タグ:美容形成外科後遺症 ( 182 ) タグの人気記事
他院ダーマライブ注入(眉) 後 除去手術
今日は1931年 に満州事変の発端となる南満州鉄道線路上で爆発事件(いわゆる柳条湖事件)がおきた日になります。


本日ご紹介の患者さんは過去に他院にてA院にて眉骨部にダーマライブという注入物を眉骨部に注入されるもやはり除去したいとのご希望にてB院にて除去手術をうけるも変化がなく、 C院にて二回目の除去をうけるも変化がなかったがどうしても除去したいとのご希望にて除去手術三院目として当院をご希望された患者さんです。




上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_22582961.jpg

御感想は「眉骨の方はとても自然になって満足してます」と順調な経過です。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2573799.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-09-18 23:00 | 美容外科
他院鼻根部骨切幅寄せ術後修正術(鼻根部骨切り拡大術)  他院鼻尖部軟骨移植後修正術 
本日ご紹介の患者さんは他院有名形成外科専門医にて 鼻骨骨切幅寄せ術、鼻尖部軟骨移植術をお受けになられるも 思ったより鼻根部が狭くなり鼻根が高くなってしまいかつ鼻先の軟骨が浮き出るようになってしまったので同医師による修正術を2回お受けになられるも改善しないということでご来院された患者さんです。総額200万円かけたとのことでした。


患者さんの希望としては「鼻先の軟骨の突出を改善したい。 鼻根部の骨の幅を広げ鼻根部を低く戻したいとのことでした。


ご遠方ではありますし通常は執刀した医師による修正をお勧めしていますが当院でかつて他院お受けになられた頬骨骨切術が効果不十分であったためその修正術を再構築法でお受けになられ満足されていましたがご遠方のため鼻に関しては地元近くで受けたら本件のようになってしまいしかもその医師に再構築法を貶める発言をされたため「私は満足しています」と返答しましたというご報告をうけ 「患者さんにとってよかれとおもって地元の医師へ押し戻していたがそれはそれで患者さんに迷惑をかけているのかもしれないな」 と思いご依頼を受諾することとしました。

ちなみに頬骨再構築法は10年以上行っていますが極めて安全で患者さんの満足度の高い手術であると言えます。 
おそらく開発者のライフクリニックの勝間田先生と勝間田先生からご教授いただいた私のみが取り扱う術式であるためそのような偏見があるのかもしれません。


さて本ご依頼に対する修正術は 鼻骨部の骨を骨切りし拡大し、 歪んだ鼻先の軟骨を修正し、薄くなってしまった鼻先の皮膚を保護するために婦人科軟部組織を移植しました。

正面
上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_1394682.jpg

鼻先の軟骨のでっぱりは改善しています。
鼻根の骨も左右に広がり「鼻の空気の通りが良くなった」とのことで順調な経過です。


側面
上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_1395661.jpg

鼻根は希望通り低くなり鼻先のとがった軟骨もなくなり自然になり順調な経過です。

鼻を下から
上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_140316.jpg

術前は患者さんにとって鼻先が移植した軟骨により左に傾いていましたが改善し順調な経過です。


婦人科部のキズは執刀医の私ですらどこにキズがあるのかわからないぐらいきれいに治り順調な経過です。

またの再診をお待ちしております。

2017年 2月 追記記事 記載



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_150525.jpg

ありがとうございます。 

どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-03-20 00:59 | 美容外科
他院臀部脂肪吸引後  脂肪移植
今日は1905年に竹島が島根県に編入されたことを記念して島根県が2005年に制定した「竹島の日」です。1952年(昭和27年)1月18日の韓国の一方的な李承晩ライン(りしょうばんライン)の宣言により竹島が韓国領とされました。この海域の日本人漁船を一方的に取り締まったため1965年(昭和40年)の日韓漁業協定が成立するまでの13年間に、韓国による日本人抑留者は3,929人、拿捕された船舶数は328隻、死傷者は44人を数えました。

残念ながら現在韓国政府に不法占有されていますがこれはいつか国際司法裁判所で審理が行われることを願ってやみません。

今日は同時に1932年2月22日上海事変における敵陣地の鉄条網に突撃路を築くため、点火した破壊筒をもって敵陣に突入爆破し、自らも爆死した有名な爆弾三勇士の命日です。
彼らの勇気に当時の日本中が沸き起こり国定教科書にまで載りましたが戦後は軍国主義の象徴逸話とされ忘れ去られました。 



本日ご紹介の患者さんは他院にて臀部の脂肪吸引をお受けになられその結果 シワシワ になり気に入らないとのことで脂肪移植をご希望された患者さんです。

上段:術前です
下段:臀部脂肪移植後約1か月再診時です
d0092965_393596.jpg

御感想は「満足」と順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_3111396.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-02-22 23:07 | 美容外科
他院脂肪移植豊胸後 しこり除去 手術
今日は1904年 に仁川沖と旅順港のロシア艦隊を日本軍が攻撃し日露戦争が勃発した日になります。
On February 8th 1904, the Russo-Japanese War began with attacks of the Russian Far East Fleet at Port Arthur and shores near Incheon in Korea by the Imperial Japanese Navy.




