<   2013年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
下顎骨スティック骨切術 、 頬骨アーチリダクション 、 頬骨前方削り 術後 2年半年
今日は1986年 に本年7月29日のブログでご紹介させていただいた杉原千畝(すぎうら ちうね)氏が鬼籍(きせき)にはいられた日になります。享年86歳でした。 合掌。


本日ご紹介の患者さんは下顎骨スティック骨切術 、 頬骨アーチリダクション 、 頬骨前方削り 術後 2年半再診時の患者さんです。

上段:術前です。
下段:下顎骨スティック骨切術 、 頬骨アーチリダクション 、 頬骨前方削り 術後 2年半再診時です。
d0092965_23591574.jpg

2年半前の術前写真と比較すると輪郭が小さくなった分 目や鼻や口がお顔の中に占める面積が大きくなったこと印象的でした。  

ここではお目元がご紹介できないのでわかりづらいかもしれませんがずいぶん よりお綺麗になられたなぁというのが印象です。 



またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-31 23:57 | 美容外科
眉骨削り、 頭蓋形態修正術(額~頭頂部にかけての骨削り)Ⅱ
今日は1281年に二度目の元寇(げんこう)再来いわゆる弘安の役(こうあんのえき)にて博多湾に台風が吹き荒れ元軍が壊滅した日になります。

この出来事で日本では「神風」の存在が広く信じられ大東亜戦争では神風特別攻撃隊として護国の最期の戦法として名づけられました。


また今日は同時に大東亜戦争末期の1945年 に日本の伊号第五八潜水艦がアメリカの巡洋艦インディアナポリスを撃沈した日になります。

このインディアナポリスは1945年7月26日にテニアン島へ広島型原爆「リトルボーイ」を運んだ船でした。上部組織の命令で原爆を運んだ船、原爆を落とした飛行機、そしてその搭乗員達を憎んでも意味がないことは百も承知ですがそれでも一般市民の頭上に原爆が落とされたということは看過できません。  伊号第五八潜水艦に永遠の栄光あれ。


本日ご紹介の患者さんは眉骨の出っ張りが気になる、頭の形態が気になるとのことでカウンセリングの結果眉骨削り、 頭蓋形態修正術(額~頭頂部にかけての骨削り)をお受けになられた患者さんです。


後頭部に冠状切開をzigzagにいれ眼窩上縁部分まで頭皮を反転し眼窩上縁~眉骨、 額~頭頂部にかけて骨削りを行いました。

左:術前です。   右:術後約10日再診時です。
d0092965_3301537.jpg

術後5日でみられた顔面下部の腫れも落ち着き眉骨のでっぱりと前頭部の凸は改善しています。 ご感想は「目つきが優しくなった」ということで「満足(5/5)」と順調な経過です。
d0092965_3303292.jpg

またの御再診をお待ちしております。




頭蓋骨削り 冠状切開法 のリスク
1.挿管全身麻酔による麻酔トラブルのリスク (一般的に全身麻酔は約7万件に1件の死亡事故確率が報告されています)
2.出血  (当院では開院以来 他家輸血を必要とした手術例は幸いいまだありません)
3. 頭部のキズ  (毛髪をかき分けるとわかる可能性があります)
4.前頭部の痺れ (通常数か月で治癒します)

冠状切開法の長所
1.最少切開法と比較しより正確な手術操作が可能
2.範囲を広く骨を削ることができる
3.骨セメントやアパタイトによる頭蓋形成も同時に可能



冠状切開法にて頭部の骨を削る場合はこれらのリスクと長所を熟慮し手術をご依頼なさるか否かご判断くだされば幸いです。

頭蓋削り最小切開法は静脈麻酔下でキズも1cm程度で施行可能ですが削る範囲や削ることのできる量が限定されますので術前によくご相談ください。

追記記事 20131201

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2156109.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-30 23:03 | 美容外科
額 脂肪移植 術後約3週
今日は76年前の1937年に「 通州事件(つうしゅうじけん) 」がおきた日になります。
約3000人の冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が、華北各地の日本軍留守部隊約110名と婦女子を含む日本人居留民(当時、日本統治下だった朝鮮出身者を含む。)約420名を襲撃し、約230名が虐殺されました。これにより通州特務機関は全滅しました。男女共に虐殺のされかたがあまりも凄惨を極めていたため日本の対中世論は沸騰しました。

