タグ:歯・ガミー・口唇・口角 ( 161 ) タグの人気記事
下口唇縮小術
本日ご紹介の患者さんは下唇を縮小したいとのご希望にて下口唇縮小形成術をお受けになられた患者さんです

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_2214574.jpg

御感想は「形大きさともに満足しています」とのことで「大満足(5/5)」と順調な経過です。

またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-12-13 00:19 | 美容外科
インビザラインによる歯並び矯正, アキュスカルプレーザーによる小顔化リフト
本日から3日間2015年11月18日(水)~20日(金)は福岡にて第74回日本矯正歯科学会大会が開催されます。

矯正歯科を美容医療と勘違いされている患者さんもいらっしゃいますが歯科矯正は発育期には歯並びのみならず顎顔面の成長をコントロールし、咀しゃく機能(食物を噛み砕く能力)や発音機能の向上をもたらしそれに付随してしお顔つきおよび口もとの審美性が改善せしめ、成人期には咀嚼機能、発音機能等の機能向上、口元を中心とした審美性の向上をもたらす美容外科とは異なる独立した歯科医療です。


本日ご紹介の患者さんはインビザライン(透明マウスピース)による歯並びの改善および横顔等のプロファイルの改善、 そしてアキュスカルプレーザーをもちいた小顔化リフトをお受けになられた患者さんです。

正面像です
上段:術前です
下段:治療開始後約2年再診時です
d0092965_150626.jpg


歯並びの改善具合です。 
上段:術前です
下段:治療開始後約2年再診時です
d0092965_1511835.jpg


スマイルの改善具合です
上段:術前です
下段:治療開始後約2年再診時です
d0092965_1524511.jpg


側貌の改善具合です
左:術前です                    右:治療開始後約2年再診時です
d0092965_152612.jpg


正面からは小顔になり、歯並びも整い、側面プロファイルも改善し御感想は「満足(5/5)」と順調な具合です。

またの御来院をお待ちしております。




★カスタムメイド(マウスピース型等)の矯正装置の注意事項


昨今、国内外で製作されたカスタムメイド(マウスピース型等)の矯正装置が患者さんに使用される事例が増加しており、それに伴い一部の装置ではトラブルも発生しています。カスタムメイドの矯正装置は国内外で製作されたものを問わず日本国の薬事法上の医療機器に該当しません。国内の歯科医療機関や歯科技工所で製作されたカスタムメイドの矯正装置は日本国の歯科技工士法上の矯正装置に該当しますが、海外で製作されたカスタムメイドの矯正装置(海外カスタムメイド矯正装置)は歯科技工士法上の矯正装置にも該当しません。そのため、海外カスタムメイド矯正装置を用いた治療を行う場合は歯科医師個人の全責任においての使用となります。

インビザラインをはじめとする海外製カスタムメイド矯正装置は、
1.日本国薬事法上の医療機器として認証・承認を得ていない装置である。
2.日本国歯科技工士法上の矯正装置に該当しない装置である。
3.この装置以外の、日本国で承認を得ている医療機器や矯正装置を用いる治療法が存在する。
4.1,2の理由につき、担当歯科医師の全責任において使用されるものである。

1~4にご同意された方のみが同治療法による矯正治療をお受けになることが出来ます。
これはどの歯科医院においても同様であり上記説明がなされていない歯科医院は問題があると考えてよいと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-18 23:40 | 美容外科
上口唇増大(VYplasty) , 下顎縁アキュスカルプレーザー + ミントリフトミニS
本日ご紹介の患者さんは上口唇を増大したい、下顎縁周囲をすっきりさせたいとのご希望にて 上口唇増大(VYplasty) , 下顎縁アキュスカルプレーザー + ミントリフトミニS をお受けになられた患者さんです。


左:術前です              右:術後約半年再診時です
d0092965_052880.jpg

上口唇はしっかり厚くなり順調な経過です。

またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-17 00:01 | 美容外科
ルフォー(LeFort)Ⅰ型骨切術術後 人中短縮術、口角吊り上げ術術後三か月
本日ご紹介の患者さんは約半年前にルフォーⅠ型(LeFortⅠ型)骨切術 および 下顎矢状分割術、その後約3か月後に人中短縮術および口角吊り上げ術(外側法)をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:ルフォーⅠ型(LeFortⅠ型)骨切術 および 下顎矢状分割術 術後半年
    人中短縮術、口角吊り上げ術 術後約3か月再診時です。
d0092965_010954.jpg

