人気ブログランキング |
<   2008年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
前額部リフト、 エンドタインリフト(ミッドフェイスB)
本日ご紹介の患者さんは前額部リフト及びエンドタインリフト(ミッドフェイスB)をお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後約半月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_23522362.jpg

エンドタインはある一定の「面」で引き上げるため、「線」で引き上げるアプトスやハッピーリフトやシルエットリフト等より軟部結合組織の把持の安定性が高いため通常のリフト目的のみならず骨膜下リフト等にも用いることができます。 
以前参加したStanford大学のセミナーにおいて米国ではpopularであることを知り、米国人医師と共に様々な種類のエンドタインをcadaverに施術させていただきました。  長所としては前述したように組織の把持力に優れている点と約1年で分解吸収され異物として残らない点ですが欠点としては皮下に異物感を感じやすいかも知れない点、及び除去希望のときにはやや手術が煩雑になる点です。 今後日本でも一般的になっていくかもしれません。

今回は目の下の若返りにエンドタインのミッドフェイスBを用いましたがミッドフェイスBのみではほうれい線までパーフェクトに改善するのは難しく、患者さんのご希望によってはエンドタインミッドフェイスSTやシルエットリフトもしくはアンカレッジ等を組み合わせたほうが良いかもしれません。

前額部リフトもエンドタインミッドフェイスBも順調な経過です。

先日若先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_23523444.jpg

ありがとうございます。 どうか御気をつかわないでください。

エンドタインを用いたトレーニングセミナーのことを思い出して思うことですが米国には新たな知識や技術を得る機会が日本より明らかに多くその点は正直うらやましく思います。
また一般的な傾向として知識を人々に広く伝えていこうという態度は見習うべき点だと思います。
たとえば最近私が興味をもっている分子生物学について色々と調べたりしてみると米国では一般の人々が第一線の研究者達のセミナーがインターネットで自由に聴講できるようになっている(クリックしてみてください。 知の巨人達の講義が聞けます)のに驚かされます。

その中の一つのセミナーの一例ですがフィリピン の巻貝に猛毒をもっているものがあり大きく分けると1.ふぐに似た毒  2.コブラに似た毒の二種類がりそれらをよく調べてみると800種類も違う毒をもっているとのことです。 ほとんどの毒が神経毒なのですがなんとその中に脊髄の後根細胞のみに働く毒がふくまれていたとのことです。すなわちその毒のみを注射すると痛みを感じなくなるとのことで将来鎮痛薬として使えるかもしれないとのことでした。
中毒作用も嗜癖作用もないので今後医療の分野でメインの薬となるかもしれないとの話で日本の新聞でも医学雑誌でも目にしたことがない情報を(私が不勉強なだけかもしれませんが)通勤時間のipodで聴講できてしまうようなシステムを作る米国の学会には敬服します。

わたしも願わくばこのブログを日本の知力の向上に約立つブログにしたいのですが・・・ただの一美容外科医の日記状態である自分の力量不足が無念です。

少年老い易く学成り難し
by shirayuribeauty | 2008-04-10 23:52 | 美容外科
小鼻縮小( X-plasty ) : 扶氏医戒之略(ふしいかいのりゃく)
本日ご紹介の患者さんは他人に気づかれず傷痕を残さず小鼻の張りを抑えたいとのご希望にて小鼻縮小(X-plasty)をお受けになられた患者さんです。

左列:術前です。
右列:術後約10日再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_23495817.jpg

Xplasty の長所は鼻の穴の中のみで手術操作で体表に手術痕が残らず小鼻の張りを抑えられる点です。
短所は小鼻の幅自体は変わらない点になります。

ご希望通り小鼻の張りが抑えられ順調な経過です。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_23512629.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないで下さい。


先日ヒポクラテスの誓いを紹介しましたが日本では1850年代に緒方洪庵(おがたこうあん)が日本人医家向けに扶氏医戒之略(ふしいかいのりゃく)を記載しています。 

扶氏医戒之略(ふしいかいのりゃく) (現代語訳)

一、人ために生活して自分のために生活を送らないことを医業の本質とする。楽なことを考えず、名声や利益を顧みず、自己を捨てて人を救うことを願うべきである。人の命を助け、人の病を治し、人の病の苦しみを和らげることのほかにあるものではない。

二、病んでいる人に対して唯その病人を見るべきである。 身分や経済力を顧みるべきではない。 一握りの黄金と貧しい人の両目の感激の涙と比肩できるものではく深く考えるべきである。