本日ご紹介の患者さんは約10年前に 全国チェーン展開している美容外科の総括院長なる先生の執刀にて脂肪移植豊胸術をお受けになられ 「 術後 からマッサージしていればしこりにならないよ 」といわれ熱心にマッサージをしたけっか一年後には大きなしこりになりその後うつ伏せ寝等でしこりのせいで胸が痛くなるということで悩まれてご相談にこられた方です。

執刀医にまずは相談することをお勧めしましたが当院での加療を強くご希望されたためご依頼を受諾することとしました。


上段:術前です
下段:しこり部分をマーキングした状態です。
d0092965_2251091.jpg

非常に大きなしこりを外から触診します


当院にある超音波検査器でエコー像を撮影しました。
d0092965_229531.jpg

充実性の脂肪移植後のしこり形成が強く疑われました。

外科的切除による方法と超音波破砕機になる破砕方法と二種類の除去方法がありますが今回は手術痕を可能な限り残したくないとのご希望にて超音波破砕機によるしこりの超音波破砕およびその残滓の吸引術を行いました。

術中はドロドロの壊死物質様物質が吸引されました。

エコー上でしこりが消失したことを確認し終刀としました。

約1週間後再診時です
d0092965_238481.jpg

とくにへこみ等も生じておらず順調な経過です。


治療の成功の可否は術後半年以上経て 再度しこり形成がされないことが確認されてからになります。

定期的な受診が重要です。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2454514.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-02-08 23:21 | 美容外科
他院顎先軟骨移植術   術後修正術
本日ご紹介の患者さんは顎先のへこみを改善する目的にて形成外科専門医に耳軟骨を顎先に移植してもらうもそれがしこりとなり傷口が沁みるという症状が出現し除去を希望するも「もう取れない」といわれ、大学病院形成外科等数件をまわるも手の施しようがないとのことでご来院された患者さんです。

症状の改善は当院でも保証しかねるがレーザーや超音波を用いた複合治療で軟骨を破砕除去はある程度可能と思われたのでその旨をご説明しご理解ご納得いただけましたので手術の御依頼をお引き受けしました。

上段:術前です。 赤丸がしこりとなってしまった移植軟骨部です
下段:術後約2週間再診時です。
d0092965_154458.jpg

触診上 顎先はすっかり柔らかくなり気になっていたしびれや違和感がなくなったとのことで御感想は「大満足(5/5)」と順調な経過です。


またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-01-27 23:54 | 美容外科
他院小陰唇縮小形成術後 修正術 (小陰唇再建術)
本日ご紹介の患者さんは他院女性医師にて小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術をお受けになられるも外々側ヒダは突起として残り、小陰唇は切られすぎた状態になり、改善を求めてご来院された患者さんです。


診察してみると小陰唇がなくなっており 小陰唇の再建から開始しないといけない状態とわかりました。

まずは執刀した医師に修正してもらうことをお勧めしましたがそこではもうそれ以上できないといわれたとのことでご依頼を受諾することとしました。

診察時です。
写真はエキサイトブログの規約に抵触するので当院HP上で手術を考えていらっしゃる女性のみに公開しています
確かに外々側ヒダが残り、特に右側が外側ヒダ、内側ヒダの一連のヒダの連続性が途絶し、かつ小陰唇がなくなっている所見が認められます。


小陰唇を再建しなければならないので手術は2回にわけて行う計画としました。
上段:術前です。
下段:約半年再診時です
写真はエキサイトブログの規約に抵触するので当院HP上で手術を考えていらっしゃる女性のみに公開しています

d0092965_2358765.jpg

御感想に「おかげさまで家族と幸福に暮らしております。本当にありがとうございます。」 「大満足(5/5)」とありました。

ジーン ときました。

皆様に幸福にご家族と暮らしていただきたい。 切に思います。

皆様のお陰で今日のしらゆりビューティークリニックがあると思います。
ありがとうございました。

来年も一期一会で出会った患者さんの一助になれれば幸甚の至りです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-12-31 23:50 | 美容外科
他院Vライン形成術後修正、 アパタイトエラ形成術
本日ご紹介の患者さん前医にて約170万円かけてVライン形成術をお受けになられるも左右差ができ口が締まりにくくなったためそれを治すために顎先プロテーゼを留置してもらうもそのプロテーゼの位置が 不快とのことでご相談にこられました。


