<   2015年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧
脂肪移植豊胸 術後約1年10か月
本日ご紹介の患者さんは脂肪移植豊胸術をお受けになられて術後約1年10か月の患者さんです。

1回のみの脂肪移植豊胸術をお受けになられました。


上段:術前です
下段:術後約1年10か月再診時です
d0092965_2321347.jpg

腹部より脂肪採取し乳房へ脂肪移植しています。
腹部はスポーティーな引き締まった感じになりスタイルもよりよくなり順調な経過です。といいたいところですが腹直筋がやや浮き出る感じを改善したいとのことで同部位を修正予定です。
 またのご再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-01-31 23:18 | 美容外科
陰核縮小術(クリトリス縮小術)、両側小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術
本日ご紹介の患者さんは陰核(クリトリス)を小さくしたい、両側の小陰唇を小さくしたい、陰核包皮を小さくしたいとのご希望にて陰核縮小術、両側小陰唇縮小形成術、陰核包皮縮小形成術をお受けになられた患者さんです。



左:術前です。 右:術後約4年半再診時です。
(外性器の画像はエキサイトブログの規約に反する可能性があるため当院HP上の右欄の「婦人科・肛門」のタグにてパスワード制で閲覧可能としています。 手術を御検討されていて閲覧御希望の女性はクリニックまでお電話くだされば幸いです。メールでのお問い合わせに対しては性別判定ができないためパスワードをお教えできません。)
ご感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。

またのご来院をお待ちしております。


婦人科手術のカウンセリングにおいて小陰唇や大陰唇縮小手術の麻酔についてよく聞かれます。
私が行っている麻酔の方法は以下の五通りがあります。

1.局所麻酔
長所:最も安全 (それでも麻酔薬に対するアナフィラキシーショックの可能性は数十万件に1件程度はありえる。)
短所:他の2.3.4.5と比較すると麻酔時に最も痛い方法なので麻酔薬注入時の疼痛軽減のために麻酔薬のPH調整、吸入ガスの使用、表面麻酔剤の使用等を行い複合的方法で痛みを軽減する。

2.陰部神経ブロック
長所:他の3.4.5.の方法に比べてリスクが少ない。痛みが少ない。
短所:万が一血管内に麻酔薬が入れば局所麻酔薬中毒を発症する可能性、麻酔施行医がこの方法に不慣れな場合、膣、直腸の各粘膜穿孔のリスク、麻酔施行時の不快感

3.硬膜外麻酔(仙骨神経ブロック)
長所:比較的安全で痛みが少ない
短所:2.と同じく万が一万が一血管内に麻酔薬が入れば局所麻酔薬中毒を発症する可能性。 くも膜下ブロックになってしまうと歩行能の再回復に4~5時間を要する場合がある。 その際注入麻酔量が多いと全脊麻(→心肺停止)の危険もなきにしもあらず。

4.サドルブロック(くも膜下ブロックの一種)
長所:会陰部肛門部のみに麻酔が効くため運動機能(歩行能)の障害がない。
短所:急激な血圧低下、悪心、嘔吐の可能性。くも膜という髄液がはいっている膜に針で穴をあけて薬物を注入するため手術後に髄液減少にともなう頭痛がでることがある。

5.静脈麻酔
長所:意識がない間に手術が終わる。 
短所:完全な意識回復まで個人差があり手術当日の帰宅は安全確保のためタクシー等を要する。


どの方法がベストかはその患者さんが希望する麻酔形態(意識をなくしたいかとか、痛みをとにかく感じたくないとか、可能な限り安全に行いたい等)によりますから私の場合は上記5種の方法から患者さんと話し合いケースバイケースで選択しています
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-01-30 00:43 | 美容外科
脂肪移植豊胸  一年に三回施術をうけて最終施術より術後半年
本日ご紹介の患者さんは脂肪移植豊胸術を一年に三回施術をうけて最終施術より術後半年になる患者さんです。


左:術前です  右:最終施術より術後約半年再診時です。
d0092965_3584569.jpg

しこり等もなくご感想は「満足」と順調な経過です。

またのご再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-01-29 00:56 | 美容外科
鼻根縮小術、人中短縮術 術後約 2年半
本日ご紹介の患者さんは鼻根縮小術、人中短縮術 術後約 2年半 再診になる患者さんです。


上段:術前です。
下段:鼻根縮小術、人中短縮術 術後約 2年半
d0092965_3412640.jpg

順調な経過です。

またのご再診をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_682863.jpg

ありがとうございました。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-01-28 00:37 | 美容外科
おへそを縦にする方法・・・・横長のおへそを縦長に   ・・・・・ おへそ形成術
本日ご紹介の患者さんは横長のおへそを縦長にしたいとのご希望にておへそ形成術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約2週間再診時です。
d0092965_145542.jpg

縦長のおへそになり順調な経過です。

またのご再診お待ちしております。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_67355.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-01-27 00:58 | 美容外科
鷲鼻(わしばな)修正術
本日ご紹介の患者さんは鷲鼻(わしばな)修正術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約1週間再診時です。
d0092965_22934.jpg

ご感想は「ギプスを外す前なのでわかりません」とのことでしたがギプスを外したところ鷲鼻はきれいに改善され順調な経過です。

またのご再診をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_663819.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-01-26 00:00 | 美容外科
右臀溝のしわの位置改善 (おしりのたるみ改善)
今日は赤痢菌の発見者である志賀 潔博士がお亡くなりになられた日です。

58 years ago from today, Dr. Kiyoshi Shiga who discovered the bacterium "shigella" passed away on January 25 1957.


