人気ブログランキング |
カテゴリ:その他( 50 )
検索の仕方
検索の仕方_d0092965_17491618.png


by shirayuribeauty | 2020-01-30 07:04 | その他
B医師裁判 東京高等裁判所判決

先日高等裁判所からB医師との裁判についての判決文が郵送されてきました。


結論からいうと私の控訴は棄却され、せっかく意見書を書いてくださったalphaさん や betaさんの御意志に報いることができませんでした。 

高等裁判所は
私(伊藤)が患者さんからこのような話を聞いた」ということの真実性を問題とせず次の2点を真実性の問題としました。

その2点とは


 B医師が、患者さんに、このような話をしたのかどうか、という点の真実性 と

 患者さんがB医師による手術前の説明を受けた結果、鼻に挿入するプロテーゼがI型プロテーゼであると認識していたか否かの事実」という点の真実性

の2点になります。


に関しては高裁の思考回路は、主にB医師尋問、B医師 陳述書をベースに、B医師が患者さんに話した内容を認定しており、かつ、その内容は真実であるという判断をしている、というものです(判決文の事実認定の記載を読む限り、そのように理解される。判決文で、B医師の尋問等を引用しながら、B医師が患者さんに話した内容の認定を記載している)。


次にに関してですが、なぜ患者さんの認識が真実性の立証の対象ということになってしまうのかについては、判決文上、明確な理由の説明はなく、また患者さんがそのような認識をしていたということを、どうやって立証するというのかについても、判決文をどう読んでも、高裁の考えは読み取れません。



単に、患者さんがこう発言したという事実をブログに記載してきた私としては、患者さんの思い違いの可能性もきちんとブログ記事上で指摘して 患者
さんから聞いた事実を記載してきたという自負がありますが、高等裁判所の事実認定はB医師と患者さんとのやりとり(それについては私は知りようがない)に主眼をおいており、こちらの主張と、まったくかみ合っておりません

高等裁判所は 私がB医師に患者さんの診療内容について問い合わせをしていない点を責めていますが、一般的に医師は患者さんの言うことを信じて診療にあたるのであり、過去の治療歴は今後の治療に特段の影響を与えないと判断される場合において忙しい日常臨床において個々の案件について前医に問い合わせたりしません。

一つ気がかりなこととしては 証人尋問期日のかなり前から患者
さんはB医師と会いたくないという意向を強く示しており、私としても ついたて 等の遮蔽処置を裁判所に申請しましたが許可されませんでした。 当日はこのような裁判に関わらさせられたことや、ついたて申請までしても却下された裁判所でB医師と顔を合わせて話すのが相当不快だったとのことで 携帯電話をいじりながらかつ裁判官からの問いかけにはぶっきらぼうに返答するという証人尋問の開始となり再三の裁判官による誡めで携帯電話をしまうという態度だったので裁判官の心象はかなり悪かったようです。

だからといって裁判官はプロなのでありますからそのような事(証人の法廷における態度)で事実認定の空間位置を変えるとは考えたくはありません。

B医師の名前を直接だしたわけでもありませんし、 かつ患者さんから聞いたことをそのまま記事にし かつ 患者さんの勘違いの可能性まで付記したにも関わらず名誉棄損認定されてしまうことは表現や批評の自由の侵害だと思うのは私だけなのでしょうか?

私はB医師の名誉を毀損する意図など当初より毛頭ありませんし、それは今に至るまで変わりません。

患者さんが私に説明した内容、患者さんが私に説明した前医とのやりとりを記載したことが、どうして実社会におけるB医師に対する名誉毀損になってしまうのでしょう。どうしても理解できません。


私が患者さんの発言内容を記載したのは、皆さんに紹介する手術が依頼された経緯を説明することで、その手術の目的、内容を分かりやすく伝えるためにほかなりません。ブログ記事の力点は、B医師が、こんなことを患者さんに言ったのです、などというところにはありません。記事の目的がB医師を批判することにあり、まさにB医師がこのようなことを言ったのかというところを私が問題視してブログに取り上げていたのであれば、私がそれをブログ記事にするにあたっては、本当にB医師がこんなことを言ったのかというところの根拠の有無が問われて、その根拠(調査)が不十分であるとするならば、そのときに私が、なんらかの責任を負わなければならない、ということであれば、それは理解できるものです。

