タグ:美容形成外科後遺症 ( 182 ) タグの人気記事
他院 人中短縮術 術後キズ痕 修正術 (細胞外マトリクス Acell使用)
本日ご紹介の患者さんは形成外科専門医による人中短縮術をお受けになられるもキズが気になるとのことで同医師に修正手術をお受けになられるも それでもキズが気になるとのことで ご相談にこられカウンセリングの結果 細胞外マトリクス(Acell) による修正術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です
下段:術後半年再診時です
d0092965_1365139.jpg

ご感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。


またのご来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_233028.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-13 00:33 | 美容外科
鼻 異物除去 (ダーマライブ??) 術後半年後
今日は2008年に浜田靖一防衛相が防衛省の田母神(たもがみ)俊雄前航空幕僚長が大東亜戦争に関し政府見解と異なる(と政府が主張する)内容の論文を投稿して更迭された問題で田母神前幕僚長に退職金の自主返納を求める考えを示した日になります。

1 year ago from today, on Nobember 6th 2008,Yasukazu Hamada, the Defense Minister, expressed his thoughts that the Ministry of Defense would request Toshio Tamogami, the former chief of staff of Japan's Air Self-Defence  Force at that time,to give up his discharge allowance voluntarily.
Tamogami was dismissed from his position for submitting a thesis in which he included his personal point of view regarding the Greater East Asia War.
His views differed from that of the Japanese government.


本日ご紹介の患者さんは約20年年前に鼻に注入系の異物をいれ その除去をご希望された患者さんです。

患者さんいわく「ダーマライブかな??」とのことでした。

当院としては正体不明の注入異物であり触診上軟部組織に浸潤して硬結をきたしていたため完全除去が不可能な可能性もあると判断しました。

上段:術前です。
下段:術直後です。
d0092965_202312.jpg

後遺症なくすっかり異物は除去され 御感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-06 01:52 | 美容外科
他院下眼瞼術後  三白眼修正術
本日ご紹介の患者さんは他院にて手術を左目が三白眼になってしまったとのことでそのご相談に約三年前にこられました。

左目が三白眼になっていました
d0092965_2441141.jpg


手術の後遺症で三白眼になってしまった方の修正手術は難しいことがあります。
・治る保証はできない
・CRPS(complex regional pain syndrome:
複合性局所疼痛症候群の発症のリスクあり)等をご説明し手術をうけた前担当医師での修正手術をお勧めしましたが 3年越しにやはり当院での手術をご希望とのことで手術のご依頼をお引き受けすることとしました。

上段:術前です
下段:術後約1か月再診時です
d0092965_2462638.jpg

ご感想は「以前より改善したけどもう少し上がって欲しかった。右目と同じにはならなかった。真ん中がもっとあがって欲しかった。よく見ればキズがあるけどそれは気になりません。」とのことで「ふつう(3/5)」とのことでした。

またのご再診をお待ちしております。


追記記事 2015.12.03



最近スタッフが「 先生 スタッフブログを書いてみたいんですけど いいですか?」 と相談してきました。

スタッフにこちらからお願いしてスタッフブログを書いてもらうのはなんか商業的な感じがして嫌だったのでいままで声掛けしたことはなかったのですがスタッフ自ら言い出してくれたのにはビックリしました。

一緒にクリニックをより皆様に親しみやすい良いクリニックにしていこうと思ってくれてるんだなと伝わり嬉しかったです。

しかし、彼女のブログを読ましてもらったら私とカラーがあまりにも違うので最初とまどいました。 たぶん同様に感じられる患者さんもいらっしゃると思いますが当院も組織である以上いろんな人がいます。 「多様性は善なり」と私は思いますのでスタッフのカラーはそれはそれで楽しんでいただけたらと思います。

そんなスタッフブログは
http://ameblo.jp/shirayuri0719/になります。


スタッフ視点で患者さんのためになることをいろいろ提言してくれるスタッフです。
皆様よろしくお願い申し上げます。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_3352049.jpg

ありがとうございます。どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-07-15 23:42 | 美容外科
他院乳輪縮小術後 修正術
今日は大東亜戦争期間中の1945年に御前会議において「今度採るべき戦争指導の基本大綱」で本土決戦方針が決定された日になります。



