タグ:バッカル ( 38 ) タグの人気記事
フェイスリフト 頬 顎 脂肪吸引 バッカルファット摘出術、顎プロテーゼ留置術 
今日は15年前のソビエト連邦が解体されロシア共和国が独立した日ですがソビエトからロシアになっても北方領土はいまだ返還されずシベリア抑留に対する謝罪もありません。

奇しくも12月26日は1956年 にシベリア抑留からの引き揚げ船である興安丸最後の一便が舞鶴港に入港した日でもあります。

スターリンが抑留命令を出した8月23日をシベリア抑留記念日とするという考えもありますが個人的には過酷なシベリアでの抑留を経て生存した最後の日本人が本土に引き上げてこれたこの日を政府にはシベリア抑留追憶記念日として制定して頂きたく思っています。

本日ご紹介の患者さんはダイエットにより約50kg落としたところ20代にもかかわらず弛みが酷くなったとのことでその改善目的にフェイスリフト 頬 顎 脂肪吸引 バッカルファット摘出術、顎プロテーゼ留置術 をおうけになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後半年再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_120655.jpg

もっと引き上げたいとのことでミニリフトの御依頼をされました。
別人になりすぎる気がするのですが構わないとのことで今後手術予定です。

お心遣いをいただきました。
d0092965_128991.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-12-26 23:33 | 美容外科
バッカルファット摘出術、顔面脂肪吸引
今日は1905年 にポーツマス条約が締結され日露戦争の終戦日になります。日清戦争と比較にならないほど多くの犠牲者や膨大な戦費を支出したにも関わらず、直接的な賠償金が得られなかったため、世論の非難が高まり、暴徒と化した民衆によって内務大臣官邸、御用新聞と目されていた国民新聞社、交番などが焼き討ちされる事件・いわゆる日比谷焼打事件がおこりました。

本日ご紹介の患者さんは頬をすっきりさせたいとの御希望により約一年半前にバッカルファットを摘出され、その結果に満足されるももっと頬をすっきりさせたいとの御希望にて顔面脂肪吸引もお受けになられた患者さんです。

左:術前です。 
中:バッカルファット摘出後15ヵ月後再診時です。
右:バッカルファット摘出後19ヵ月後、顔面脂肪吸引4ヵ月後再診時です。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_23191547.jpg

いい感じとのことで順調な経過です。
脂肪吸引の完成は術後約半年後になります。

バッカルファット(頬脂肪体)とは頬筋と咬筋の間にある脂肪の塊で淡黄色の皮下脂肪と異なり濃黄色の卵の黄身程度のサイズのものです。

このバッカルファットが美容外科領域で手術の対象となったのは昭和60年代前半の日本の美容外科の金字塔であった十仁美容外科に始まります。 十仁美容外科の診療部長先生であった勝間田先生(日本の美容外科領域でエラや顎骨削りを始めた先駆者である先生です。現在ライフクリニック院長 )がエラ削りの手術の際、バッカルファットを取り除いた症例にて頬がキュッと締まった感じになるのを発見したのがきっかけて美容外科手術の一法として取り入られるようになりました。 現在美容外科でバッカルファットの手術を扱っているところの多くはの勝間田先生の薫陶を受けた先生方です。

この手術は適応を誤ると老けた感じになりますので適応の適切な見極めが重要となります。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-09-05 23:15 | 美容外科
ロアーフェイスリフト, 頬 顎 脂肪吸引 ,バッカルファット摘出術, 顎プロテーゼ留置術
今日は1945年 ポツダム宣言受諾の決定を日本国民に知らせる昭和天皇自身に肉声によるラジオ放送(いわゆる玉音放送ぎょくおんほうそう)が行われた日になります。

