タグ:鼻 ( 820 ) タグの人気記事
鼻尖縮小術、鼻尖部軟骨移植術 術後約半年後検診
本日 2月1日は1944年にマーシャル諸島クエゼリン環礁守備隊(ルオット島)が玉砕した日になります。

On February 1 ,1944 , the all members of Marshall Islands Kwajalein Atoll garrison (Luotto island) died an honorable death.

また今日は大東亜戦争終戦後3年目である1948年 に三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の孫娘である 沢田美喜が大磯に混血児救済施設「エリザベス・サンダースホーム」を開設した日です。

70 years ago from today, on February 1st, Miki Sawada, the grand-daughter of the Mitsubishi zaibatsu founder Yataro Iwasaki, established the "Elisabeth Sunders Home" in Oiso Japan, a faculty to aid the children with "mixed blood".
It was 3 years after the end of The World War II.

The children with "mixed blood" children were exposed to discrimination at that time.

ホームは、戦後日本占領のためにやってきたアメリカ軍兵士を中心とした連合軍兵士と日本人女性の間に強姦や自由恋愛の結果生まれたものの、両親はおろか周囲からも見捨てられた混血孤児たちのための施設でした。

The children in the faculty were born to Japanese mothers. Their fathers were soldiers of The Allied Forces that occupied Japan.
Unfortunately, they were abandoned by not only society, but also their parents.

このエリザベス・サンダースホームからは2000人近くの混血孤児が育ちました。沢田美喜氏はホームの孤児達の教育のために1953年には学校法人聖ステパノ学園を創立し1962年にはブラジルのアマゾン川流域の開拓を始め、聖ステパノ農場を設立し孤児院の卒園生が数多く移住しました。

An estimated 2000 children grew up in this faculty.

Additionally, Miki Sawada established a educational corporation, "The St. Stepanos Academy" in 1953 and started pioneering Amazon river basin in Brazil.
Many children who grew up in the Elisabeth Sunders Home migrated to St. Stepanos Farm which she found and run in Brazil.

敗戦国における占領軍によるしわ寄せはどこの国でも占領兵士の子を妊娠した女性たちにのしかかってきます。悲惨な敗戦国の陰の部分を博愛精神によって支えた沢田美喜氏に敬意を表します。

In a defeated nation, women sometimes conceive children of soldiers from the occupating forces even though they do not intended pregnancy.
Women were often the prey in times of post-war chaos. I pay my respects to Miki Sawada for her benevolent effort.




本日ご紹介の患者さんは鼻先を細くしたい、高くしたいとのことで 鼻尖縮小術(クローズ法)、鼻尖部軟骨移植術をお受けになられ術後半年になる患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_01091262.jpg
御感想は鼻尖縮小に関しては「元の鼻が太いのがいけないのですが、もう少し細くなりたいです。」とのことで「ふつう(3/5)」、 鼻尖部軟骨移植に関しては「形がキレイになりました。もう少しだけ細さが欲しい気もします。」とのことで「満足(4/5)」とことでした。


またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_02115883.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。





[PR]
by shirayuribeauty | 2018-02-01 00:05 | 美容外科
他院鼻翼拳上術のキズ痕修正術 (Acell)
本日ご紹介の患者さんは 形成外科専門医にて鼻翼拳上術 という手術をお受けになられたとのことで そのキズ痕に悩んでいらしゃった患者さんです。

鼻の形も悩んでいらっしゃっいましたがそれに対しては鼻の複合外科治療で改善しました。

傷痕に対しては 細胞外マトリクス(A cell)を用いた 傷痕治療を行いました。

左:術前です      右:治療後約4か月再診時です
d0092965_04490527.jpg

えぐれたようなキズ痕は目立たなくなり順調な経過です。



反対側です。
左:術前です      右:治療後約4か月再診時です

d0092965_04491241.jpg
凸とえぐれたようなキズ痕は改善し 順調な経過です。


Acell治療後はしばらくキズの赤味があります。

そのダウンタイムを乗り切れる覚悟のある方しかAcell治療の御依頼はお引き受けしていません。

よく頑張られました。

またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いを戴きました。
d0092965_04553994.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。