本日ご紹介の患者さんは他院にて乳輪縮小術をお受けになられるも キズが目立ちかえって元より大きくなってしまったとの悩みにてご相談にご来院された患者さんです。


カウンセリングの結果 他院乳輪縮小術後 修正術 を行うこととしました。


上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_134186.jpg

御感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-06-08 23:29 | 美容外科
前医下眼瞼脂肪除去 術後 瘢痕・外反 修正術 (植皮)
4月23日は1993年 に 今上天皇なる明仁天皇が歴代天皇で初めて沖縄を訪問した日になります。


本日ご紹介の患者さんは前担当医にて下瞼の脱脂術を受けたところ下瞼のキズが癒着し 外反されたとのことで前担当医よりご相談をうけた患者さんです。

診察したところ下瞼の創癒着、外反を認めました。
前医の見立てでは自然治癒の可能性を考えていらっしゃるようでしたが、私の見立てではこのまま癒着すると取り返しのつかない後遺症(閉眼機能不全による角膜損傷の可能性等)が生じ得ると考えられたため後医は名医となり申し訳ありませんでしたが患者さんにとっての最大限の利益を考え術後10日目でしたが緊急手術(癒着解除術)を行いまいた。
その後まだ経度外反が残存したため植皮術を行いました。

上段:前担当医執刀約10日後の状態です
下段:植皮術後約四か月再診時です
d0092965_22454273.jpg

ご感想は「左目のように自然にしたいです」とのことで「ふつう(3/5)」とのことでした。

キズのアフターケアを徹底的に行ってきます。 またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-04-23 22:38 | 美容外科
フェイスリフト後 キズ痕に対する 植毛(FUE)術
本日ご紹介の患者さんはフェイスリフト後のキズ痕に毛が生えないのをお悩みとして植毛のご相談をされた患者さんです。

植毛の方法として メスを遣うFUT(Follicular Unit Transplantation)法と、後頭部からくり抜き用のパンチを使って毛根をくり抜く方法であるFUE(Follicular Unit Extraction)法がありますが、 今回の患者さんは植毛量は数百本程度であったたため 後頭部に直線状の傷痕が残らないFUE法にて毛根を採取しフェイスリフト傷痕に植毛しました。


左:術前です                        右:術後約2週間再診時です
d0092965_5165410.jpg

キズ痕は目立たなくなり順調な経過です。

後頭部から毛根を採取している様子です
d0092965_5183939.jpg

特殊な機械を用いて毛根を一本一本くり抜いていきます。


頭部のキズ痕にお悩みの方はご相談くだされば幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-03-24 00:17 | 美容外科
他院額アパタイト術後 慢性感染症 立体CT
本日ご紹介の患者さんは他院にて約3年前に額アパタイト形成術をお受けになられ その後 感染症を生じ額が真ん中で割れ、穴から膿が出続けている、 そこで鼻中隔延長術も手術して曲がっているがどうにかならないかとのご相談にてご来院されました。


 そこの医院で施術後 明け方目が覚めたら医師のみが近くの部屋で寝ていてほかに誰もいなかった等 どこまで患者さんの話が事実なのか聞いていて悩むような話をなさるので当方もどう言葉をかけて差し上げたらよいのかわかりませんでした。

診察所見上 額中央部は陥没して排膿孔が中央に約4mm程度開いている状態、鼻先の曲がりを認めました。 鼻は喫緊の問題ではないと思われたので 慢性感染症状態になっている額の治療を先に行った方がよいとの診断をしました。  

慢性感染症の放置は 全身的には動脈硬化の促進 のリスク、 全身的および局所的には癌化のリスクが高まり得ます。 

患者さんご本人からは 「大丈夫  このままそのうち治ると3年間放置された。 気づいたらこんな目立つキズになってしまっていた。」 「今後自分のように苦しむ人がでてこないように美容外科というのはこういう後遺症が生じ得るというリスクを世間にしらしめるためにも自分の写真や情報を先生のブログで開示してほしい。」 のご希望をうけ ここに開示させていただきます

後医は名医の格言もありますし直接のやりとり等を知らない私が、前医の悩みや苦しみ等を自分の立場に置きかえて考えるととどちらか一方の立場のみに立つことはできませんが私にできることは可能限り治す方法を模索して差し上げることと、つらい醜状痕を晒してまで世間のお役に立ちたいというご意志を尊重してさしあげることになります。

