タグ:輪郭 ( 641 ) タグの人気記事
頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)
今日は頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)の患者さんの症例紹介です。

頬骨アーチリダクション、頬骨弓リダクションは無理に日本語に訳すと頬骨弓減幅術または頬骨弓減高術とでもいいましょうか。
内容は頬骨(きょうこつ)の張りを減少させる手術となります。

この頬骨の張りを減少させる方法として大きくわけて3種類あります。

1.頬骨を削る方法・・・・・ まさに頬骨削りの文字通りの方法です。 特殊な電動機械を用いて頬骨を削りますが削り幅はあまりたいしたことはなく頬骨のでっぱりが強めの人には適しません。 もちろん時間をかけて削れば削り幅を増やすことは不可能ではないですがモーターが焼け付く可能性があるため削り幅に限度があります。

2.頬骨弓を切り落とす方法・・・・ 多くの形成外科医が行う頬骨弓に対する術式です。口腔内と耳前部よりアプローチし頬骨弓を切り落とす方法です。 

3.頬骨弓の形態そのものを再構築する方法・・・・ ライフクリニックの勝間田先生が昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて研究開発された手術法で頬骨を細分化して再配列、再構築する方法です。 


さまざまな術式を経験してきた結果、結論から述べますと一番よい方法は3の方法だと考えます。 なぜなら一番合理的で安全な術法であり手術結果が良いからです。 欠点は勝間田先生が学会発表等行っておらず多くの医師がその術法を知らないためその術式の良い点が知られていない点です。

今回の患者さんは頬骨再構築法(revision method)で行っています。

上段:術前です。
中断:術後1.5ヶ月です。
d0092965_2194319.jpg

もともとさほど頬骨弓の張り出しは強くなかったのですが自己満足のためにももうちょっと頬の張りを抑えたい!とのご希望があり手術となりました。 
現時点ですでに大満足とのことですがまだ多少腫れています。 でもすでに美人がより美人となりました。
あと2ヶ月すればより締まった子顔になります。

本日お心遣いを頂きました。
d0092965_2195758.jpg

チョコレートとクッキーでした。 ありがとうございました。 深謝いたします。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-02-28 02:20 | 美容外科
予備自衛官
今日は紀元前660年(660 BC)、神武天皇が即位したとされる日であり建国記念の日となります。

また1970年 に日本初の人工衛星おおすみが打ち上げられた日でもあります。その結果、日本はソビエト連邦(当時)、アメリカ合衆国、フランスについで世界で4番目の人工衛星打上げ国となりました。

私は今日は学会の研修会にいっていました。たまたま会場へ向かうために乗車したタクシーのラジオで耳にしたのが「予備自衛官の募集は4月9日まで」というものでした。

予備自衛官?

恥ずかしながらよく知りませんでした。

予備自衛官は防衛省・自衛隊:自衛官募集ホームページによると普段は、社会人として、それぞれの職業に従事しながら、必要とされる練度を維持するため教育訓練招集に応じ、有事には防衛招集に応じて出頭し、後方の警備や後方支援等の任務にあたるとともに、特に必要があると認められる場合には、国民保護等招集に応じるとのことです。また、平時においても長官が特に必要を認める場合には、災害招集に応じることとなるそうです。

幸か不幸か一般公募枠(3年以内に50日の訓練)には年齢制限でアウトでした。
大学生の時に知っていれば夏休みにでも参加していたのに(笑)

しかし、医師には技能公募枠というものがあり2年以内に10日の訓練をうけるものがあったのを発見しました。

さっそく資料を請求しました。 横田めぐみさん奪還チームが編成され政府からメンバーにとお声がかかれば是非とも喜んで参加させていただくのですがそんな事を夢想していても仕方がないのでまず有事にお役に立てるよう今年は訓練を受けたいと思います。
ただし試験があるので試験に受かるかはわかりませんが・・・。 

さて今日は先日再診にいらした患者さんへのお約束写真UPです。
切除したバッカルと咬筋です。
d0092965_23125220.jpg

輪郭が仕上がるには約半年かかります。 まだ約1ヶ月ですからこれから楽しみにお待ち下さい。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-02-11 23:59 | 美容外科
額アパタイト
今日は140年前の1867年 明治天皇が天皇に即位された日です。

