医療法人間 名誉棄損裁判 控訴審(東京高裁)  判決言い渡し内容
私とは全くの別人の伊藤姓を被告とした判決文が某クリニックのブログに載り、それが原因となり匿名掲示板にて“私伊藤が被告となり敗訴した”と事実無根の誹謗中傷が多数なされました。 根拠不明の誹謗中傷は匿名掲示板の常であり賢明な当院の患者様方は歯牙にも掛けないでしょうがそれなりの根拠(他院医師のブログ記事)があるとのことで当院の患者さんでご不安になられている患者さんもいらっしゃったため、原因となっている当該クリニックの院長医師に対し事情を説明し当該クリニックのブログにおいて当方とは全くの別人の伊藤氏である旨をブログに付記してほしいとお願いする内容証明郵便をお送りするもお願いを聞き入れてくださりませんでした。
やむなく別人であることを立証するためにそのお願いを記載した内容証明郵便を当ブログに掲載したところ、それが当該クリニックおよびその院長に対する名誉棄損に該当すると当該クリニック医療および院長医師から訴訟を提起されました。 

一審地裁は原告の訴えが棄却されましたが、原告は高等裁判所に控訴していました。

本争いの大元である原告医師のブログ記事における別訴裁判【私とは別人の伊藤氏が敗訴となったという裁判】が実在する証拠として事件番号の開示を求めましたが原告は最後まで開示してくださいませんでした。

本裁判において私が敗訴するような事態になった場合は、今後インターネット上において相手に悪意があった場合に意図的に判決文を偽造して(今回 原告医師が偽造したかどうかは検証しようがないのでそれは別問題として 一般論として無関係の他者に対する誹謗中傷の原因となる判決文の実在の実証義務がインターネット上掲載者にないとなると)それを元に匿名掲示板で誹謗中傷することが可能になりえる世の中になると危惧していました。

そのようなことがまかりとおってはいけないと社会に対し警鐘を鳴らすためにもやむなく裁判の全経過を可視化するべく裁判記録を公開させていただきました。

結果は
地裁は原告の請求棄却
高裁も原告の請求棄却という結果になりました。

東京高等裁判所判決内容は以下になります。

d0092965_10052140.jpg
d0092965_10131312.jpg
d0092965_10175117.jpg
d0092965_10180832.jpg
d0092965_10182034.jpg
d0092965_10062145.jpg
d0092965_10284614.jpg
d0092965_10291500.jpg
d0092965_10300119.jpg
d0092965_10302496.jpg
d0092965_10303915.jpg
d0092965_10305284.jpg
d0092965_10310708.jpg
d0092965_10312357.jpg
d0092965_10080551.jpg
d0092965_10324297.jpg

d0092965_10325775.jpg
d0092965_10331080.jpg

d0092965_10090806.jpg


やむなく争い事に巻き込まれてしまいましたが、争い事がなくなることを願ってやみません。



よもの海 みなはらからと 思ふ世に
   など波風の たちさわぐらむ
(明治天皇御製)

We are brethren all!
If this be truth why do we
A quarreling fall
So easily Must we be
As wind torn waves on four seas?
(translated by C.K.Dozier)

[PR]
by shirayuribeauty | 2018-10-05 10:03 | その他
<< 他院ヒッププロテーゼ入れ替え術... 目の下のクマ治療: 脂肪移植 ... >>