2018年 10月 21日 ( 1 )
NIMR(非切開式咬筋委縮術) 術後約3か月
今日は1943年に明治神宮外苑競技場にて出陣学徒壮行会が開かれた日になります。


Today is the day when a send-off party for the students to the war front was performed in outer gardens of Meiji Shrine sports stadium in 1943 .



本日ご紹介の患者さんは正面からみたエラの部分の張りを減じる目的で咬筋委縮術(NIMR)をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_02173654.jpg
ご感想は「大満足(6/6)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。


NIMR(non incisinal masster reduction : 非切開式咬筋萎縮術)
高周波を用いて咬筋神経を処理して半永久的な咬筋の大きさを減じることを目的とする施術です。

リスク
・咬筋が耳下腺の近くにあるため高周波による耳下腺損傷が生じた場合 唾液の貯留がしばらく生じます。(フェイスリフトの際に生じる可能性のある耳下腺損傷と同様の症状)
・稀に処理した神経が復活してくることがあり得ます。
・感染

メリット
・正面から見たお顔が細くなります。
・歯ぎしりの癖がある方は症状が緩和します。→ 歯の咬耗ならびに歯根破折のリスクが減ります。
・口腔内を数㎜の切開で済みます。
・効果は通常は半永久的です。



先日お心遣いを戴きました。
d0092965_02344180.jpg
ありがとうございます。 どうかどうかをお気を遣わないでください。


[PR]
by shirayuribeauty | 2018-10-21 23:13 | 美容外科