<   2015年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧
ルーフォーⅠ型骨切術、SSRO術後のたるみに対するSMASフェイスリフト
本日ご紹介の患者さんはLeFortⅠ型骨切術、SSROをお受けになられた後のたるみが気になるとのことでSMASフェイスリフトをお受けになられた患者さんです。

もともとそれほどたるみはひどくなかったのですがSMASリフトの強いご希望がありお受けになられました。

上段:LeForⅠ型,SSRO術後約半年, SMASリフト術前です
下段:SMASリフト術後約半年再診時です
d0092965_234060.jpg

もともとたるみが顕著ではかったため効果はわかりずらいですがすっきりとなされました。
御感想は「ふつう(3/5)」とのことでした。

リフト 術後1週間 抜糸時のキズの状態です。 美容外科的縫合を行っております。
d0092965_2154386.jpg



半年後のリフトのキズ痕です
側面からみた左右の耳前のキズ痕は肉眼ではまずわからなくなるほどきれいになりました。
d0092965_035431.jpg

(画面はクリックすると拡大します)
順調な経過です。


またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-30 00:04 | 美容外科
他院LeFortⅠ型骨切術後修正術、下顎矢状分割術、下顎スティック骨切、頬骨骨切術、顎先骨切前方移動術
本日ご紹介の患者さんは他院にてLeFortⅠ型骨切術、顎先プロテーゼ留置術をお受けになられた既往があります。
他院にてLeFortⅠ型骨切術のみうけた結果、口元がでてサル顔になったといわれる、 右の上顎が左と比べて下がってしまった等を改善したい、頬骨の張りを改善したい、輪郭を全体に小さくしたいとのご希望にて今回 当院にて他院LeFortⅠ型骨切術後修正術、下顎矢状分割術、頬骨骨切術、下顎スティック骨切術、顎先プロテーゼ抜去後骨切前方移動術をお受けになられました。

上段:術前です
下段:術後約1年再診時です
d0092965_0354882.jpg

約1cmほどお顔が短縮されています。  他医師による小鼻、人中の手術を受けられています。
術後約半年の時点でたるみ改善目的に私の執刀によるロアーリフトをお受けになられています。
周囲の皆に「小顔になったね」といわれるとのことでした。

御感想は「ふつう(3/5)」とのことでした。

またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-29 03:24 | 美容外科
頬骨V字骨切術、人中短縮術、鼻翼基部アパタイト形成術
本日ご紹介の患者さんは頬骨V字骨切術、人中短縮術、鼻翼基部アパタイト形成術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_2112219.jpg

頬骨の張りだしは改善し、人中は短くなり鼻翼基部の食い込み感も改善しました。
御感想は「まあ満足(4/5)」と順調な経過です。


またのご来院をお待ちしております。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2542913.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-28 00:10 | 美容外科
目がしら切開、埋没法二重形成術、ROOF除去術
本日ご紹介の患者さんは ぱっちりした目になられたいとのご希望にてカウンセリングの結果、目がしら切開、埋没法二重形成術、ROOF除去術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約半年再診時です
d0092965_027417.jpg

御感想は「大満足~満足(4.5/5)」 と順調な経過です。

またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-27 00:26 | 美容外科
肛門美的形成術 、 肛門脱色治療
今日は1941年にアメリカのハル国務長官が日露戦争以降に東ア ジアで築かれた日本の権益と領土、軍事同盟の全てを直ちに放棄することを求めるハル・ノートを提示した日になります。


72 years ago from today, November 26th 1941, The Secretary of State at the time, Cordell Hull, laid out The Outline of proposed Basis for Agreement Between The United States and Japan, or so called "Hull note" against Japan. This outline
requested Japan to abandon all of their territorial possession and interests in East Asia which they had obtained since The Russo-Japanese War and renounce all military alliance immediately. The Prime Minister of Japan Hideki Tojo recognized it and said to his cabinet that it was the ultimatum from U.S.