しかしながら、私のブログ記事の目的はそんなところにはありません。このブログ記事の目的も、ほかの投稿記事と同様、あくまで今回の症例、手術の実例を紹介することにしかありません。

手術内容の説明の必要から、患者さんからはこのような説明がありました、という程度のことを、依頼を引き受けた経緯として、説明的に記載したにすぎません。

しかも私は、患者さんの説明内容が患者さんの勘違いである可能性も含めて、明確に指摘して記載しているのです。

それを高等裁判所は、私が前医であるB医師に対し、B医師が本当に患者さんにそのような説明をしたのかどうかを確認するべきであったというのですが、仮にそのような確認をして、B医師が「いやちがう、実際にはこのように説明した」との説明がされたとしても、私のブログ記事に書かれる内容は、「患者さんの説明と前医との説明には齟齬(そご:食い違いという意味)があるので、どちらの説明が真実かどうかは分かりません」としか書けないもので、結局、B医師に問い合わせをしたとしても、今回私が掲載した内容と特に変わらない内容にしかなりませんし、そのいずれの表現であっても、この記事がB医師に対する名誉毀損になるとは到底思えないのです。


名誉毀損の裁判は、判例集や判例雑誌にも、数多く掲載されています。


それらの判例と比較してみたときに、今回の私が巻き込まれた訴訟は、記事の意図と全く違う角度からの名誉毀損があったとの主張をされて、記事の意図と全く違う角度からの名誉毀損の認定がされてしまっている点、真実性の対象についても、記事が伝えようと企図していた部分(患者さんはこう言いましたという事実、手術を引き受ける前提として、患者さんからどのような説明があったのかという部分)ではなく、なぜか、とくに記事が伝えようとしている点からずれて、私の預かり知らない場面の出来事(本当に患者さんの説明した内容どおりのやりとりが、前医との間で行われていたものかどうか)についての真実性の証明が要求されている点において、極めて特殊であると考えます。

果たしてこのような裁判所の判断は許されるものなのでしょうか。医療関係者、法曹関係者の方々にも、ぜひご意見をお聞かせ願いたい(意見送信先: Dr_shirayuri@hotmail.co.jp)ところです。


以下 皆様の後学の参考のために判決文を掲載します。




B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03215418.jpg


B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03221710.jpg
B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03223066.jpg
B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03224907.jpg
B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03225781.jpg
B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03230945.jpg
B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_23311065.jpg


B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03235499.jpg
B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03241252.jpg
B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03242866.jpg
B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03244269.jpg
B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03250027.jpg
B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03250991.jpg
B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03253091.png
B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03260033.jpg
B医師裁判 東京高等裁判所判決_d0092965_03261349.jpg












by shirayuribeauty | 2019-11-20 23:27 | その他
B医師との裁判:東京高等裁判所におけるalphaさん(仮名)さんの証言陳述書


