中顔面短縮術(上顎LeFortⅠ型骨切術+下顎矢状分割術),あご先骨切前方移動術 術後約1.5か月再診時
本日ご紹介の患者さんは「他院にて人中短縮術をうけたところ口が閉じられなくなり常にはが見えるようになってしまったので上顎を短くしたい、 他院にてあご削りをしたが下唇が閉じれなくなりさらに木庭尾になりたいのであごを短くしつつ口が閉じれるようになりたい、 横顔がコンプレックスのためEラインに近づくよう整えてほしい、口元を後ろに下げたい きゅっとしたあごで小顔になりたい、とにかく口を閉じれるようになりたい!」 とのご希望でカウンセリングの結果、中顔面短縮術(上顎LeFortⅠ型骨切術+下顎矢状分割術),あご先骨切前方移動術をお受けになられました。


上段:術前です
下段:中顔面短縮術(上顎LeFortⅠ型骨切術+下顎矢状分割術),あご先骨切前方移動術 術後約1.5か月再診時です
d0092965_04483038.jpg
上顎は約7mm短縮し、後方に3mmセットバックしています
ご感想は「大満足(6/6)」と順調な経過です。

まだ術後1.5か月なので腫れています。 
輪郭手術の完成は術後半年になります。


またのご来院をお待ちしております。


中顔面短縮術のリスク: 下記リスクを予防するため各施設で最善の努力をしているはずですがそれでもゼロにはできない故 熟慮が必要です。

1.全身麻酔の事故のリスク (約7万件の全身麻酔に1件の麻酔死亡事故確率の統計調査報告等あります)
2.術後の腫れによる気道閉塞 → 気管切開等必要になる可能性
3.感染
4.感染や血流不良による歯肉や歯槽骨の壊死、欠損
5.プレートやネジがゆるんだりして再手術になる可能性  
6.咬合の安定化まで時間を要する。場合によっては術後矯正が必要になる可能性。
7.眼窩下神経麻痺や下歯槽神経麻痺の可能性
8.出血
9.鼻中隔湾曲が生じる可能性
10.口蓋瘻が生じる可能性
11.鼻の形態が変わる可能性
12.歯の違和感がしばらく残存する可能性
13.蝶口蓋動脈や大口蓋動脈に動脈瘤が生じ術後しばらくして突然止血困難な鼻血出血が生じる可能性
14. 術後耳管機能障害を発症する可能性(通常は数日から数週で改善します)
15. 上顎骨馬蹄形骨切術を併用した場合、口蓋の天井が低くなることにより構音上発音しずらくなる音が生じる可能性
16.上顎洞炎を発症する可能性
17.上顎骨に馬蹄形骨切をした際に上顎口腔の天蓋領域に凸隆起を舌で感じる可能性
18.外国の報告においては発生率は稀と思われますが「失明」の報告があります。(一応この合併症を避けえる術法はありとされており私もその術法にのっとって手術をおこないますが絶対おこらない保証はありません。) 日本国内のケースでは私が浅学なのか見聞したことはありません



先日お心遣いを戴きました。
d0092965_04560148.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
またのご来院をお待ちしております。

[PR]
by shirayuribeauty | 2018-07-23 23:46 | 美容外科 | Comments(0)
<< 脱毛のご案内 頬骨V字骨切術,他院鼻翼基部プ... >>