陰核包皮縮小形成術、陰核包皮癒着剥離術、肛門美的形成術 術後約半年
本日ご紹介の患者さんは陰核包皮縮小形成術、陰核包皮癒着剥離術、肛門美的形成術 をお受けになられて術後約半年になる患者さんです。
婦人科形成術はエキサイトの規約上、症例写真は掲載していません。感想文のみの掲載です。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です(症例写真は肛門美的形成術の写真のみとしています)
d0092965_03282418.jpg

ご感想は「満足(6/6)」と順調な経過です。
d0092965_03521905.jpg
ありがとうございます。
どうかお気を遣わないでください。

肛門美的形成術のリスク
・再発
・しばらくの間排便時痛が生じる可能性

by shirayuribeauty | 2018-12-14 00:26 | 美容外科
<< 前医 鼻中隔延長術 術後修正術 軟骨操作のみによる斜鼻修正術、... >>