ISKD術後約半年 右下肢脚短縮術(1cm)
2月10日  は2001年(平成13年)2月10日8時45分(日本時間)、アメリカハワイ州のオアフ島沖で、愛媛県立宇和島水産高等学校の練習船「えひめ丸」が浮上してきたアメリカ海軍の原子力潜水艦「グリーンビル」に衝突され沈没した事件がおきた日です。乗務員の35人のうち、えひめ丸に取り残された教員5人、生徒4人が死亡して、救出されたうち9人がPTSDと診断されたとされています。

英語圏のマスコミ報道ではえひめ丸について「漁船」と紹介され、高校生が乗っていた実習船であることを報道した記事は少なかったと言われています。

グリーンビルの元艦長スコット・ワドル(当時中佐)は事件の責任について軍法会議で審議されることはなく、司令官決裁による減棒処分を受けただけで、後に軍を名誉除隊しました。2002年12月には愛媛県宇和島市を訪れ、同市内にあるえひめ丸慰霊碑に献花しました。しかし、2006年にワドルはこれまで遺族の意向などで参加できなかったハワイでの追悼行事については「来年の七回忌にぜひ参加させていただきたい」と述べましたが彼は七回忌には参加しませんでした。

ジョージ・ウォーカー・ブッシュ米大統領は電話で森首相に謝罪し米国の責任を全面的に認めたと言われておりジラード事件の頃よりはまだ上等な扱いを受けたかもしれませんが現場で積極的な救命活動を行わなかったワドル氏の責は重いと思います


本日ご紹介の患者さんは 脚延長手術をお受けになられた患者さんです。
術前より右下肢が1cm 左下肢よりも長く、ISKDで左右5cm 延長した後も やはり左右差が気になるという点と 左はバッチリ骨形成をしているのですが右下腿の骨形成がいまひとつなので短縮して骨形成を促進する目的で今回 右下肢下肢短縮術(1cm)を行いました。


左:術前です     
中:左ISKD術後約1年、右ISKD術後約半年 右下肢短縮術術前   
右:右下肢短縮術 術後約1.5か月再診時
d0092965_03024987.jpg
レントゲン上 左右同一の下肢の長さとなりました。
短縮術が刺激になったのか骨もより形成されてきています。

左下肢はすぐ骨ができたのに右下肢の骨形成がなかなか進まずご不安なご様子でしたがこのまま形成されていけば順調でしょう。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_03081939.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。




[PR]
by shirayuribeauty | 2018-02-10 23:57 | 整形外科
<< 脂肪移植豊胸術後約7年再診時 ... 左下腿 脚延長  precic... >>