本日ご紹介の患者さんは肛門美的形成術 および 肛門脱色治療 をお受けになられた患者さんです。

3年7か月前より定期的にメンテナンスをお受けにきてくださっています。


上段:術前です
下段:術後約3年7か月再診時です
d0092965_3343491.jpg

御感想は「ふつう(3/5)」とのことでした。
肛門のskin tag(余剰ヒダ)は消失・改善し色も明るくきれいになり順調な経過です。

またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-26 00:31 | 美容外科
大腿VASER(ベイザー)脂肪吸引
本日ご紹介の患者さんは 細胞壁・血管・索状組織へのダメージが少ないといわれるVASER(ベイザー:超音波照射脂肪吸引)による太ももの脂肪吸引をお受けになられた患者さんです。

左:術前です                   右:術後2か月再診時です
d0092965_2303694.jpg

すっきりと細くなり順調な経過です。

またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-25 00:28 | 美容外科
他院グラマラスライン形成術術後修正  左目三白眼修正術 術後四年
本日ご紹介の患者さんは既往として他院形成外科専門医にて他院グラマラスライン形成術術(下瞼下制術、たれ目形成術)をお受けになられるも下瞼が下がりすぎ、修正手術を同医師にてうけるもそれでもまだ治らないとのことで左目三白眼修正術をご希望され当院にご相談におこしになられた患者さんです。


執刀医による修正術をつよくお勧めしましたが当院による修正術を強くご希望されたためご依頼を受諾することとしました。

上段:術前です
下段:左目三白眼修正術  術後約4年再診時です
d0092965_1305326.jpg

目がしらは他院にて最近手術をしたとのことで赤味があります。
左目の三白眼は治癒しており戻りもなく順調な経過です。


またのご来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-24 00:26 | 美容外科
アキュスカルプレーザー(顎下、下顎縁) , ミラクルリフト
本日ご紹介の患者さんは約7年前に私の執刀のミニリフトをお受けになられた既往があり 今回もミニリフトをご希望されましたが近年はアキュスカルプレーザーとミラクルリフト等の人工靭帯によるよいリフト法ができたので切らなくてもリフトアップ可能な旨をご説明しアキュスカルプレーザー(顎下、下顎縁) , ミラクルリフトをお受けになられました。


上段:術前です。
下段:術後7か月再診時です。
d0092965_3114720.jpg

御感想は「不満(1/5)」 「ミニリフトをやはり受けたいです」 とのことでした。

執刀医側としては 写真のとおり 顎下もすっきりなられ 口元横のたるみも改善し 効果は持続していると思いますが以前ご経験されているミニリフトの引きあがり具合の時の満足度のご経験と比較なされるとご不満のようでした。

近年 アキュスカルプレーザーと人工靭帯の組み合わせでほぼ全員にそれなりにご満足いただけていたので今回の御感想の結果は執刀医としてもショックでした。
最初からミニリフトのご依頼を受けて差し上げていたら・・・・と思うと痛恨の極みです。

どうしてもミニリフトご希望ということでしたらご依頼お引き受けします。

またのご来院お待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-23 23:07 | 美容外科
他院Vライン形成術後修正、 他院顎先プロテーゼ留置後修正術
本日ご紹介の患者さんは前医にて約170万円かけてVライン形成術をお受けになられるも左右差ができ口が締まりにくくなったためそれを治すために顎先プロテーゼを留置してもらうもそのプロテーゼの位置が 不快とのことでご相談にこられました。


担当医は口が締まらない状態を 「学会で他の先生に相談したがわからないといわれた。」とおっしゃるが それが事実か否かもわからずどの先生に相談したかも不明でしたとのことでした。 


美容外科後遺症外来のある大学病院形成外科にも相談にいったが治療できないといわれたとのことでした。

初診時所見です
d0092965_0124699.jpg

確かに下顎の左右差を認めます。



CTを撮ってみました。
d0092965_013375.jpg

下顎下縁に明らかな左右差があります。
右下顎縁に骨突起があるのがわかります。

力を抜くと 下顎前歯が見えてしまう(特に左) という状態でした。
d0092965_015546.jpg



既往を聞くと修正手術等を含めて数回にわたる顎先の手術をうけていらっしゃるためオトガイ筋が損傷しており私の手術でも改善する保証はできない旨をご説明し、本来は前担当医に修正してもらうべきである旨をご説明しましたが訴訟も考えているとのことでラポール(信頼関係)が築けていない状態でありました。

