2018年 01月 22日 ( 1 )
他院鼻翼拳上術のキズ痕修正術 (Acell)
本日ご紹介の患者さんは 形成外科専門医にて鼻翼拳上術 という手術をお受けになられたとのことで そのキズ痕に悩んでいらしゃった患者さんです。

鼻の形も悩んでいらっしゃっいましたがそれに対しては鼻の複合外科治療で改善しました。

傷痕に対しては 細胞外マトリクス(A cell)を用いた 傷痕治療を行いました。

左:術前です      右:治療後約4か月再診時です
d0092965_04490527.jpg

えぐれたようなキズ痕は目立たなくなり順調な経過です。



反対側です。
左:術前です      右:治療後約4か月再診時です

d0092965_04491241.jpg
凸とえぐれたようなキズ痕は改善し 順調な経過です。


Acell治療後はしばらくキズの赤味があります。

そのダウンタイムを乗り切れる覚悟のある方しかAcell治療の御依頼はお引き受けしていません。

よく頑張られました。

またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いを戴きました。
d0092965_04553994.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。



[PR]
by shirayuribeauty | 2018-01-22 23:45 | 美容外科 | Comments(0)