本日 某美容外科クリニック院長医師であるB医師との間の 裁判における 高等裁判所 の期日であり高等裁判所に行ってきました。

本裁判において当院患者さんである alphaさん(仮名)が陳述書を記載してくださいました。

alphaさん(仮名)は B医師の執刀による手術も、私の執刀による手術もうけたことのある患者さんです。

今回 直接関係のないこのような裁判に 世のためとご協力してくださり 恐縮の至りです。

B医師との裁判:東京高等裁判所におけるalphaさん(仮名)さんの証言陳述書_d0092965_05363098.jpg

B医師との裁判:東京高等裁判所におけるalphaさん(仮名)さんの証言陳述書_d0092965_05364514.jpg

B医師との裁判:東京高等裁判所におけるalphaさん(仮名)さんの証言陳述書_d0092965_05365061.jpg

B医師との裁判:東京高等裁判所におけるalphaさん(仮名)さんの証言陳述書_d0092965_05365799.jpg

B医師との裁判:東京高等裁判所におけるalphaさん(仮名)さんの証言陳述書_d0092965_02381343.jpg


B医師との裁判:東京高等裁判所におけるalphaさん(仮名)さんの証言陳述書_d0092965_05370808.jpg

B医師との裁判:東京高等裁判所におけるalphaさん(仮名)さんの証言陳述書_d0092965_02392869.jpg


B医師との裁判:東京高等裁判所におけるalphaさん(仮名)さんの証言陳述書_d0092965_05371844.jpg

B医師との裁判:東京高等裁判所におけるalphaさん(仮名)さんの証言陳述書_d0092965_05372236.jpg

B医師との裁判:東京高等裁判所におけるalphaさん(仮名)さんの証言陳述書_d0092965_05372831.jpg

B医師との裁判:東京高等裁判所におけるalphaさん(仮名)さんの証言陳述書_d0092965_05373555.jpg

B医師との裁判:東京高等裁判所におけるalphaさん(仮名)さんの証言陳述書_d0092965_05374108.jpg
 alphaさん(仮名)さん のような患者さんがいてくださる以上、 患者さんと、職員と、社会の三方にお役にたてるように
精一杯全力投球していきたいと思います。









by shirayuribeauty | 2019-09-04 23:35 | その他
医療法人間 名誉棄損裁判 :  最高裁判所の判断
当ブログでも経過報告をさせていただいた件の報告になります。

先日最高裁判所における某医療法人および医師との裁判に対する判断が郵送されてきました。

本裁判経緯:
私とは全くの別人の伊藤姓を被告とした判決文が某クリニックのブログに載り、それが原因となり匿名掲示板にて“私伊藤が被告となり敗訴した”と事実無根の誹謗中傷が多数なされました。 根拠不明の誹謗中傷は匿名掲示板の常であり賢明な当院の患者様方は歯牙にも掛けないでしょうがそれなりの根拠(他院医師のブログ記事)があるとのことで当院の患者さんでご不安になられている患者さんもいらっしゃったため、原因となっている当該クリニックの院長医師に対し事情を説明し当該クリニックのブログにおいて当方とは全くの別人の伊藤氏である旨をブログに付記してほしいとお願いする内容証明郵便をお送りするもお願いを聞き入れてくださりませんでした。
やむなく別人であることを立証するためにそのお願いを記載した内容証明郵便を当ブログに掲載したところ、それが当該クリニックおよびその院長に対する名誉棄損に該当すると当該クリニック医療および院長医師から訴訟を提起されました。 

一審地裁において原告の訴えは棄却されるも、原告は高等裁判所に控訴し、それも棄却されましたが最高裁判所に上告していました。

本争いの大元である原告医師のブログ記事における別訴裁判【私とは別人の伊藤氏が敗訴となったという裁判】が実在する証拠として事件番号の開示を求めましたが原告は最後まで開示してくださいませんでした。

本裁判において私が敗訴するような事態になった場合は、今後インターネット上において相手に悪意があった場合に
意図的に判決文を偽造して(今回 原告医師が偽造したかどうかは検証しようがないのでそれは別問題として 一般論として無関係の他者に対する誹謗中傷の原因となる判決文の実在の実証義務がインターネット上掲載者にないとなると)それを元に匿名掲示板で誹謗中傷することが可能になりえる世の中になると危惧していました。

そのようなことがまかりとおってはいけないと社会に対し警鐘を鳴らすためにもやむなく裁判の全経過を可視化するべく裁判記録を公開させていただきました。

結果は

東京地裁:原告の請求棄却
東京高裁:原告の控訴棄却
最高裁 :原告の上告棄却

と 三審連続 当方の全面勝訴となりました。

最高裁判所から送られてきた書面は以下になります。
医療法人間 名誉棄損裁判 :  最高裁判所の判断_d0092965_04252859.jpg

医療法人間 名誉棄損裁判 :  最高裁判所の判断_d0092965_04254268.jpg
医療法人間 名誉棄損裁判 :  最高裁判所の判断_d0092965_04260453.jpg













明治三十七年明治天皇御製 
よもの海 みなはらからと 思ふ世に
など波風の たちさわぐらむ






by shirayuribeauty | 2019-04-12 23:22 | その他
原告 B医師 甲号証に対する 当方の準備書面
以前のB医師裁判の公判日の際に裁判官から以下の条件で和解を勧められました。

和解案
「原告(B医師)は自身のブログ記事に関していままで互いに誤解を招く原因となった(私との別人の)伊藤姓に関する記事を消し今後は被告に関連することは掲載しない。被告(当方)は原告との紛争に関する記事を消し 今後も掲載しない。」

