<   2011年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
鼻尖縮小術、鼻中隔延長術、鼻孔縁拳上術、鼻口唇角形成術、小鼻縮小術


本日ご紹介の患者さんは既往として約1年前に某有名美容外科にて鼻尖縮小、I型プロテーゼ、軟骨移植による鼻柱下降をお受けになられましたが見た目に変わっていないとのことで 私の執刀にての変化をご希望されカウンセリングにご来院されました。


しかし診察させていただいたところ硬縮が強く鼻先がカチコチのため再手術は皮膚壊死等のリスクがそれなりにあり得ると判断し修正手術は見送った方がよいもしくは前医での修正手術を とお勧めしましたが初回カウンセリングから半年経ても強いご希望がありましたので手術のご依頼をお引き受けすることとしました。

カウンセリングの結果、ご希望の形態になるには鼻尖縮小術(オープン法)、鼻中隔延長術、鼻孔縁拳上術、鼻口唇角形成術、小鼻縮小術が必要と判断しました。

正面像
左:術前です。                  右:術後約3週間です。
d0092965_32119.jpg


左斜め前像
左:術前です。                  右:術後約3週間です。
d0092965_32981.jpg

ご感想は「とてもキレイな形にしていただいてありがとうございました。気になる点は手術前からそうでしたが左右の鼻の穴の形が少し異なることと、鼻先がほんの少し上向いていたほうがよかったかなと思います」とのことで「まあ満足(4/5)」と順調な経過です。

またの再診をお待ちしております。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_310117.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-08-31 00:58 | 美容外科
PRP (platelet rich plasma) 療法による肌の若返り :脇山先生
今日は1945年に連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥が厚木飛行場に到着した日になります。この日からGHQによるウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(“War Guilt Information Program”、略称“WGIP”:、「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」)が立案・施行されていき日本人の脳に刷り込まれていくこととなりました。



本日ご紹介の患者さんはPRP(platelet rich plasma) 療法を脇山先生の施術にておうけになられた患者さんです。

PRP(platelet rich plasma) 療法はご自身の血を遠心分離し成長因子を放出する血小板の濃度を濃くした溶液を使用し肌の若返りやニキビ痕の改善を期待する再生医療になります。


左:施術前です                       右:施術後半年再診時です
d0092965_2434717.jpg

小じわや目の下も改善し順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-08-30 23:31 | 美容外科
まつ毛植毛術
本日ご紹介の患者さんはまつ毛を増やしたいとのご希望にてまつ毛植毛術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約2週間再診時です。
d0092965_22512137.jpg

まつ毛が増えぱっちりとした印象的な目になられました。
ご感想は「満足です! (5/5)」と順調な経過です。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2255287.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-08-27 22:49 | 美容外科
ネックリフト (首リフト)
本日ご紹介の患者さんは 下顎骨のラインをシャープに出したいとのご希望にてネックリフト (首リフト) をお受けになられた患者さんです。


左:術前です。                         右:術後約1か月再診時です。
d0092965_2194247.jpg

ご感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。
またの再診をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2213879.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-08-26 00:21 | 美容外科
鼻翼基部プロテーゼ(ほうれい線プロテーゼ)、鼻尖縮小術(クローズ法)、ハイブリッドプロテーゼ留置術
本日ご紹介の患者さんは中顔面の落ち込みの改善目的に鼻翼基部プロテーゼ留置術を、当ブログのハイブリッドプロテーゼ留置術をお受けになられた患者さんの鼻のようになりたいとのご希望にて鼻尖縮小術クローズ法およびハイブリッドプロテーゼ留置術をお受けになられました。


上段:術前です。
下段:鼻翼基部プロテーゼ留置術術後約3年、鼻尖縮小術およびハイブリッドプロテーゼ留置術術後約8か月後再診時です。
d0092965_23364558.jpg


側面像
左:術前                         右:術後
d0092965_23365668.jpg

中顔面のおちこみも改善し、鼻筋も通り順調な経過です。 といいたいところですが「鼻先がおりすぎた感じがする。 元の鼻の感じに戻したい」とのご感想にて先日鼻先の軟骨除去(ハイブリッドプロテーゼに固着してある軟骨除去)を行いました。
またの再診をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_23385557.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-08-24 23:32 | 美容外科
鼻中隔延長術、鼻尖縮小術、プロテーゼ入れ替え術(脇山先生)
本日ご紹介の患者さんは既往として他院にてL型プロテーゼ隆鼻術をおうけになられており、今回鼻先を限界まで下げたいとのご希望にて鼻中隔延長術、鼻尖縮小術、プロテーゼ入れ替え術 (脇山先生)をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約半年再診時です。
d0092965_09577.jpg