未明にこのポツダム宣言の受諾に反対する士官達によるクーデター未遂事件(宮城事件)が鎮圧された上での放送でした。

天皇が御前会議での聖断によってポツダム宣言の受諾を決定し中立国を通して連合国に通告したのが8月10日、ポツダム宣言受諾が確定し受諾の詔勅が発せられたのは8月14日、軍隊への停戦命令が出されたのは8月16日、日本政府が降伏文書に調印したのは9月2日、ソ連との戦闘終結は9月4日であり8月15日今日は玉音放送の放送日にすぎないといえばそれまでですが玉音放送はそれまで正式に放送されたことのない昭和天皇の肉声による放送であり日本人にとっては衝撃的な放送でした。今日8月15日はお盆にあたることから死者の魂を追憶し供養すべき日として日本人の意識のなかに根付いてきた以上、先の大戦にて鬼籍に入られた方々の弔いを本日行うことは意味があることだと思います。

先の大戦に際し、海外の戦場で戦没された方々は、軍人・軍属で約210万人それに戦火に巻き込まれて死亡した一般邦人約30万人で、合わせて約240万人と言われています。




d0092965_2150285.jpg

先日ご紹介した石野節雄・二等飛行兵曹(当時十九歳・岡山県出身)が戦艦ミズーリに特攻する瞬間。



本日ご紹介の患者さんはダイエットにより約50kg落としたところ20代にもかかわらず弛みが酷くなったとのことでその改善目的にフェイスリフト 頬 顎 脂肪吸引 バッカルファット摘出術、顎プロテーゼ留置術 をおうけになられた患者さんです。
上段:術前です。
下段:術後1ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_21325864.jpg

先日の再診時にはお顔の一部にさわるとまだ硬いところや痛いところがあるとご心配されていました。 周りのリフトをやった人はみな一ヶ月程度で落ち着いているので不安ですとのことでした。

ご説明したのはフェイスリフトと一言でいっても千差万別で今回ご紹介の患者さんの場合は剥離範囲やSMASや靭帯の処理範囲も一般のケースよりも広いためで一概に他の人と比較できないということでした。  

本格的なフェイスリフトの完成は約半年後になります。 まだ腫れている時期でありもっともっと締まってきます。
完成までいましばらくお待ちください。

本日 朝 靖国神社に参拝してきました。
d0092965_2156982.jpg

オリンピックのせいか!?例年に比べて人出が少ない印象でした。
d0092965_21562293.jpg

晴天下の靖国です。
d0092965_21563293.jpg

「写真はお控えください」と警備のおまわりさんに諭されてしまいました。
               すいません。
戦火に巻き込まれて死亡された方々に追悼の意をささげると共に英霊に深謝し今後の日本の発展のためにこれからも尽力することを誓いました。

本日は何故か輪郭の手術ばかり三件立て続けであわただしく千鳥ヶ淵に参拝する時間をとることでできませんでした。

いえ、 もっと早起きできなった自分を恥じるのみです。 

千鳥ヶ淵には参拝できませんでしたが無縁英霊達のご冥福をお祈りすると共に深謝の意を捧げます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-08-15 21:30 | 美容外科
顔脂肪吸引、バッカルファット摘出術
本日は沼津大空襲の日になります。 1945年に米軍B29の130機の編隊が海軍工廠や多くの中小軍事工場のある沼津市街上空に侵入し9077発、1039トンの焼夷弾を投下し沼津市の90%が破壊されました。


今日は顔面(含首周り)脂肪吸引およびバッカルファット摘出術をお受けになられた患者様のご紹介です。

今まで複数の他院にて計4回の顔面脂肪吸引をお受けになられたが効果がなく、色々と他院で相談しても「もう4回も吸引したのだから無理でしょう」とのことでした。診察の結果、確かに数回の吸引のせいか肉質が硬かったのですが私にはまだ吸引可能と思われたので手術のご依頼をお受けすることとしました。

上段:術前です。
中段:術後1.5ヶ月目再診時です。
下段:術後14ヶ月目再診時です。(写真は患者さんの御希望にて供覧しています)
d0092965_1314252.jpg


