タグ:鼻 ( 794 ) タグの人気記事
鼻孔縁挙上
今日は先日ご紹介した鼻孔縁挙上です。

診察時にブログにUPするお約束をしたのでUPします。

上段:術前です。 鼻孔縁挙上の手術は赤丸の部分をあげて横顔の風貌を垢抜けた感じにします。
下段:術後です。 術前の赤丸の部分がすっきりしているのがわかると思います。
d0092965_010239.jpg

今日は涼しい日でした。

そろそろ秋の気配を感じます。

今日は20歳だと申請されてそう信じていた患者さんが実は19歳だったということがわかりました。  患者さんを疑いたくはないけれど嘘をつかれると辛いですね・・
未成年は手術を受ける際には同意書等うるさくいわれるから歳をごまかしたくなる気持ちもわからないわけではないですが・・・やっぱり本当のことを言っていただきたいです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-09-23 21:04 | 美容外科
わし鼻修正
今日はわし鼻修正について書きたいと思います。

今回ご紹介する患者さんはもともと鼻背がやや盛り上がり傾向にあったようなのですが他院で側頭筋膜を移植して鼻筋を通す手術をしてより盛り上がってしまったケースの修正でやや困難な部類になります。

術前です。 鼻背が盛り上がっています(写真の供覧は患者様の快諾を頂いています)。
d0092965_01153.jpg

鼻骨をマーキングし鼻先から鼻根部まで直線的になるように必要に応じて骨を削ります。
d0092965_23593135.jpg

術後です。鼻先からまっすぐになりました。
d0092965_23594785.jpg



筋膜の鼻への移植は自家組織という点では異物反応等なくて良いのですが術後しばらくしてからこのような拘縮変形が起こる可能性があるのが欠点です。


閑話休題

今日はモンゴルから無事帰国された患者様からモンゴルのお寺でのお祓いのおみやげをいただきました。
d0092965_01537.jpg

他にもおみやげもいただきました。  
d0092965_20503073.jpg


ありがとうございます。  

皆様に支えられて今の自分があるんだなと強く思います。
より精進していきたいと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-09-22 19:32 | 美容外科
鼻孔縁挙上術
今日は鼻孔縁挙上術を紹介します。

この手術は主に横顔からみた鼻の雰囲気を変える手術です。 正面から見た感じはさほど変化は感じません。

お顔を横から見たときに鼻の縁がさがっているとやや豚鼻っぽい印象を与えてしまいます。
それを改善するのがこの手術になります。

術前右側からみた鼻です。 鼻の縁が下がっています。(写真は患者様の快諾を頂いて供覧しています)
d0092965_1854819.jpg

術前左側からみた鼻です。やはり同様に鼻の縁が下がっています。
d0092965_18541656.jpg


術後一週間抜糸後右側からみた鼻です。鼻の縁はあがりあかぬけた明るい印象の鼻になっています。
d0092965_18542630.jpg


術後一週間抜糸後左側からみた鼻です。
d0092965_18543344.jpg


以上のようにこの手術は横顔からの鼻の風貌をすっきりさせます。
鼻はちょっとした肉の上がり下がり具合で印象が変わります。 これが鼻の手術の奥深さだと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-09-21 20:00 | 美容外科
鼻尖手術
今日は鼻尖手術について写真をまじえて記載したく思います。

鼻尖手術は医学的にいうと鼻翼軟骨という鼻の先の軟骨を寄せて鼻先を細くする手術になります。
よく患者様から「鼻尖手術は鼻先をツンと尖らす手術ですか?」とご質問をうけるのですがこの手術は主に正面からみた鼻先を細くするのが目的である手術で側面からみた鼻先を尖らすのを目的とする手術ではありません。

上段:術前
下段:術後
(写真は患者様の快諾を得て載せています)
d0092965_2350264.jpg

手術の種類は主にオープン法とクローズ法にわかれます。
オープン法の利点は術者にとって極めてよい視野を確保できることです。
        欠点は鼻柱に傷がつきます。 

クローズ法の利点はオープン法と異なり鼻柱に傷がつきません。
        欠点は視野が不良のため手術操作がやや難しいことです。

術後一週間のギプス固定をがんばられて術後の夜間のギプスもきちんとされていたとのことでした。

この患者様はオープン法を御希望されたため鼻柱にまだ赤い傷があります。 この傷は約半年かけて目立たなくなっていきます。

術後一ヶ月の再診で異性からよくもてるようになったといううれしい報告を聞きました。
患者さんが後日喜んでくださっている報告を聞かせていただけるのが美容外科に従事していている日々の臨床の中で一番の喜びです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-09-12 22:00 | 美容外科