タグ:美容形成外科後遺症 ( 187 ) タグの人気記事
他院額アパタイト術後 慢性感染症
本日ご紹介の患者さんは他院にて約4年前に額アパタイト形成術をお受けになられ その後 感染症を生じ額が真ん中で割れ、穴から膿が出続けている、 そこで鼻中隔延長術も手術して曲がっているがどうにかならないかとのご相談にてご来院されました。


 そこの医院で施術後 明け方目が覚めたら医師のみが近くの部屋で寝ていてほかに誰もいなかった等 どこまで患者さんの話が事実なのか聞いていて悩むような話をなさるので当方もどう言葉をかけて差し上げたらよいのかわかりませんでした。

診察所見上 額中央部は陥没して排膿孔が中央に約4mm程度開いている状態、鼻先の曲がりを認めました。 鼻は喫緊の問題ではないと思われたので 慢性感染症状態になっている額の治療を先に行った方がよいとの診断をしました。  

慢性感染症の放置は 全身的には動脈硬化の促進 のリスク、 全身的および局所的には癌化のリスクが高まり得ます。 

患者さんご本人からは 「大丈夫  このままそのうち治ると3年間放置された。 気づいたらこんな目立つキズになってしまっていた。」 「今後自分のように苦しむ人がでてこないように美容外科というのはこういう後遺症が生じ得るというリスクを世間にしらしめるためにも自分の写真や情報を先生のブログで開示してほしい。」 のご希望をうけ 前回開示させていただきました。

後医は名医の格言もありますし直接のやりとり等を知らない私が、前医の悩みや苦しみ等を自分の立場に置きかえて考えるととどちらか一方の立場のみに立つことはできませんが私にできることは可能限り治す方法を模索して差し上げることと、つらい醜状痕を晒してまで世間のお役に立ちたいというご意志を尊重してさしあげることになります。

最近経過の写真を公開してほしいと御依頼を受けました。
d0092965_2130487.jpg

額に何度も縫合を試みた糸痕のようなもの痕を認めますが前医が再縫合しようとしたのか私にはわかりません。
このように感染が慢性化してしまった状態ではアパタイトをいったん除去しなければ治癒は難しいと考えます。

現在私からご紹介させていただいた信頼できる形成外科の先生のもとで経過良好で来年にも再建手術をうけるとのことでした。

信頼できる医師に出会えたのですから治療に専念していただければと思います。

今年はアメリカのオバマ大統領が広島を訪問した記念すべき年でした。

オバマ大統領は謝罪を求める声に動かされて広島に訪れたのでははく、広島の人々の“赦しの心”に動かされて広島を訪問したのだと思います。

我々日本人は 赦す 心をもった民族だと思います。

過去の恨みつらみを千年抱きつづけても幸せにはなりません。

このアパタイト額形成の前担当医も彼・彼女なりに必死に治療法を模索して診療にあたったのだと思います。
残念ながら治療は奏功しなかったのかもしれませんが現在新たな主治医のもとで良くなられているのであればあまり過去の恨み辛みに振り回されるのは精神衛生上よくないと思います。

来年こそは完全に治癒し心機一転されることを願っています。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-12-22 21:27 | 美容外科
他院Vライン形成術後修正、 他院顎先プロテーゼ留置後修正術 :アパタイトによるエラ形成等
今日は1904年 に日露戦争の旅順攻囲戦で日本軍が203高地を占領した日になります。
112years ago from today, on December 5th 1904, Japanese troops fought aheroic battle taking over 203 Meter Hill during the "Seige of Port Arthur"(August 1st 1904 to January 2nd 1905), a chapter in the Russo-Japanese War.

これによって203高地からの砲撃で旅順港停泊中のロシア東洋艦隊を壊滅させることができました。
As a result of this battle, Japanese troops were able to wipe out theRussian fleet which had been anchoring in Port Arthur harbor, by bombarding them from atop the 203 Meter Hill.

1980年に東映系で公開された「二百三高地」(にひゃくさんこうち)は名画だと思います。観た事のない方は是非一度はごらんになられることをお勧めします。
I personally think the movie "The Battle of Port Arthur" (1980) is a masterpiece, and would highly recommend watching it for those who haven't seen it yet.



