人気ブログランキング |
<   2007年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
鼻尖縮小術、プロテーゼ隆鼻術、小鼻縮小術、耳軟骨移植術
本日ご紹介の患者さんは鼻尖縮小術、プロテーゼ隆鼻術、小鼻縮小術、耳軟骨移植をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後一週間抜糸時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。
鼻尖縮小術、プロテーゼ隆鼻術、小鼻縮小術、耳軟骨移植術_d0092965_1613495.jpg

順調な経過です。

差し入れをいただきました。
鼻尖縮小術、プロテーゼ隆鼻術、小鼻縮小術、耳軟骨移植術_d0092965_2243282.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
by shirayuribeauty | 2007-05-11 22:39 | 美容外科
口角挙上(口角つりあげ)術
本日ご紹介の患者さんは口角挙上(口角つりあげ)術(口外法)をお受けになれた患者さんです。

口角つりあげ手術はライフクリニックの勝間田院長先生が十仁美容外科の勤務時代に研究、開発され昭和57年にノルウェーのオスロで開催された国際美容外科学会で発表されてから世の中に知られるようになった手術です。

口内法と口外法があり原法は口内法になります。 口角の上げ幅を大きくしたい方は口外法を用います。口外法の欠点としては白い線となって目立たなくなるとはいえキズが残るという点です。


今回ご紹介の患者様はしっかりひきあげたいとの御希望が強く口外法の手術をお受けになられました。

上段:術前です。
下段:術後約4ヶ月目再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
口角挙上(口角つりあげ)術_d0092965_1185059.jpg


ご遠方のためなかなか再診にこられなかったのですが術後から色々とお悩みが多く「お友達に変といわれた。」「ほうれい線が気になるようになった。」等メール相談を受けました。この手術は腫れのため一時的に口元がお猿さんやワンちゃんの口元のようにみえる時期があるのですがそのダウンタイムがかなり精神的にお辛かったようです。今回4ヶ月ぶりに再診にこられた時は清々しい笑顔だったのでやや安心しました。

先日差し入れをいただきました。
口角挙上(口角つりあげ)術_d0092965_1193180.jpg

ワンちゃん達と・・・・まだ開封してなかったのでこのブログを書きつつ開封してみると・・・真心詰め合わせギフトでした。
口角挙上(口角つりあげ)術_d0092965_1194317.jpg


ありがとうございます。 深謝いたします。
どうか気を遣わないでください。 恐縮です。
by shirayuribeauty | 2007-05-10 01:19 | 美容外科
脂肪移植豊胸

今日は脂肪移植による豊胸術をお受けになられた患者さんのご紹介です。

上段:術前です。
二段:術後約10日目再診時です。
三段:術後約1ヶ月目再診時です。
四段:二回目脂肪移植術後1週間目再診時です。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
脂肪移植豊胸_d0092965_12026.jpg


今回は二の腕から採取し移植しました。 よって二の腕が腫れて太くなっています。
たくさん定着しますように!

差し入れをいただきました。
脂肪移植豊胸_d0092965_16348.jpg

北海道のロイズのチョコレートでした。
ありがとうございます。 どうか気を遣わないで下さい。
by shirayuribeauty | 2007-05-09 01:06 | 美容外科
鼻尖縮小術(クローズ法)
今日は1942年珊瑚海海戦にて日本海軍と連合国海軍の間で史上初の航空母艦同士の海戦が行われた日になります。
日本海軍の戦術的勝利に終わった海戦ですがこの海戦のおかげで海からのポートモレスビー(パプアニューギニア)攻略を断念してしまったのは残念でした。

本日ご紹介の患者さんは鼻尖縮小術(クローズ法)をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後一週間抜糸時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
鼻尖縮小術(クローズ法)_d0092965_047613.jpg