ご感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。


先日脇山先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_0133973.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-08-23 00:05 | 美容外科
脂肪移植豊胸 
1944年の今日、8月22日、沖縄からの疎開者を乗せた「対馬丸」は、鹿児島県・悪石島付近で米海軍潜水艦ボーフィン号の魚雷攻撃を受け沈められました。このとき、乗船者約1800名のうち学童775名を含む1418名(氏名判明者数)が一瞬のうちに帰らぬ人となりました。
この年7月から翌1945年3月の最後の疎開までに、沖縄から出航した延べ187隻の疎開船(約8万人)のうち、これほどの民間人が犠牲になったのは対馬丸をおいて他にありません。


本日ご紹介の患者さんは脂肪移植豊胸を一年に3回お受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:3回目の術後4か月再診時です。
d0092965_2312823.jpg

3回終えての正直な感想は「満足。でももうちょっと大きくなれたらよかったな・・」という感じですということで(4.5/5)とそれなりに順調な経過です。 最近になって胸の硬さが増したように感じたということでご来院されましたが触診上は明らかなしこりはなくエコー上も明らかな異常所見はありませんでしたが様子をみてまたご不安に感じる点が生じましたらご遠慮ならさず再診にいらしていただければ幸いです。
またの御再診お待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-08-22 22:58 | 美容外科
ホクロ取り 術後2年8か月
今日8月20日は1945年に真岡郵便電信局事件(まおかゆうびんでんしんきょくじけん)が起こった日です。 
この事件は樺太真岡郡真岡町に、ソビエト軍が艦砲射撃を行って上陸、侵攻した際、真岡郵便局電話交換手の女性12名のうち9名が迫りくるソ連軍を前に服毒自殺をした事件になります



本日ご紹介の患者さんは2年8か月前にホクロ取りをお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後2年8か月再診時です。
d0092965_0154570.jpg
d0092965_056238.jpg

久しぶりに再診に来ていただきました。 順調でご感想も「満足(5/5)」となりよりです。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_12298.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-08-20 00:46 | 美容外科
下顎骨スティック骨切術
本日ご紹介の患者さんはエラ~顎先にかけての骨の切除をご希望され下顎骨スティック骨切術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約7か月再診時です。
d0092965_0234249.jpg

ご感想は「まあ満足(4/5)」と順調な経過です。


またの御再診をお待ちしております。


スティック骨切りのリスク
・オトガイ神経麻痺(一年程度で通常は回復しますが100%の回復は保証できません)
・全身麻酔に伴うリスク (肺塞栓症、気道トラブル等)
・術後出血や腫脹による腫れ→ 気道閉塞 (今まで私の執刀例ではありませんが理論的に起こりえます。挿管等を要するかもしれません)
・下顎縁内に隠れていた唾液腺(顎下腺等)がでてくるためラインが完全にすっきりしない可能性
・外科手術における一般的なリスク(感染等)

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_0265162.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-08-19 23:24 | 美容外科
鼻中隔延長術、鼻尖縮小、鼻プロテーゼ隆鼻術 : 脇山先生
1945年の8月18日未明、占守島(しゅむしゅとう)〔千島列島の北東端を占める島・千島列島唯一のソ連軍との激戦地〕にソ連軍が侵攻し日本軍と戦闘になりました。

8月15日の玉音放送後、日本軍は武装解除を行い本土に帰る準備を進めてていましたが18日の国籍不明軍によるこの攻撃により防衛配置につき国防のため、そして島に残る婦女子のために日本軍として最後の組織的戦闘を行いました。
 
当時占守島には缶詰工場で働く約400人の若い女子工員がいました。ソ連軍による婦女子の陵辱を恐れた占守島司令部隊は、一斉の高射砲攻撃の中、島にあった独航船20数隻に女性を乗せ無事に北海道に脱出させることに成功しました。

占守島の兵士はノモンハン事件やガダルカナル島の生き残りが多く実戦経験があり、士気も高く、ソ連軍の一日で占守島を占領し北海道まで侵略する作戦を押しとどめるどころかあとわずかの攻撃で日本軍がソ連軍を殲滅という体勢にまでなりました。しかしそのとき、札幌の方面軍司令部から「戦闘を停止し、自衛戦闘に移行」との軍命令が届き、停戦交渉を開始せざるを得なくなりました。

占守島における日本軍の最終的な武装解除がなされたのは8月24日になります。日本では、8月15日を終戦の日として扱っていますが、その後も祖国を守る戦いは占守島では続いていました。


島を死守し、婦女子を保護し、祖国を守るべく戦い抜いた日本兵士達は、戦闘終了後帰国できるはずがソ連に極寒のシベリアに強制連行され奴隷労働に従事させられ多くが命を落としました。

故郷に帰り、家族に会えるという望みをがあったにもかかわらず終戦後も命をかけて守るべきものを守る為に戦い、かろうじて生き残った者も不法なシベリア抑留までされて散っていった彼らを日本人は決して忘れてはならないと思います。

d0092965_22213657.jpg

遊就館内パンフレットより






本日ご紹介の患者さんは鼻中隔延長術、鼻尖縮小、鼻プロテーゼ隆鼻術 を脇山先生の執刀にてお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約5か月再診時です。
d0092965_22572635.jpg

順調な経過です。



先日脇山先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_2259341.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-08-18 22:55 | 美容外科