本日ご紹介の患者さんは前医にて約170万円かけてVライン形成術をお受けになられるも左右差ができ口が締まりにくくなったためそれを治すために顎先プロテーゼを留置してもらうもそのプロテーゼの位置が 不快とのことでご相談にこられました。


担当医は口が締まらない状態を 「学会で他の先生に相談したがわからないといわれた。」とおっしゃるが それが事実か否かもわからずどの先生に相談したかも不明でしたとのことでした。 


美容外科後遺症外来のある大学病院形成外科にも相談にいったが治療できないといわれたとのことでした。




修正方針として 顎プロテーゼを抜去し顎先前方移動、下顎縁スティック骨切術、 アパタイトにてエラ形成をを行いました。 術後半年の時点で唇を閉まりやすくするためにオトガイ筋拳上術を、たるみの改善に顎下アキュスカルプレーザーとミントリフト6本によるたるみ改善治療をお受けになられました。


上段:術前です
下段:顎プロテーゼを抜去し顎先前方移動、下顎縁スティック骨切術、 アパタイトにてエラ形成術後約1年
    オトガイ筋拳上術、顎下アキュスカルプレーザーとミントリフト6本によるたるみ改善約半年後です
d0092965_3225588.jpg

御感想は「初診時よりは劇的に良くなった。 審美的に満足していないわけではなく確かに口は締まるようになったが(当院で手術を受ける以前は力入れてもうまく口が閉まらず10秒ぐらいするとパカーンと口があいてしまっていた)、寝る時や上を向いた時に口があいてしまうのが気になる」とのことで御感想は「ふつう(3/5)」とのことでした。

オトガイ筋はいったん傷つくとなかなか機能的完治は難しいです。
可能な限りの治療はご希望であれば行っていきたいと思います。

またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-12-05 23:14 | 美容外科
私の嫌いな脂肪吸引の痕 (お尻の脂肪吸引管痕)
本日は1951年 に参議院が対日講和条約・日米安保条約を承認した日になります。




時々他院さんで脂肪吸引をうけてきた方で お尻やふとももとお尻の間に目立つ脂肪吸引の痕がある方がいらっしゃいます。

d0092965_352482.jpg


以前の記事にも記載しましたが おしりにこのような吸引痕をもつ患者さんをたくさんみます。個人的は吸引管の痕が痛々しくこんなところに吸引管を出し入れされてしまったことがやるせないです。
お尻の曲線表面上に吸引管をさすと張力の関係で傷は汚く大きくなります。
絶対にお尻の曲線表面に傷をつけて吸引管をいれるべきではありません。
お尻や太ももの脂肪吸引をお受けになる場合は吸引管の刺入箇所にご注意ください。


お尻や太ももの脂肪吸引をする際は技術のある医師でしたらお尻やふとももの目立つ箇所に傷を残さず脂肪吸引できます。
脂肪吸引をする場合は後々の脂肪吸引後のキズ痕まで熟慮してくださる医師を選ぶようにしてください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-11-18 23:03 | 美容外科
他院乳輪縮小術後 キズ痕に対する 修正術 術後約3年再診時
本日ご紹介の患者さんは A院にて豊胸術と同時に乳輪縮小術を内側法でうけるも数週間でもとに戻ってゆがんで楕円形になってしまったとのことでした。。 執刀医からは豊胸したら戻りやすい等のリスクの説明がなかったとのことでした。 担当医に修正を依頼するも内側からだと無理だから外側からやる(新規に料金がかかるといわれた)といわれ、信頼もできなかったのでB院にて修正手術をうけることにしB院で外側法による乳輪縮小術をうけたら前にうけたキズが広がり 結局二個キズができて外側のキズが余計み目立つようになったとのことでした。  「真下にもキズができてしまい結局もどってしまった。特に 右の乳頭は低くなってしまった。」とのことなので「執刀医に相談しましたか?」とお尋ねしたところ「相談していない」とのことでしたらの執刀医に相談することを強くお勧めするも当院にての修正手術を強くご希望されたため修正手術のご依頼をお引き受けすることとしました。

術後8か月再診時の時に乳頭をよりしっかり形態形成し、より乳輪を小さくする再修正手術を行いましたが約2週間後再診以降半年以上再診にいらっしゃらず 心配しておりましたが 最近約2年ぶりに 再診にいらしていただけました。