今日は額アパタイトの患者さんのご紹介です。

額の丸みを出したいというご相談を時々うけますが方法として以下の方法があげられます。

1. 脂肪注入
2. ヒアルロン酸またはコラーゲン注入
3. シリコンプレート留置
4. 骨セメント留置
5. ハイドロキシアパタイト留置       など

それぞれの長所、短所を挙げると
1. 
長所:自己組織ゆえ安全性が高い 
短所:額は定着率が悪い
2. 
長所:手軽に額の増大が行える
短所:粘性のもので増大しているため額がつるっと出た感じにはしにくい。やや凹凸した感じがでる。 吸収されれば形態を保つためには再注入が必要となる。
3. 
長所:注入物にくらべて丸みを出しやすい。 後日取り出したいときに簡単に取り出せる。
短所:後日にシリコンプレートのヘリが外見上目立つことがある。
4. 
長所:メチルメタクリレートという骨とほぼ近似した強度をもつ物質をもちいるためうまくいけば自然な感じになる。
短所:手術を冠状切開にて行うため大掛かりな手術になりまた術後骨セメントが浮くことがある。 取り出すのはシリコンプレートに比較し困難。
5. 
長所: 小さな傷より注入し額形成をおこなえ、かつ骨と同じような質感を得ることが出来る。
短所: 長期予後が不明。 しかし基本的にカルシウムのため安全と考えられる。 取り出すのはシリコンプレートに比較し困難。


今回の患者さんは5.のハイドロキシアパタイトによる額の増大を御希望されました。
左:術前です。
中:術後一週間再診時です。
右:術後1ヵ月後再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_0402140.jpg

順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-02-03 23:43 | 美容外科
顔面脂肪吸引
今日のご紹介患者さんは顔面の脂肪吸引になります。


      左: 術前です。            右:術後約4ヶ月再診診察時です。
d0092965_227352.jpg

口内からの吸引のため傷は体表に生じていません。
スマートな雰囲気になられて笑顔もより上品な感じになられました。 順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-01-21 22:20 | 美容外科
顎先切り落とし、顎先削り、顎先短縮
今日は顎先短縮手術についてです

顎先を短縮する方法としては
1.顎先きり落としまたは削り法
2.顎先中抜き法
があります。

きちんとした処理を行えば1でも2でも結果は変わりません。

1の長所は切除ラインが神経より2の方法と比較してより遠位になり安全な点およびオトガイ舌筋およびオトガイ舌骨筋の起始部を2の方法と比較して破壊する危険性が少ないため術後の舌根沈下のリスクが低くなる点です。
短所はただ切り落としだけを行うと顎先が広くなり顎先の細さが失われてしまう点です。よって側方の処理が重要になります。

2の長所は顎先の細さが保たれる点です。
短所は中抜きをした後の段差の処理が必要な点および骨切ラインが神経に近づくため1の方法に比べて危険な点、およびオトガイ舌筋およびオトガイ舌骨筋の起始部を破壊する可能性があり術後舌根沈下の危険性がある点です。 また顎先の骨の固定のためプレート等が必要となります。


今回は1の方法で顎先短縮を行いました。
上段:顎先を約10mm短縮しました。
下段:切り落とした後に顎先の細さが保たれるように側方骨切りをおこなっています。
d0092965_0243896.jpg


顎先を切り落として短縮した場合にタルミを気にされるかたがいらっしゃいますがきちんとplatysma(広頚筋)および顎二腹筋を引き上げて固定すればそのような問題は通常おこりません。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-01-20 23:59 | 美容外科
額アパタイト

今日は額アパタイトの患者さんのご紹介です。

額の丸みを出したいというご相談を時々うけますが方法として以下の方法があげられます。

1. 脂肪注入
2. ヒアルロン酸またはコラーゲン注入
3. シリコンプレート留置
4. 骨セメント留置
5. ハイドロキシアパタイト留置       など

それぞれの長所、短所を挙げると
1. 
長所:自己組織ゆえ安全性が高い 
短所:額は定着率が悪い
2. 
長所:手軽に額の増大が行える
短所:粘性のもので増大しているため額がつるっと出た感じにはしにくい。やや凹凸した感じがでる。 吸収されれば形態を保つためには再注入が必要となる。
3. 
長所:注入物にくらべて丸みを出しやすい。 後日取り出したいときに簡単に取り出せる。
短所:後日にシリコンプレートのヘリが外見上目立つことがある。
4. 
長所:メチルメタクリレートという骨とほぼ近似した強度をもつ物質をもちいるためうまくいけば自然な感じになる。
短所:手術を冠状切開にて行うため大掛かりな手術になりまた術後骨セメントが浮くことがある。 取り出すのはシリコンプレートに比較し困難。
5. 
長所: 小さな傷より注入し額形成をおこなえ、かつ骨と同じような質感を得ることが出来る。
短所: 長期予後が不明。 しかし基本的にカルシウムのため安全と考えられる。 取り出すのはシリコンプレートに比較し困難。


今回の患者さんは5.のハイドロキシアパタイトによる額の増大を御希望されました。
左:術前です。, 右:術後一週間再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_23362158.jpg