今日はまたその三年後の1940年にリトアニア共和国首都カウナスの日本領事館領事代理であった杉原千畝(すぎはら ちうね)がナチスドイツの迫害をのがれようとするユダヤ人に「ビザを発行する」とユダヤ人難民に宣言した日になります。 
杉原氏は少なくとも6000人ものユダヤ人の国外脱出を助けたとされています。

日本の外務省からの「ユダヤ人難民にビザを発行してはならない」との回訓に反し、自らの判断でユダヤ人にビザを発行しようと決断するまで逡巡を、のちに杉原千畝自身が回想した手記より以下抜粋。

「最初の回訓を受理した日は、一晩中私は考えた。考えつくした。
 回訓を、文字通り民衆に伝えれば、そしてその通り実行すれば、
私は本省に対して従順であるとして、ほめられこそすれ、と考えた。
 仮に当事者が私でなく、他の誰かであったとすれば、恐らく
百人が百人、東京の回訓通り、ビザ拒否の道を選んだだろう。
 それは、何よりも、文官服務規程方、何条かの違反に対する
昇進停止、乃至、馘首が恐ろしいからである。
 私も、何をかくそう、回訓を受けた日、一晩中考えた。
 ・・・果たして、浅慮、無責任、我無者らの職業軍人グループの、
対ナチス協調に迎合することによって、全世界に隠然たる勢力を擁する、
ユダヤ民族から永遠の恨みを買ってまで、旅行書類の不備、
公安配慮云々を盾にとって、ビザを拒否してもかまわないが、
それが果たして、国益に叶うことだというのか。
 苦慮、煩悶の揚句、私はついに、人道、博愛精神第一という結論を得た。
 そして私は、何も恐るることなく、職を賭して忠実にこれを実行し了えたと、
今も確信している」
(『決断・命のビザ』より 渡辺勝正編著・大正出版刊)

杉原氏はリトアニア退去後ヨーロッパ各地を転々とし、各職を歴任。大東亜戦争の終結後、在ブカレスト公使館で家族と共にソ連に身柄を拘束され、1年間の収容所生活を送りました。

1947年に日本へ帰国するも帰国後2か月が経った6月、外務省から突然依願免官を求められ退職となりました。

1985年イスラエル政府よりユダヤ人の命を救出した功績で、「ヤド・バシェム賞」(諸国民の中の正義の人賞)を受賞されその翌年7月31日鬼籍に入られました。 享年86歳でした。

職を賭して無辜の人命を救うべく英断を実行した杉原氏の勇気を多くの日本人は学んでほしいと思います。




本日ご紹介の患者さんは2回目の額脂肪移植をお受けになられて術後約3週の患者さんです。



上段:術前です。
下段:初回脂肪移植より術後約3か月、二回目の脂肪移植より術後約3週再診時です。
d0092965_4115968.jpg

御感想は「大満足です。 受けさせていただいて本当に良かったです。」とのことで「満足(5/5)」と順調な経過です。



またの御再診をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_418781.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-29 23:10 | 美容外科
上腹部、下腹部、腰部脂肪吸引   術後約11カ月
本日ご紹介の患者さんは上腹部、下腹部、腰部脂肪吸引 をお受けになられて術後約11カ月の患者さんです。



左:術前です。                       右:術後約11か月再診時です。
d0092965_3151677.jpg

御感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-28 23:16 | 美容外科
鼻根縮小(鼻骨骨切幅寄せ術) 、小鼻縮小
本日ご紹介の患者さんは約14か月前に鼻根縮小(鼻骨骨切幅寄せ術) 、小鼻縮小をおうけになられた患者さんです。

小鼻縮小は「問題なくとてもキレイです」とのご感想にて「満足(5/5)」ということでしたが鼻根をもっと細くしたいとのご希望にて鼻根縮小術2回目をお受けになられました。


上段:術前です。
中段:鼻根縮小(鼻骨骨切幅寄せ術) 、小鼻縮小術後14カ月再診時2回目鼻根縮小術術前です。
下段:2回目鼻根縮小術術後約1週間再診時です。
d0092965_1405434.jpg

御感想は「まだ腫れがあるためわからないがなんとなく細くなった気がする。」とのことで「ふつう(3/5)」とのことでした。

術後1週間なのでまだ腫れています。 これから2か月はご自宅にいる間はギプス固定をしっかりお願いします。

またの再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-27 23:35 | 美容外科
処女膜強靭症 : 処女膜切除術
本日御紹介の患者さんは性交痛のため今まで性交が完遂できたことがない、産婦人科で相談するも治療されなかったとの御悩みで御相談にこられました。