順調な経過です。


先日差し入れをいただきました。
鼻尖縮小術(クローズ法)_d0092965_0504754.jpg

柏餅でした。
鼻尖縮小術(クローズ法)_d0092965_051199.jpg

「頑張ってください」と一言添えられて栄養ドリンクまでいただいてしまいました。

恐縮です。 どうか気を遣わないで下さい。 頑張ります。
by shirayuribeauty | 2007-05-08 00:36 | 美容外科
鼻尖縮小術  術後修正術
今日は1875年 に樺太・千島交換条約 がロシアとの間に締結され樺太がロシアの領土に、千島列島が日本の領土となった日です。

今日のご紹介の患者さんは鼻尖縮小手術および術後修正術をお受けになられた患者さんです。

初回手術では鼻先を細くしたい、鼻先を正面からみて下げたいとのご希望があり鼻翼軟骨を移植し鼻先を下げ鼻尖縮小術を施行しました。。
もともと左右の鼻の穴の形態が異なっていたのでなるべく同じ形になるように軟骨の微調整を行いましたがこれがトラブルの原因になってしまいました。

上段:術前です。
中段:術後一週間抜糸時です。
下段:修正術後一ヶ月後再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
鼻尖縮小術  術後修正術_d0092965_21314952.jpg


中段の写真を見ていただくとわかりますが鼻の穴を下からみたぶんには左右の均等が得られるようになりましたが調整した分の軟骨のゆがみが正面像にて右側に知覚できるようになってしまいました。 これを抜糸時の診察のとき私はギプスによる一時的な圧迫痕であろうと誤認していました。
ご遠方だったのでメールでお悩みの事実を知らされました。修正手術日まで大変お辛い時期を過ごされたと思います。わざわざご遠方より修正手術にお越しいただきようやく正面からも下からも均等な鼻となりました。

大変お辛かったと思います。 申し訳ありませんでした。
by shirayuribeauty | 2007-05-07 21:31 | 美容外科
鼻尖縮小術(オープン法)、耳軟骨移植術
本日ご紹介の患者さんは鼻尖縮小術(オープン法)、耳軟骨移植術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
中段:術後一ヶ月後再診時です。
下段:術後二ヵ月後再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
鼻尖縮小術(オープン法)、耳軟骨移植術_d0092965_1915545.jpg

鼻先を下げたいとのことで耳軟骨を利用し鼻先を下げるように移植しています。
順調な経過です。
by shirayuribeauty | 2007-05-06 18:56 | 美容外科
ハイブリッドプロテーゼ
今回はハイブリッドプロテーゼの患者さんのご紹介です。

鼻の手術には
鼻を高くする方法 としてヒアルロン酸、自家組織移植、プロテーゼ(L型、I型)
鼻先を下向きにする方法として 鼻中隔延長術、軟骨移植、L型プロテーゼに自家軟骨を合体させたhybrid prosthesis(ハイブリッド プロテーゼ)留置術 などがあります。

鼻先を下に下げたいというご希望にてカウンセリングの結果患者さんが選ばれた今回の手術方法はハイブリッドプロテーゼによる鼻先下降および鼻翼軟骨縫合によるプロテーゼの軟骨間落ち込み防止(これを行わないためにL型プロテーゼ留置後年月を経てプロテーゼが鼻翼軟骨間に落ち込みより団子鼻になってしまっているケースが多々あります)でした。

上段:術前です
中段:術後2週間再診時です
下段:術後2ヶ月後再診時です
 (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
ハイブリッドプロテーゼ_d0092965_22334769.jpg


現時点では経過は良好ですがとにかく心配なのがL型プロテーゼに生じやすい合併症です。
合併症として
1.感染(これはプロテーゼ全般にいえるリスクです)
2.L型プロテーゼの上方移動(鼻先が上向きに移動してくる可能性があります)
3.鼻尖部皮膚のの菲薄化(ひはくか:薄くなる事)
4.L型の脚の部分が鼻柱基部で違和感や痛みを起こす可能性
等のリスクがありこれらが心配です。
しかもこれらの合併症のやっかいなところは数年経て生じる可能性も充分あることです。
これらの合併症が生じた場合はいったんプロテーゼを抜去せざるを得ません。
(4に関してはL型の脚を短くする事で改善することがあります)