まっ平らであった額に丸みが帯びかわいい感じになりました。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-01-11 23:58 | 美容外科
頬骨アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)
今日は頬骨(きょうこつ)アーチリダクション=頬骨弓リダクション≒頬骨削り(切り)の患者さんの症例紹介です。

頬骨アーチリダクション、頬骨弓リダクションは無理に日本語に訳すと頬骨弓減幅術または頬骨弓減高術とでもいいましょうか。
内容は頬骨(きょうこつ)の張りを減少させる手術となります。

この頬骨の張りを減少させる方法として大きくわけて3種類あります。

1.頬骨を削る方法・・・・・ まさに頬骨削りの文字通りの方法です。 特殊な電動機械を用いて頬骨を削りますが削り幅はあまりたいしたことはなく頬骨のでっぱりが強めの人には適しません。 もちろん時間をかけて削れば削り幅を増やすことは不可能ではないですがモーターが焼け付く可能性があるため削り幅に限度があります。

2.頬骨弓を切り落とす方法・・・・ 多くの形成外科医が行う頬骨弓に対する術式です。口腔内と耳前部よりアプローチし頬骨弓を切り落とす方法です。 

3.頬骨弓の形態そのものを再構築する方法・・・・ ライフクリニックの勝間田先生が昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて研究開発された手術法で頬骨を細分化して再配列、再構築する方法です。 


さまざまな術式を経験してきた結果、結論から述べますと一番よい方法は3の方法だと考えます。 なぜなら一番合理的で安全な術法であり手術結果が良いからです。 欠点は勝間田先生が学会発表等行っておらず多くの医師がその術法を知らないためその術式の良い点が知られていない点です。

今回の患者さんは頬骨再構築法(revision method)で行っています。

上段:術前です。
中断:術後1ヶ月です。
下段:術後3ヶ月再診時です。 (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_2544791.jpg

上段;術前は正面から頬骨の張り出しがわかり、斜め前からの写真においても頬骨がでているため頬骨の下に影ができているのがわかります。
中段: 術後一ヵ月後の再診時ではすでに頬骨の張り出しはありません。 しかしまだ腫れていますのでややぽっちゃりしています。
下段:術後三ヶ月では腫れも引き頬骨の出っ張りもなくなりすっかり子顔になりました。 傷跡もほとんど肉眼ではわからなくなるぐらい綺麗に治癒しています。

よく患者さんに聞かれる質問として「何ミリぐらい削るのですか?」という質問がありますが、個々人で頬骨の出っ張り具合も異なりますしコメカミから頬にかけての輪郭も異なります。従って回答としては「何ミリとか数字を目標にしているのではなく、頬骨のでっぱりがなくなりこめかみから頬にかけてなだらかになるようにします。」とお答えしています。レントゲン上何mm削ったというのは医者の自己満足でありあまり意味がありません。 大切なのは外見上患者さんの希望する子顔にしてさしあげることであり何mm削るということではありません。 頬骨の部分が凹んだり段差になることもなく効果が確実にでるため頬骨再構築法(revision method)は優れた術法だと考えます。

今日はボンジョレーヌーボーを差し入れに頂きました。
d0092965_23251860.jpg

ありがとうございます。 お気を遣って頂いて恐縮です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-01-07 23:43 | 美容外科
頬骨削り
今回は輪郭手術のご紹介です。

美容外科における輪郭手術としての顔面骨手術は昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて美容外科の一般的なメニューとなりました。 当時の十仁病院におけるその技術の研究開発の第一人者が現ライフクリニック院長の勝間田先生になります。現在も連日のように顎削り(切り)や頬骨削り(切り)、エラ削り(切り)をこなしており美容外科領域の骨削り手術に関しては実質日本一の経験数と思われる先生です。職人気質の先生でいわゆる紙広告等一切行っていないのに知る人ぞ知るクリニックとして日本中から輪郭形成の患者が集まってきて連日のように手術をなさっています。 日本の美容外科領域における輪郭手術の名人・達人だと私は思います。

本日私がご紹介するのは口内法頬骨削りの患者さんのご紹介です。

私が現在取り組んでいる頬骨の張りだしを減少させる手術には体表からアプローチする方法と口腔内からアプローチする方法があります。
体表からのアプローチの長所は頬骨弓(きょうこつきゅう)という頬骨の張り出しに対して効果的に頬骨弓リダクション(張り出し減少)が行える点です。  欠点は目立たなくなりますが体表に傷ができる点です。

口腔内からのアプローチの長所は頬骨前面の張りだしを減じる事ができまた体表に傷ができない点です。 欠点は頬骨の横の張り出しに対しては体表からのアプローチに比べて効果が弱い点です。

