人気ブログランキング | 話題のタグを見る
エランセM 眉部分 注入 術後約半年再診時
本日ご紹介の患者さんは 眉毛部分に立体感を出したいとのご希望にてカウンセリングの結果、眉部分にエランセM(PCL(ポリカプロラクトン)を主成分とする注入材)の注入術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です
下段:眉部分 エランセM 注入術 術後約半年再診時です
エランセM 眉部分 注入 術後約半年再診時_d0092965_01060789.jpg
ご感想は「大満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。



エランセのメリット

エランセはPCL(ポリカプロラクトン)を主成分とする注入材です。
最終的にはすべて吸収されるため、体に異物が残ることはありません。
また、注入した部位のコラーゲン形成を助ける素材で、注入部位のハリや弾力アップにが期待できます。
エランセは、欧州CEマークと米国FDAを取得しています。


エランセのデメリット

ヒアルロン酸のように分解酵素を注射することによりすぐ元に戻すことができるわけではないのが欠点です。


持続効果については S<M<L<E の順で長持ちし エランセEは約4年持つとされています。


by shirayuribeauty | 2020-05-11 23:04 | 美容外科
<< 下顎骨外板切除、鼻翼基部骨移植... 鼻翼基部プロテーゼ 術後約半年再診時 >>