担当医は口が締まらない状態を 「学会で他の先生に相談したがわからないといわれた。」とおっしゃるが それが事実か否かもわからずどの先生に相談したかも不明でしたとのことでした。 


美容外科後遺症外来のある大学病院形成外科にも相談にいったが治療できないといわれたとのことでした。

既往を聞くと修正手術等を含めて数回にわたる顎先の手術をうけていらっしゃるためオトガイ筋が損傷しており私の手術でも改善する保証はできない旨をご説明し、本来は前担当医に修正してもらうべきである旨をご説明しましたが訴訟も考えているとのことでラポール(信頼関係)が築けていない状態でありました。

前医の先生は患者さんのご希望をかなえてさしあげようと色々尽力なされるタイプでいらっしゃるのかもしれませんが御不幸にも関係がうまくいかなかったのかもしれません。

「もともと 機能不全があるのでどこまで治せるかはわからない それでもよければ治療を試みるが基本的には前医で治してもらってほしい。」と重々ご説明しましたが当院での治療のご希望が強かったためご依頼をお引き受けしました。



治療目標として1.機能回復  2.審美的回復  としました。

治療手段として
1.他院顎プロテーゼ抜去
2.顎先骨切前方移動術
3.顎先アパタイト形成術
4.右下顎縁スティック骨切術
5.左エラ アパタイト形成術

としました。 顎先の骨はかなり削られてしまっって前方移動する骨の量を切り出すは困難のように見受けられましたが顎舌骨筋の付着部がはずされてしまっているせいか顎下がたるんでしまっていたため同部位のゆるみの修正目的に顎先は前方移動し、また足りない分はアパタイトで顎先を形成しました。
右下顎縁は凹凸になってしまっていたので右下顎縁をスティック骨切術をすることで滑らかにし、左エラは削られすぎてしまっていたためアパタイトにて左右対称になるようにエラを形成することとしました。


上段:術前です
下段:術後約3週間再診時です
d0092965_361460.jpg


d0092965_384965.jpg

御感想は「もっと顎が前に出てほしいです。 口は閉まる様になりました。 ありがとうございます。」と「やや不満(2/5)」とのことでした。

機能は幸い改善して差し上げることができましたがまだ審美的欲求を満たして差し上げられていないようです。
もっと顎を出したいということなので輪郭手術の完成後半年経ても希望が変わらなければ手術の御依頼を承る予定です。

またの再診をお待ちしております。

[PR]
by shirayuribeauty | 2015-12-06 00:58 | 美容外科
他院大陰唇縮小術、小陰唇縮小術術後修正術  2015.12.01
本日ご紹介の患者さんは他院にて大陰唇縮小術、小陰唇縮小術 をお受けになられるも、大陰唇は大陰唇の真ん中を切られキズが目立ち、小陰唇は左右差があるとのことでご遠方より修正手術をお受けに来られた患者さんです。



上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
(外性器の画像はエキサイトブログの規約に反する可能性があるため当院HP上の右欄の「婦人科・肛門」のタグにてパスワード制で閲覧可能としています。 手術を御検討されていて閲覧御希望の女性はクリニックまでお電話くだされば幸いです。メールでのお問い合わせに対しては性別判定ができないためパスワードをお教えできません。)
自然になり順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。





先日ご相談メールをいただきました。

約二週間前に地元の●●の形成外科で、小陰唇縮小手術を受けました。左右の差が激しく、右側は真ん中をえぐられているような形で前の方が残っているように思います。左側は右側が短く切られすぎてしまったのか、右側が埋もれるくらい大きいです。
勇気を出しての手術、元々は4cm以上あったので短くはなりましたがバラバラな大きさでは前に進めません。
自分の病院選びや決断が甘かったと後悔しています。
●●から伺いたいと思っていますが、カウンセリング当日の手術は可能でしょうか?また、抜糸、その後の検診もお願いしたいです。
よろしくお願いします。




お返事)

