タグ:目 ( 497 ) タグの人気記事
二重切開形成術 術後約2年
今日は1972年 に1月24日にジャングルで発見された横井庄一氏が日本へ帰国した日です。

44years ago from today, on February 2nd 1972, Shoichi Yokoi returned to his home country, Japan.
He was found on January 24th in the jungle of Guam.


本日ご紹介の患者さんは この方みたいな幅広の並行二重になりたいとのご希望にて二重切開形成術をお受けになられた患者さんです。 患者さんが希望した並行二重幅は実際になってみると幅が広すぎると感じて後で心が病む方もいらっしゃるためまずは幅狭で手術をうけてみてそれでもどうしてももっと広げたければ広げましょうと提案させていただいて患者さんが受諾してくださったのでそのように手術計画をたてました。

上段:術前です。
中段:術後約2か月再診時です。
下段:術後約2年再診時です。
d0092965_045389.jpg

御感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-02-02 00:40 | 美容外科
埋没二重形成術、 たれ目形成術
今日は59年前に悲しきジラード事件が起こった日です。
59years ago from today, on January 30th 1957, the Girard incident, a tragedy occurred

1957年年1月30日、群馬県相馬が原で、立ち入り禁止区域のアメリカ軍射撃練習で出る薬莢を拾っていた日本人主婦がいました。当時の日本はまだまだ貧しく射撃演習場ででる鉄くずを拾って生活していた基地周辺の人々が多くいました。彼女の背後からジラード特務二等兵が「ママさん大丈夫?」と呼び寄せ10メートルの距離から発砲し、主婦は即死しました。
On this day, Naka Wakai, a Japanese housewife, was shot by an American soldier, William S. Girard in Soumagahara, Gunma, Japan.
She died on the spot. Japanese economic conditions were still poor at that time.
So Japanese citizens in the neighborhood of the shooting range for American military bases gathered to collect bullet shells to earn money by selling these shells as scraps of metal.
However the area they gathered the bullet shells was a restricted area. The people in Japan were still poor and had no choice but to enter this area to survive.
Naka Wakai was one of those people.
Girard found her and called to her saying "Are you okay?", but then fired his gun at her from a distance of 10 meters.  She died instantaneously.


最初米軍は日米協定をもとに米軍に裁判権があると主張しましたが大東亜戦争敗戦後、虫けらのごとく日本人の命をみなす米兵の諸行為に業を煮やしていた日本の世論は「明白な殺人行為にまで治外法権を認めなければならないのか!」と沸騰しました。
Initially, the US Army insisted that the jurisdiction was granted to them on the basis of SOFA.
Japanese frustration towards the US Army's brutality had been increasing after the end of the Greater East Asia War.
The public exploded with anger "How would we yield extraterritorial jurisdiction over such an evident murder!".


米国に住むジラードの家族が「裁判はアメリカでやるべきだ」と訴えを起こしましたが結局、ジラードは、日本で傷害致死罪で起訴されました。しかし懲役3年.執行猶予4年の有罪判決を受けただけでした。これに対しては日本の検察側は控訴せず、ジラードは米軍を不名誉除隊した後、日本人女性と結婚し米国に帰国しました。  この主婦の遺族に支払われた米軍からの見舞金はわずか62万円でした。
Girard's family also went to court to claim the trial should be held in the US.
But, finally, Girard was accused of inflicting bodily injury resulting in death. He was judged guilty and sentenced 3 years in prison with a probation of 4 years.


その後も日本の各地で同様の事件はおこり1958年の時点で駐留米軍による日本人の被害件数は正式に届けられたものだけでも9998件にも及んでいます。
Similar incidents have occurred continuously across Japan, where official  claims reached 9998 as of 1958.

被占領国家の辛酸は加害国は都合が悪いから、そして被害国は屈辱のため 各々の国が忘れ去ろうと します。

The occupying forces tries to forget the hardship of the nation that they occupied because it is disreputable.
And, the affected country tries to forget the hardship for disgrace.

59年前の駐留米軍による狼藉行為の結果一命を失われた坂井なかさんのご冥福をここにお祈りします。
I send my deepest condolences to Naka Sakai, who lost her life to the violent acts of Girard.