三、医術を施術するにあたっては病人をその対象とするべきであり、決して医療行為をすること自体を目的としてはならない。しがらみにしばられず、漫然とせず謹んで細心にわたり診なさい。

四、学術を詳しく研究することの他に誠実な言動や行動で患者に信頼されることを追求しなさい。しかし、その時代の流行を利用して奇妙な言い伝えを唱えて名声を求めるのはとても恥じるべきことです。

五、病人に足を運ぶときは適当な診察で何度も出向くのではなく、むしろ一度の診察に細心の注意を向ける必要がある。 しかし自身が尊大な態度で診察を怠ることはあってはいけない。

六、不治の病を患った人に対しても、その苦しみを和らげ、延命に努めるのは医師としての仕事である。これを放棄することは人の道に反する。たとえ救えないような病状でも、極力癒すことは仁術である。常に延命を考えるべきである。決してその死を告知しない。 そしてそれが患者にわかるような言葉遣い、態度をとるべきではない。

七、病者の経済的負担が少なくなるように思慮すべきである。命を救っても命をつなぐための経済力を奪ってしまっては何の益にもならない。 貧しい人々においては必ずその状態を思いやってならねばならない。

八、世間に対しては人々の好意を得ようとすることが必要である。学術が優れていようとも、態度や行いが厳格であろうとも人々の信頼を得ることができなければ医療を施すことができない。また世間の風潮に精通しなさい。特に医師には人の身体、命をゆだねられ、裸をさらされ、全ての秘密をあかされもっとも恥ずかしい懺悔も告げられる人格に値しなければならない。常に誠実温厚を旨として多くを語らず、何も言わなくもないようにすべきである。 ばくち打ち、酒飲み、好色、貪欲であることは論外である。

九、同業の人に対してはこれを敬い、これを賞賛すべきである。たとえそれに値しなくても努めて耐えなければならない。決して他の医師の施術に対して批判をしてはならない。人の短所をいうは徳のある人のすべきことではない。過ちを挙げることはつまらない人のやることだ。人はただ一つの過ちを指摘されるだけで一生分の徳を失う。その損失は甚大である。 おのおのの医師の流儀がありまた治療法がある。みだりにこれを批判すべきではない。老医は尊重しなさい。若い医者は愛しみ誉めなさい。患者がもし前医の治療の当否を聞くのであれば努めて前医を肯定するべきである。その治療法の当否の判断は現在の状態がわからないときはするべきではない。

十、毎晩、昼に診た病状を再考し、それを詳細に書きとめることを日課とすべきである。それらを積み上げて一冊の書とすれば自分にも患者にも大きな利益となる。

十一、治療のカンファレンスは人間が少ないことが重要である。多くても三人を超えてはならない。特に相談する相手を選ぶべきである。ひたすら患者の安全を最優先し他のことは省みず決して言い争ってはならない。

十二、患者が以前かかっていた医師を離れて、別の医師にかかりたいと依頼してもみだりに従ってはならない。まずかつてかかっていた医師に伝えてその医師の話を聞かなければ治療するべきではない。しかし前の医師が誤った治療をしていることを見過ごすことは医師のすることではない。特に危険な病気の時に治療を遅らしてはならない。
by shirayuribeauty | 2008-04-09 23:50 | 美容外科
頬骨再構築法、ロアーフェイスリフト
本日ご紹介の患者さんはご相談内容として「頬骨のでっぱりを抑えたい、顔の下半分を細くすっきりさせたい、逆三角形にはならないようにできるだけ卵形に近づけたい」とのご希望にて他院にて相談されたところ頬骨リダクションとエラ削りを勧められた患者さんです。
私には私の行うえら削りではご希望の形態を形成することができないと感じましたのでその旨をお話しエラ削りを行いたいのであれば他院で行っていただくことをお話し、顎のラインをすっきりさせ小顔にするのであればフェイスリフトでよいでしょうと提案したところご納得されたため頬骨再構築法およびロアーフェイスリフトを同時にお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後2ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_061252.jpg

術後一時的に右眉が上がらなくなりましたが(顔面神経側頭枝麻痺)、術後2ヶ月の先日の再診時には「動くようになりました!」との報告を受けほっとしました。
卵型の小顔になられて順調な経過です。
手術の完成は約半年後になりますのでまだまだ小顔になるでしょう。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_063592.jpg

