325cc豊胸術 
今日は1945年6月28日の深夜11時50分から翌29日深夜2時頃までに長崎県佐世保市に対して米軍の佐世保大空襲があった日になります。  死者は1,200人以上に及びました。
当時、佐世保鎮守府が設置されていた佐世保基地には、空襲による被害はほとんどなく、一般市民を狙い市街地を中心に焼夷弾を投下した鬼畜ルメイの作戦の一環と言えます。



本日ご紹介の患者さんはシリコンバックによる豊胸術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約1.5か月再診時です。
d0092965_1533180.jpg


手術は
・textrured
・Cohesive
・325cc
・axillary incision(腋下切開)
・大胸筋膜下

で行いました。                  
御感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。



またの御再診をお待ちしております。


当院では人工乳腺による豊胸術では以下の選択肢があるため患者さんの希望があればオーダーメイドでそれに応じています。

1)メーカー
Mentor社 Eurosilicone 社Hans biomed社等 指定があればそれをオーダーします。
2)サイズ
胸郭のサイズによりいれることのできるバックの大きさには限界がある場合もあります。
3)材質
・生理食塩水 ・カルボキシルメチルセルロース ・シリコン 等  
4)形状
・ラウンドタイプ (ノーマル 、ハイプロファイル 等)  ・アナトミカルタイプ
5)表面性状
・smooth ・textured
6)切開部位
・腋下    ・乳房下縁     ・乳輪縁
7)留置部位
・乳腺下  ・大胸筋膜下  ・大胸筋下


人工乳腺豊胸術のリスク
1)感染
2)被膜硬縮  
3)その他麻酔に伴う合併症
4)出血 、血腫
5)seroma(漿液腫)
6)神経損傷
7)切開創痕 (当院では美容外科的縫合 および アフターケア(レーザー治療等)にて可能な限り目立たなくしています)
8)留置時のバック破裂による左右留置バックの種類の違い
by shirayuribeauty | 2014-06-28 23:48 | 美容外科
<< 口角つりあげ術 下顎骨セットバック(歯槽部骨切... >>