人気ブログランキング |
最小切開法 額および眉間アパタイト 術後約半年
本日ご紹介の患者さんは額を丸くしかつ眉間部分も形成したいとのご希望にて額およ眉間アパタイト形成術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
最小切開法 額および眉間アパタイト 術後約半年_d0092965_05575600.jpg
ご感想は「のっぺり感が解消されました」とのことで「大満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。


最小切開法 額アパタイト形成術のメリット
・キズが数mmで額を丸くすることができます。

最小切開法 額アパタイト形成術のデメリット
・凹凸が生じる可能性があります。
・術後しばらく額~前頭部にかけて痺れが生じる可能性があります。
・感染が生じる可能性があります。


先日お心遣いをいただきました。
最小切開法 額および眉間アパタイト 術後約半年_d0092965_06030840.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。



by shirayuribeauty | 2020-11-03 05:55 | 美容外科
<< 口唇脱色治療 治療開始後約半年再診時 他院顎先術後 顎先骨切術 >>