タグ:四肢・尻・脇 ( 118 ) タグの人気記事
ISKD 下肢延長 5cm  術後半年
今日は1945年 にGHQが事後法に基づいた戦犯容疑者39人の逮捕を指令した日になります。
ニュルンベルク裁判ならびに極東国際軍事裁判(東京裁判)で、1.平和に対する罪 2.戦争犯罪 3.人道に反する罪 という戦争犯罪が定義されましたがこれらは明らかに事後法であり米軍のベトナム戦争もイラク侵攻もこれらに抵触すると考えますが米国は裁かれません。

すなわち勝者国の都合による私刑であり国内法では犯罪者にならない方々を連合国側の価値観で日本人がやれA級戦犯だのB級だのといまだに糾弾しているのは情けなく思います。

日本は平和を希求する国とし人類の平和への英知としての国際司法裁判所がより機能するように国際的に働きかけていくことが望まれると思います。
ちなみに日本政府は竹島問題に関して1954年と1962年に2度、オランダ・ハーグの国際司法裁判所への提訴を韓国に提案したが韓国は応じていません。

日本政府は敗訴の場合「結果に従う」(小坂 善太郎元外相答弁)としています。

竹島の件に関しては大人の態度の日本の主権が韓国の実力行使といういわば狼藉によって踏みにじられないよう願っています。本日ご紹介の患者さんは 下肢の延長目的にて両下肢の ISKD 手術をお受けになられて(左下肢の術後約10日後に右下肢の手術をお受けになられて) 術後約半年になる患者さんです


左: 術前です              右 : 術後約半年再診時です
d0092965_03402268.jpg
赤線は同じ長さで股間から膝までの長さを表しています。
5cm下肢が伸びると見た目が全然異なってくるのがわかります。
延長中は走れまわれなくなるので太ももの筋肉が廃用性萎縮する方が多いですがstatic(静的)な筋力トレーニングをきちんとしていただければ幸いです。


御感想は「ふつう(4/6)」とのことですが次は太ももも伸ばしたいとのご希望があると聞きました。
現在 ISKD以外にも脚延長器具として 米国のPreciseⅡ や ドイツのFitbone の導入も努力中です。  いつから開始可能になれるかまだはっきりわかりませんがお急ぎならISKDが確実です。


またの再診をお待ちしております。

先日お心遣いをいただきました。

d0092965_00004518.jpg
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。




[PR]
by shirayuribeauty | 2017-09-11 23:49 | 美容外科
ふくらはぎプロテーゼ(内側、外側) 
今日は80年前の1937年に「 通州事件(つうしゅうじけん) 」がおきた日になります。
約3000人の冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が、華北各地の日本軍留守部隊約110名と婦女子を含む日本人居留民(当時、日本統治下だった朝鮮出身者を含む。)約420名を襲撃し、約230名が虐殺されました。これにより通州特務機関は全滅しました。男女共に虐殺のされかたがあまりも凄惨を極めていたため日本の対中世論は沸騰しました。

今日はまたその三年後の1940年にリトアニア共和国首都カウナスの日本領事館領事代理であった杉原千畝(すぎはら ちうね)がナチスドイツの迫害をのがれようとするユダヤ人に「ビザを発行する」とユダヤ人難民に宣言した日になります。 
杉原氏は少なくとも6000人ものユダヤ人の国外脱出を助けたとされています。

日本の外務省からの「ユダヤ人難民にビザを発行してはならない」との回訓に反し、自らの判断でユダヤ人にビザを発行しようと決断するまで逡巡を、のちに杉原千畝自身が回想した手記より以下抜粋。

「最初の回訓を受理した日は、一晩中私は考えた。考えつくした。
 回訓を、文字通り民衆に伝えれば、そしてその通り実行すれば、
私は本省に対して従順であるとして、ほめられこそすれ、と考えた。
 仮に当事者が私でなく、他の誰かであったとすれば、恐らく
百人が百人、東京の回訓通り、ビザ拒否の道を選んだだろう。
 それは、何よりも、文官服務規程方、何条かの違反に対する
昇進停止、乃至、馘首が恐ろしいからである。
 私も、何をかくそう、回訓を受けた日、一晩中考えた。
 ・・・果たして、浅慮、無責任、我無者らの職業軍人グループの、
対ナチス協調に迎合することによって、全世界に隠然たる勢力を擁する、
ユダヤ民族から永遠の恨みを買ってまで、旅行書類の不備、
公安配慮云々を盾にとって、ビザを拒否してもかまわないが、
それが果たして、国益に叶うことだというのか。
 苦慮、煩悶の揚句、私はついに、人道、博愛精神第一という結論を得た。
 そして私は、何も恐るることなく、職を賭して忠実にこれを実行し了えたと、
今も確信している」
(『決断・命のビザ』より 渡辺勝正編著・大正出版刊)

