OICR (open incisional calf reduction) : ひざ裏切開式(オープン法)腓腹筋萎縮術
本日ご紹介の患者さんはふくらはぎを細くしたいとのご希望にてOICR (open incisional calf reduction) : ひざ裏切開式(オープン法)腓腹筋萎縮術をお受けになられた患者さんです。


内側のみの神経処理をご希望されたため 腓腹筋の内側を支配する神経のみ切断処理しています。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_01133277.jpg
御感想は「形は変わりました。 内側の張り出しが無くなりました。日常生活には差し支えは全くありませんが、運動能力は低下しました。 内側に力が入らなくなったので後ろふくらはぎに力が入るようになりました。 あとはキズ痕の色が薄くなってほしいです。」とのことで「満足(4/5)」と順調な経過です。


傷痕のアフターケアにはレーザー、光治療等あります。まだ一回もお受けになられていないので次回お時間のある時にお受けにご来院いただければ幸いです。

またの御来院をお待ちしております。




[PR]
by shirayuribeauty | 2018-03-07 23:57 | 美容外科 | Comments(0)
<< 他院涙袋プロテーゼ抜去後 当院... 他院セリューション脂肪移植豊胸... >>