[PR]
by shirayuribeauty | 2018-01-22 23:45 | 美容外科 | Comments(0)
他院鼻尖縮小後、鼻プロテーゼ術後 術後修正術(鼻中隔延長術、鼻孔縁延長、婦人科軟部組織鼻先移植術等) 術後6か月
本日ご紹介の患者さんはA院にて鼻プロテーゼ留置術をお受けになられその後 もっと鼻をきれいにしたいとB院にて鼻尖縮小術と、I型鼻プロテーゼ留置術をお受けになられたところ その後どんどんと鼻先が上向きになられ どうにか見た目を改善したいと最近鼻の手術で著名なC院の形成外科専門医にて鼻翼拳上術をうけたところ鼻の穴が細くなり過ぎ裂けたような見た目になり、肝心の効果がなくてひどいキズが残ったとのことでご相談にこられた患者さんです。

ご希望としては「異常な鼻の穴の形を丸くしたい。 手術する前の昔の自分の鼻に戻りたい。」 とのことでした。

B院で受けてから鼻がどんどんと上向きになりおかしくなったとのことでしたので「きちんとB院の医師に診てもらい修正の相談をしましたか?」と確認したところ 「治せない」とのことだったとのことだったそうです。

C院の医師には「鼻翼のボコボコのキズと鼻の穴が非常に細くなっておかしいんですけどといっても『そう見えるだけです』と流され、最終的には『もうどうすることもできない』と言われた。『消費者センターを通していってきてください。やるんだったら裁判にしてください。 あなたの心の問題だと思います。』と言われた。」とのことでした。

患者さんがおっしゃることがどこまで事実か私にはわかりません。
しかし私の目から見ても確かにキズは目立ちます。
d0092965_3305538.jpg

こちらは当院で Acell を用いた複合治療でよくなるであろう(症例1症例2症例3)旨をお話ししたところ、まずはお鼻の形態を直してからキズ治療に取り組みたいとのことでまずはお鼻の形態を治すこととしました。

患者さんが「もとの鼻の形に戻したい」と涙ながらに携帯写真の中にある昔のご自身の写真をみせてくださいました。
d0092965_3325310.jpg


見立てとして
・鼻プロテーゼ抜去 
・鼻尖縮小術(オープン法)
・鼻中隔延長術
・鼻先婦人科軟部組織移植術
・鼻孔縁延長術
・鼻孔縁拳上術
をお受けになられれば希望に近づくであろう旨をお話ししお受けになられることとなりました。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です。
d0092965_03290744.jpg
上を向いていた鼻先は下がり鼻の穴は隠れ 患者さんの御感想も「大満足(5/5)」と順調な経過です。


と言いたいところですが


本日自称B医師という医師からの訴状が届きました。


d0092965_03422192.jpg
d0092965_03422755.jpg
d0092965_05211677.jpg


d0092965_03423790.jpg
d0092965_03424264.jpg
d0092965_03424662.jpg
d0092965_03425124.jpg
d0092965_03425616.jpg
d0092965_03430181.jpg
d0092965_03430638.jpg
まず B医師がどこの誰なのかを特定できるような記述はしていません。
記事のB医師とこの訴状を送ってきたB医師が同一人物かは名誉棄損に該当するか否かの問題点になる可能性もある兼ね合いもあり明らかにするつもりはありません。
また最近私に訴状を送ってきた医師と同一人物かは名誉棄損に該当するか否かの問題点になる可能性もある兼ね合いもあり明らかにするつもりはありません。
またこの訴状を送ってきた自称B医師が記載している患者さん氏名が実際に私が本ブログの本期日の症例写真の方と同一人物であるかも患者さんの個人情報の守秘義務からも自称B医師に対して返答することはできません。

そして以前の記事に記載したとおり  患者さんがおっしゃることがどこまで事実か私にはわかりません
それと同様に自称B医師のおっしゃること(患者さんと自称B医師とのやり取り)がどこまで事実か私にはわかりません。

私にできることは 患者さんの言い分も そして 相手医師の言い分にも等しく耳を貸し 言い分に対しては平等に取り扱うことです。
そして目の前に困っている患者さんがいれば私の全力を尽くして良くして差し上げれるよう努力することです。

 一方の言い分のみ載せるのは公正さを欠く という自称B医師の御主張も理解できるので関係者と名乗り出た自称B医師の御主張をここに供覧させていただきます。

願わくばわざわざ訴状という形にしなくても内容証明郵便で送ってくだされば確実に御主張を見ることができましたし(電子メールですと迷惑メールフォルダに振り分けられたり不確実な可能性があるので確実に内容を伝えたい場合は内容証明郵便がよいと思います)、御意志に従い御主張を私のブログ上にて供覧させていただいたのに訴訟という争い事にされたのは非常に残念です。 