杉原氏はリトアニア退去後ヨーロッパ各地を転々とし、各職を歴任。大東亜戦争の終結後、在ブカレスト公使館で家族と共にソ連に身柄を拘束され、1年間の収容所生活を送りました。

1947年に日本へ帰国するも帰国後2か月が経った6月、外務省から突然依願免官を求められ退職となりました。

1985年イスラエル政府よりユダヤ人の命を救出した功績で、「ヤド・バシェム賞」(諸国民の中の正義の人賞)を受賞されその翌年7月31日鬼籍に入られました。 享年86歳でした。

職を賭して無辜の人命を救うべく英断を実行した杉原氏の勇気を多くの日本人は学んでほしいと思います。



本日ご紹介の患者さんは ふくらはぎの内側にふくらはぎインプラントを留置したその8か月後にふくらはぎの外側にもインプラントの留置をご希望され 内外両側にふくらはぎインプラントをご留置された患者さんです


左:術前です   
右:内側ふくらはぎインプラント術後約1年1か月外側ふくらはぎインプラント術後約5か月再診時
d0092965_4334296.jpg

御感想は「ショートパンツがはけるようになったのがうれしいです。」と「満足」とのご感想で順調な経過です。


またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_1323028.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-07-29 23:29 | 美容外科
ISKD 左脚5cm 延長達成  右脚術後約1週間
本日ご紹介の患者さんはISKDによる脚延長術をまず左脚をお受けになられ5cm延長を達成し、今回右脚のISKD脚延長術をお受けになられて術後約1週間になる患者さんです。

左下腿ISKD手術術後約5か月、右下腿ISKD手術術前です
d0092965_2113228.jpg



上段:術前です
下段:左下腿ISKD手術術後約5か月、 右下腿ISKD手術 術後約1週間
d0092965_23594739.jpg

 左下腿の延長部分はしっかり骨化してきています。
これから徐々に右下腿を伸ばしていきましょう。

目標は 両脚5cm 延長です。

またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2215066.jpg

ありがとうございます。どうか御気を遣わないでください。




●火曜日 高木先生
http://ameblo.jp/dr--takagi/
●水曜日 博士先生
http://kmcclinic.exblog.jp/
●木曜日 藤川先生
http://ameblo.jp/dr-fuzikawa/
●金曜日 久保先生
http://drkubo.exblog.jp/
スタッフブログ
http://ameblo.jp/shirayuri0719/
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-06-13 23:54 | 美容外科
両脚 ISKD (約10日後差で手術) 術後約3か月
今日から一週間 6月4日~10日は歯の衛生週間になります。
皆さん PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)受けましょう!



本日ご紹介の患者さんは約10日の間をあけて左右の下腿のISKD手術をお受けになられた患者さんです。

私の方針としては安全のために半年の期間をあけて反対側の下腿の手術を行うとしていますが 
「自己責任でどうしてもお願いします」とのことで御依頼を受諾しました。


上段:術前です
下段:術後約3か月再診時です
d0092965_1515315.jpg

現在約3cm程度下腿は長くなりました。
約2か月 手術部位に荷重をかけないために車椅子生活をされたせいで大腿四頭筋等筋肉が細くなってしまっています。 是非筋力トレーニングを頑張ってください。

現在は計画通り会社に歩行にて通勤されているとのことでした。
歩行しているとどうやらISKDの自然延長が起こってしまうようで予定よりも早いペースで足が伸びてしまっています。 これからしっかりした骨を作っていくためにもきちんとした栄養摂取とリハビリの筋力トレーニングを頑張っていきましょう。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_220633.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-06-04 00:47 | 美容外科
他院ヒッププロテーゼ術後修正術 術後約5年
今日は1945年に名古屋空襲で名古屋城が焼失してしまった日になります。