実はこの患者さんの吸引手術の前に今まで他院にて3回顔面の脂肪吸引をされた方の脂肪吸引を行い、思ったよりも繊維成分が多く自分が予想するほど脂肪が吸引できなかったという事がありました。 よって、この患者さんに対して「5回目の脂肪吸引になるし・・やっぱり脂肪は引けないかも・・・自分の見立てが甘かった・・・」 と考え「(前述の体験をお話し)申し訳ありません。やっぱり自信がありません。」とお断りしましたが「頬がコケてもいいからできる限りやってください。」とご依頼してくださったのでお引き受けすることとしました。

手術中所見としてはバッカルは普通サイズであり、顔面も「いままでの4回の脂肪吸引とはどこをどれだけ吸引していたのだろう??」と不思議に思うぐらい脂肪が引けました。 

術後1年以上たった現在は昔の知人にお会いになるとびっくりされるぐらい子顔になられ大満足!とのことで順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-07-17 01:22 | 美容外科
バッカルファット摘出術、立ち耳修正術(クローズ法)
今日は1942年 に日本海軍が米豪間の連絡遮断を目的としてイギリスの保護領であったガダルカナル島に上陸した日になります。 後日、2万名もの日本兵の命を奪うほどの大激戦地になるとは予想だにされていませんでした。

このガダルカナルにおける連合国軍との戦闘はミッドウェー海戦とともに、太平洋戦争における攻守の転換点となった戦闘とされていますが、継戦能力の喪失という意味ではミッドウェーより遙かに重大な敗北ともいわれています。

本日ご紹介の患者さんはシャープな感じのお顔になられたいとのことでバッカルファット摘出術、立ち耳を修正したいとのご希望にて立ち耳修正術(クローズ法)をお受けになられた患者さんです。

右:術前です。 左:術直後です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_22375881.jpg

立ち耳クローズ法はカーゼ等の覆いも必要なく当日からシャワーを浴びることができます。

とったバッカルファットです。 実際の大きさは卵の黄身程度になります。
d0092965_22382330.jpg

術後より一ヶ月以上再診にこられていません。 便りはないのは良い便りだと信じたいですが口腔内の糸は衛生上抜糸したほうがよいのでお時間のあるときに御来院いただければ幸いです。

バッカルファット摘出術の完成は術後約半年後になります。


バッカルファット摘出術のリスク
・術後半年以上経て頬がこけたような感じになるリスクがあります。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-06-16 00:32 | 美容外科
バッカルファット摘出術
本日ご紹介の患者さんはバッカルファット摘出術をお受けになられた患者さんです。

バッカルファット(頬脂肪体)とは頬筋と咬筋の間にある脂肪の塊で淡黄色の皮下脂肪と異なり濃黄色の卵の黄身程度のサイズのものです。

このバッカルファットが美容外科領域で手術の対象となったのは昭和60年代前半の日本の美容外科の金字塔であった十仁美容外科に始まります。 十仁美容外科の診療部長先生であった勝間田先生(日本の美容外科領域でエラや顎骨削りを始めた先駆者である先生です。現在ライフクリニック院長 )がエラ削りの手術の際、バッカルファットを取り除いた症例にて頬がキュッと締まった感じになるのを発見したのがきっかけて美容外科手術の一法として取り入られるようになりました。 現在美容外科でバッカルファットの手術を扱っているところの多くはの勝間田先生の薫陶を受けた先生方です。

この手術は適応を誤ると老けた感じになりますので適応の適切な見極めが重要となります。

上段:術前です。
下段:術後14ヶ月再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_18593140.jpg

バッカルファットをやったところはすごく調子がいいということでした。
でももっと頬をすっきりさせたいとのことで今度脂肪吸引もすることになりました。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-04-29 18:59 | 美容外科
下瞼脂肪取り、バッカルファット摘出術
最近クリニックの問い合わせメールにおいて返信を差し上げてもあて先不明で戻ってきてしまうメールが多いようです。docomoやezwebなどの携帯メールからのケースがほとんどです。
メールの返信がない方はPCメールで送ってくださるかお電話かカウンセリング時にご質問内容をお尋ねください。