本日ご紹介の患者さんは たれ目形成術  、 埋没二重形成術 をお受けになられて術後半年の患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約6か月再診時です
d0092965_2214455.jpg

御感想は「ふつう(3/5)」とのこでした。

またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-01-30 00:20 | 美容外科
鼻中隔延長術, 鼻プロテーゼ, 鼻尖縮小術(クローズ法)
本日ご紹介の患者さんは8年前に私の執刀にてクローズ法にて鼻中隔延長術, 鼻プロテーゼ, 鼻尖縮小術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約8年再診時です
d0092965_334959.jpg

順調な経過です。

といいたいところですが「写真を撮ったりすると人工的なのが気になる」とのことで鼻のプロテーゼを抜きたいとのご希望でした。

ただし鼻プロテーゼを抜くと周囲に変化が気づかれてしまうということで カウンセリングの結果 後日鼻プロテーゼを抜いて同日に自己組織である自己組織であるPPP(自己乏血小板血漿)とPRP(自己多血小板血漿)にて入れ替えることとしました。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_3412033.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-01-07 00:08 | 美容外科
二重の幅を狭くする手術
本日ご紹介の患者さんは二重の幅を狭くする手術をお受けになられた患者さんです。
術後約1年の時点で追加修正手術を行っています。

上段:術前です。
下段:二重の幅を狭くする手術 追加修正術後約4か月再診時です
d0092965_538341.jpg

幅を狭くするのに脂肪組織の使用および吊り上げ術を行っています。
アフターケアとしてはレーザーや炭酸ガス注射等行っています。

アフターケアにてずいぶん改善してきましたが目に力をいれると左目のラインがやや不整になるとのことでアフターケア中です。   二重幅そのものは狭くなり順調な経過です。 

またの御来院をお待ちしております。



当院では二重幅を狭小化する際の軟部組織として婦人科組織(例:大陰唇脂肪 等)を利用することが多いですが怪訝に思う方々が多いようなのでここに明記しておきます。

学術的背景としてはすでに

Aesthetic Plast Surg. 1994 Fall;18(4):383-5.
Use of pubic fat as a graft for eyelid defects.
McKinney P, Pandya S.

という論文にすでに先人が発表しており陰部の脂肪が眼窩脂肪と組織学的に類似していて微細な形成に適していることが報告されています。


「大陰唇の脂肪を目に移植するなんて聞いたことがない!」と言い放った医師が最近いたとかいないとか・・・もしいたとしたら単にその医師が不勉強なだけでしょう。 無知の知の謙虚さを知らない者はただの傲慢な裸の王様です。



当院では婦人科手術が非常に多い経験から小さなキズから適切に脂肪・真皮脂肪組織を主とした軟部組織の摘出し各種移植組織として用いてます。
d0092965_2425582.jpg

 (大陰唇脂肪摘出例:macro(肉眼)的にも眼窩脂肪に似ているのがわかります)



長所は創がほとんどわからなくなる点であり短所は患者さんにとってはそのような提案をされればセクハラのように不快に感じる可能性があり、 医師にとっては誤解され後日法的問題につながりかねない点になります。



また目の手術全般にいえることですがリスクとして
・結果が気に入らない
・キズが気になる
・CRPS(複合性局所疼痛症候群)を発症し長引く痛みに悩まされる可能性

があります。
CRPSは患者さん、外科医双方にとって非常に深刻な問題です。 外傷をきっかけとして発症するとされている疼痛症候群ですが発症の予防法は現在のところ確立されておらず治療法も決定的なものはありません。
女性の方が発症確率が高く、発症率は2万件に1件、罹患率は5000人に1人と言われています。

採血の針刺しだけでもCRPSを発症し医療裁判に至った例(大阪大学)が報告されています。

美容外科手術はたとえプチ整形でもリスクがあることを患者さん、および美容外科医療に従事する医師達には知ってほしいと思いますし学会でも万が一発症の際の共済基金の設立等を協議していただきたいと思います。