「上記和解案はいかがですか?」と裁判官がB医師に提案したところB医師は「それは飲めません。 今はインターネットやSNS等であっという間に情報は広がりいままでの私に関する情報もどこかのだれかがコピーし保存しているでしょうから被告のブログからそれが消されてもインターネット空間上から一切を消し去ることは無理なので私が反論できる余地は確保しておきたいです。」という内容をおっしゃっていました。

私もB医師の案に賛成です。 私自身も事実無根の誹謗中傷を多数さも事実かのように匿名掲示板に書かれておりましたが「有名税みたいなもの」だからと考え気にせず業務に邁進しておりました。しかしB医師のように匿名掲示板に書かれていることを裁判上の証拠として提出してくる方がでてきた以上、やはり事実関係をはっきりさせておかないと匿名掲示板に書かれていることをB医師のように信じてしまう方が以降も出現してきてしまう可能性があるため今回の裁判の公的記録を証拠としてきちんと開示し皆様に誤解がないようにしたいと思います。

お互いの言い分を公開するのが公平だと考えるため今回は原告B医師の甲号証(B医師が証拠として提出したもの)に対する 反論となる準備書面を供覧します。

原告 B医師 甲号証に対する 当方の準備書面_d0092965_03551228.jpg
原告 B医師 甲号証に対する 当方の準備書面_d0092965_03552444.jpg
原告 B医師 甲号証に対する 当方の準備書面_d0092965_03553687.jpg
原告 B医師 甲号証に対する 当方の準備書面_d0092965_03555087.jpg
原告 B医師 甲号証に対する 当方の準備書面_d0092965_03555987.jpg
原告 B医師 甲号証に対する 当方の準備書面_d0092965_03561194.jpg




by shirayuribeauty | 2018-11-24 03:34 | その他
原告 B医師 第5書面に対する 当方の 準備書面 + 乙12号証証拠説明書
以前のB医師裁判の公判日の際に裁判官から以下の条件で和解を勧められました。

和解案
「原告(B医師)は自身のブログ記事に関していままで互いに誤解を招く原因となった(私との別人の)伊藤姓に関する記事を消し今後は被告に関連することは掲載しない。被告(当方)は原告との紛争に関する記事を消し 今後も掲載しない。」

「上記和解案はいかがですか?」と裁判官がB医師に提案したところB医師は「それは飲めません。 今はインターネットやSNS等であっという間に情報は広がりいままでの私に関する情報もどこかのだれかがコピーし保存しているでしょうから被告のブログからそれが消されてもインターネット空間上から一切を消し去ることは無理なので私が反論できる余地は確保しておきたいです。」という内容をおっしゃっていました。

私もB医師の案に賛成です。 私自身も事実無根の誹謗中傷を多数さも事実かのように匿名掲示板に書かれておりましたが「有名税みたいなもの」だからと考え気にせず業務に邁進しておりました。しかしB医師のように匿名掲示板に書かれていることを裁判上の証拠として提出してくる方がでてきた以上、やはり事実関係をはっきりさせておかないと匿名掲示板に書かれていることをB医師のように信じてしまう方が以降も出現してきてしまう可能性があるため今回の裁判の公的記録を証拠としてきちんと開示し皆様に誤解がないようにしたいと思います。


お互いの言い分を公開するのが公平だと考えるため今回は原告の第5準備書面に対する 反論となる準備書面を供覧します。

原告 B医師 第5書面に対する 当方の 準備書面 + 乙12号証証拠説明書_d0092965_03053089.jpg
原告 B医師 第5書面に対する 当方の 準備書面 + 乙12号証証拠説明書_d0092965_03054108.jpg

原告 B医師 第5書面に対する 当方の 準備書面 + 乙12号証証拠説明書_d0092965_03055316.jpg

原告 B医師 第5書面に対する 当方の 準備書面 + 乙12号証証拠説明書_d0092965_03060498.jpg
原告 B医師 第5書面に対する 当方の 準備書面 + 乙12号証証拠説明書_d0092965_04153791.jpg


by shirayuribeauty | 2018-11-23 00:55 | その他
B医師原告第5準備書面
以前のB医師裁判の公判日の際に裁判官から以下の条件で和解を勧められました。

和解案
「原告(B医師)は自身のブログ記事に関していままで互いに誤解を招く原因となった(私との別人の)伊藤姓に関する記事を消し今後は被告に関連することは掲載しない。被告(当方)は原告との紛争に関する記事を消し 今後も掲載しない。」

