タグ:歯・ガミー・口唇・口角 ( 163 ) タグの人気記事
下唇縮小、唇脱色
今日は下唇縮小、唇脱色をお受けになられた患者さんのご紹介です。

上段:術前です。
下段:術後半年再診時です。
d0092965_2324227.jpg

最初、下唇が大きいのが気になるとのことで唇縮小術をお受けになられました。
その後、唇がやや黒味がかっているのが気になるとのことでご相談を受けたのでクリームによる脱色治療を2ヶ月前より開始しました。処置前より黒味が落ち着き健康的な唇の色になりつつあります。
脱色治療は1クール3ヶ月で行います。個人差はありますが通常1クールでほとんどの方が満足のいく脱色結果を得られているようです。

太もも全周および臀部の脂肪吸引をされた患者さんに御依頼された脂肪吸引の結果のUPです。
d0092965_233371.jpg

全部で麻酔液混みで3700ccの吸引でした。 お疲れ様でした!
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-02-17 23:01 | 美容外科
口角つりあげⅡ
口角つりあげ手術はライフクリニックの勝間田院長先生が十仁美容外科の勤務時代に研究、開発され昭和57年にノルウェーのオスロで開催された国際美容外科学会で発表されてから世の中に知られるようになった手術です。

口内法と口外法があり原法は口内法になります。 ただ口角の上げ幅を大きくしたい方は口外法を用います。


今回ご紹介の患者様は口内法の結果では上げ幅がご満足いかないとのことでしたので口外法まで行った方です。

上段 :術前:特に口角が下がってるわけではありませんが口角挙上にてにっこりした感じをだしたいとのことでした。
中段:口内法術後:微笑しているような口元になります。 この手術を研究、開発された勝間田先生は口内法によるこの微笑の状態を「モナリザの微笑み」と呼んでいらっしゃいます。マイルドな微笑形態を作る口内法の結果を表す「なるほど」と思わせる適切な表現です。
下段:口外法追加術後:口外法ははっきりと口角が上がります。しかし欠点は約半年は創が口角部分に生じてしまう事です。
d0092965_0544810.jpg

とってもチャーミングな口元になられました。
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-20 22:23 | 美容外科
口角つりあげ
今日は口角つりあげの手術について記載したいと思います。

口角つりあげ手術はライフクリニックの勝間田先生が十仁美容外科に勤務時代の昭和57年にノルウェーのオスロで開催された国際美容外科学会で発表されて世の中に知られるようになった手術です。

口内法と口外法があり原法は口内法になります。 ただ口角の上げ幅を大きくしたい方は口外法を用います。

今日は完全燃焼したので明日また続きを書きます。


本日も差し入れをいただきました。
d0092965_22541164.jpg


QUATREという東京の目黒区の柿の木坂のお店のようです。
d0092965_2254188.jpg


スタッフ全員で食べきれない量でびっくりです。
d0092965_22542631.jpg


とってもおいしかったです。 ありがとうございました。
関西からいらしたのに柿の木坂のお店のお土産とは??
と思いましたが関西に出店しているのかそれともハイセンスな方でいらしたのでわざわざお気に入りのお店のケーキをお土産にしてくださったのかも知れません。

気をつかっていただいて本当に恐縮です。 どうぞお気をつかわないで下さい。 
[PR]
by shirayuribeauty | 2006-10-19 22:57 | 美容外科