また安易な美容外科医療処置は厳に戒めるべきことだと思います。
私が美容外科医療の広告に対していまだに嫌悪感があるのはこれが一因です。

すなわち、統計確率的に全身麻酔は7万件に1件の死亡事故、CRPSは2万件に1件の発症率が厳然として存在しうるのに身体に侵襲を加える美容医療を「安全」「安心」なものとして広告するのは一般大衆に対する詐欺行為だと思うのです。

と 思いつつも そのリスクをきちんとご説明してご納得してご自身の人生が好転するとご判断され成人の方のご判断で施術を御判断されるのであればそれはそれで助力になれればと思うのも事実です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2016-01-06 05:34 | 美容外科
眉下切開による上眼瞼たるみ取り および 両目 たれ目形成
今日は1941年に大艦巨砲主義の象徴とされる戦艦大和が就役した日になります。


Today is the day that the battleship Yamato which is considered to be a symbol of the principle of great warship slugger went into comission in 1941.



本日ご紹介の患者さんは眉下切開による上眼瞼たるみ取り および 両目 たれ目形成をお受けになられた患者さんです

上段:術前です
下段:眉下切開による上眼瞼たるみ取り および 両目 たれ目形成 術後約1か月再診時です
d0092965_2342259.jpg

よりぱっちりした目になり順調な経過です。

またの再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-12-16 02:34 | 美容外科
美顔光治療(MIPL) + 目の下のたるみに対する注射治療(bFGF)
本日ご紹介の患者さんは 美顔光治療(MIPL) + 目の下のたるみに対する注射治療(bFGF) をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後半年再診時です
d0092965_3131852.jpg

1回の治療でずいぶん若返られました。ご感想は「MIPLは非常にわかりやすくシミがポロンととれてびっくりしたのですがbFGFはよくわからないのです。ふつうとします」とのことでした。

bFGFはゆっくり効いてくるのでいつの間にか効果がでているのでわかりにくい治療かもしれません。

しかしこうやって半年前後で比較してみると効果がおわかりになると思います。

MIPLは1回だけでなく1か月毎に6回ほど連続でうけていただくと効果がより実感いただけたかと思います。

またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-12-07 00:11 | 美容外科
他院下眼瞼術後  三白眼修正術 術後半年
今日は大東亜戦争後の敗戦後の被占領期である1946年に現日本国憲法が公布された日になります。

69 years ago from today, on November 3rd 1946,THE CONSTITUTION OF JAPAN was publicized.The period of time was soon after the end of the World War II (the Greater East Asia War). Japan had then been occupied by the Allied Forces consisting of some countries under the leadership of the United States of America.



本日ご紹介の患者さんは他院にて手術後に左目が三白眼になってしまったとのことでそのご相談に約三年前にこられました。

左目が三白眼になっていました
d0092965_2441141.jpg


手術の後遺症で三白眼になってしまった方の修正手術は難しいことがあります。
・治る保証はできない
・CRPS(complex regional pain syndrome:
複合性局所疼痛症候群の発症のリスクあり)等をご説明し手術をうけた前担当医師での修正手術をお勧めしましたが 3年越しにやはり当院での手術をご希望とのことで手術のご依頼をお引き受けすることとしました。

上段:術前です
下段:術後約6か月再診時です
d0092965_0392313.jpg

御感想は「良くはなったけどもう少しあげたい気持ちはある」とのことで「ふつう(3/5)」とのことでした。

熟慮された結果 再度手術をご希望ならもう一度ご依頼を承ります。

またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-12-03 23:36 | 美容外科
目がしら切開、埋没法二重形成術、ROOF除去術
本日ご紹介の患者さんは ぱっちりした目になられたいとのご希望にてカウンセリングの結果、目がしら切開、埋没法二重形成術、ROOF除去術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_027417.jpg

御感想は「大満足~満足(4.5/5)」 と順調な経過です。

またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-27 00:26 | 美容外科
他院グラマラスライン形成術術後修正  左目三白眼修正術 術後四年
本日ご紹介の患者さんは既往として他院形成外科専門医にて他院グラマラスライン形成術術(下瞼下制術、たれ目形成術)をお受けになられるも下瞼が下がりすぎ、修正手術を同医師にてうけるもそれでもまだ治らないとのことで左目三白眼修正術をご希望され当院にご相談におこしになられた患者さんです。