私は格技をたしなむせいか好戦的と誤解されることもありますが、全くそのようなことはありません。
多少頑丈でないと守るべき人々をいざという時に守れないからという理由で青年期に始めた格技が運動習慣となって今に続いていますが、日々願っているのは安寧な世の中です。

刑事事件の被害者となって相手が刑事訴訟で有罪になるも弁済の態度が相手になく、やむなくで民事訴訟を起こしたことがありますがそれ以外ではまだ訴訟を提起したことはありません。

あまりにもひどい訴えに対してはやむなく反訴を考慮中ですが・・・


世界においても 日本の中においても 争いのない世の中を日々願っています。

現在人類学では人類は皆遠い祖先のアフリカのある一女性を祖とした子孫であるとされています。 末裔たちが同種同士でいがみ合っているのは悲しいことです。



いずれにせよ 私としては特定の個人の名誉を棄損する意図はなく また争い事を好んでいるわけではありません。

事実は事実として淡々と供覧するのみです。

皆さまにおかれましては、根拠不明な情報に惑わされず真実を見極める知力と眼力を養っていただければ幸いです。




明治三十七年明治天皇御製 
よもの海 みなはらからと 思ふ世に
など波風の たちさわぐらむ




先日お心遣いを戴きました。
d0092965_04400103.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。


[PR]
by shirayuribeauty | 2018-01-21 23:24 | 美容外科
レーザー鼻尖縮小術、小鼻肉厚減幅術、鼻孔縁拳上術、小鼻縮小術 術後半年
本日ご紹介の患者さんはレーザー鼻尖縮小術、小鼻肉厚減幅術、鼻孔縁拳上術、小鼻縮小術 術後半年になる患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_23401773.jpg
御感想は「大満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_23470045.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。



[PR]
by shirayuribeauty | 2017-11-30 23:38 | 美容外科
鼻腔内への降らみの改善およびレーザー鼻尖縮小術 術後約3年10カ月



本日ご紹介の患者さんは 鼻腔内への降らみの改善 および 鼻先をよりすっきりする目的にて レーザー鼻尖縮小術 をお受けになられて 術後約3年10カ月になる患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約3年10カ月再診時です
d0092965_01480528.jpg
鼻腔内への突出は完治し順調な経過です。
またの御来院をお待ちしております。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_01544432.jpg
d0092965_01550420.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないください。

またの御来院をお待ちしております。




[PR]
by shirayuribeauty | 2017-11-25 23:43 | 美容外科
他院鼻尖縮小後修正術、移植軟骨除去術、鼻尖部自己組織移植術(婦人科軟部組織)、人中短縮術 術後半年

本日ご紹介の患者さんは鼻形成で有名な医師に 耳介軟骨移植、鼻尖縮小、小鼻縮小、鼻骨骨切術をお受けになられた患者さんです。
小鼻の上部分のへこみと鼻先部分の凸が気になっていることと、手術をしてから大きくなった気がして笑ったときに魔女鼻みたいになるのがイヤで軟骨をとりたいと前医に相談するも「変になるから」と断られてしまったとのことで当院にご来院されました。

原則として執刀してもらった医師に修正してもらうことをお勧めしてますが断られてしまったとのことで御依頼をお引き受けすることとしました。

人中部分も短縮したいとのご希望にてカウンセリングの結果、他院鼻尖縮小後修正術、移植軟骨除去術、鼻尖部自己組織移植術(婦人科軟部組織)、人中短縮術をお受けになられました。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_05040381.jpg

























御感想は「ふつう(3/5)」とのことでした。
「鼻は少し物足りないですでも人中短縮はやってよかったです」とのことでした。

またの御来院をお待ちしております。



[PR]
by shirayuribeauty | 2017-10-12 06:00 | 美容外科
ハイブリッドプロテーゼ隆鼻術 術後約半年再診時
2006年の8月16日に北方領土でわが国の漁船がロシアの警備艇に銃撃を受け盛田光広さんが銃殺され残り3人の乗組員が拿捕された事件は衝撃的でした。2006年 の本日10月3日 坂下船長が無事帰還されました。