お勧めは一度カウンセリングをお受けになられて熟慮されてから手術をお受けになられるかご判断されることです。

しかしご遠方のため可能な限り通院の負担を少なくしたいお気持ちもわかりますので診察所見によっては修正手術を二期にわけなければならない可能性もあり得ることを了解していただいて

手術のご予約をおとりいただくことは構いません。

詳細はお電話でお尋ねくだされば幸いです。





最近婦人科手術の修正手術のご依頼のご相談をよくうけます。

先日カウンセリングにいらした方(上記メール相談と別の方)は小陰唇の大きさと 陰核の大きさが気になっていたが某院で 小陰唇および陰核の縮小術をうけたが結果に納得がいかないとのことでご相談に来られました。
インターネット上の宣伝文句では「レーザーで痛みが少ない 仕上がりがきれい」 と書いてありHPの表示金額は安めだったそうです。

しかし実際に行ってみるとカウンセリングはほとんどない状態でしかもあなたは特殊な状態だからといわれて全額で75万もかかったとのことでした。

 余剰ヒダもとるのを勧められその切除は15万と言われるもそうすると総額が90万円にもなってしまうので余剰ヒダは取らなかったとのことでした。

しかし手術の結果は結果として陰核に関しては長さは長くなかったので幅を若干小さくしたといわれ結果として何も変わっていなかったとのことでした。

それどころか小陰唇はボコボコの状態になり納得がいかないとのことでした。



実際に診察をすると確かに・・・・ という状態でした。

ちなみに当院で最初から手術をしていればどんなに多く見積もっても通常価格で21万円の手術ですべて治療できた内容でした。





ちなみにレーザーだから痛みが少ないだの仕上がりがきれいだのは 正直いって 集客のための宣伝文句であり 実際のことろレーザーだから痛みが少ないだの仕上がりがきれいだのということは

全くの「ウソ」です。



私はレーザーも高周波メスもふつうのメスもはさみもすべて駆使しますがそれは状況によって最前の結果を出すのに必要な道具がことなるからでありレーザーだから云々ということは決してありません。

また安い金額で来院を誘引しあれやこれやとオプションをつけて高額な治療費にして当日手術をするなど下劣極まりません。

部位が部位だけに多くの患者さんが泣き寝入りなのが現実だと思います。



このブログを書いていたらだんだんと腹が立ってきたので閑話休題



この記事を書いていたら「ぼったくり」という単語が脳裏に浮かんできました

そしてこの「ぼったくり」に関しては新宿の歌舞伎町が有名なのは皆さんご存知だと思います。

そのぼったくり飲食店に対し手弁当で孤軍奮闘されている弁護士さんがいます。

当クリニックの顧問弁護士である青島克行先生です。 

美容外科の顧問弁護士なんて 患者泣かせの弁護士だろう  とみなさんはお思いかもしれません。  全く違います。

一年以上のおつきあいになりますが患者さんとの対応に青島先生がご対応されたことはまだ一度もありません。 当法人が社会的にまっとうな組織になるようにアドバイスをしてくださっている存在です。

しかし なぜ 美容外科医がわざわざ顧問弁護士をここで紹介を? とみなさんお思いだと思います。

一年以上のおつきあいとしてご人格も理解し 皆様にお勧めできる弁護士先生と思うからです。

先生はひっそりと事務所を営んでいらっしゃいますが、こんなすばらしい先生が 伯夷・叔斉 首陽山に死す の故事のごとく 事業として弁護士事務所がなりたたないから事務所をたたむとなされると社会的に損失なので皆さんに知っていただきたいと思いご紹介させていただきました。



ここでご紹介しておきながらこんなことをいうのは変ですが私は医療においては裁判で解決というのは好みません。

なぜなら医療裁判は決して医療の質を高めるように作用するものではないからです。 ですからここで青島先生をご紹介するのは決して医療裁判をあおっているものではなく純粋に顧問弁護士をお探しの自営業の方々をはじめとして皆様の法的なお悩みの一助に青島先生がなりえると思うからです。 ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-12-01 00:00 | 美容外科
他院グラマラスライン形成術術後修正  左目三白眼修正術 術後四年
本日ご紹介の患者さんは既往として他院形成外科専門医にて他院グラマラスライン形成術術(下瞼下制術、たれ目形成術)をお受けになられるも下瞼が下がりすぎ、修正手術を同医師にてうけるもそれでもまだ治らないとのことで左目三白眼修正術をご希望され当院にご相談におこしになられた患者さんです。


