美容外科
頬骨再構築法、頬顎下脂肪吸引
本日ご紹介の患者さんは頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)をお受けになられた患者さんです。

頬骨アーチリダクション、頬骨弓リダクションは無理に日本語に訳すと頬骨弓減幅術または頬骨弓減高術とでもいいましょうか。
内容は頬骨(きょうこつ)の張りを減少させる手術となります。

この頬骨の張りを減少させる方法として大きくわけて3種類あります。

1.頬骨を削る方法・・・・・ まさに頬骨削りの文字通りの方法です。 特殊な電動機械を用いて頬骨を削りますが削り幅はあまりたいしたことはなく頬骨のでっぱりが強めの人には適しません。 もちろん時間をかけて削れば削り幅を増やすことは不可能ではないですがモーターが焼け付く可能性があるため削り幅に限度があります。

2.頬骨弓を切り落とす方法・・・・ 多くの形成外科医が行う頬骨弓に対する術式です。口腔内と耳前部よりアプローチし頬骨弓を切り落とす方法です。 リスクとしては他院でこの術式でされて顎関節が破壊され開口障害が生じて困っている方や段差でお悩みの方、変化が感じられない方等のご相談をうけたことがあります。

3.頬骨弓の形態そのものを再構築する方法・・・・ ライフクリニックの勝間田先生が昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて研究開発された手術法で頬骨を細分化して再配列、再構築する方法です。 
他の方法で効果がなかった多くの患者さんがこの方法を求めて勝間田先生のところへいらっしゃっています。


今回ご紹介の患者さんは3.の頬骨弓の形態そのものを再構築する方法にて頬骨の手術を行い、同時に頬および顎下の脂肪吸引を行っています。
上段:術前です。
下段:術後3ヵ月後再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
頬骨再構築法、頬顎下脂肪吸引_d0092965_2330498.jpg


順調な経過です。

輪郭や脂肪吸引の手術は完成まで約半年を要します。


私の行う頬骨再構築法のデメリット
1.効果がありすぎて希望よりも凹んだ状態に感じる場合がまれにあります。 その際は脂肪移植等のメンテナンスが必要になるかも知れません。
2. 顔面神経側頭枝麻痺(おでこに皺を作ることができなくなる)の可能性があります。
  現在半永久的に麻痺が残った方はいませんが改善まで最長8ヶ月を要した方がいらっしゃいます。
by shirayuribeauty | 2008-10-14 01:45 | 美容外科
顎骨骨切り術
本日ご紹介の患者さんは顎骨骨切り術をお受けになられた患者さんです。
ご希望としては顎を短くして丸顔ぽい印象にしたいとのことでした。

上段:術前です。
下段:術後2カ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
顎骨骨切り術_d0092965_1395748.jpg

順調な経過です。
輪郭手術の完成は術後半年を要します。 
by shirayuribeauty | 2008-10-13 01:38 | 美容外科
両目たるみ取り、上眼瞼脂肪摘出術(若先生)
本日ご紹介の患者さんは両目たるみ取り、上眼瞼脂肪摘出術(若先生)をお受けになられた患者さんです。
既往としては他院にて埋没二重形成術をお受けになられたことがあり今回は右の二重のラインを左に合わせて皮膚切除および上眼瞼脂肪摘出をご希望されかつまつ毛を外反気味(外側にそりかえるように)とのご希望で手術をお受けになられました。
上段:術前です。
中段:術後一週間再診時です。
下段:術後一か月再診時です。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
両目たるみ取り、上眼瞼脂肪摘出術(若先生)_d0092965_239257.jpg

腫れはまだまだあります。もう少し様子をみていきましょう。
順調な経過と思われます。
by shirayuribeauty | 2008-10-12 23:09 | 美容外科