人気ブログランキング |
鼻根縮小術(鼻骨骨切り幅寄せ術)、わし鼻修正術 術後約半年
今日は1932年 に満州国の建国が宣言され、その10年後の 1942年 にバタビア沖海戦で、日本海軍が連合軍艦隊に勝利し、インドネシア方面の連合軍艦隊が壊滅した日となります。

そのバタビア沖海戦の12年後の1954年3月1日に第五福竜丸が米国のビキニ環礁の水爆実験によって発生した多量の放射性降下物を浴び無線長久保山愛吉氏がこの半年後の9月23日に急性放射能症で死亡しました。現在は第五福竜丸は東京夢の島の第五福竜丸展示館に展示されています。



本日ご紹介の患者さんは正面からみて鼻根部を細くする目的で鼻根縮小術(鼻骨骨切幅寄せ術)、横からみた際の鼻背のでっぱりを改善する目的でわし鼻修正術をお受けになられて術後約半年になる患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
鼻根縮小術(鼻骨骨切り幅寄せ術)、わし鼻修正術 術後約半年_d0092965_03363767.jpg
ご感想は「正面からは100%満足です。 横からはもう少しハンプを切除してもよかったかなと思います。」とのことで「満足(5/6)」と順調な経過です。




既往としてA院にて鼻尖縮小術および鼻尖部軟骨移植術をお受けになられたところ、手術前にはとがっていた鼻が逆にぼってりしてしまい、また鼻尖部の左横にへこみができてしまったとのことでした。
その修正手術を執刀医に求めるも「もうこれ以上手術はできない」と言われ これ以上細くしたいなら注射療法しかないといわれたとのことでした。
その後問い合わせメールを送るもメールの返答もしてくれなくなってしまったとのことでご相談に来られました。

A院医師で鼻の手術をうけて 鼻先がぼってりした とか 変な凹みができた とか アフターケアの相談をしてもメールの返答もなくなってしまった とか 「私にはその手術は本来はできた」 と後から言われた 等の悩み相談を他にもいろんな患者さんから聞きますが、やはり執刀した医師に責任をもってもらうためにも、また当方もA院医師から逆恨みされて面倒事に巻き込まれると大変なため某医師を再受診して修正手術を相談するようにアドバイスを何度もさせていただきましたが、「どうしてももう(A院には)行きたくない」とのことで手術前に4回もカウンセリングにお越しになり当院での修正手術を強くご希望されたためご依頼をお引き受けすることとしました。

他院鼻尖部軟骨移植術後軟骨除去手術、鼻尖上部縮小術、小鼻肉厚減幅術、鼻口唇角形成術、鼻背皮切り術 おお受けになれその術後約1年後に鼻根縮小術、わし鼻変形修正術をお受けになられました。


上段:当院初診時です
下段:他院鼻尖部軟骨移植術後軟骨除去手術、鼻尖上部縮小術、小鼻肉厚減幅術、鼻口唇角形成術、鼻背皮切り術 術後1年半
   鼻根縮小術、わし鼻修正術半年です
鼻根縮小術(鼻骨骨切り幅寄せ術)、わし鼻修正術 術後約半年_d0092965_03465216.jpg
初診時と比較してもずいぶん鼻がすっきりされました。

他院でも修正不能とされても改善しうる事は十分あり得ますのでお悩みがある方は一度ご相談くだされば幸いです。



先日お心遣いを戴きました。
鼻根縮小術(鼻骨骨切り幅寄せ術)、わし鼻修正術 術後約半年_d0092965_04212870.jpg
ありがとうございます。どうかお気を遣わないでください。




by shirayuribeauty | 2020-03-01 03:43 | 美容外科
<< 埋没二重形成術(DT法 (do... 鼻尖部軟骨移植、 鼻孔縁延長術... >>