深謝いたします。 どうか御気を遣わないで下さい。

ジュネーブ宣言
ヒポクラテスの誓いの倫理的真意の現代的な改定・系統化を意図し1948年の第2回世界医師会総会にて採択されたのがジュネーブ宣言になります。

ジュネーブ宣言
医療専門職の一員としての任を得るにあたり、

私は、人類への貢献に自らの人生を捧げることを厳粛に誓う。
私は、私の恩師たちへ、彼らが当然受くべき尊敬と感謝の念を捧げる。
私は、良心と尊厳とをもって、自らの職務を実践する。
私の患者の健康を、私の第一の関心事項とする。
私は、例え患者が亡くなった後であろうと、信頼され打ち明けられた秘密を尊重する。
私は、全身全霊をかけて、医療専門職の名誉と高貴なる伝統を堅持する。
私の同僚たちを、私の兄弟姉妹とする。
私は、年齢、疾患や障害、信条、民族的起源、性別、国籍、所属政治団体、人種、性的指向、社会的地位、その他いかなる他の要因の斟酌であっても、私の職務と私の患者との間に干渉することを許さない。
私は、人命を最大限尊重し続ける。
私は、たとえ脅迫の下であっても、人権や市民の自由を侵害するために私の医学的知識を使用しない。
私は、自由意思のもと私の名誉をかけて、厳粛にこれらのことを誓約する。



ヒポクラテスの誓いの倫理的精神を現代化・公式化したものといえます。
by shirayuribeauty | 2008-04-08 00:06 | 美容外科
小鼻縮小術・ヒポクラテスの誓い
今日は1945年大東亜戦争で戦艦大和が沖縄への特攻作戦の途上、撃沈された日です。

戦略的には無駄死にはほぼ明らかでしたが一億総特攻のさきがけとして出陣した大和の命日になります。

本日ご紹介の患者さんは小鼻縮小術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約1ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_23532033.jpg

順調な経過です。

先日お心遣いを戴きました。
d0092965_23542253.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないで下さい。

「ヒポクラテスの誓い」

医の神アポロン、アスクレピオス、ヒギエイア、パナケイア、及び全ての神々よ。私自身の能力と判断に従って、この誓約を守る事を誓う。

この医術を教えてくれた師を実の親のように敬い、自らの財産を分け与えて、必要ある時には助ける。
師の子孫を自身の兄弟のように見て、彼らが学ばんとすれば報酬なしにこの術を教える。
著作や講義その他あらゆる方法で、医術の知識を師や自らの息子、又、医の規則に則って誓約で結ばれている弟子達に分かち与え、それ以外の誰にも与えない。
自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。
依頼されても人を殺す薬を与えない。
同様に婦人を流産させる道具を与えない。
生涯を純粋と神聖を貫き、医術を行う。
膀胱結石に截石術を施行はせず、それを生業とする者に委せる。
どんな家を訪れる時もそこの自由人と奴隷の相違を問わず、女または男と情交を結ばない。
医に関するか否かに関わらず、他人の生活についての秘密を遵守する。
この誓いを守り続ける限り、私は人生と医術とを享受し、全ての人から尊敬されるであろう!
しかし、万が一、この誓いを破る時、私はその反対の運命を賜るだろう。


やや外科軽視なヒポクラテスの誓いですが医師の倫理性と客観性を重んじた誓いとして医師集団では重要な誓いとして考えられてきました。
by shirayuribeauty | 2008-04-07 20:27 | 美容外科
鼻尖縮小術、小鼻縮小術
今日は戦艦大和が天一号作戦(菊水作戦)により山口県徳山湾沖から沖縄へ向けて出撃した日になります。


本日ご紹介の患者さんは鼻尖縮小術、小鼻縮小術をお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後約2ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_1846167.jpg

順調な経過です。

メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
80.法に従って生きれば、その人の生存と自由が保障されます。
William・J・Mayo
80.医学においては、リハビリテーションという言葉は合言葉になるべきものだと思います。
by shirayuribeauty | 2008-04-06 18:42 | 美容外科
額アパタイト形成、眉骨削り、頬骨再構築法、鷲鼻修正、顎プロテーゼ
1942年の今日から4月9日まで戦われたセイロン沖海戦で、日本海軍が英国東洋艦隊に完勝した記念すべき日です。

しかしこの海戦で南雲機動部隊の空母赤城が攻撃換装中にイギリス空軍機の接近に気づかず、空襲されたという事件がありました。幸運にも命中はせず事なきを得ましたが、これらの教訓を生かせず、後にミッドウェー海戦で大敗北を喫する事になったのがかえすがえすも残念でなりません。 


