二の腕脂肪吸引
先日ご返信させていただいた患者さんのメールより 

青字が私の返信内容になります。
前半部分は略して掲載します。

「前半略」
> ⇒自身の鼻先の厚みが解らず、
> また今回お願いいたします術では筋膜等がどのように扱われるのか
> (取り除かれるのか、利用できるのか、そもそも癒着してしまっているのか)
> 筋膜自体の性質を理解しておらず(体内に入れておきながら、恥ずかしいです)
> シリコンプロテーゼを挿入しなくとも自身の希望する鼻様に近づけるのではないか、いやそうではないのか。。考えています。
> できる事なら、プロテーゼを使用しなくても良いようにと思い、自身で考えておりましたが、カウンセリング時に聞き損じてしまった為に、
> 自身納得した上での希望を、伝える自信がありません。
> 本当に、、、申し訳ありません。
> 回答をお待ちしております。
癒着は周囲の組織にしているでしょうがプロテーゼ自体は留置可能だと思います。 ただし必要か否かの判断は非常に難しく
もう一度○○様を目の前にしてご希望の形態の写真と見比べながら判断せざるをえません。

> 最後に。
> 私が先生のもとへカウンセリングへ参りましたのは、ブログでの先生の施術を拝見し、希望を持ったからです。
> 鼻尖縮小の下から見た鼻先の自然さは本当に美しいと思いました。
> ブログを拝見できて良かったと思い、希望を持てたことは私にとってとても有難い事でした。
> 心の余裕を保つことができず、伝えれませんでしたが、この場で感謝の気持ちを述べさせていただきます。
> 又、1年半ほど前、はじめにお会いした時の先生とは別人のようにお疲れのご様子でした。
> そのような様子となるのは無理もなく、自身の態度を省みる一つとなりました。
> 申し上げることなど、
> 私にはできないのですが
> 有難う御座います。
いえ、実際私は日々の業務に忙殺され疲れていると思います。○○様のご要望に応えきれる自信がありません。
私を過大評価なさらず近医でご自身のご希望の沿う手術をしてくれる先生に施術をしてもらうのが術後のケア等考えて良いかと思います。


別人のように疲れた様子・・・・自分ではあまり自覚していませんでしたがボディーブローのようにいろんなものが蓄積して疲れていたのかもしれません。 疲れた様子をお見せして申し訳ありませんでした。 戴いたこの一言は自分の生活のあり方ひいては人生の生き方を内省するきっかけとなりました。

実際疲れていた夜中に返信して疲れた雰囲気のメールをご返信したことも反省しています。

ただ私は患者さんのご希望が私の実力以上と感じご要望に応えきれる自信がない場合ははっきり申し上げることにしています。 特にお鼻のご依頼に多いのですが、私はお鼻をまるで粘土細工をこねるかのごとく希望通りに形態を形成することはできません。 ご遠方から神の手のごとくご期待をされてきて戴くとは私にとって過分なことであり手術の結果がご期待に添えない、もしくは合併症を生じた時のことを考えるととても手術のご依頼をお受けすることはできません。
どうかご理解のほどお願い申し上げます。

本日ご紹介の患者さんは二の腕の脂肪吸引をお受けになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後半年再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_22411243.jpg

細め希望でしたのでしっかり吸ったせいで三角筋の輪郭が上腕を上げるとはっきりみえてややスポーティーな印象ですが順調な経過です。

お心遣いをいただきました。
d0092965_2345426.jpg

ラスクでした。 ありがとうございます。 どうか御気を遣わないで下さい。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-01-08 21:26 | 美容外科
<< お尻の脂肪吸引管痕 ハイブリッドプロテーゼ、鼻孔縁挙上術 >>