「上記和解案はいかがですか?」と裁判官がB医師に提案したところB医師は「それは飲めません。 今はインターネットやSNS等であっという間に情報は広がりいままでの私に関する情報もどこかのだれかがコピーし保存しているでしょうから被告のブログからそれが消されてもインターネット空間上から一切を消し去ることは無理なので私が反論できる余地は確保しておきたいです。」という内容をおっしゃっていました。

私もB医師の案に賛成です。 私自身も事実無根の誹謗中傷を多数さも事実かのように匿名掲示板に書かれておりましたが「有名税みたいなもの」だからと考え気にせず業務に邁進しておりました。しかしB医師のように匿名掲示板に書かれていることを裁判上の証拠として提出してくる方がでてきた以上、やはり事実関係をはっきりさせておかないと匿名掲示板に書かれていることをB医師のように信じてしまう方が以降も出現してきてしまう可能性があるため今回の裁判の公的記録を証拠としてきちんと開示し皆様に誤解がないようにしたいと思います。


お互いの言い分を公開するのが公平だと考えるため今回は原告提出訴え変更申し立て書ならびにB医師の第3準備書面 および B医師の第4準備書面 に対する当方の反論準備書面に対する原告の第5準備書面を供覧します。


B医師原告第5準備書面_d0092965_01354265.jpg

B医師原告第5準備書面_d0092965_01355611.jpg


by shirayuribeauty | 2018-11-22 23:31 | その他
原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書
以前のB医師裁判の公判日の際に裁判官から以下の条件で和解を勧められました。

和解案
「原告(B医師)は自身のブログ記事に関していままで互いに誤解を招く原因となった(私との別人の)伊藤姓に関する記事を消し今後は被告に関連することは掲載しない。被告(当方)は原告との紛争に関する記事を消し 今後も掲載しない。」

「上記和解案はいかがですか?」と裁判官がB医師に提案したところB医師は「それは飲めません。 今はインターネットやSNS等であっという間に情報は広がりいままでの私に関する情報もどこかのだれかがコピーし保存しているでしょうから被告のブログからそれが消されてもインターネット空間上から一切を消し去ることは無理なので私が反論できる余地は確保しておきたいです。」という内容をおっしゃっていました。

私もB医師の案に賛成です。 私自身も事実無根の誹謗中傷を多数さも事実かのように匿名掲示板に書かれておりましたが「有名税みたいなもの」だからと考え気にせず業務に邁進しておりました。しかしB医師のように匿名掲示板に書かれていることを裁判上の証拠として提出してくる方がでてきた以上、やはり事実関係をはっきりさせておかないと匿名掲示板に書かれていることをB医師のように信じてしまう方が以降も出現してきてしまう可能性があるため今回の裁判の公的記録を証拠としてきちんと開示し皆様に誤解がないようにしたいと思います。


お互いの言い分を公開するのが公平だと考えるため今回は原告提出訴え変更申し立て書ならびにB医師の第3準備書面 および B医師の第4準備書面 に対する当方の反論を供覧します

原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書_d0092965_01111696.jpg

原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書_d0092965_02423971.jpg
原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書_d0092965_00421670.jpg



原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書_d0092965_02365983.jpg

原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書_d0092965_00425450.jpg
原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書_d0092965_00441986.jpg




原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書_d0092965_15143032.jpg

原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書_d0092965_02374641.jpg
原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書_d0092965_02375552.jpg
原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書_d0092965_03245066.jpg

原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書_d0092965_03250174.jpg

原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書_d0092965_04122869.jpg
原告B医師 提出訴え変更申し立て書 および 原告B医師 準備書面(3)および 準備書面(4)に対する当方の準備書面 + 乙4-11証拠説明書_d0092965_04171802.jpg



by shirayuribeauty | 2018-11-21 00:11 | その他
原告B医師第4準備書面
以前のB医師裁判の公判日の際に裁判官から以下の条件で和解を勧められました。

和解案
「原告(B医師)は自身のブログ記事に関していままで互いに誤解を招く原因となった(私との別人の)伊藤姓に関する記事を消し今後は被告に関連することは掲載しない。被告(当方)は原告との紛争に関する記事を消し 今後も掲載しない。」