本日ご紹介の患者さんは他院にて約175ccのヒッププロテーゼを留置するもヒップのプロテーゼの輪郭が浮き出てそれが悩みということでご来院されました。

手術したクリニックで修正手術をお受けになられるようにアドバイスさせていただきましたがそこのクリニックでは「うちでは修正できない」といわれたとのことで当院での修正手術をご希望されました。

より大きなお尻にしたいとのご希望にてカウンセリングの結果 脂肪吸引&移植 とプロテーゼ300ccの入れ替え手術、約5か月後に2回目の脂肪移植豊尻術を行いました。

上段:術前です
下段:術後約5年再診時です
d0092965_02444392.jpg
経過は全く問題なく順調な経過です。

もっと大きくしたいので今回脂肪移植豊尻術をお受けになられたいとのご相談でした。
またの御来院をお待ちしております。

[PR]
by shirayuribeauty | 2017-05-14 02:40 | 美容外科
肋骨切除術 術後約1か月
本日ご紹介の患者さんは 2017年3月20日当ブログ記事) 肋骨切除術をお受けになられて術後約1か月になる患者さんです。


d0092965_1201169.jpg


御感想は「very very good !! , excellent!!」 とのことで「大満足(5/5)」と順調な経過です。

市販のもっとも細いコルセットが入るようになったとのことでした。

きちんと特注でオーダーメイドで作成したらより細く仕上がるようになるでしょう。

またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_1293381.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-05-01 00:18 | 美容外科
デバスティアーニ変法 脚延長術 (イリザロフ法) 右下腿 器具除去後4か月
本日ご紹介の患者さんは約1年2か月前に左下腿にデバスティアーニ変法脚延長術の手術をおうけになられその後順調に左の下腿を5cm延長し、術後3か月で左下腿器具除去をお受けになられました。
その後 右の下腿のデバスティアーニ変法脚延長術の手術を7か月前にお受けになられ右下腿を5cm延長し、術後3か月で右脚器具除去され その除去術後4か月目になります。



患者さんは動画のとおり 歩いたり ジャンプしたり 走ったり 問題なくできており、 御感想は「とても満足しています」(5/5)と順調な経過です。

「5cm身長が伸びて 世界が変わった」 とのコメントをいただきました。 

またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_34748.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-04-20 00:00 | 美容外科
肋骨切除術 (3本)
記事が知らぬ間にexciteの運営さんより非公開設定にされていました。

おそらく除去した肋骨の反転画像を載せていたせいだと思われますのでその画像を削除し再掲載します。(2017.05.25)


本日ご紹介の患者さんは 左胸郭の突出した肋骨部が色々と当たって痛いので除去したいとの強いご希望にて肋骨切除術をお受けになられた患者さんです。



上段:術前です
下段:術後翌日診察時です
d0092965_21552058.jpg

気胸等合併症を生じておらず順調な経過です。

ご本人が経過および切除した肋骨をUPしてほしいとのことで以下に画像反転して掲載します。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-03-20 18:58 | 美容外科
脚延長術 (ディバスティアーニ変法) 初回手術から一年後
本日ご紹介の患者さんは脚延長術 (ディバスティアーニ変法)をお受けになられて左脚器具除去後7か月、右脚創外器具除去後2か月になる患者さんです


左:術前です      右:左脚術後12か月(器具除去後7か月),右脚術後5か月(器具除去後2か月) 
d0092965_3491073.jpg

左右共に5cm延長達成しました。 2週間前に右下肢に残していた脛腓固定スクリューを抜去し本格的に歩けるようになりました。
「もう普通に歩けます」とのことでご感想は「大満足(5/5)」と順調な経過です。

骨の形成もレントゲン上バッチリです。

初回手術から1年・・・・・大変お疲れ様でした。  
大混雑の再診日の中 よく長時間耐えて御順番を待ってくださいました。 申し訳ありません。
これからはどんどん 積極的に動かしていってスポーツ等も楽しんでください。

またの再診をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_3462475.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。