執刀医による修正術をつよくお勧めしましたが当院による修正術を強くご希望されたためご依頼を受諾することとしました。

上段:術前です
下段:左目三白眼修正術  術後約4年再診時です
d0092965_1305326.jpg

目がしらは他院にて最近手術をしたとのことで赤味があります。
左目の三白眼は治癒しており戻りもなく順調な経過です。


またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-24 00:26 | 美容外科
他院二重切開修正術(大陰唇脂肪移植),下瞼 眼窩脂肪移動術(裏ハムラ) 術後約半年
本日ご紹介の患者さんは既往として他院にて二重切開形成術をお受けになられるもその幅が広すぎるので改善したいというご希望と、目の下のくまを改善したいとのご希望にてカウンセリングの結果 他院二重切開修正術(大陰唇脂肪移植),下瞼 眼窩脂肪移動術(裏ハムラ)をお受けになられました。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_23405146.jpg


二重幅はしっかりと狭くなり他院二重切開キズ痕も術後3週間よりもかなり薄くなりました。

順調な経過です。


またの再診をお待ちしております。




当院では二重幅を狭小化する際の軟部組織として婦人科組織(例:大陰唇脂肪 等)を利用することが多いですが怪訝に思う方々が多いようなのでここに明記しておきます。

学術的背景としてはすでに

Aesthetic Plast Surg. 1994 Fall;18(4):383-5.
Use of pubic fat as a graft for eyelid defects.
McKinney P, Pandya S.

という論文にすでに先人が発表しており陰部の脂肪が眼窩脂肪と組織学的に類似していて微細な形成に適していることが報告されています。


「大陰唇の脂肪を目に移植するなんて聞いたことがない!」と言い放った医師が最近いたとかいないとか・・・もしいたとしたら単にその医師が不勉強なだけでしょう。 無知の知の謙虚さを知らない者はただの傲慢な裸の王様です。



当院では婦人科手術が非常に多い経験から小さなキズから適切に脂肪・真皮脂肪組織を主とした軟部組織の摘出し各種移植組織として用いてます。
d0092965_2425582.jpg

 (大陰唇脂肪摘出例:macro(肉眼)的にも眼窩脂肪に似ているのがわかります)



長所は創がほとんどわからなくなる点であり短所は患者さんにとってはそのような提案をされればセクハラのように不快に感じる可能性があり、 医師にとっては誤解され後日法的問題につながりかねない点になります。



また目の手術全般にいえることですがリスクとして
・結果が気に入らない
・キズが気になる
・CRPS(複合性局所疼痛症候群)を発症し長引く痛みに悩まされる可能性

があります。
CRPSは患者さん、外科医双方にとって非常に深刻な問題です。 外傷をきっかけとして発症するとされている疼痛症候群ですが発症の予防法は現在のところ確立されておらず治療法も決定的なものはありません。
女性の方が発症確率が高く、発症率は2万件に1件、罹患率は5000人に1人と言われています。

採血の針刺しだけでもCRPSを発症し医療裁判に至った例(大阪大学)が報告されています。

美容外科手術はたとえプチ整形でもリスクがあることを患者さん、および美容外科医療に従事する医師達には知ってほしいと思いますし学会でも万が一発症の際の共済基金の設立等を協議していただきたいと思います。

また安易な美容外科医療処置は厳に戒めるべきことだと思います。
私が美容外科医療の広告に対していまだに嫌悪感があるのはこれが一因です。

すなわち、統計確率的に全身麻酔は7万件に1件の死亡事故、CRPSは2万件に1件の発症率が厳然として存在しうるのに身体に侵襲を加える美容医療を「安全」「安心」なものとして広告するのは一般大衆に対する詐欺行為だと思うのです。

と 思いつつも そのリスクをきちんとご説明してご納得してご自身の人生が好転するとご判断され成人の方のご判断で施術を御判断されるのであればそれはそれで助力になれればと思うのも事実です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-11 23:40 | 美容外科