医療法人間 名誉棄損裁判 控訴審(東京高裁)PartⅡ
今日は1953年に日比両政府がフィリピンのモンテンルパ刑務所に収監されていた日本人戦犯106名の減刑・釈放に合意した日になります。

ああモンテンルパの夜は更けて という歌を知っていますか?

この歌はフィリピンの日本人B級戦犯死刑囚により作詞作曲され、歌ったのが「支那の夜」や「何日君再来」などを歌った渡辺はま子氏になります。

1952年大東亜戦争終戦後7年も経過し、サンフランシスコ講和条約から1年もたって、A級戦犯も免責されんとしている時、まだ異国で処刑されていくBC級戦犯がいました。その異国の一つにフィリピンがあり日本人戦犯はモンテンルパ刑務所に収監され処刑されていっていました。

渡辺はま子氏は「ああモンテンルパの夜は更けて」のレコード化に奔走して、遂に大ヒットさせました。これにより、自分の生活に追われていた日本人の多くがフィリピンにおける同胞の悲愴な現実を知ることとなり、集票組織の無かった当時としては異例の、500万という助命嘆願書が集まりました。


1952年年12月24日、歌手・渡辺はま子氏のこの歌がモンテンルパの刑務所の中を流れました。40度を超す酷暑の中で、渡辺はま子氏は振袖を着て歌いました。この歌が流れると会場の中からすすり泣きが聞こえたといわれています。会場にいたフィリピンの元駐日大使デュラン議員が、当時禁じられていた国歌「君が代」を「私が責任を持つ、歌ってよい」と言った為、全員が起立して祖国日本の方に向い歌い始めましたが多くの人は泣いて声が出ず、泣き崩れる者もいたとされています。

しかしこの「ああモンテンルパの夜は更けて」のメロディーがそれを聞いたフィリピン大統領のキリノ氏の心を動かし日比両国の日本人戦犯106名の減刑・釈放合意につながりました。 

フィリピンは1898年6月12日独立宣言するも米比戦争で60万人のフィリピン人がアメリカ人により無残に虐殺され1946年7月4日に米国から独立の承認を得るまでに実に50年近くの歳月を要した国になります。




昨日某訴訟の控訴審がありました。

医療法人はその運営の透明性の確保を図るように努めなければならない以上、透明性を確保すべき医療法人間における紛争も可能な限り開示して皆様のご判断を仰ぎたいと思います。
透明性を確保するために双方の言い分を掲載します。

昨日のブログで相手方の主張を掲載したので本日記事でそれに対する当方の言い分(主張)を掲載します。
d0092965_05143127.jpg
d0092965_05244534.jpg

d0092965_05161087.jpg
d0092965_05162983.jpg
d0092965_05164307.jpg
d0092965_05165377.jpg
d0092965_05170539.jpg
d0092965_05171532.jpg
d0092965_05172545.jpg
d0092965_05173662.jpg
d0092965_05174673.jpg
d0092965_05180152.jpg
d0092965_05183476.jpg
d0092965_05190726.jpg
d0092965_05191772.jpg
d0092965_05193091.jpg
d0092965_05194368.jpg
d0092965_05195858.jpg
d0092965_05201078.jpg
d0092965_05202399.jpg
d0092965_05403903.jpg

d0092965_05204958.jpg
d0092965_05210177.jpg
d0092965_05211377.jpg
d0092965_05212655.jpg
d0092965_05214224.jpg
d0092965_05215666.jpg
d0092965_05220847.jpg
 昨日の期日が高裁での初回で最後の期日となりました。 1回の開廷だけで結審になるとは驚きでした。
 相手方は某伊藤氏との裁判書類なるものを再度持参してきましたが一審の時と同様付箋で多数隠されており「事件番号はあかせない」とのことで 「それでは見ても・・・」となり結局私も裁判官達も手に取ることなく終結しました。
判決は9月になります。
どのような結果であれ皆様にはきちんと報告したいと思います。






















[PR]
by shirayuribeauty | 2018-07-06 10:30 | その他 | Comments(0)
<< 肛門美的形成術 術後3か月 医療法人間 名誉棄損裁判 控訴... >>