人気ブログランキング | 話題のタグを見る
鼻翼基部プロテーゼ 術後約2週間再診時
本日ご紹介の患者さんは顔面中央部の陥凹改善目的にカウンセリングの結果 鼻翼基部プロテーゼ留置術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約2週間再診時です。
鼻翼基部プロテーゼ 術後約2週間再診時_d0092965_744564.jpg



左:術前です。              右:術後約2週間再診時です。
鼻翼基部プロテーゼ 術後約2週間再診時_d0092965_7212271.jpg


顔面中央部の陥凹が改善され若々しくなりました。
御感想は「全体的には満足です (4/5)」と順調な経過です。



個人的にはLeFortⅠ型骨切手術を下顎矢状分割術で咬みあわせから根本的に治して差し上げたいケースになります。 
「いままで顎の骨切手術の話をされたことがなかった」とのお話しでした。
今回は侵襲の少ない方法でということでプロテーゼによる中顔面陥凹の改善をしましたが根本的に咬みあわせから治す場合は上下顎手術がよいでしょう。

またの御再診をお待ちしております。




植毛提携クリニック
韓国chamdoctor clinic(チャムドクタークリニック)
http://ameblo.jp/chamdoctor


旧麹町クリニック元院長  博士先生症例写真
http://kmcclinic.exblog.jp/
by shirayuribeauty | 2014-10-26 07:00 | 美容外科
<< 口角つりあげ術 術後約1か月 眉骨アパタイト形成術 >>