あご先中抜き骨切術 術後約半年再診時
今日は1943年に明治神宮外苑競技場にて出陣学徒壮行会が開かれた日になります。


Today is the day when a send-off party for the students to the war front was performed in outer gardens of Meiji Shrine sports stadium in 1943


本日ご紹介の患者さんは顎先を小さくしたいとのご希望にて あご先中抜き骨切術をお受けになられて  術後約半年再診時 になる患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_02370752.jpg
御感想は「顎先の拘縮感、下口唇が動かしづらい感じが不快」とのことで「不満(1/5)」ということでした。
客観的にはよく口唇も動いており異常な見た目は一切ないのですが主観的に不快でいらっしゃったらそれはそれで問題です。
通常多くの方が術後約半年で術後の拘縮感が軽減するのですが本患者さんいとっては不快感があるとのことで、結果としてご満足いただける結果をご提供できず遺憾です。
今後はこのようなご不快を訴えた患者さんがいらっしゃったから手術前には本手術を受けるか否か熟慮してほしいと術前の患者さんへの情報提供の一助とさせていただきます。

拘縮感がいずれ経時的に改善していくことを願っています。



先日藤川先生が待合に生け花をいけてくださいました。
d0092965_02510130.jpg
癒されました。 ありがとうございました。


[PR]
by shirayuribeauty | 2017-10-21 02:35 | 美容外科
<< 下顎骨スティック骨切術 術後1... 他院修正  縦長おへそ形成術 ... >>