人気ブログランキング |
上下顎歯槽骨骨切後方移動術(上下顎骨前歯部セットバック):口元を引っ込める手術  術後約半年再診時
本日ご紹介の患者さんは口元を引っ込めたいとのご希望にて 上下顎歯槽骨骨切後方移動術(上下顎骨前歯部セットバック):口元を引っ込める手術 をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
上下顎歯槽骨骨切後方移動術(上下顎骨前歯部セットバック):口元を引っ込める手術  術後約半年再診時_d0092965_23102427.jpg
口元はすっきりになられました。 

ご感想は「術前にある程度イメージできていただので仕上がりはほぼ満足ですが、思ったより下がっていたのかあごが目立つ様になりました。 親切にご対応してくださりうけて良かったと感じます。」とのことで「満足(5/6)」とほぼ順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。





上下顎歯槽骨骨切後方移動術(上下顎骨前歯部セットバック):口元を引っ込める手術 のメリット及びリスクについて

上下セットバックのメリット
・早期に顔貌 とくに口元の改善が得られます。

上下セットバックのリスク
・希望より口元が下がりすぎた風貌が術後気になる可能性。
・通常第一小臼歯を抜歯して後方に下げますが術後犬歯と第二小臼歯間に多少隙間が生じる可能性。
 その隙間が気になる場合は術後矯正もしくは補綴を要する。
・咬合が不良になる可能性(その場合術後矯正や補綴により改善)
・隣接歯の歯根露出、歯槽骨喪失が生じる可能性 (その場合歯周科的治療を要する可能性)
咬合が変わるため歯根破折が生じる可能性 (状態によっては抜歯しインプラントまたはブリッジの補綴または歯科矯正を要する可能性)
・歯肉壊死 歯肉退縮が生じる可能性 (状態によっては歯肉移植等を要する可能性)
・歯槽骨壊死が生じる可能性 (治癒まで約6か月様子をみて場合によっては再建術を要する可能性)
・口蓋瘻を生じる可能性 (生じた場合は通常数か月で閉じますが半年経て閉じない場合は外科的治療を要します)
・感染
・上顎洞炎が生じる可能性
・上下顎の正中が希望通りにならない可能性(術後矯正や術後補綴が必要になる可能性)
・全身麻酔のリスク





先日お心遣いを戴きました。
上下顎歯槽骨骨切後方移動術(上下顎骨前歯部セットバック):口元を引っ込める手術  術後約半年再診時_d0092965_23185911.jpg
ありがとうございます。深謝します。
どうかお気を遣わないで下さい。
またの御来院をお待ちしております。

by shirayuribeauty | 2020-07-19 23:13 | 美容外科
<< 口角挙上(外側法) 、上下口唇... 陰核包皮縮小形成術、陰核包皮癒... >>