上段:術前です
下段:術後約3年再診時です
d0092965_5261717.jpg

キズは目立たなくなり順調な経過です。
今回は脱色治療のご相談でした。
ご希望なら行います。


またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-10-08 23:22 | 美容外科
顎先ダーマライブ除去 術後約2年半年
本日ご紹介の患者さんは他院A院にてダーマライブという注入物をお受けになられ その除去をB院にて依頼し除去手術をうけるもまったく除去できなかったとのことで当院を受診された患者さんです。


ダーマライブ(Dermalive)とは、ヒアルロン酸にHEMA(ハイドロキシメチルメタクリレート)と呼ばれる粒子を混ぜた注入剤ですが私個人は安全性を信頼しておらず用いておりません。


上段:術前です
下段:術後約2年5か月再診時です
d0092965_23431757.jpg

御感想は「まだ左の方が大きく感じるのでまた除去手術をしたいです」とのことでした。

ご希望でしたら追加除去手術を行います。
またの御来院をお待ちしております。




先日お心遣いを戴きました。
d0092965_325267.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-09-20 23:40 | 美容外科
他院ダーマライブ注入(眉) 後 除去手術
今日は1931年 に満州事変の発端となる南満州鉄道線路上で爆発事件(いわゆる柳条湖事件)がおきた日になります。


本日ご紹介の患者さんは過去に他院にてA院にて眉骨部にダーマライブという注入物を眉骨部に注入されるもやはり除去したいとのご希望にてB院にて除去手術をうけるも変化がなく、 C院にて二回目の除去をうけるも変化がなかったがどうしても除去したいとのご希望にて除去手術三院目として当院をご希望された患者さんです。




上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_22582961.jpg

御感想は「眉骨の方はとても自然になって満足してます」と順調な経過です。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2573799.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-09-18 23:00 | 美容外科
他院鼻根部骨切幅寄せ術後修正術(鼻根部骨切り拡大術)  他院鼻尖部軟骨移植後修正術 
本日ご紹介の患者さんは他院有名形成外科専門医にて 鼻骨骨切幅寄せ術、鼻尖部軟骨移植術をお受けになられるも 思ったより鼻根部が狭くなり鼻根が高くなってしまいかつ鼻先の軟骨が浮き出るようになってしまったので同医師による修正術を2回お受けになられるも改善しないということでご来院された患者さんです。総額200万円かけたとのことでした。


患者さんの希望としては「鼻先の軟骨の突出を改善したい。 鼻根部の骨の幅を広げ鼻根部を低く戻したいとのことでした。


ご遠方ではありますし通常は執刀した医師による修正をお勧めしていますが当院でかつて他院お受けになられた頬骨骨切術が効果不十分であったためその修正術を再構築法でお受けになられ満足されていましたがご遠方のため鼻に関しては地元近くで受けたら本件のようになってしまいしかもその医師に再構築法を貶める発言をされたため「私は満足しています」と返答しましたというご報告をうけ 「患者さんにとってよかれとおもって地元の医師へ押し戻していたがそれはそれで患者さんに迷惑をかけているのかもしれないな」 と思いご依頼を受諾することとしました。

ちなみに頬骨再構築法は10年以上行っていますが極めて安全で患者さんの満足度の高い手術であると言えます。 
おそらく開発者のライフクリニックの勝間田先生と勝間田先生からご教授いただいた私のみが取り扱う術式であるためそのような偏見があるのかもしれません。


さて本ご依頼に対する修正術は 鼻骨部の骨を骨切りし拡大し、 歪んだ鼻先の軟骨を修正し、薄くなってしまった鼻先の皮膚を保護するために婦人科軟部組織を移植しました。

正面
上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_1394682.jpg

鼻先の軟骨のでっぱりは改善しています。
鼻根の骨も左右に広がり「鼻の空気の通りが良くなった」とのことで順調な経過です。


側面
上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_1395661.jpg

鼻根は希望通り低くなり鼻先のとがった軟骨もなくなり自然になり順調な経過です。

鼻を下から
上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_140316.jpg

術前は患者さんにとって鼻先が移植した軟骨により左に傾いていましたが改善し順調な経過です。


婦人科部のキズは執刀医の私ですらどこにキズがあるのかわからないぐらいきれいに治り順調な経過です。

またの再診をお待ちしております。

2017年 2月 追記記事 記載



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_150525.jpg

ありがとうございます。 

どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-03-20 00:59 | 美容外科
他院臀部脂肪吸引後  脂肪移植
今日は1905年に竹島が島根県に編入されたことを記念して島根県が2005年に制定した「竹島の日」です。1952年(昭和27年)1月18日の韓国の一方的な李承晩ライン(りしょうばんライン)の宣言により竹島が韓国領とされました。この海域の日本人漁船を一方的に取り締まったため1965年(昭和40年)の日韓漁業協定が成立するまでの13年間に、韓国による日本人抑留者は3,929人、拿捕された船舶数は328隻、死傷者は44人を数えました。