診察をしてみると処女膜強靭症の症状の診断にて手術療法による治療可能と判断されたため治療をお受けになられました。





切除した強靭処女膜です。
d0092965_2342761.jpg

狭窄していた膣部分も同時に治療しました。 今回の手術で完治されたと思います。


今後は悩みが無くなりパートーナー間のわだかまりも解消し幸せな人生を送られることを祈っています。

もし今回の手術で改善がなければ必ず再診にいらしてください。 
まだまだ改善させる方法はあります。  物理的な狭窄である以上は必ず治します。
今まで私が治癒可能と診断したケースで治癒を得なかったケースは1例もありません。



処女膜をめぐる悲喜こもごもの話が古来からありますが、実際痛みという辛さがある以上は本来ならば産婦人科で保険適応でされるべき手術だと思います。
しかし実際に専門医達が「病気でないから」と積極的に取り組まないもののなかにも深刻な悩みを抱えていらっしゃる方々がいる以上 可能な限り廉価な施術費で一外科医として寄与していきたいと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-26 23:02 | 美容外科
上下顎スローセットバック (圧迫骨短縮術)
本日ご紹介の患者さんは上下顎の口元がでているのが気になるとのことでカウンセリングの結果スローセットバック (圧迫骨短縮術)をお受けになられた患者さんです。


スローセットバック (圧迫骨短縮術)は通常のセットバックと異なり皮質骨のみを切削し骨を離断しないためセットバックで常に危惧される離断区域の骨壊死等のリスクがほぼなくまた容貌の変化がゆっくりなためセットバック症例にて時々認められる急激な容貌の変化に対する心理的受け入れ困難が生じにくい利点があります。

欠点としては矯正装具を用いるため口腔内の不快感が装置が外れるまであるということと装置のため口腔衛生が保ちにくい点があります。

上下左右四番(第一小臼歯)を抜歯しスローセットバックを行いました。
上段:術前です。
下段:上下顎スローセットバック (圧迫骨短縮術)施術開始後約半年再診時です。
d0092965_35655.jpg

御感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。


またの御再診をお待ちしております。



スローセットバック (圧迫骨短縮術)
利点
・変化がゆっくり
・静脈麻酔で施術可能
・骨壊死等の重篤なリスクがまず生じない

欠点
・早い結果を求める方には不向き
・口腔内に装置を装着する必要があります。
・通院回数が約1~2カ月に1回程度必要です。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_31839100.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-25 23:58 | 美容外科
顎下脂肪吸引、ロアーリフト 術後三カ月
本日ご紹介の患者さんは  顎下脂肪吸引および ロアーリフトをお受けになられて術後三カ月の患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約3か月再診時です。
d0092965_22222282.jpg

御感想は「輪郭、顎下、首は満足です☆(5/5)」 ですが「左側のポコポコ3か所が気になります。 それから右側から何か?糸?が2か所から出ているので診てください。(2/5)」とのことでした。

患者さんが気にされているポコポコというのはSMASを縫縮した際に使用したPDSという溶ける糸の糸玉でありこれは数か月で溶けなくなります。 また右から糸がでているのもキズを中縫いした際のPDSという溶ける糸になります。 役目を終えた皮下縫いがたまに数か月経て創から顔をだす場合がありますが簡単に除去でき問題はありません。

順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。 




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_395615.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-24 23:29 | 美容外科
頬骨再構築法術後約3年、 ロアーリフト ネックリフト 術後1年半
本日ご紹介の患者さんは頬骨再構築法術後約3年、 ロアーリフト ネックリフト 術後1年半になる患者さんです。

上段:術前です。
下段:頬骨再構築法術後約3年、 ロアーリフト ネックリフト 術後1年半再診時です。
d0092965_4105915.jpg

御感想は御満足ということで順調な経過です。


またの御再診をお待ちしております。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_385845.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-23 07:48 | 美容外科
絶壁頭修正術 : 頭蓋形態修正術
今日は3年前に私が桜田門にお呼ばれした日になります。




本日ご紹介の患者さんは頭部頂上と後頭部右側が低めなのでできるだけ高くしたいとのご希望にてアパタイトを使用した最小切開法による頭蓋形態修正術をお受けになられた患者さんです。



左:術前です。               右:術後約一週間再診時です。
d0092965_2384571.jpg

御感想は「ふつう(3/5)」ということでした。

順調な経過です。 またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-07-22 23:41 | 美容外科