順調な経過です。

上顎の歯は中顔面を短縮した分見えにくくなります。 人中短縮術にて再度ある程度見えるようにすることはできます。smile時の鼻の広がりはLeFortⅠ型骨切術の際の広がり防止処置に加えて人中短縮時の再処置により抑えられていますが術後約半年ほどでより自然になります。


またのご来院をお待ちしております。





ルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM:sagittal splitting method of mandibular ramus またはSSRO:sagittal splitting ramus osteotomy )のリスク

1.全身麻酔の事故のリスク (約7万件の全身麻酔に1件の麻酔死亡事故確率の統計調査報告等あります)
2.術後の腫れによる気道閉塞 → 気管切開等必要になる可能性
3.感染
4.感染や血流不良による歯肉や歯槽骨の壊死、欠損
5.プレートやネジがゆるんだりして再手術になる可能性  
6.咬合の安定化まで時間を要する。場合によっては術後矯正が必要になる可能性。
7.眼窩下神経麻痺や下歯槽神経麻痺の可能性
8.出血
9.鼻中隔湾曲が生じる可能性
10.口蓋瘻が生じる可能性
11.鼻の形態が変わる可能性
12.歯の違和感がしばらく残存する可能性
13.蝶口蓋動脈や大口蓋動脈に動脈瘤が生じ術後しばらくして突然止血困難な鼻血出血が生じる可能性
14. 術後耳管機能障害を発症する可能性(通常は数日から数週で改善します)
15.外国の報告においては発生率は稀と思われますが「失明」の報告があります。(一応この合併症を避けえる術法はありとされており私もその術法にのっとって手術をおこないますが絶対おこらない保証はありません。) 日本国内のケースでは私が浅学なのか見聞したことはありません




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_0212623.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-01 00:24 | 美容外科
ルフォーⅠ型骨切術(中顔面短縮術)+SSRO,鼻中隔延長術,口角吊り上げ術
本日ご紹介の患者さんは約1年前に「中顔面を短縮したい」、「歯を抜かず口元を後ろにさげたい」、「口元を横からみてEーLineをつくりたい」とのご希望にてLeFortⅠ(ルフォーⅠ)型骨切術、下顎矢状分割術、顎先骨切術、スティック骨切術を順次お受けになられた患者さんです。

約半年前に鼻中隔延長術を、約4か月前に口角吊り上げ術、顎下脂肪吸引、ミントミニリフト(溶ける糸によるお顔のたるみ引きあげリフト)をお受けになられました。


上段:術前です
下段:再診時です。
d0092965_0425258.jpg

より上品なお口元になられました。

順調な経過です。 またの御再診をおまちしております。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_135046.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-09-27 00:38 | 美容外科
小鼻縮小術、鼻孔縁拳上術、上下口唇縮小術、口角拳上術
本日ご紹介の患者さんはお鼻をすっきりさせたい、 口唇を縮小し口角をあげたいとのご希望にて小鼻縮小術、鼻孔縁拳上術、上下口唇縮小術、口角拳上術をお受けになられた患者さんです


上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_3151372.jpg

ご感想は「まあ満足(4/5)」と順調な経過です。

歯科の矯正装具がとれる時期になったらもう少し上口唇を小さくしてもよいかもしれません。

またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-08-23 00:12 | 美容外科
人中短縮術、 上口唇増大術
今日は1942年のフロリダ諸島の戦いにて日本軍が玉砕し約1000名 の命がツラギ島、ガブツ島、タナンボゴ島、フロリダ島 にて散りました。


本日ご紹介の患者さんは人中部分を短くしたい、 上口唇の両端を厚くしたいとのご希望にて人中短縮術、上口唇増大術(VYplasty)をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約1か月再診時です
d0092965_0453771.jpg

ご感想は「満足~まあ満足(5~4)/5」と順調な経過です。
「もう少し短くなれば」ということですがバランスが大事だと思うので熟慮していただければ幸いです。

人中短縮の傷は術後2か月は赤くその後徐々におちついてきますがアフターケアが重要です。

またのご来院をお待ちしております。
追記記事 20160125

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_0521752.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-08-08 00:42 | 美容外科
鼻孔縁拳上 術後1年 口唇ヒアルロン酸、アキュスカルプレーザー(頬骨&法令線) 術後9か月
本日ご紹介の患者さんは 鼻孔縁拳上 術後1年 口唇ヒアルロン酸、アキュスカルプレーザー(頬骨&法令線) 術後9か月になる患者さんです。