執刀医による修正術をつよくお勧めしましたが当院による修正術を強くご希望されたためご依頼を受諾することとしました。

上段:術前です
下段:左目三白眼修正術  術後約4年再診時です
d0092965_1305326.jpg

目がしらは他院にて最近手術をしたとのことで赤味があります。
左目の三白眼は治癒しており戻りもなく順調な経過です。


またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-24 00:26 | 美容外科
他院Vライン形成術後修正、 他院顎先プロテーゼ留置後修正術
本日ご紹介の患者さんは前医にて約170万円かけてVライン形成術をお受けになられるも左右差ができ口が締まりにくくなったためそれを治すために顎先プロテーゼを留置してもらうもそのプロテーゼの位置が 不快とのことでご相談にこられました。


担当医は口が締まらない状態を 「学会で他の先生に相談したがわからないといわれた。」とおっしゃるが それが事実か否かもわからずどの先生に相談したかも不明でしたとのことでした。 


美容外科後遺症外来のある大学病院形成外科にも相談にいったが治療できないといわれたとのことでした。

初診時所見です
d0092965_0124699.jpg

確かに下顎の左右差を認めます。



CTを撮ってみました。
d0092965_013375.jpg

下顎下縁に明らかな左右差があります。
右下顎縁に骨突起があるのがわかります。

力を抜くと 下顎前歯が見えてしまう(特に左) という状態でした。
d0092965_015546.jpg



既往を聞くと修正手術等を含めて数回にわたる顎先の手術をうけていらっしゃるためオトガイ筋が損傷しており私の手術でも改善する保証はできない旨をご説明し、本来は前担当医に修正してもらうべきである旨をご説明しましたが訴訟も考えているとのことでラポール(信頼関係)が築けていない状態でありました。

「もともと 機能不全があるのでどこまで治せるかはわからない それでもよければ治療を試みるが基本的には前医で治してもらってほしい。」と重々ご説明しましたが当院での治療のご希望が強かったためご依頼をお引き受けしました。


取り出したプロテーゼとその周囲にたくさんあった糸たちです。
d0092965_0231497.jpg

プロテーゼに押されていた骨は陥没していました。


立体CTより作成した立体模型 と 取り出したプロテーゼです。
d0092965_0234846.jpg

右下顎縁に骨突起があるのがわかります。
私にとっては不思議なプロテーゼのサイズと留置位置でした。


長くなりましたので経過報告はまたの機会に行います。



先日ご相談メールをいただきました。

拝啓 伊藤 先生
●●●クリニックの●●医師において当方の顧問弁護士が協力医を探しておられます。万が一、訴訟になったらご協力頂けませんか?

現在、●●地裁の裁判官の決定を無視してある一定の本件の画像データの提出を拒否している段階です。
□□□□□病院の△△先生の診断は「☆☆部の潰瘍、同部皮下潰瘍及び同部骨が融解し著名な変形を生じている」と診断して下さいました。
ご迷惑が掛からなければ伊藤先生に御願いしたい所存であります。



誠に申し訳ありませんが私は自身の本業として治療をご依頼されればそれに全力を尽くさせていただきますが 皆様の私的法的問題に関わる件に関しては本ブログにおいて公的に意見を述べるだけにさせていただければと思います。

すなわち当ブログで本日期日の記事のように紹介させていただいて客観的事実を記載させていただく分にはご依頼されれば行いますし私の記事を一医師の物の見方、とらえ方としての参考資料として裁判所に提出していただいても全く構いません。

私は在野の無名の一美容外科臨床医であり権威とは無縁の存在です。 

裁判によってではなく情報開示と医師側と患者側の医療における限界と不確実性の認識の共有に基づいた患者さんの自己決定権の尊重と相互敬意により日本の医療をより良いものにしていきたいという一身上の信念により皆様の民事裁判における意見書等の個別ご依頼はお引き受けできませんのでご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


ある特定の医師を「訴えたい」 だの 「訴えた」 だの 「証拠保全したけどカルテをないといいはり出さないのであきれた」 だの 最近 きな臭いご相談や報告が多く感じます。

私はここでその医師の個人攻撃をするつもりは全くありません。
仮に99.5%の成功率の医師でも件数を多く行っていればそれだけ不具合を生じた患者さんが多く生じるのかもしれません。 すなわち年間1000例執刀している医師であれば99.5%の成功率でも5名の不具合患者さんが発生します。 100例しか執刀していなければ1名生じるか生じないかになります。
医師の手術技術の程度を数値化するは難しいのが現状です。


医師側も患者さん側も 皆様が心穏やかな平穏な日々をお過ごしになることができるよう願っております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-22 23:59 | 美容外科