「もともと 機能不全があるのでどこまで治せるかはわからない それでもよければ治療を試みるが基本的には前医で治してもらってほしい。」と重々ご説明しましたが当院での治療のご希望が強かったためご依頼をお引き受けしました。


取り出したプロテーゼとその周囲にたくさんあった糸たちです。
d0092965_0231497.jpg

プロテーゼに押されていた骨は陥没していました。


立体CTより作成した立体模型 と 取り出したプロテーゼです。
d0092965_0234846.jpg

右下顎縁に骨突起があるのがわかります。
私にとっては不思議なプロテーゼのサイズと留置位置でした。


長くなりましたので経過報告はまたの機会に行います。



先日ご相談メールをいただきました。

拝啓 伊藤 先生
●●●クリニックの●●医師において当方の顧問弁護士が協力医を探しておられます。万が一、訴訟になったらご協力頂けませんか?

現在、●●地裁の裁判官の決定を無視してある一定の本件の画像データの提出を拒否している段階です。
□□□□□病院の△△先生の診断は「☆☆部の潰瘍、同部皮下潰瘍及び同部骨が融解し著名な変形を生じている」と診断して下さいました。
ご迷惑が掛からなければ伊藤先生に御願いしたい所存であります。



誠に申し訳ありませんが私は自身の本業として治療をご依頼されればそれに全力を尽くさせていただきますが 皆様の私的法的問題に関わる件に関しては本ブログにおいて公的に意見を述べるだけにさせていただければと思います。

すなわち当ブログで本日期日の記事のように紹介させていただいて客観的事実を記載させていただく分にはご依頼されれば行いますし私の記事を一医師の物の見方、とらえ方としての参考資料として裁判所に提出していただいても全く構いません。

私は在野の無名の一美容外科臨床医であり権威とは無縁の存在です。 

裁判によってではなく情報開示と医師側と患者側の医療における限界と不確実性の認識の共有に基づいた患者さんの自己決定権の尊重と相互敬意により日本の医療をより良いものにしていきたいという一身上の信念により皆様の民事裁判における意見書等の個別ご依頼はお引き受けできませんのでご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


ある特定の医師を「訴えたい」 だの 「訴えた」 だの 「証拠保全したけどカルテをないといいはり出さないのであきれた」 だの 最近 きな臭いご相談や報告が多く感じます。

私はここでその医師の個人攻撃をするつもりは全くありません。
仮に99.5%の成功率の医師でも件数を多く行っていればそれだけ不具合を生じた患者さんが多く生じるのかもしれません。 すなわち年間1000例執刀している医師であれば99.5%の成功率でも5名の不具合患者さんが発生します。 100例しか執刀していなければ1名生じるか生じないかになります。
医師の手術技術の程度を数値化するは難しいのが現状です。


医師側も患者さん側も 皆様が心穏やかな平穏な日々をお過ごしになることができるよう願っております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-22 23:59 | 美容外科
他院顎プロテーゼ抜去 後  顎先アパタイト形成術
本日ご紹介の患者さんは数年前に他院にて顎プロテーゼ留置術をお受けになられた既往のある患者さんです。 今年に入ってから 「出っ張りがあり 最近むずむずする 右端がでっぱってきている 皮膚からでてきそう」とのことでご相談にお越しになられました。

元執刀医により修正手術のお勧めをしましたがすでに 段がでて調子が良くなく入れ直し手術をうけたとのことでカウンセリングの結果 当院での他院顎プロテーゼ抜去 後  顎先アパタイト形成術のご依頼をお引き受けすることとしました。


左:術前です                 右: 術後約3か月再診時です
d0092965_3541141.jpg


プロテーゼを除去したところプロテーゼのあったところの骨は凹みプロテーゼを囲むように骨が盛り上がっていました。 それらを骨ヤスリ等で調整しアパタイト(リン酸カルシウムからなる人工骨)を留置しました。
今回の再診では外観上はわかりませんが触れると顎下部分に気になるアパタイトの凸があるとのことでした。
通常術後半年経つとアパタイトの凸は滑らかになりますがもしあと3か月経てもまだあるようでしたら調整を行う予定です。

またのご来院をお待ちしております。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_1161536.jpg

ありがとうございます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-11-21 00:43 | 美容外科