人気ブログランキング | 話題のタグを見る
肩幅短縮(鎖骨短縮術):プレート法 術後約半年再診時
今日は1942年珊瑚海海戦にて日本海軍と連合国海軍の間で史上初の航空母艦同士の海戦が行われた日になります。日本海軍の戦術的勝利に終わった海戦ですがこの海戦のおかげで海からのポートモレスビー(パプアニューギニア)攻略を断念してしまったのは残念でした。

しかし、この戦術的な勝利にもかかわらず、珊瑚海海戦は戦略的には連合国側の勝利と見なされています。というのも、日本軍がポートモレスビーを海から攻略する計画を断念せざるを得なくなったからです。この結果、連合国側はポートモレスビーを保持し、その後の戦争の進行において重要な拠点となりました。さらに、珊瑚海海戦はミッドウェー海戦へとつながる前兆ともなりました。ミッドウェー海戦では、連合国側が決定的な勝利を収め、日本海軍の航空母艦部隊に大打撃を与えることになりました。このように、珊瑚海海戦は太平洋戦争における重要な転機となった戦闘の一つとして歴史に刻まれています。ポートモレスビーの攻略が断念されたことは、日本にとって戦略的な失敗と言えます。その後の戦況の展開を考えると、珊瑚海海戦は連合国側にとって非常に重要な勝利だったと言えます。


Today marks the anniversary of the Battle of the Coral Sea in 1942, where the first naval battle in history between aircraft carriers took place between the Imperial Japanese Navy and the Allied Navy. Although it ended in a tactical victory for the Japanese Navy, it is unfortunate that this battle led to the abandonment of the plan to capture Port Moresby (Papua New Guinea) from the sea.

However, despite this tactical victory, the Battle of the Coral Sea is considered a strategic victory for the Allies. This is because the Japanese forces were forced to abandon their plan to capture Port Moresby from the sea. As a result, the Allies retained control of Port Moresby, which became an important base for the further progression of the war.

Furthermore, the Battle of the Coral Sea served as a precursor to the Battle of Midway. At the Battle of Midway, the Allies achieved a decisive victory, delivering a significant blow to the Japanese Navy's aircraft carrier fleet. In this way, the Battle of the Coral Sea is marked in history as one of the crucial turning points in the Pacific War.

The abandonment of the plan to capture Port Moresby can be seen as a strategic failure for Japan. Considering the subsequent developments in the war, the Battle of the Coral Sea can be regarded as a highly significant victory for the Allies.



本日御紹介の患者さんは肩幅を狭くしたいとのご希望にて鎖骨短縮術 (プレート法)をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
肩幅短縮(鎖骨短縮術):プレート法 術後約半年再診時_d0092965_06460400.png

左:術前です      右:術後約半年再診時です。
肩幅短縮(鎖骨短縮術):プレート法 術後約半年再診時_d0092965_06471146.png
ご感想は「結果は実感しているが、あともう少し短縮できれば尚うれしかった」とのことで「満足(4/5)」とのことでした。
またのご来院をお待ちしております。


鎖骨短縮術の短縮量は患者さんとご相談して決めますが基本的には機能障害(肩の関節可動域制限)を生じさせないために鎖骨全長の10%までを推奨させていただいております。 本ケースは全鎖骨長の10%の短縮量生涯手を拳上するような動作は基本的にしないのでもっと短縮してほしいとのご希望も多くいただきますが、機能障害になると将来やはり後悔しかねないため熟慮していただきたいと思います。


肩幅短縮スクリュー法のメリット 
The benefits of clavicle shortening screw method:
・創がプレート法と比較して小さいです。
The incision is smaller compared to the plate method.

肩幅短縮スクリュー法のデメリット・リスク
The disadvantages and risks of the clavicle shortening screw method are as follows:
・プレート法と比較して偽関節になるリスクが高いです。
Higher risk of pseudoarthrosis compared to the plate method.
・スクリューが折れたり、骨から飛び出たりする可能性があります(プレート法と比較した場合 、プレート法より破損率が高いです。)
Potential for screws to break or protrude from the bone, with a higher rate of damage compared to the plate method.
・片肩ずつの手術になります。(今までは両肩同時に希望される方がいらっしゃった場合、必ず両腕を3か月は固定の条件で行っていましたが、約束をお守りいただけなかった患者さんがいらっしゃったので今後は片肩ずつの御依頼しかお受けいたしません)
The surgery is performed on one shoulder at a time. In the past, we used to perform both shoulders simultaneously for patients who requested it, but due to some patients not adhering to the required 3-month immobilization conditions, we will only accept requests for one shoulder at a time in the future.

肩幅短縮プレート法のメリット
The advantages of clavicle shortening plate method are as follows:
・両鎖骨同時に手術が可能です。
Simultaneous surgery on both clavicles is possible, allowing for efficient treatment without the need to operate on each shoulder separately.
・固定力がスクリュー法と比較してすぐれているため偽関節等のトラブル発生確率が低いです。
Superior fixation strength compared to the screw method, resulting in a lower risk of complications such as pseudoarthrosis.

肩幅短縮プレート法のデメリット・リスク
The disadvantages and risks of the clavicle shortening plate method are as follows:
・創がスクリュー法と比較して長いです。約8cm(キズの長さはプレートより小さいですがプレートおよびキズのサイズは体格による個人差があります。)
Longer incisions compared to the screw method  Approximately 8cm (the length of the wound may be smaller than the plate, but plate and wound length vary depending upon individual physique )
・プレートが皮下に目立つためいずれ抜去手術はほぼ必須です。
The plates are often visible beneath the skin, making removal surgery (explantation) almost necessary in the future.



先日お心遣いをいただきました。
肩幅短縮(鎖骨短縮術):プレート法 術後約半年再診時_d0092965_06525392.jpg
注:本ブログに掲載している戴きものはその日の記事に記載している患者様からいただいたものとは原則として無関係です)
"Please note that the items featured in this blog, as a general rule, are unrelated to the patients mentioned in the daily articles."

ありがとうございます。どうか御気を遣わないでください。




by shirayuribeauty | 2024-05-08 07:01 | 美容外科
<< 幹細胞増殖因子注入豊胸術   ... クリニック名  名称変更のお知らせ >>