タグ:目 ( 494 ) タグの人気記事
10月1日
今日は部分切開とタレ目形成を2ヶ月前にされた方が他の施術でこられた際にブログ掲載を快諾してくださったのでご紹介します。


上段: 術前はアイプチで二重を形成していらっしゃいました。はっきりとした二重を形成して目を大きくしたいとの御希望で部分切開とタレ目形成を行いました。

下段: 本日です。 周りからも評判が良いとの事です。 患者さんが喜んでくださっている姿が一番の励みです。
d0092965_2352372.jpg



部分切開は基本的には切開二重のミニ番みたいなものですが皮の量の調節をしない点と切開線の長さが短い点が主に切開二重とことなります。 裏をかえせばあまり皮を切る必要がない症例に対しては部分切開で切開二重術よりダウンタイムを少なく、埋没法より解剖学的に自然な二重が形成されるという点がメリットになります。

今日のお約束UP脂肪は脂肪注入による豊胸術用の脂肪です。
脂肪注入による豊胸のデメリットは石灰化やしこり(将来乳癌の発見の妨げになる可能性があります)ですが人工乳腺等の異物を好まない方にとっては適応となります。
片方200ccずつ注入しました。
d0092965_082974.jpg

たくさん定着しますように!

今日はスタッフみんなで天下一品ラーメンを食べにいったところ10月1日は天下一品の日のようで無料ラーメン券を頂きました。 今日のこの日に天下一品ラーメンを食べにいったのは偶然ですがツイてました。  このツキで注入した脂肪もツイてくれるともっとラッキーです。 
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-01 23:50 | 美容外科
切開二重術
今日は切開二重についてです。

切開二重術は二重を作る術式として埋没法にとって変わられたような印象がありますが
やはり埋没法より切開法が適切な場合があります。
切開法の基本的適応ですが
①睫毛内反症の存在
②はれぼったい眼瞼で眼窩脂肪や結合織の脂肪が多いまぶた
③余剰皮膚が多いまぶた
等の場合があげられます。 特に②や③が存在すると埋没法で二重を形成しても組織のあそび(糸で締めている組織が伸びてくる状態です)が生じて二重の線の消失が生じやすくなります。
よく二重切開のメール相談で「脂肪も取りますか?」と聞かれますがそれはその方の瞼の状態によるのでケースバイケースということになります。
基本的に瞼の脂肪には①皮下脂肪②眼窩隔膜前脂肪③眼窩脂肪④瞼板前脂肪が存在しこれらの量は個人差が著しいです。 

本日御来院の患者さんで4ヶ月前に切開二重形成術およびタレ眼形成(外側法)を受けた患者さんがいらしたのでご紹介します。 
・上段:術前(約4ヶ月前) 他院で1年前に二重形成術を受けています。もうすこしラインを上に上げたいとの御希望でした。
・下段:本日です。 お化粧されているので二重のラインに関してはわかりにくいですがラインが上がっています。 タレ眼形成で下眼瞼の開きが大きくなっています。
(写真は患者様の快諾を頂いて供覧しています)
d0092965_22243980.jpg


ご一緒にいらしたお母様は3週間前に切開二重と目頭切開をお受けになられました。
・上段:術前(3週間前) 
・中断:術直後です。麻酔液の影響で瞼が白くはれています。
・下段:本日です。 まだ多少の腫れが残っています。あと数週で完全に自然な感じになると思います。
(写真は患者様の快諾を頂いて供覧しています)
d0092965_22244753.jpg


お陰様で親子で綺麗になるpositiveさに元気をもらいました。 今日は手術がたて込み後半の予定が回らなくなってしまいました。 せっかく本日御予約頂いていたのに予約変更の電話を患者様にかけざるおえなくなり皆様には多大なご迷惑をおかけしました。
申し訳ありませんでした。 祈:今日の患者様方もみんな綺麗に、かっこよくなれますように。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-09-30 23:18 | 美容外科
目頭切開・タレ目形成
今日の患者さん達に目頭切開関係の方々がいましたのでご協力いただきました。