患者さん掲載ご希望の立体CTです
d0092965_23344161.jpg

これに対しての医学的読影所見はご本人のプライバシーの問題もあると思われますのでここには記載いたしません。


正しい治療をすれば治るでしょう。
よくなられることを願っております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-03-23 23:32 | 美容外科
他院小陰唇縮小形成術後 修正術 (小陰唇再建術)
本日ご紹介の患者さんは他院女性医師にて小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術をお受けになられるも外々側ヒダは突起として残り、小陰唇は切られすぎた状態になり、改善を求めてご来院された患者さんです。


診察してみると小陰唇がなくなっており 小陰唇の再建から開始しないといけない状態とわかりました。

まずは執刀した医師に修正してもらうことをお勧めしましたがそこではもうそれ以上できないといわれたとのことでご依頼を受諾することとしました。

診察時です。
写真はエキサイトブログの規約に抵触するので当院HP上で手術を考えていらっしゃる女性のみに公開しています
確かに外々側ヒダが残り、特に右側が外側ヒダ、内側ヒダの一連のヒダの連続性が途絶し、かつ小陰唇がなくなっている所見が認められます。


小陰唇を再建しなければならないので手術は2回にわけて行う計画としました。

上段:術前です。
下段:2回目術後約2週間再診時です。
写真はエキサイトブログの規約に抵触するので当院HP上で手術を考えていらっしゃる女性のみに公開しています
まだ術後2週間なので腫れぼったいですが時間経過とともにより自然になっていきます。
ご感想は「きれいに形を作っていただきありがとうございます。 とっても嬉しいです。」とのことで「満足(5/5)」と順調な経過です。


またのご再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-03-06 00:50 | 美容外科
他院 後頭部アパタイト形成術  CT画像
今日は1945年2月23日に硫黄島おいて日本軍が死守すべく死闘を行ったすり鉢山の山頂にアメリカ海軍海兵隊たちが星条旗を掲揚したとされる日です。

星条旗が一度立てられた後も何度かそれを降ろし日章旗を立て、しまいには血染めの日の丸を掲揚した硫黄島の日本兵の奮闘に敬意を表すると共に鎮魂を祈りたく思います。



本日ご紹介の患者さんは他院にて 後頭部アパタイト形成術 をお受けになられその後 一部頭のでっぱりが気になりそこが痛むとの主訴にてご来院された患者さんです。


施術をうけたクリニックにての診察、治療をおすすめしましたが 「ちょっといろいろとあって・・」 とのことで当院での精査をご希望されたため精査することとしました。

触診上 頭頂部の後頭よりに確かに不思議な隆起をふれ、そこを触れられると痛いとの患者さんの主訴により視診を行いましたが特に頭皮の発赤等は認めず感染を疑わせる所見は視診上はありませんでした。

CTにて精査を行いました。
d0092965_331430.jpg
(写真はSBM規約により開示しています)
なんと 頭頂部にちょんまげのような形態をしたアパタイトの塊がありました。 一部凸になりそこが軟部組織を押して痛みが生じていると思われたため同部位を前医にて削ることをおすすめしました。
「とりあえず 話してみます」 とのことでした。

当院でも修正処置は可能ですがまずは執刀医に症状改善の責任ある治療をしてもらうのがよいでしょう。

埒があかなければご来院お待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-02-23 00:00 | 美容外科
他院 額アパタイト術後  慢性感染症 & 他院鼻中隔延長術後 鼻先曲がり
本日ご紹介の患者さんは他院にて約3年前に額アパタイト形成術をお受けになられ その後 感染症を生じ額が真ん中で割れ、穴から膿が出続けている、 そこで鼻中隔延長術も手術して曲がっているがどうにかならないかとのご相談にてご来院されました。


 そこの医院で施術後 明け方目が覚めたら医師のみが近くの部屋で寝ていてほかに誰もいなかった等 どこまで患者さんの話が事実なのか聞いていて悩むような話をなさるので当方もどう言葉をかけて差し上げたらよいのかわかりませんでした。

診察所見上 額中央部は陥没して排膿孔が中央に約4mm程度開いている状態、鼻先の曲がりを認めました。 鼻は喫緊の問題ではないと思われたので 慢性感染症状態になっている額の治療を先に行った方がよいとの診断をしました。  

慢性感染症の放置は 全身的には動脈硬化の促進 のリスク、 全身的および局所的には癌化のリスクが高まり得ます。 

患者さんご本人からは 「大丈夫  このままそのうち治ると3年間放置された。 気づいたらこんな目立つキズになってしまっていた。」 「今後自分のように苦しむ人がでてこないように美容外科というのはこういう後遺症が生じ得るというリスクを世間にしらしめるためにも自分の写真や情報を先生のブログで開示してほしい。」 のご希望をうけ ここに開示させていただきます