思えばこの北方領土問題は終戦時に端を発しています。「日ソ中立条約」の有効期限内(1946年4月25日失効)の1945年8月9日に攻め入られ終戦時、ソ連の占領した満州、樺太、千島には軍民あわせ約272万6千人の日本人がいましたが、このうち約107万人が終戦後シベリアやソ連各地に送られ強制労働させられたと見られています。  そのうち戦後4年間で約34万人が死亡したといわれています。 かつてそれだけの犠牲者をだしかつ現代でも非武装民間人に死者を出すロシアに憤りを感じます。

シベリア抑留の悲惨さについては帰還者から様々な本がでていますが目でみてわかりやすい展示場として新宿住友ビル31階に平和祈念展示資料館がありお勧めです。

今でも本来のわが国の領土でかつ非武装の漁民が銃殺されるとはとんでもないことです。

わが国は北は択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島、をロシアに日本海においては竹島を韓国に不法占拠されていますがあまり学校教育でこれらの問題に触れないのが不思議です(私がいた学校だけかもしれませんが)。 すくなくともかつてクリニックの採用試験でこれらの島の振りカナをふってもらったところ全正解者がでなかったことやその島の存在すら知らない人達が結構いるのには愕然としました。

留学先でであったロシア人は『剽悍、かつ狡猾』という表現が適切な人が多かったです(偏見かも知れませんが・・でも偏見をもたないように接したつもりです)。
北方領土についても口角に泡を飛ばして自国の正当性を主張してきます。
こちらも負けじとがんばりますが結構他の同胞日本人がにんやり笑って口を閉ざしてしまうのは残念でした。 もちろん日本人的感覚からいえば大人げないといえば大人げないのですが相手はロシア人ですからきちんと主張するところは主張しなければいけません。

学校義務教育も英語教育なんかは「Hello John! 」とかの英語会話教育よりも北方領土や竹島問題について英語教材を用いてみっちり仕込んで将来、国際的な環境に身を投じたときに日本人としてたじろがない教養と知識をつけてくれていたらとしばしば思いました。

国際司法裁判所に上記島々の問題の裁定を訴え出ることができないのが国際社会の法のあり方の難しいところでしょう。しかし政治家や法曹の方々には積極的にこれらの問題にとりくんでいただきたく思います。 

不法占有に対する私個人の日本人としてのささやかな抵抗運動としてずっと前から北方領土に本籍を置いていましたが数年前に諸事情より竹島に移しました。 竹島に本籍をおいている日本人は20数人だそうで日本人の中では少数派の奇人変人な部類に入ってしまうのかもしれません。 こんなことを書いているとバリバリの右翼かと思われるかもしれませんが街宣車等使って大音量を流して威圧的だったり暴力を用いる右翼は嫌いです。
自分の所属している国を愛する事を右翼とレッテル張りする風潮はいかがなものかと思っています。


本日ご紹介の患者さんは ハイブリットプロテーゼ( L型プロテーゼ+軟骨移植) をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_05353272.jpg





















御感想は「少しだけ見慣れてしまい高さに物足りなさがありますが満足しています。」とのことで「満足(4/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_05384621.jpg

















ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。




[PR]
by shirayuribeauty | 2017-10-03 05:33 | 美容外科 | Comments(0)
他院鼻プロテーゼ留置術、鼻尖部軟骨移植術 術後修正: 鼻プロテーゼ抜去 、PPP,PRP隆鼻術、鼻先軟骨形態修正、鼻孔形態修正、鼻柱下降術 術後半年
今日は1890年 に 和歌山県串本沖でオスマン帝国(トルコ)の軍艦エルトゥールル号が遭難した日になります。この遭難により587名が死亡69名が救出されました。その後この生存者達は10月5日に東京の品川湾から出航した日本海軍の「比叡」「金剛」2隻により翌1891年(明治24年)1月2日にオスマン帝国の首都イスタンブルに送り届けられました。

時は流れて1985年3月17日、イラクのサダム・フセインが「今から48時間後に、イラクの上空を飛ぶ飛行機を打ち落とす」ということを世界に向かって宣言しました。イランに住んでいた日本人は、慌ててテヘラン空港に向かいましたが、どの飛行機も満席で乗ることができませんでした。世界各国は自国民の救出をするために救援機を出しましたが、日本政府は国内法上の問題もあり自衛隊機もだせず、また民間機も送ることができず空港にいた日本人は絶望的状況にありました。  そこに2機のトルコ航空の飛行機が到着しました。トルコ航空の飛行機は日本人216名全員を乗せて、成田に向かって飛び立ちました 。タイムリミットの、1時間15分前のことでした。なぜ、トルコ航空機が来てくれたのか、日本政府もマスコミも知らなかったといわれています。この時、元駐日トルコ大使のネジアティ・ウトカン氏は次のように語られました「エルトゥールル号の事故に際して、日本人がなしてくださった献身的な救助活動を、今もトルコの人たちは忘れていません。私も小学生の頃、歴史教科書で学びました。トルコでは子どもたちでさえエルトゥールル号の事を知っています。今の日本人が知らないだけです。それで、テヘランで困っている日本人を助けようと、トルコ航空機が飛んだのです」