本日ご紹介の患者さんは額アパタイト形成、眉骨削り、頬骨再構築法、鷲鼻修正、顎プロテーゼを同時にお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後3週間再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_2374794.jpg

眉毛の上の部分の出っ張り部分の骨を削り落としアパタイトを使用して丸いなだらかな額を形成しています。 

額アパタイトのみでしたら1cm以下の小さな傷から手術可能ですが、眉骨削り手術は頭髪内に大きな切開線を作り頭皮を一旦剥がさなければならないので頭皮内に目立たないとはいえ長い傷ができるのが欠点です。 しかしアパタイト額形成においては頭皮を剥がすことにより表面の研磨をかけることができるので1cm以下の小さな傷で額形成をする場合と比較し表面がよりなだらかな額を形成することができます。

順調な経過です。



メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
79.歯にかぶせた金冠は栄光の王冠なのではなく、その中にはおそらく多くの細菌が巣食っているいることでしょう。
William・J・Mayo
79.病院は、病気の人が救いを求めてイエスのところに行くのと同様、彼らの救いの場となるべきです。
by shirayuribeauty | 2008-04-05 23:06 | 美容外科
頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)
本日ご紹介の患者さんは頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)をお受けになられた患者さんです。
頬骨アーチリダクション、頬骨弓リダクションは無理に日本語に訳すと頬骨弓減幅術または頬骨弓減高術とでもいいましょうか。
内容は頬骨(きょうこつ)の張りを減少させる手術となります。

この頬骨の張りを減少させる方法として大きくわけて3種類あります。

1.頬骨を削る方法・・・・・ まさに頬骨削りの文字通りの方法です。 特殊な電動機械を用いて頬骨を削りますが削り幅はあまりたいしたことはなく頬骨のでっぱりが強めの人には適しません。 もちろん時間をかけて削れば削り幅を増やすことは不可能ではないですがモーターが焼け付く可能性があるため削り幅に限度があります。

2.頬骨弓を切り落とす方法・・・・ 多くの形成外科医が行う頬骨弓に対する術式です。口腔内と耳前部よりアプローチし頬骨弓を切り落とす方法です。 リスクとしては他院でこの術式でされて顎関節が破壊され開口障害が生じて困っている方や段差でお悩みの方、変化が感じられない方等のご相談をうけたことがあります。

3.頬骨弓の形態そのものを再構築する方法・・・・ ライフクリニックの勝間田先生が昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて研究開発された手術法で頬骨を細分化して再配列、再構築する方法です。 
他の方法で効果がなかった多くの患者さんがこの方法を求めて勝間田先生のところへいらっしゃっています。
リスクとしては効果がありすぎて希望よりも凹んだ状態に感じる場合がまれにあります。 その際は脂肪移植等のメンテナンスが必要になります。 顔面神経側頭枝麻痺(おでこに皺を作ることができなくなる)の経験があります(術後半年以上を経て現在8割方復活しました)。


今回ご紹介の患者さんは術前の診察所見上あまり大きな変化は望めませんでしたが「自己満足でもいいからやりたい!」とのご希望にて3.の頬骨弓の形態そのものを再構築する方法にて手術を行っております。
上段:術前です。
下段:術後約1年後再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_184726.jpg

傷もほとんどわからなくなり順調な経過です。


メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
78.自分は病気だと思っている人がたくさんいますがその多くは病気ではないのです。
William・J・Mayo
78.私達の出会う人たちの中には医学の知識は豊富でも応用力にかける人たちが多いのです。彼らは学生時代はクラスでも上位にいた優等生として医学を身につけましたが、人間を理解することにはまずかったのです。
by shirayuribeauty | 2008-04-04 01:16 | 美容外科
PRP皮膚再生療法(リジェンACR)
本日ご紹介の患者さんはお肌の若返りを目的として自己多血小板血漿注入療法(PRP皮膚再生療法(リジェンACR))をお受けになられた患者さんです。
PRPとは多血小板血漿Platelet-Rich Plasmaの略語でありACRとは(自己細胞若返り)Autologous Cell Rejuvenation の略後になります。