「上記和解案はいかがですか?」と裁判官がB医師に提案したところB医師は「それは飲めません。 今はインターネットやSNS等であっという間に情報は広がりいままでの私に関する情報もどこかのだれかがコピーし保存しているでしょうから被告のブログからそれが消されてもインターネット空間上から一切を消し去ることは無理なので私が反論できる余地は確保しておきたいです。」という内容をおっしゃっていました。

私もB医師の案に賛成です。 私自身も事実無根の誹謗中傷を多数さも事実かのように匿名掲示板に書かれておりましたが「有名税みたいなもの」だからと考え気にせず業務に邁進しておりました。しかしB医師のように匿名掲示板に書かれていることを裁判上の証拠として提出してくる方がでてきた以上、やはり事実関係をはっきりさせておかないと匿名掲示板に書かれていることをB医師のように信じてしまう方が以降も出現してきてしまう可能性があるため今回の裁判の公的記録を証拠としてきちんと開示し皆様に誤解がないようにしたいと思います。


お互いの言い分を公開するのが公平だと考えるため今回は当方の6月12日提出準備書面対するB医師側の第4準備書面を供覧します


原告B医師第4準備書面_d0092965_01561713.jpg

原告B医師第4準備書面_d0092965_02164668.jpg

原告B医師第4準備書面_d0092965_01570211.jpg
原告B医師第4準備書面_d0092965_01571499.jpg




by shirayuribeauty | 2018-11-20 00:52 | その他
原告B医師 第3準備書面  + 甲17~28証拠説明書
以前のB医師裁判の公判日の際に裁判官から以下の条件で和解を勧められました。

和解案
「原告(B医師)は自身のブログ記事に関していままで互いに誤解を招く原因となった(私との別人の)伊藤姓に関する記事を消し今後は被告に関連することは掲載しない。被告(当方)は原告との紛争に関する記事を消し 今後も掲載しない。」

「上記和解案はいかがですか?」と裁判官がB医師に提案したところB医師は「それは飲めません。 今はインターネットやSNS等であっという間に情報は広がりいままでの私に関する情報もどこかのだれかがコピーし保存しているでしょうから被告のブログからそれが消されてもインターネット空間上から一切を消し去ることは無理なので私が反論できる余地は確保しておきたいです。」という内容をおっしゃっていました。

私もB医師の案に賛成です。 私自身も事実無根の誹謗中傷を多数さも事実かのように匿名掲示板に書かれておりましたが「有名税みたいなもの」だからと考え気にせず業務に邁進しておりました。しかしB医師のように匿名掲示板に書かれていることを裁判上の証拠として提出してくる方がでてきた以上、やはり事実関係をはっきりさせておかないと匿名掲示板に書かれていることをB医師のように信じてしまう方が以降も出現してきてしまう可能性があるため今回の裁判の公的記録を証拠としてきちんと開示し皆様に誤解がないようにしたいと思います。


お互いの言い分を公開するのが公平だと考えるため今回は当方の6月8日提出準備書面に対するB医師側の第3準備書面を供覧します

原告B医師 第3準備書面  + 甲17~28証拠説明書_d0092965_05071883.jpg
原告B医師 第3準備書面  + 甲17~28証拠説明書_d0092965_05012633.jpg

原告B医師 第3準備書面  + 甲17~28証拠説明書_d0092965_05075376.jpg
原告B医師 第3準備書面  + 甲17~28証拠説明書_d0092965_05081457.jpg
原告B医師 第3準備書面  + 甲17~28証拠説明書_d0092965_05084168.jpg
原告B医師 第3準備書面  + 甲17~28証拠説明書_d0092965_05091255.jpg
原告B医師 第3準備書面  + 甲17~28証拠説明書_d0092965_05093887.jpg
原告B医師 第3準備書面  + 甲17~28証拠説明書_d0092965_05100594.jpg




原告B医師 第3準備書面  + 甲17~28証拠説明書_d0092965_03105204.jpg
原告B医師 第3準備書面  + 甲17~28証拠説明書_d0092965_03110773.jpg
原告B医師 第3準備書面  + 甲17~28証拠説明書_d0092965_03113917.jpg
原告B医師 第3準備書面  + 甲17~28証拠説明書_d0092965_03175103.jpg



by shirayuribeauty | 2018-11-19 00:05 | その他