顎先T字骨切術、鼻中隔延長術、鷲鼻修正術、額脂肪移植 術後約5か月再診時
本日ご紹介の患者さんは顎先T字骨切術、鼻中隔延長術、鷲鼻修正術 術後約5か月再診時になる患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約5か月再診時です
d0092965_02434066.jpg
側面像です。
上段:術前です
下段:術後5か月再診時です
d0092965_02504848.jpg
御感想は「顎先はだんだんと細くなってきているのであと顎下、顎ラインの脂肪を吸引したらだいぶ理想になるのかと思い満足しています。 鼻に関しては鼻先が下に向きすぎているように感じている。おでこには(脂肪を)再注入希望」とのことで「ふつう(3/5)」とのことでした。

確かに顎は骨切で小さくなると余剰軟部組織が生じますので 術後半年経て気になるようであれば アキュスカルプレーザーと糸リフトの組み合わせがお勧めです。
鼻に関しては側面からみて術前と比較しそれほど下に下がり過ぎというわけではないと思います。
おでこは再移植をこの術後5か月時に行いましたがその後再診にいらしておりません。

便りがないのはよい便りといいますが定期的な検診は重要です。

またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_03135763.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。




[PR]
by shirayuribeauty | 2018-02-04 00:37 | 美容外科 | Comments(0)
<< 頬骨 V字骨切術  術後 約半... 蒙古ヒダ形成術 術後1か月 >>