本日は下瞼脂肪取りおよびバッカルファット摘出術をお受けになられた方のご紹介です。

左:術前です。
中:摘出した下瞼脂肪およびバッカルファットです。
右:術後1年再診時です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_22415291.jpg
目の下の膨らみも改善し、お顔もほっそりとしまり順調な経過です。 

一年前の自分のブログを読むと「きれいなしまったお顔になりますように!」と祈っていましたが、その後術後検診がしばらくご無沙汰になっていたのでどうされたのか心配しておりました。 しかし今回久しぶりに他の部位のご相談に来ていただいて順調であったことがわかって良かったです。 

皆さんがきちんと再診にきてくださいますように!
 
先日初診予約が約10年先まで埋まっているという西島脊椎クリニックの西島先生の脊椎外科手術に一緒にはいらさせていただく機会がありました。顕微鏡下の非常に繊細な手術にも関わらず手際よく手術をこなしつつ若輩な私に懇切丁寧に手術のコツを教授してくださり感動しました。 マスコミにでる医者はくだらない医者が多い傾向にあると耳にすることがありますが西島先生は技量、人格共に傑出した先生であると思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-03-23 22:19 | 美容外科
バッカルファット摘出術、顔面脂肪吸引術
本日ご紹介の患者さんは最初にバッカルファット摘出術をお受けになられ、その7ヵ月後に顔面脂肪吸引術をお受けになられた患者さんです。

左:術前です。 中:術後7ヶ月再診時です。  右:顔面脂肪吸引後約2ヶ月再診時です。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_094274.jpg


ご本人としてはまだ右頬のほうが出ている感じがするとのことですが基本的には順調な経過です。

最初から同時にバッカルファット摘出術と脂肪吸引をしてあげればよかったじゃないか!と思われるかもしれませんが同時に行うと予想以上に頬がコケてしまう可能性があるため個人的にはよほど頬の肉付きがよい場合を除いては段階的に行っていくのがよいと考えます。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_0274973.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないで下さい。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-03-02 00:11 | 美容外科
エラ骨骨切り、バッカルファット摘出術 : メール相談への返信
最近メールのご相談が多く、ご返信しきれませんので他の方の参考になりそうなご相談はブログにご紹介させていただきますのでご了解ください。

Mail1:他院オペ後ケース
 「長くなりますが10月に鼻中隔延長術とシリコンの入れ替えをしました。その術後より全く息が出来なくなりレティナをもらい3ヶ月待って欲しいとの事でした。ですが入れ替えのシリコンは入っていたシリコンより断然高くなっていて(低くするのが目的でしたので)1ヶ月後に外にも出れないので抜いて欲しいとお願いしました。その際に3センチくらいのシリコンを挿入しました。ですがそのシリコンも小鼻まで流れてしまったのです。認定医のお医者様にも何でこんなところによびっくりされました。大学病院にも直ぐに抜いた方が言いといわれました。そのシリコンを16日に抜きました。その際に方穴ばかりからアプローチしたためか鼻の穴が変形してしまいました。息はいまだ出来ず片方の鼻の穴は変形してしまって・・どうか先生助けてください。もう生きていくのが無理なんです。画像なども送らせていただけます。先月も予約待ちで予約が取れませんでした。どうかどうか先生私を助けてください。息が出来るようにと方穴の変形を直してください。時間は早朝でも夜でもかまいません。どうか手術をしていただけませんでしょか?どうかお願いします。大学病院などにも断られたんです。先生のセンスにかけています。どうかお願いします」

Ans.
まずは最初に執刀を依頼した医師を信じて半年はつきあってあげてください。
手術には様々な合併症が生じる可能性があります。たいていの合併症はその手術に経験豊富な執刀医でしたら半年以内に修正可能です。 