最近の不思議な話題

最近 「先生は司法試験を勉強なさっているのですか? 桐蔭法科大学院に通っていらっしゃるのですか?」と聞かれました。
「えええっ!?」とびっくりしました。 司法試験を受けたこともありませんし桐蔭法科大学院なる大学院には縁もゆかりもございません。 世の中の得体のしれない噂はどこで誰がどんな意図をもってどういう風に創作しているのか摩訶不思議です。 司法試験を勉強なさっている猛勉強家の方々と同じような雰囲気があるのでしょうか?    一生一勉強家でありたいとは思っているのでありがたい誤解とも言えますが。

どのような方が誤解!?をなさって噂を流しているのか興味がわいたところ、最近当院のHP作成をしてくださっている業者さんがそのような調査ができるかもということなので依頼してみました。
本当に結果がでるものなのか否かわかりませんがまたわかりましたらご報告させていただきます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2017-02-28 23:35 | 美容外科
左下腿  ISKD脚延長術 術後約6週間
今日は1919年2月13日国際連盟規約委員会にて当時常任理事国であった日本が
「人種あるいは国籍如何(いかん)により法律上あるいは事実上何ら差別を設けざることを約す と言う条項」 、いわゆる「人種差別撤廃条項」を提案した日です。 
98 years ago from today, on February 13th, Japan, which was one of the permanent council members of League of Nations at the time, submitted the first draft of an amendment to Article 21 in Covenant of the League of Nations to the League of Nations Commission.

This is also known as "the racial equality clause" during the Paris Peace Conference in 1919.

"The equality of nations being a basic principle of the League of Nations, the High Contracting Parties agree to accord as soon as possible to all alien nationals of states, members of the League, equal and just treatment in every respect making no distinction, either in law or in fact, on account of their race or nationality"



この国際的にも先進的な発案である同案は、16票中11票の賛成多数だったにも関わらず、議長であったウィルソン・米国大統領が突如として、「重要案件は全会一致でなければならない」等として勝手にルールを変更し、不採択を宣言した結果、日本提案の「人種差別撤廃条項」は「幻の第15 条」として葬り去られてしまいました。
Though ahead of its time, this proposed article obtained the majority of votes.
Though it was a lot of agreements of 11 votes in 16 votes, the chairman of the League of Nations Commission, U.S. President Woodrow Wilson suddenly changed the rules of the vote, saying that a unanimous vote would be required on particular issues of significance like this. As a result, it was declared that this proposal was rejected.



本日ご紹介の患者さんは 脚を伸ばしたいとのご希望にて ISKD脚延長術をお受けになられた患者さんです。


左下腿から延長しています。


左:術前です   右:術後約6週間再診時です
d0092965_372825.jpg

左下腿は確実に伸びています。

レントゲン写真です
d0092965_38281.jpg

2cm伸びました。


御感想は「不安で眠れない日が続いている」とのことでした。

伸びていないのではないかとご不安だったとのことですがきちんと伸びています。 順調です。
感染もありません。 骨折もなければネジの破損もありません。
安心して延長とリハビリに励んでいただければと思います。


写真をみてお気づきかもしれませんが脚延長でO脚は改善します。
O脚が改善されつつ足長になります。

5cm延長まで一緒に頑張っていきましょう。


追記:
当院に脚延長の御相談にこられても私からリスクをかなり強調され諦めるように説得されます。
あまりにも毎回リスクをお話するせいか手術を受けてからも本患者さんのように御心配かける結果になり私も反省すべき点はありますが、かつての古き良きmedical paternalismの時代は過ぎました。
手術費用が高額なため誤解を多々受けますが手術費用が高額なのは諸経費がかかるからであり、この施術費用設定でも本手術はクリニック運営には多大なリスクをもたらしこそすれ利潤をもたらすような手術ではありません(ですから現状の日本でほとんど行われていないのだと思います)。
しかし整形外科医としては組織延長とはロマンがある手術であるのも事実であります。
組織延長術の結果患者さんが喜んでくださるような結果が得られれば望外の喜びです。
一緒に艱難辛苦を乗り越えていける約束のできる方しか手術のご依頼はお引き受けできませんのでご理解願います。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_4133682.jpg

ありがとうございます。どうか御気を遣わないでください。

[PR]
by shirayuribeauty | 2017-02-13 03:08 | 美容外科