その一; まず末広型の二重を並行型の二重にされた方です。

・術前:末広方の二重です【写真は患者様の快諾を頂いて供覧しています)
d0092965_2316425.jpg

術前の状態をみますと蒙古襞の張りが強いため目頭側に埋没糸をかけて平行二重にしても早期に戻りが生じる事が予想されます。
よって目頭の蒙古襞を緊張を緩めるために Z形成を蒙古襞に行った上で目頭側に埋没糸をかける術式を選択しました。

・本日術後1ヶ月:並行型の二重になっています。
d0092965_23165060.jpg


その二; 本日Z形成の目頭切開とタレ目形成(内側法)の患者さんの症例です。(写真は患者様の快諾を頂いて供覧しています:でも恥ずかしくなったら消すお約束済みです)

上段:術前です
下段:本日術直後です。タレ目形成の術直後の腫れはどのくらいですか?と質問をよくうけますが回答は「このくらい」です。 泣き腫らしたような感じと表現したほうが適切でしょうか
この方の場合は他院における目尻切開の埋没糸の抜糸を同時に行ったので多少腫れが強いです。 タレ目形成の効果は下眼瞼の腫れのため術直後はわかりにくくなっています。
d0092965_23165886.jpg


本日の脂肪吸引の患者様にお約束した吸引量のUPです。
上腕の振袖部分の吸引です。 麻酔液込みで1200ccぐらいです。
かならず綺麗な腕になります。
d0092965_2317659.jpg


今日は色々充実していた日でした。 他にも写真のUPを快く受諾してくだっさった患者様方ありがとうございました。 また機会があればご紹介させていただきたく思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-09-28 23:33 | 美容外科
タレ目形成
今日はタレ目形成の再診患者さんがいらしたのでご紹介します。

 タレ目形成・・・・ 正確には下瞼縁開大術とでも呼んだほうが適切かも知れません。 去年の10月にアユみたいな目になりたいといってきた馴染みの患者さんのリクエストに応えて手術したのが始まりです。 いわゆるタレ目は目尻を下にひっぱった形なので(そのようなタレ目は目尻切開で形成します)本当のタレ目とは違うかもしれません。どちらかというとタヌキ目みたいな感じかもしれませんが語感から私はタレ目形成と名付けています。

タレ目形成には外側法と内側法があります。

外側法は皮膚側より処理を行います。 メリットとしては下げ幅が大きいのと睫毛をより下向きにできることです。 デメリットとしては軽度下瞼の外反(アッカンベー状態)になることです。

内側法は結膜側より処理を行います。 メリットとしては傷が表面に全く見えません。
デメリットとしては下げ幅ややや小さいのと睫毛がやや上向きになる可能性があることです。


今回ご紹介の患者さんはもともとややタレ目傾向で特に手術は必要ないと思われたのですがよりハッキリしたタレ目になりたいとのことでタレ目形成を御希望されました。 

術前です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)
d0092965_2337558.jpg

タレ目形成は水色のラインで囲った部分を下げます。
d0092965_234031100.jpg

外側法でタレ目形成を行った後です。
d0092965_23383395.jpg

上記の状態では患者さんは形態的には80%の満足とのことで黒目の下をもうちょっとあけたいとのリクエストでした。 黒目の下をあけると三白眼になるから止めたほうがいいとのアドバイスをしましたが「どうしても!」とのリクエストでした。 下げる範囲と下げ幅は小さくてよいので内側法で下げる事にしました。

内側法で下げた後です。
d0092965_23384134.jpg


患者さんいわく100%の満足!理想形!とのことでした。
患者さんの理想形を作れたときは最高に嬉しいです。 
思わず「ブログに出してもいいですか?」と聞いたら恥ずかしがられて「片目だけなら」と許可を頂きました。  
皆さん快く受諾してくださってありがとうございます。

今日は婦人科の美容外科を日本で一番したような気がします。
今日の婦人科手術は小陰唇縮小×3件, 大陰唇縮小×1件,膣縮小×1件 でした。

明日も皆様のお役に立てるよう頑張ります。 おやすみなさい。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-09-26 20:45 | 美容外科