残念ながら現在韓国政府に不法占有されていますがこれはいつか国際司法裁判所で審理が行われることを願ってやみません。

今日は同時に1932年2月22日上海事変における敵陣地の鉄条網に突撃路を築くため、点火した破壊筒をもって敵陣に突入爆破し、自らも爆死した有名な爆弾三勇士の命日です。
彼らの勇気に当時の日本中が沸き起こり国定教科書にまで載りましたが戦後は軍国主義の象徴逸話とされ忘れ去られました。 



本日ご紹介の患者さんは他院にて臀部の脂肪吸引をお受けになられその結果 シワシワ になり気に入らないとのことで脂肪移植をご希望された患者さんです。

上段:術前です
下段:臀部脂肪移植後約1か月再診時です
d0092965_393596.jpg

御感想は「満足」と順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_3111396.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-02-22 23:07 | 美容外科
他院脂肪移植豊胸後 しこり除去 手術
今日は1904年 に仁川沖と旅順港のロシア艦隊を日本軍が攻撃し日露戦争が勃発した日になります。
On February 8th 1904, the Russo-Japanese War began with attacks of the Russian Far East Fleet at Port Arthur and shores near Incheon in Korea by the Imperial Japanese Navy.




本日ご紹介の患者さんは約10年前に 全国チェーン展開している美容外科の総括院長なる先生の執刀にて脂肪移植豊胸術をお受けになられ 「 術後 からマッサージしていればしこりにならないよ 」といわれ熱心にマッサージをしたけっか一年後には大きなしこりになりその後うつ伏せ寝等でしこりのせいで胸が痛くなるということで悩まれてご相談にこられた方です。

執刀医にまずは相談することをお勧めしましたが当院での加療を強くご希望されたためご依頼を受諾することとしました。


上段:術前です
下段:しこり部分をマーキングした状態です。
d0092965_2251091.jpg

非常に大きなしこりを外から触診します


当院にある超音波検査器でエコー像を撮影しました。
d0092965_229531.jpg

充実性の脂肪移植後のしこり形成が強く疑われました。

外科的切除による方法と超音波破砕機になる破砕方法と二種類の除去方法がありますが今回は手術痕を可能な限り残したくないとのご希望にて超音波破砕機によるしこりの超音波破砕およびその残滓の吸引術を行いました。

術中はドロドロの壊死物質様物質が吸引されました。

エコー上でしこりが消失したことを確認し終刀としました。

約1週間後再診時です
d0092965_238481.jpg

とくにへこみ等も生じておらず順調な経過です。


治療の成功の可否は術後半年以上経て 再度しこり形成がされないことが確認されてからになります。

定期的な受診が重要です。

またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2454514.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-02-08 23:21 | 美容外科
他院顎先軟骨移植術   術後修正術
本日ご紹介の患者さんは顎先のへこみを改善する目的にて形成外科専門医に耳軟骨を顎先に移植してもらうもそれがしこりとなり傷口が沁みるという症状が出現し除去を希望するも「もう取れない」といわれ、大学病院形成外科等数件をまわるも手の施しようがないとのことでご来院された患者さんです。

症状の改善は当院でも保証しかねるがレーザーや超音波を用いた複合治療で軟骨を破砕除去はある程度可能と思われたのでその旨をご説明しご理解ご納得いただけましたので手術の御依頼をお引き受けしました。

上段:術前です。 赤丸がしこりとなってしまった移植軟骨部です
下段:術後約2週間再診時です。
d0092965_154458.jpg

触診上 顎先はすっかり柔らかくなり気になっていたしびれや違和感がなくなったとのことで御感想は「大満足(5/5)」と順調な経過です。


またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-01-27 23:54 | 美容外科