多血小板血漿(Platelet Rich Plasma:PRP)とは、血小板を高濃度に濃縮した血漿のことです。健康な成人では血小板は血液1mm3中に12∼38万個、平均で20万個程度含まれていますが、血液を特殊なフィルターを用いて遠心分離をかけることにより得られるPRP ではその3.5∼4.5倍程度の高濃度の血小板が含まれています。 この血小板を高濃度に含んでいるPRP は、血液凝固反応の過程で血小板が脱顆粒を起こし、顆粒中に含まれるPDGF、TGF-β、VEGF および EGF などの成長因子を創傷部に放出します。これらの成長因子が注射部位の自己コラーゲンの増殖を促進し若返りをもたらすと考えられています。

目の下の小じわ、くま、ほうれい線の改善等が認められるとされています。
移植する脂肪細胞と同時に使用すると定着率の向上が期待できるかもしれません。

上列:術前です。                  下列:術後約2ヶ月です。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_20534861.jpg

PRPを目の下、頬、ほうれい線全体に注入しています。
もともと若々しくお美しい方なのではっきりとした変化というものが写真ではわかりずらいのですがご本人としては肌がプリプリと若返って非常に調子がよいとのことです。
順調な経過です。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2054976.jpg

チョコレート菓子でした。 

おしとやかな美女が再診時に迷彩服で現れて自衛隊の戦車のおまけ付き駄菓子をくださいました。 以外な組み合わせにびっくりしました。 
d0092965_20542023.jpg


思わず作ってしまいました。
d0092965_20544489.jpg

ガムの付録のおもちゃなのにボタン電池で走行しました。


ありがとうございます。 どうか御気を遣わないで下さい。
by shirayuribeauty | 2008-04-03 02:29 | 美容外科
美容外科について
先日 ある勉強会で「美容外科について」を諸先生方へプレゼンテーションをさせていただきました。
その資料を一般の皆様方も閲覧できるようにここにUPします。

d0092965_159469.jpg

d0092965_1283569.jpg

d0092965_222871.jpg

d0092965_24884.jpg

d0092965_244119.jpg

d0092965_261789.jpg
d0092965_271780.jpg

d0092965_282375.jpg
d0092965_28419.jpg
d0092965_28547.jpg

d0092965_29115.jpg
d0092965_292893.jpg
d0092965_29546.jpg

d0092965_2192249.jpg
d0092965_2141032.jpg
d0092965_2142124.jpg


以下症例写真の供覧が続きますので省きます。 

日本における美容外科の歴史は一開業美容外科医より始まり今年で約70年になります。  十仁病院の先達の医師達より勝間田先生を経て私にまで継承されたこの医術をこのように日本国民に一般供覧できるようにしてくださった境遇に深謝します。
by shirayuribeauty | 2008-04-02 23:27 | 美容外科
鼻孔縁挙上術、小鼻肉厚減幅術
今日は西暦1945(皇紀2605年)年 の大東亜戦争時、米軍が沖縄本島上陸を開始した日になります。

また同時にアメリカ政府の「日本占領地のアメリカ人捕虜へ慰問品を送ってほしい」という要請に応じた船である阿波丸(緑十字船:連合国から「安導権」( Safty Conduct 安全なる航行の保障)を与えられていた船)が米国の潜水艦に撃沈され約2000名が死亡した日でもあります。
撃沈直後より国際法違反として日本は抗議、戦後になり日本側から賠償の要求が行なわれましたが、最終的にはGHQからの意向を受けて昭和24年日本政府は請求権を放棄しました。
日本は、戦争中、オランダの病院船「オプテンノール」を不当に拿捕した事がありますがこちらは戦後、オランダに対して賠償金約1億円を支払っています。 



本日ご紹介の患者さんは鼻孔縁挙上術(約5ヶ月前)、小鼻肉厚減幅術(約1ヶ月前)をお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_0302490.jpg

 順調な経過です。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_0305424.jpg

沖縄のお土産でした。 ありがとうございます。 どうか御気を遣わないで下さい。


最近 美容外科手術に関する様々なご相談、ご依頼を受けます。

その中で唯一いえることは もっとも確実に安上がりで安全でなことは

      「自分が変わる」 

ということです。

今の自分を受け入れる自分に変わることさえできれば美容外科手術は不要になります。

もちろんなかなかそうはいかないので皆さんがご相談にこられるとは思うのですが、一つ心に留めておかれていただきたく思います。

病気や身体に対する悩みがこの世の中からなくなれば医者は不要になりますし世の中から争い事や犯罪がなくなれば法曹は不要になるでしょう。 しかしなかなかそうはいかないところが現実の辛いところです。  

せめてこのブログを読まれている方々には心の平穏を得て幸せになっていただきたく思います。
by shirayuribeauty | 2008-04-01 22:16 | 美容外科