明治時代の日本の近代化のなかで世界に通用する科学研究の成果を成し遂げた先 駆者であり、現代の韓国のソウル大の前身である京城帝国大学の総長を御勤めになられた医学者でした。 残念ながらソウル大は創立を1946年とし京城帝国大学との連続を認めていません。
Dr. Shiga achieved notable results and was a world-class pioneer in the study of science while Japan modernized itself in Meiji era.
While he engaged in medical science, he was the chancellor of Keijo  Imperial University in Seoul from 1929 to 1931. The University was the precursor of Seoul University however this was not officially affirmed and the Seoul Univ. is considered to be established in 1946.


本日ご紹介の患者さんは右臀溝の二重のしわが気になるとのことで 右臀溝のしわの位置改善 (おしりのたるみ改善)術をお受けになられた患者さんです。



気になるたるみの位置です。
d0092965_0361927.jpg



上段:術前です
下段:術後約3週間再診時です
d0092965_0364642.jpg

ご感想は「シワ無!! わーい」とのことで「ふつう(3/5)」と順調な経過です。


またのご再診をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_653661.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-01-25 00:33 | 美容外科
頭蓋形態修正術
今日は「ラバウル海軍航空隊」という軍歌で有名なあのラバウル(現:パプアニューギニア領)にて1942年オーストラリア軍を駆逐した日です。
Some may know Rabaul from a Japanese martial tune "Rabaul Air ASW Squadron".
On January 23rd 1942, Japan eliminated Australian forces and took over Rabaul (current Papua New Guinea territory)


ラバウル航空隊は大戦初期には連合軍との空戦において損害率15対1という圧倒的 な強さを誇ってました。しかし、ソロモン海でのガダルカナル島をめぐる戦いで 、連日往復2000キロもの長距離飛行を強いられ、その激しい疲労で貴重な熟練搭 乗員と機体のほとんどを失い、連合軍に敗北し「ラバウル海軍航空隊」の楽譜とレコードがラバウルに届いたのは航空隊撤退後となった悲しい最強航空隊です。
The Japanese Air ASW Squadron of Rabaul was known for the high ratio of damage to the allied nations in air combat tactics during the early months of the Pacific War (The ratio was said to be 15 to 1). But the Air ASW Squadron gradually suffered from fatigue during the battles over the Guadalcanal of Solomon Islands. Lots of highly skilled pilots and fighter planes made flights of 2000km repeatedly. As the result, they grew extremely tired and payed the ultimate price. Although the Air ASW Squadron of Rabaul had overwhelming potential, they were defeated in such a stark status.

To cheer on the fleet, a martial song "Rabaul Air ASW Squadron" was created.
But, the squad never received records or music of it before retreating from Raubal.



本日ご紹介の患者さんは 頭の形が気になるとのことで頭蓋形態修正術 をお受けになられた患者さんです。

髪の毛で外観上 普通の人には違いが全くわからないのでやる必要性がない旨を 何度も説かせていただきましたが 頭頂部から後頭部にかけて形態を増量したいとのご希望は強固でありご依頼をお引き受けしました。


上段:術前です
下段:術後約1か月再診時です。
d0092965_3583983.jpg

ご感想は「ふつう(3/5)」とのことでした。


またのご再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-01-23 00:55 | 美容外科
後頭部アパタイト(絶壁修正術) 術後約4か月
本日ご紹介の患者さんは 後頭部アパタイト(絶壁修正術) をお受けになられて術後約4か月の患者さんです。


上段:術前です
下段:術後約4か月再診時です。
d0092965_36354.jpg

ご感想は「たまに違和感がありますが、好きな髪形にできるようになった。」とのことで「まあ満足(4/5)」と順調な経過です。

またのご再診にいらしていただければ幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-01-21 00:04 | 美容外科
性転換手術:  PAIクリニック  および  コーディネーター 中村 さんのご紹介
先日 約1週間 タイに性転換手術の勉強にうかがわさせていただきました。

その際 PAIクリニックのプリーチャ先生をはじめとしてブリン先生やスティン先生等にも性転換以外にもさまざまな手術を見学・勉強させていただきました。

PAIクリニックの性転換手術の技術は素晴らしく性同一性障害に悩まれる患者さんはタイのPAIクリニックはダントツにおすすめできるクリニックです。

またPAIクリニックにはFTMとしてご自身もPAIクリニックで手術をお受けになられた中村真浪 ナカムラ マナミさんという方がいらっしゃりタイ語が堪能で日本語でサポートしてくださりタイ滞在中 大変お世話になりました。

外国のクリニックですとなかなかご不安だと思いますが中村さんがいるので言葉の点で安心してかかれると思います。 中村さんはとても細かい気配りをしてくださる方なので万全の心強いサポートがうけられると思います。

Preecha(プリーチャ)先生はタイの性転換手術の元祖となるような先生でタイの性転換の名医のほとんどがPreecha先生の弟子といわれています。


そのPreecha先生がいろいろご指導してくださり 、自分としてもお世話になったPreecha先生や中村さんに恩返しをさせていただきたく PAIクリニックで手術をうけて日本に帰国後いろいろご不安な患者さんがいたらご相談していただけばと思います。

日本で手術を受けたいとのご希望の性同一性障害の方がいらっしゃいましたらPreecha先生の執刀グループが日本に来てくだいますし、 また3月末より当院にて診療を開始するDr.XもPreecha先生のもとで勉強し、現在日本でも性転換手術を行っており当院移籍後は入院適応手術も含めて我々一丸となってチームとして診療にあたっていく予定なのでご相談していただけば幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2015-01-20 00:06 | 美容外科