またこのような合併症の治療には責任の所在の問題がかならずついてまわります。
治療は100%の成功であるべきですが100%の成功は残念ながら医療行為においては保証できません。
結果的に問題が生じた際に前医のせいにするのもいやですし前医から全ての責任をかぶせさせられることも困ることなのです。ですから傷が癒える半年を一つの目安として一度は信じて手術を受けた前医を信じてあげてください。

しかしどうしてもということでしたら診察をさせていただき適応の有無について判断させていただきます。

私以外の医師にかかるとしても「法的責任を負わされるのは困るから弁護士と相談してからだったら診てもいい」というような医師は避けたほうが無難かと思います。 責任を全部前医に被せたから完全免責と考え人体実験のようなとんでもない治療を行う医師が残念ながら実在します。



Mail2:予約について
「すみません、1月3日に電話してくれと言われて、電話が10時25分に繋がったのですが、切られましたどういうことでしょうか?先生は遠方の人は手術する気が無いのですか?ホームページを見てみると 病院に来た人だけ優先的に予約を取るなんて、不公平だと思います。私みたいにそちらにいくだけで、交通費がかなりかかる人達は電話しか方法がありません 平等にしてくださいよろしくお願いします。」

電話が切れたのはなんかの偶然だと思いますが(そう信じたいです)、そのようなことがあったことを深くお詫び申し上げます。 遠方の方でも手術は行っておりますが原則的には万が一の合併症を考え皆様には近医で施術をお受けになることをお勧めしています(だからといって電話を切るようなことをしたりわざと予約をとりにくくするようなことはしておりません)。
予約日当日に病院に来た人だけのご予約しかお受けできないということは(その方々のご予約も半数以上お受けできませんでしたが)ご遠方の方にとってかなり問題のあるシステムであるとは思っています。なんらかの改善策を検討していますのでご容赦お願い申し上げます。

本日ご紹介の患者さんはエラ骨骨切り、バッカルファット摘出術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後三週間です。(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています。)
d0092965_22223037.jpg

3週間しか経ていないのでまだ腫れがありあまり変化はわかりません。輪郭の手術の完成には約半年かかります。
順調な経過です。  といいたいところですがその後の再診にいらしておりません。
またの再診おまちしております。

お心遣いをいただきました。
d0092965_22325471.jpg

鎌倉 源 吉兆庵の織部錦でした。  ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2008-01-05 21:25 | 美容外科
顔面脂肪吸引、バッカルファット摘出術
今日は顔面(含首周り)脂肪吸引およびバッカルファット摘出術をお受けになられた患者様のご紹介です。

今まで複数の他院にて計4回の顔面脂肪吸引をお受けになられたが効果がなく、色々と他院で相談しても「もう4回も吸引したのだから無理でしょう」とのことでした。診察の結果、確かに数回の吸引のせいか肉質が硬かったのですが私にはまだ吸引可能と思われたので手術のご依頼をお受けすることとしました。

上段:術前です。
下段:術後1.5ヶ月目再診時です。(写真は患者さんの御希望にて供覧しています)
d0092965_015393.jpg

術後右頬の腫れをご心配されていましたが序々に治まりつつあります。もっとよくなるでしょう。

実はこの患者さんの吸引手術の前に今まで他院にて3回顔面の脂肪吸引をされた方の脂肪吸引を行い、思ったよりも繊維成分が多く自分が予想するほど脂肪が吸引できなかったという事がありました。 よって、この患者さんに対して「5回目の脂肪吸引になるし・・やっぱり脂肪は引けないかも・・・自分の見立てが甘かった・・・」 と考え「(前述の体験をお話し)申し訳ありません。やっぱり自信がありません。」とお断りしましたが「頬がコケてもいいからできる限りやってください。」とご依頼してくださったのでお引き受けすることとしました。

手術中所見としてはバッカルは普通サイズであり、顔面も「いままでの4回の脂肪吸引とはどこをどれだけ吸引していたのだろう??」と不思議に思うぐらい脂肪が引けました。 

お顔がほっそりして大変満足されているとのことですがもっと細くなります。
術後半年が楽しみです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2007-06-29 00:34 | 美容外科