今回ご紹介の患者さんは頬骨前面を中心とした張りだしを減じることを御希望され、また体表に傷がつくことを望まれなかったため口内法にて頬骨削りを行いました。
また他院にて留置されていた顎プロテーゼの位置が美しい輪郭のためには位置が不適切であると判断したため微調整の顎骨削りおよびプロテーゼの再留置術を行っています。

上段:術前です
下段:術後約1.5ヶ月です (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092955_217214.jpg


頬骨の張り出しも減少しすっきりしました。 顎のラインもよりきれいになりましたがまだ1.5ヶ月後なので多少の腫れがあります。 あと数ヶ月するとよりしまってより綺麗になると思います。
術後1週間は腫れのためにかなりご心配されていましたが現在ご満足されていて安心しました。 術後大変な時期 お疲れ様でした。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-12-15 23:08 | 美容外科
頬骨弓リダクション、エラ削り
顔面の輪郭手術として挙げられる3つの代表的な手術として頬骨弓リダクション(頬骨削り、切り)、エラ削り(切り)、顎骨削り(切り)があります。
美容外科における輪郭手術としての顔面骨手術は昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて美容外科の一般的なメニューとなりました。 当時の十仁病院におけるその技術の研究開発の第一人者が現ライフクリニック院長の勝間田先生になります。現在も連日のように顎削り(切り)や頬骨削り(切り)、エラ削り(切り)をこなしており美容外科領域の骨削り手術に関しては実質日本一の経験数と思われる先生です。職人気質の先生でいわゆる紙広告等一切行っていないのに知る人ぞ知るクリニックとして日本中から輪郭形成の患者が集まってきて連日のように手術をなさっています。 日本の美容外科領域における輪郭手術の名人だと私は思います。


今日はその輪郭手術のうちの頬骨弓リダクション、エラ削りの患者さんのご紹介です。

上段:術前です
下段:術後半年以降再診時です (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_156294.jpg

頬骨の出っ張りも解消しエラ部分もシャープになりゴツゴツした印象がなくなりました。
仕上がりにとっても喜んでいただけて私もすごくうれしかったです。

輪郭手術は骨を切ったり削ったりする手術ですので怖がられる事が多いですが適切な手術手技にて行えば安全に確実な結果が得られるので個人的には好きな美容外科手術の一つです。


今日は神楽坂名物 ペコちゃん焼き を差し入れに頂きました。
d0092965_23428100.jpg

なんと日本で不二家の飯田橋神楽坂店だけしか売っていないそうです。

そして名古屋からの患者さんからは私の大好きな味噌煮込みうどんを頂きました。自分の部屋へ戻ると忙しさを理由に!?全く使ってない電気コンロがありますので頑張って調理してみたいと思います。
d0092965_23708.jpg


お心遣いありがとうございます。 深謝いたします。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-11-29 23:19 | 美容外科
頬骨アーチリダクション、頬骨弓リダクション、頬骨削り
今日は頬骨アーチリダクション、頬骨弓リダクション、頬骨削りの患者さんの症例紹介です。

頬骨アーチリダクション、頬骨弓リダクションは無理に日本語に訳すと頬骨弓減幅術または頬骨弓減高術とでもいいましょうか。
内容は頬骨の張りを減少させる手術となります。

この頬骨の張りを減少させる方法として大きくわけて3種類あります。

1.頬骨を削る方法・・・・・ まさに頬骨削りの文字通りの方法です。 特殊な電動機械を用いて頬骨を削りますが削り幅はあまりたいしたことはなく頬骨のでっぱりが強めの人には適しません。 もちろん時間をかけて削れば削り幅を増やすことは不可能ではないですがモーターが焼け付く可能性があるため削り幅に限度があります。

2.頬骨弓を切り落とす方法・・・・ 多くの形成外科医が行う頬骨弓に対する術式です。口腔内と耳前部よりアプローチし頬骨弓を切り落とす方法です。 

3.頬骨弓の形態そのものを再構築する方法・・・・ ライフクリニックの勝間田先生が昭和50年後半から60年前半にかけて十仁病院にて研究開発された手術法で頬骨を細分化して再配列、再構築する方法です。 


さまざまな術式を経験してきた結果、結論から述べますと一番よい方法は3の方法だと考えます。 なぜなら一番合理的で安全な術法であり手術結果が良いからです。 欠点は勝間田先生が学会発表等行っておらず多くの医師がその術法を知らないためその術式の良い点が知られていない点です。

今回の患者さんは頬骨再構築法(revision method)で行っています。
上段:術前です
下段:術後5ヶ月再診時です (写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_1505185.jpg

頬骨のでっぱりもなくなり小顔になりました。 

心臓外科の南淵先生、側彎症外科の江原先生、美容外科の勝間田先生、等 えてして独創的ですぐれた手術をする人は案外大学におらず在野にいることが多いのが外科の世界の面白いところだと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-11-26 22:49 | 美容外科