上段:術前です
下段:鼻孔縁拳上 術後1年 アキュスカルプレーザー(頬骨&法令線) 術後9か月 再診時です
d0092965_0491028.jpg

ご感想は「とても良くしてもらいました。ありがとうございます。」と「満足(5/5)」とのことでした。


幸多き人生を歩まれることを心より願っております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-06-15 00:55 | 美容外科
下顎セットバック, エンドタインネックリフト, 頬脂肪吸引およびアキュスカルプレーザー(頬、顎下)
本日ご紹介の患者さんは 既往として他院でエラ削りと顎下脂肪吸引をやったが効果なくたるんでいるとのことでその改善と、下あごがもともと切端咬合でありかみ合わせが悪くそれを治したいとのことでご相談に来られました。

理想は歯の矯正と思われましたが 手術による早期の顔貌改善をご希望されており、カウンセリングの結果、下顎セットバック, エンドタインネックリフト, 頬脂肪吸引およびアキュスカルプレーザー(頬、顎下)をお受けになられることとなりました。


当院では超音波メスとしてピエゾサージェリーとソノペットの併用手術にてより安全で骨癒合しやすい手術を行っています。  電動ノコギリは早いのですがその分摩擦が大きく熱による骨壊死、骨癒合不全のリスクがありました。 超音波メスのピエゾ(piezosurgery touch)ソノペット(SONOPET UST-2001)の2種類の良いところを取り入れて手術することによりより精密で安全な手術を行っています。

上段:術前です
下段:術後約1週間再診時です
d0092965_22361380.jpg

ご感想は顎下の硬さが気になるとのことで「まあ満足(4/5)」とのことでした。
この顎下の硬さはエンドタイン(溶ける引き揚げ素材)によるものです。
顎下は術後1週間なのでまだ腫れています。 まだまだこれから引き締まっていきます。

いずれ落ち着きますので楽しみにまっていいただければ幸いです。

歯並びです
上段;術前です
下段:術後約1週間再診時です
d0092965_22363652.jpg

適切なoverbite,overjetを付与しました。 あとはこれで歯列矯正をうけていただければ完璧な咬合になります。


またのご再診をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_23475950.jpg

おいしいクッキーでした。
ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-05-03 22:36 | 美容外科
口角吊り上げ外側法  & 韓国 口角リフト 研修
本日ご紹介の患者さんは 口角吊り上げ外側法 をお受けになられた患者さんです。

口角を上げるには
1.ボツリヌス毒素を用いる法
2.人工靭帯を用いる法
3.口内法
4.口外法

がありますが今回ご紹介の患者さんはしっかりした変化をお求めになり口外法をご希望されました。


左:術前です                右:術後約1か月再診時です
d0092965_1645018.jpg

「見慣れた感じがします」とのことで「ふつう(3/5)」とのことでした。
外側法の口角のキズの赤味は術後2か月して徐々に落ち着いてきます。
またアフターケアが非常に重要なので定期的に健診にいらしていただければ幸いです。

口角ついでの話ですが 先日 韓国に口角リフトの研修に参加してきました。

CSC lauren クリニックの Lee先生が講師としてレクチャーをしてくださいました。

Lee先生約5年前にLee先生が開発した独自の口角リフトの方法ということでしたがデザインや筋肉の処理等 以前から口角リフトをされているライフクリニックの勝間田先生の旧外側法と一緒だったのでびっくりしました。  人間 世界の各地で同じようなことを考えるものなんだなぁ・・ と感心しました。

基本的には私の認識としては口角つりあげ手術はライフクリニックの勝間田院長先生が十仁美容外科の勤務時代に研究、開発され昭和57年にノルウェーのオスロで開催された国際美容外科学会で発表されてから世の中に知られるようになった手術です。


現在勝間田先生は口輪筋を処理する方法へより進化されています。
Lee先生も 術後のキズのマネージメントに色々と苦慮されているようなので今後また口内法や口輪筋処理の方向へ方向をシフトされるかもしれません。

ただ口外法はキズの覚悟さえつけばしっかりと効果のでるよい方法だと思います。
Lee先生に約9年前から日本で行われていた証拠として2006年10月20日の私の記事を紹介し日本には私の師匠となる勝間田先生がもっと以前からやられており口内法の存在もご紹介したところ大変興味をもっていただけました。

今後さまざまな意見交換や技術交流をしてよりよい医療技術が発展していけたらと思います。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2241174.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-03-16 15:42 | 美容外科