後医は名医の格言もありますし直接のやりとり等を知らない私が、前医の悩みや苦しみ等を自分の立場に置きかえて考えるととどちらか一方の立場のみに立つことはできませんが私にできることは可能限り治す方法を模索して差し上げることと、つらい醜状痕を晒してまで世間のお役に立ちたいというご意志を尊重してさしあげることになります。

<患者さんのご希望にて写真を取り下げて立体CT画像を資料として公示してほしいとのことで写真の掲載を中止し立体CT画像を2015.03.23記事に掲載します>


私が治療するとしたら全身麻酔下に冠状切開をしてアパタイトの完全除去を行いますが現在私の診療枠は非常に混んでおり大がかりな手術は数か月先になってしまうため 前執刀医による治療がこれ以上望めないのでしたら、設備が整い医師も多い大学病院等で早く治療がうけれるように紹介状を記載しました。  事実かどうか私にはわかりませんが「他院での治療を希望して紹介状をお願いしても 前医は紹介状も書いてくれなかった。 書いてくださってありがとうございます。」と大変感謝してくださりお帰りになられました。
美容外科後遺症ということで大学病院等が引き受けて治療してくださるところがなければご遠慮なさらずまたご相談にきていただければ幸いです。 

以下のリスクをご納得・ご同意の上、手術のご依頼をなさるのであれば施術のご依頼を承ります。

冠状切開によるアパタイト除去のリスク
1.全身麻酔のリスク
  (気道トラブル→気管切開の可能性、 全身麻酔そのものが約7万人に1人の死亡事故リスク)
2.冠状切開の傷痕 (切開創に毛が生えなくなる可能性)
3.眼窩上神経、滑車上神経麻痺 (前頭部のしびれ) これは数か月で一般的には治癒
4. CRPS (複合性局所疼痛症候群) 日本人の罹患率は約5000人に1人といわれています。
   侵害刺激が原因となって周辺部位に難治な痛みが生じる可能性があります。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_6172375.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。


追記:20150313

患者さんから追記してほしいとのメールがありましたので追記します。

<額アパタイト陥没、慢染感染症>

2011年10月、増量で額HA移植術を60万+消費税支払い手術。
僅か3ヵ月後、追加HA移植術30万+消費税を支払い手術
きちんとしたICを行わず「もっとハーフっぽくするならやろう」と2012年2月施術。2ヶ月後、額が裂け始めて膿が出始める。
何度も縫合するも軽快に向かわず。
縫合だけでも昨年2014年まで5回以上。●●医師が三菱化学で細菌培養検査を計3回行う。
1回目検査で黄色ブドウ球菌検出。ワン+
2回目検査で菌検出せず。
3回目検査で黄色ブドウ球菌検出。ワン+

挙句の果てに、抗生剤「バクタ配合錠」を朝昼夕に計6錠服用すれば菌は死滅するからと言い放ち処方。当時の看護師に「胃がおかしくなりますよ」と助言されるが「大丈夫だ」の一言。
出身系列病院に紹介状を書きロセフィン投与されるがお腹壊す。


HA移植する際に切開した避けた傷から
鑢でHAを研磨するが完治に向かわない。
数ヶ月後、
2回目鑢でHAを研磨。施術時間が24時過ぎてた事もあり、リカバリー室で宿泊するこになる。朝、●●医師は爆睡。ドレーン3つ付けたまま自宅に帰宅。
額真ん中部分陥没。
額形状崩れる。

<<<2015年現時点。HA代金返金応じず。>>>

<鼻中隔延長術+I型プロテーゼ>
2013年7月、その時はきちんとICを行う。
クローズ法にて鼻中隔延長術とI型プロテーゼ(割引で費用625000円)で施術。術時間5時間。左右差が生じ始めたの腫れが引いた後。
湾曲して左側がアップノーズ、右側が下向き。


2015年2月下旬、●●●●●病院▲▲医師の下診断。3月4日に頭部CT撮影予定。費用は実質自己負担。
                   


上記の患者さんの時系列経過が事実かどうか私にはわかりません。
ただ美容外科手術にはこのような合併症がおこり得る、また担当医からこのような対応をされることがあることを知ってほしいとのご希望をくみ 掲載しております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-02-19 17:26 | 美容外科