本日ご紹介の患者さんは 他院にてプロテーゼ隆鼻術、鼻尖部軟骨移植術をお受けになられた既往のある患者さんです。
ご希望としては 「自然な鼻になりたい、プロテーゼが光るのがイヤで鼻プロテーゼを抜きたい 、鼻の穴の左右が気になる、抜いた後に高さを保ちたい」
とのことで カウンセリングの結果、鼻プロテーゼ抜去 、PPP,PRP隆鼻術、鼻先軟骨形態修正、鼻孔形態修正、鼻柱下降術をお受けになられました。


上段:術前です
下段:鼻プロテーゼ抜去 、PPP,PRP隆鼻術、鼻先軟骨形態修正、鼻孔形態修正、鼻柱下降術 術後約半年再診時です

d0092965_04331440.jpg



















PPP,PRPは自身の血液を遠心分離して作成する血液製剤です。
プロテーゼを抜去して同日にPPP,PRPを留置しているので自己組織がプロテーゼ抜去後のスペースを置換し半年後も充分な高さを保っており鼻プロテーゼを抜去したことが周囲にばれにくくなり、自然な鼻になる施術です。
鼻先軟骨修正術にて下からみておわかりのとおり歪んでいた鼻先がまっすぐになりました。

御感想は「鼻プロテーゼを抜去したことにより以前から気になっていた鼻元のぐらつきや、高さが改善された点がよかったです。
鼻柱下降をしたことで鼻と口の距離が近づき顔が立体的になりました。 ありがとうございました。」とのことで「満足(4/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_04403114.jpg



























ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。



[PR]
by shirayuribeauty | 2017-09-16 00:29 | 美容外科
レーザー鼻尖縮小術 術後約半年再診時
今日は1945年 に重光葵(しげみつ まもる)外相以下9名の日本代表団が東京湾に浮かぶ連合国軍戦艦ミズーリ号艦上で降伏文書に調印し、連合国軍に公式に降伏した日なります。

降伏式中ミズーリの甲板は二枚の星条旗で飾られていました。一枚は真珠湾攻撃時にホワイトハウスに飾られていた物、もう一枚は1853年の黒船来航時にマシュー・ペリーの艦隊が掲げていた物であり、約90年越しの勝利として日本に二度目の屈辱を与えました。

このミズーリは大東亜戦争末期の昭和20年(1945年)4月11日午後2時43分、鹿児島県薩南諸島喜界島沖で、一機の零式戦闘機によって右舷艦尾に特攻されています。無念ながら爆弾は炸裂せず機体のみが激突後砕け散りミズーリにかすかなへこみのみを残しました。

この特攻機は鹿児島県の鹿屋(大隅半島)を飛び立った「第五建武隊」(計十六機)のうちの一機、石野節雄・二等飛行兵曹(当時十九歳・岡山県出身)が操るゼロ戦でした。 

<特攻機がミズーリに体当たりする直前>
d0092965_22273238.jpg


無念ながら日本は敗戦しましたが我国の現在の繁栄は日本の自主独立と東亜の安定のために命を捧げて戦ってくださった方々および連合国軍の非人道的な虐殺行為で亡くなった多くの方々の犠牲の上に成り立っています。 

深く深く深謝するとともに追悼の意を表します。


本日ご紹介の患者さんは レーザー鼻尖縮小術をお受けになられて術後約半年になる患者さんです。

左:術前です          右:術後約半年再診時です
d0092965_03244088.jpg
















御感想は「コストパフォーマンスが高く、身体の負担が少なくて、選択は正しかったと思います。 鼻先の形状をもう少し尖らせたいと今後思うかもしれません。」
と「満足(4/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_03284217.jpg

















ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。


[PR]
by shirayuribeauty | 2017-09-02 00:22 | 美容外科 | Comments(0)
他院鼻尖縮小後、鼻プロテーゼ術後 術後修正術(鼻中隔延長術、鼻孔縁延長、婦人科軟部組織鼻先移植術等)
本日ご紹介の患者さんはA院にて鼻プロテーゼ留置術をお受けになられその後 もっと鼻をきれいにしたいとB院にて鼻尖縮小術と、I型鼻プロテーゼ留置術をお受けになられたところ その後どんどんと鼻先が上向きになられ どうにか見た目を改善したいと最近鼻の手術で著名なC院の形成外科専門医にて鼻翼拳上術をうけたところ鼻の穴が細くなり過ぎ裂けたような見た目になり、肝心の効果がなくてひどいキズが残ったとのことでご相談にこられた患者さんです。

ご希望としては「異常な鼻の穴の形を丸くしたい。 手術する前の昔の自分の鼻に戻りたい。」 とのことでした。

B院で受けてから鼻がどんどんと上向きになりおかしくなったとのことでしたので「きちんとB院の医師に診てもらい修正の相談をしましたか?」と確認したところ 「治せない」とのことだったとのことだったそうです。

C院の医師には「鼻翼のボコボコのキズと鼻の穴が非常に細くなっておかしいんですけどといっても『そう見えるだけです』と流され、最終的には『もうどうすることもできない』と言われた。『消費者センターを通していってきてください。やるんだったら裁判にしてください。 あなたの心の問題だと思います。』と言われた。」とのことでした。

患者さんがおっしゃることがどこまで事実か私にはわかりません。
しかし私の目から見ても確かにキズは目立ちます。
d0092965_3305538.jpg

こちらは当院で Acell を用いた複合治療でよくなるであろう(症例1症例2症例3)旨をお話ししたところ、まずはお鼻の形態を直してからキズ治療に取り組みたいとのことでまずはお鼻の形態を治すこととしました。

患者さんが「もとの鼻の形に戻したい」と涙ながらに携帯写真の中にある昔のご自身の写真をみせてくださいました。
d0092965_3325310.jpg


見立てとして
・鼻プロテーゼ抜去 
・鼻尖縮小術(オープン法)
・鼻中隔延長術
・鼻先婦人科軟部組織移植術
・鼻孔縁延長術
・鼻孔縁拳上術
をお受けになられれば希望に近づくであろう旨をお話ししお受けになられることとなりました。


上段:術前です
下段:術後約10日再診時です
d0092965_3355878.jpg


鼻の穴の形態です
上段:術前です
下段:術後約10日再診時です
d0092965_3363995.jpg

まだ術後10日なのでキズは赤いです。 キズの赤味が落ち着くには約3か月から半年を要します。

御感想は「不自然にならずとてもキレイになり満足しています。 他院の修正というむずかしい手術を引き受けて頂き感謝しています。 長年のコンプレックスがやっと楽になり鏡を見たり、コンタクトをしたり出来るようになりました。 特に気になっていた変形した鼻の穴やおかしくなっていた鼻の形が自然にキレイになりうれしいです。 今後 他院の鼻の手術でつけられたキズ痕を治療したいです。」 とのことで 「大満足(6/6)」 と順調な経過です。

自分のお顔を見るのがイヤとのことでコンタクトレンズすらつけるのをためらわれていた生活とおさらばできたとのことでした。

ただふと気になることがありました。
「鼻プロテーゼは たしかB院でI型プロテーゼをいれてもらったとおっしゃっていましたよね?」と 確認したところ「ええ そのはずですが・・」とのことでした。

しかし 術中に出てきたのは L 型プロテーゼでした。
d0092965_3445417.jpg

 執刀した医師といい 患者さんのおっしゃることといい 以前経験した状況と同じ で 「これは déjà vu!? 」  と一瞬 混乱しました。

患者さんの誤解か、 B院の医師はうまく人に説明するのが苦手なのかもしれません。  

ご自身のブログ上で人に誤解を招く表現をなされたり、 ちょっと気に入らない点(私のブログにおいてフルネームで名前で載せないでほしい等)があれば郵便等で変更を促す等 まずは説明を尽くした対話をまずしてくださればと思うのですがのにいきなり訴訟という対応をなされた同業医師との邂逅経験のある私としてはとにかくまずは説明を尽くし話し合いでお互いの誤解を解く世の中になってほしいと願ってやみません。

国と国との関係も同じです。


先日お心遣いを戴きました。
d0092965_445467.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-07-27 23:18 | 美容外科