いつもL型プロテーゼを入れる場合はこれらの合併症がおこりませんように! と祈りながら手術を行っています。
by shirayuribeauty | 2007-05-05 22:33 | 美容外科
下瞼脱脂術
今日は下瞼の脱脂をお受けになられた患者さんのご紹介です。

上段:術前です。
中段:摘出した脂肪です。
下段:術後約1ヶ月後再診時です。
下瞼脱脂術_d0092965_21154715.jpg


順調な経過です。 目の下の脂肪によるふくらみがなくなったせいか術後検診時にはとても華やかで明るい感じになっていらっしゃいました。

メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
48.これらの建物内で行われている研究は、知識を根づかせているだけです。つまり考える脳をつくっているのではなく、より多くの仕事をこなすために鋳型にはめ、装備させているだけなのです。
William・J・Mayo
48.医学で時代を画するような業績を残した英雄的な人々を私達は個々バラバラに覚えていますが、彼らが単独で成し遂げた業績よりも、彼らに続く若い世代の者に与えたインスピレーションの方がより重要な影響を与えています。
by shirayuribeauty | 2007-05-04 21:15 | 美容外科
口角つりあげ術
今日は1946年 に極東国際軍事裁判(東京裁判)が開廷された日になります。 

本日ご紹介の患者さんは口角つりあげ術をお受けになられた患者さんです。

口角つりあげ手術はライフクリニックの勝間田院長先生が十仁美容外科の勤務時代に研究、開発され昭和57年にノルウェーのオスロで開催された国際美容外科学会で発表されてから世の中に知られるようになった手術です。

口内法と口外法があり原法は口内法になります。 口角の上げ幅を大きくしたい方は口外法を用います。口外法の欠点としては白い線となって目立たなくなるとはいえキズが残るという点です。


今回ご紹介の患者様はしっかりひきあげたいとの御希望が強く口外法の手術をお受けになられました。

上段:術前です。
下段:術後約3週間です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
口角つりあげ術_d0092965_2233160.jpg


順調な経過です。

メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
47.社会生活で恩恵を受けているすべての人、特に医師は社会に対してなんらかの義務を負っています。
William・J・Mayo
47.外科医は往々にして頑固な人が多いですが一方内科医は自信過剰な人が多いです。
by shirayuribeauty | 2007-05-03 19:44 | 美容外科
鼻口唇角形成術、鼻尖縮小術、小鼻縮小術
本日ご紹介の患者さんは鼻全般を小ぶりにしたいとのご相談にて御来院されました。

診察所見上、鼻柱の付け根部分(いわゆる鼻口唇角部)がやや食い込んだ印象であるのと鼻尖部がやや大きくと小鼻が横に広がり側面からみて鼻孔縁部が垂れ下がっていたため、私が提案した術式は鼻口唇角形成術、鼻尖縮小術、小鼻縮小術、鼻孔縁挙上術となりました。
カウンセリングの結果、鼻口唇角形成術、鼻尖縮小術、小鼻縮小術をお受けになることとなりました。

上段:術前です。
中段:術後一週間目再診時です。
下段:術後五週間目再診時です。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
鼻口唇角形成術、鼻尖縮小術、小鼻縮小術_d0092965_1932529.jpg


鼻尖縮小術はクローズ法で行い、鼻先をやや下げたいとのご希望が術前にあったために鼻先を下げるため鼻翼軟骨に特殊な形成操作を行っています。 小鼻は外内側法で行い、鼻口唇角形成術はプロテーゼを使用しています。

鼻尖部、小鼻はすっきりした印象になり鼻柱部の食い込んだ感じも改善されました。

小鼻の上の凹みがやや気になるとのことですがこれは時間の経過とともに改善することが多いので経過観察としました。

メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
46.今後、医学の分野で著しい進歩をどう模索しどう獲得すべきかを問われたら症状に関連する生理学と解剖学の綿密な研究であると答えます。
その中で第一に私達が関心を寄せるべきものは、痛みについての広く詳細にわたる研究です。
William・J・Mayo
46.知識は静的なものですが知恵は能動的に働いて知識を活用し、それを有効なものに変えていきます。
by shirayuribeauty | 2007-05-02 19:27 | 美容外科