上下口唇縮小術  術後役7年再診時
今日は2005年 に天皇、皇后が大東亜戦争時激戦地であったサイパン島を訪れた日になります。
日本人として「我ら降伏せず サイパン玉砕戦の狂気と真実」田中徳祐 著の復刊を強く望みます。


本日ご紹介の患者さんは上下口唇縮小術をお受けになられて 術後役7年再診時になる患者さんです。
上段:術前です
下段:術後約7年再診時です
d0092965_04250779.jpg
ご感想は「満足(6/6)」と順調な経過です。
またのご来院をお待ちしております。


上下口唇縮小術のリスク
・術後しばらくしびれる場合があります。通常は完治しますが完全に治る保証はできません。
・術後しばらく硬結を感じる場合があります。
・血腫が生じる可能性があります。
・小唾液腫によるmucoceleが生じる可能性があります(加療によりすぐ治ります)
・しばらく口腔内に水を含みブクブクしたりストローで水を飲んだ際に水が漏れる場合があります(通常は経日的に治ります)



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_05000403.jpg
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。



[PR]
by shirayuribeauty | 2018-06-27 00:22 | 美容外科
<< スプリングスレッド4本、頬アキ... 中顔面短縮術(上顎LeFort... >>